錦織圭、ついにボールを打ち始める!

 ベルギーの、クライシュテルシュ・テニス・アカデミーに滞在し、リハビリに励んでいる錦織圭。

 本日ついに、コートでボールを打ち始めました!! なぜだか分かりませんが、スコットランドのAdam Brown Tennis AcademyのTwitterアカウントがつぶやきました。

 ただし、打ち始めたと言っても子供用のオレンジボールですし、下の動画のように、本当にゆっくりとゆっくりとです。ボールの感触を確かめるレベルで、今後はどのようなペースでレベルを上げていくのかは分かりません。ですが、着実に前進しているようで、非常に嬉しいニュースです。

 下の写真では、写真を撮った人(?)の姿がガラスに映っています笑。クライシュテルシュ・テニス・アカデミーに滞在中のアダムブラウン・テニス・アカデミーのメンバー(ややこしい笑)が写真と撮ったのかな?

 錦織圭の故障関連の情報は、このように個別の記事にしつつ、特集記事「錦織圭の手首故障に関する情報・考察等集約記事」に情報を集約していきます。まだ、記事はとっちらかっていますが・・・。

 皆様が何か情報を掴んだ際にはコメント欄やtiwtter含む何らかの方法でお知らせいただけたら幸いです。

50 件のコメント

  • 今晩は。
    団長さま
    グッド・ニュースの記事立て有難うございます。チャン・コーチが100%大丈夫状態を見極めて背中を押すその日まで、ひたすら待ち続けます。

    前の記事とコメントが重複しますが、スコットランドのアカデミーが呟いているのは、多分そちらに所属のジュニアたちが、クライシュテルズ・アカデミーで合宿?をしているのではないかと思います。
    先ほどそのアカデミーの公式SNSを覗いたら、こんな写真もアップ。
    https://twitter.com/abtennisacademy/status/920285698388787200
    今日のケイと速攻でスナップ・ショットを撮った子供たち(笑) 何と微笑ましい! 厳しい合宿先でケイ・ニシコリに遭遇したら、そりゃあジュニア達は満面の笑みになりますね。

      引用  返信

  • 団長さま、NORICHANさま
    10月2日のツイートに答えがありました。「10月15日に11人のジュニアを連れて次の旅への準備に忙しい。3日間クライシュテルスアカデミーで練習。そしてヨーロッパオープン観戦へ。」
    https://mobile.twitter.com/abtennisacademy/status/914761407194951680
    羨ましい限りです。
    何故この時期に子供達はベルギーに行けるのか?それはイギリスの学校に長期休みの間にハーフタームという一週間のおやすみがあるからです。そういや昔親が「休みだらけ!」とぼやいていましたっけ…笑

      引用  返信

  • 最近、錦織選手のアプリが、バグのせいかうまく開けず、状況かよく分からなくてヤキモキしてました。
    情報ありがとうございます。
    怪我の回復に努めるのはもちろんですが、この際、サーブのフォーム他、修正に時間がかかることにじっくり取り組んでいただきたいです。

      引用  返信

  • 【アルプスの少年”ネット突撃”】

    登場人物・場所の対応表

    「アルプスの少女ハイジ」  「アルプスの少年”ネット突撃”」

    アルプス          ベルギー
    アルム           ブレー(テニスプレー)
    フランクフルト       アントウェルペン

    ハイジ           ネット突撃
    クララ           ニシコリ
    母方の叔母デーテ      ロム

    おじいさん(ブレーおんじ) おばあさん(クライシュテルス、キムおばば)
    ヤギ飼いの少年ペーター   ナカ
    子ヤギ ユキちゃん     雪ちゃん
    犬   ヨーゼフ      大安
    ヤギ  シロ・クマ     上団・中団

    ゼーゼマン家        チャン家
    執事  ロッテンマイヤー  オリバー
    本名  アーデルハイド   スマッシュミス
    使用人 セバスチャン    ダンテ
    ニシコリの主治医      フェルストレッケン

    あらすじ原典
    (この物語は架空であり、実在の人物およびハンドルネームとは一切関係がありません)

    あらすじ

    一歳で両親を亡くし、5歳になるまで母方の叔母のロムに育てられた”ネット突撃”は、ロムの仕事の都合で、ブレーの山小屋にひとりで住んでいる、父方の実の祖母であるクライシュテルス(キムおばば)に預けられることになる。ヤギ飼いの少年ナカ、ナカのおばあさんなどの人々。子ヤギの雪ちゃん、クライシュテルスが飼っている犬の大安やヤギの上団・中団、樅の木を初めとした、大自然に生きる動植物達。厳しくも優しく、懐の深さを感じさせるベルギーの大自然。何より、共に暮らすクライシュテルスを通じ、ネット突撃は様々なことを知り、学び、健やかに育っていく。

    だが、ネット突撃が8歳になったある春の日、ロムが再び山を訪れ、ネット突撃をアントウェルペンの貿易商・チャン家に連れていくと言う。ロムに騙されアントウェルペンへ向かってしまったネット突撃。ナカやナカのおばあさんは悲痛な声をあげるが、クライシュテルスにはどうすることも出来なかった。

    アントウェルペンでネット突撃を待っていたのは、手首が不自由で体の弱い少年・ニシコリとチャン家の人々であった。執事のオリバーはネット突撃を愛称でなく本名のスマッシュミスと呼び、厳しい躾や勉強を強制、ブレー(テニスプレー、特にサーヴとフォアハンド)の話題を禁止する。ニシコリやチャン(ニシコリの父)、おばあさま(ニシコリの祖母)、ニシコリの主治医フェルストレッケン、使用人のダンテなど、心の支えはあったものの、ネット突撃はなかなかアントウェルペンでの生活に馴染むことができないが、あまりブレーのことを口にするとニシコリが心配するため、ブレーへの切ない思いを無理に押し殺すようになる。

    やがてネット突撃は、ブレーの故郷を思うあまりにホームシック(強い帰宅願望)にかかり、それによる夢遊病の状態となってしまう。ネット突撃を診断したニシコリの主治医フェルストレッケンは、ただちにネット突撃をブレーへ帰す様に指示する。こうして、ネット突撃は夢にまで見たブレーの山へ帰れることになった。

    ブレーの生活ですっかり元気になったネット突撃のもとへ、ニシコリからの手紙が届く。ネット突撃が是非来てほしいと願っていたブレーへ、ニシコリが行きたいと言う内容であった。ニシコリは静養を目的として滞在することになったが、クライシュテルス(キムおばば)とネット突撃に促されボールをヒットする練習を始める。

    ネット突撃は叫んだ「おばあさん!打った!打ったよ!ニシコリが打った!わーいわーい」。

    %ーーー

      引用  返信

  • ここで問題(@_@)
    父親が「ペーター」、母親が「ハイジ」の名選手は誰でしょう!?

      引用  返信

  • 団長さま~~~嬉しいニュースをありがとうございます。
    動いてる圭君だー!

      引用  返信

  • 禮 さん、どこかの通販みたいな名前ですね~(^^♪
    既に引退してる女子の元No.1選手です(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • 打った!打ったよ! 錦織が打った! わーいわーい!
    私も正にこんな気持ちです。(笑)

    さん,
    なんと大作ですね。
    ネット突撃って何?と思いましたが・・・。「わーいわーい」と叫んでいるお方ですね。(笑)

      引用  返信

  • 今日は。
    ROMさま
    ベルギーとスコットランドのナゾが氷解致しました。有難うございます。スコットランドの金の卵たちにとっては、腕を磨く大きなチャンスですね。親御さんは旅費等の負担が大変でしょうけれど…。

    そういえばRG開催時、ダバディ氏や滝クリ氏が大いに宣伝していた、RGおよび仏テニス連盟と日本ジュニアたちのコラボはその後進展しているのかな。クレー・シーズンではないですが、日本ジュニアたちが誰かに引率されてフランスのアカデミーに武者修行とか、とんと聞かないし…。
    脱線失礼致しました。

      引用  返信

  • 下団さま
    WTA Heidi Peter で検索してやっと分かりました!!
    パンパシで伊達さんと死闘を繰り広げたあの方ですね!!
    愛犬の名は残念ながらヨーゼフではなく、Busterのようです。

      引用  返信

  • 団長様、嬉しいニュースをありがとうございます❗ほんとに、ほんとに首をながーくしてこの時を待っていたので、嬉しくてたまりません。圭くんがいなくてもテニスは見ていますが、いつも何かが足りなくて…。テニス界になくてはならない存在、錦織圭‼早く勇姿がみたい🎵その第一歩ですね。

    禮さんの大作、後でじっくり読ませていただきます😁出先なので~☺

      引用  返信

  • 少しずつでも順調に回復しているようで嬉しいですね。
    オレンジボールって子供用のボールなんですね。
    昨日ツイートを見て、スポンジボールの事かな?とか勝手に思ってました。
    ラケットも軽い物とか使ってるのかしら?

    焦らず時間をかけて、完全に回復して欲しいですね。
    でも朗報ですね。

      引用  返信

  • なにより嬉しいニュース、giftです。ありがとう、錦織君そして、団長さま。

      引用  返信

  • yuri
    まだ、テニスをしたことがない幼稚園や小学生の1~2年の子供はまずこのオレンジのキッズのボールでテニスにひたしみますね
    ジュニアのスクールなんかの体験レッスンで使いますが
    普通、小学生の二年生ぐらいまでかな?
    それ以上の子供はいきなり、普通の硬式ボールを打ちますがスクールによって違うのでしょうか?
    こちらのスクールではキッズ用のボールはそうそうに卒業して、一月ぐらいで幼稚園の子供も普通のボール打ってます
    もちろんラケットはちっこいですが(・o・)

    いずれにしてもオレンジボールでショートラリができるまでにって、、ショートラリーにもなってないけど、素直な感想としては(  ̄▽ ̄)ここにきてまだ、オレンジボールのたまだしの延長しかかかかかかかか( ☆∀☆)できないんじゃ、くれぐれも無理するな(@_@;)と思います

      引用  返信

  • 最近、たくさんの写真や動画が公開されて嬉しい(≧▽≦)
    ボールを打ってるって…(。´Д⊂)ぐんとその日が近付いてきた感じがします。
    ああ、こう言っている間にも、ちょっとずつ強く打てるようになってるんだろうな♪
    完全復活が待ち遠しいO(≧∇≦)O

      引用  返信

  • 団長さん
    錦織選手のリハビリ関連で、待ちに待った朗報をありがとうございます。
    嬉しくてうれしくて、それこそ「わーいわーい」です。

    禮さん
    ネット突撃少年の成長物語、壮大なストーリーですね。わっはっは。笑わせていただきました!

      引用  返信

  • 団長様 錦織選手の情報ありがとうございます\(^o^)/
    ケガをしてから二か月くらいでしょうか。
    写真ではよくわかりませんが、右腕は少し細くなってしまったりしているのかな。
    少しずつボールを打ちながら、回復していって欲しいです。
    がんばれ!!錦織選手!!応援しています!!

      引用  返信

  • けんじさん,
    オレンジボールって知らなかったので、教えてくれてありがとうございます。

    そうなんです。
    錦織ロスになって久しい気がするんですが、実はまだせいぜい2か月しかたっていないんですよね?
    先はまだまだ長いはずです。
    それでもギプスがとれてラケットを握れていることは順調に回復している証拠だと思います。
    無理せず、一歩一歩戻してもらえれば、と思っています。

    パチンと音がした、という腱の怪我と思えば、やっぱり6か月が目安かな~と個人的には考えています。
    そう考えても、ニューヨーク大会?から復帰というのは割と現実的な気がします。
    ゆっくり待ちましょう。

      引用  返信

  • 錦織圭君の画像見れてうれしい。無理しないで欲しい。だけどあまり時間もない気がする。20代で結果残さないと。頑張れ錦織。圭君おやすみ。明日はもっとすてきな日になりますように。

      引用  返信

  • 錦織選手、今度は黄色いボールを打っているようです。投稿したお母さんは、台湾系米国人で弁護士で活躍している人で、お子さんはジュニアのテニス選手みたいです。ということはチャン・コーチのコネクションかなあ。

      引用  返信

  • 今晩は。
    禮さま、動画ご紹介有難うございます。
    私は寧ろ、お母さまのその文面に感激です。マックス・オマリー君。メモメモっと。

    今日ニシコリと45分間ウォーム・アップ!! 彼ったら「夢が叶ったから、もうリタイア(引退!)してもいい」なんて言ってるのよ。(マックスが真っ白になって何も言えない場合に備えて!)

    So Cute! よっぽど嬉しかったんですね。錦織選手の大ファンだったに違いありません(笑)

      引用  返信

  • さん,
    新しい錦織選手の動画ありがとうございます。

    NORICHANさん,
    マックス君のためにも、強い錦織選手の復活を見せてほしいですね。
    くれぐれも、焦ることなくですが。

      引用  返信

  • 錦織選手、黄色いボールが打てるようになったのですね・・・嬉しいニュースです。

    お母さんによる動画キャプションの
    Max in white, in case you can’t tell は
    「ちなみに、白いウエアを着てる方がマックス」(どっちが息子でどっちがニシコリかわからないという人に、いちおうお知らせまで)
    という意味ですね。

      引用  返信

  • 今日は。
    まえりかさま、有難うございます。
    最近どうも読解力が衰えまして支離滅裂です(苦笑) やはり普段から使わないとダメですね。

    ボール・パーソンやエスコート・ボーイ、ヒッティング・パートナーからの金の卵誕生は、これまた必定パターンです。
    最近では、2012楽天決勝でラオニッチ選手のエスコート・ボーイだった田島尚輝選手。彼は今年の楽天では、ラオニッチ選手のヒッティング・パートナー。
    マックス君はいきなりのヒッティング・パートナーですから、リハビリとはいえ期待です。

    脱線失礼致しました。

      引用  返信

  • Good newsをありがとうございます!
    久しぶりにコートでの姿を見られて嬉しいです🎾

    これから寒くなりますけど、焦らずに完治して
    来年活躍できますように!!

      引用  返信

  • さん情報の方が早い(^^)b
    本日、圭くんアプリに黄色いボール打つ圭くん登場!

    焦って欲しくないんだけど、すでにワクワク感が押さえきれません(笑)

      引用  返信

  • ツイッターで”keinishikori” ”rehab” のキーワードを入れて検索してみたら、おお!
    Erika B. Dodridgeさんという女性が、「錦織選手とジムでご一緒できて光栄」とつぶやいていました。笑顔のツーショット写真つき@キム・クライシュテルス・アカデミー。

    Rehab sacks, but we’re 🔙🔜 healed and stronger for the new season 🎾🙌🏼
    もしかするとsacksはsucksのスペルミスかな。だとするとこんな意味ですね。
    「リハビリはうんざりしちゃうけど、私たち、もうすぐ復帰するよ。怪我も癒えて、来季はもっと強くなるからね」
    エリカさん、イギリスのジュニア選手のようですね。

      引用  返信

  • 今日は。
    杉山愛さんがWOWOWにコラム掲載です。
    錦織選手ではありませんが、リハビリに関するコラムですのでこちらで。登場選手は女子のS・スティーブンス選手とM・キーズ選手、そして我らが西岡良仁選手です。
    <故障で離脱中の選手のトレーニング>
    http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/info/detail_171023_01.html

    特にM・キーズ選手は、錦織選手と同じ手首の怪我からの復帰なので、手首のリハビリ過程ってそうなんだ~と。

      引用  返信

  • 夜中のアプリでサーブ練習の動画を公開してくれたみたいですね。
    私は鍵つきで見られませんが、どの程度の練習なのでしょうか?
    ちょっと聞くだけでまだヒヤヒヤしちゃいますが、順調にリハビリが進んでいるようで嬉しいです。

      引用  返信

  • 今日は。
    錦織選手、本日ベルギー最終日でそうで。アプリにもお知らせが来たようですが、TwitterやFBにもお知らせが。クライシュテルズ御一行様に感謝のお言葉です。
    https://twitter.com/keinishikori/status/923063500989014016
    https://www.facebook.com/keinishikori/photos/a.390277115270.364111.331199495270/10159630803945271/?type=3&theater

    ブラデントンに戻るのでしょうか。ロビー大橋氏もご一緒にいらっしゃいますので、シカゴに向かうのかな? とにかく右手でラケットを握っていてホッとしますね。更なるリハビリを宜しく!

      引用  返信

  • あんまりこのカテゴリーに関係ないんですが、どこに書けばいいか分からなかったので。
    今夜、放送予定の番組で「錦織」の名字の由来について取り上げる模様。

    人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!
    【オリンピックSP】伊調、錦織、内村
    10月26日(金) 19:30~ NHK総合テレビ

    いろんな選手の名字を取り上げるみたいなので、錦織についてはちらっとかもしれませんが、あまりない名字だし(特に読み方が)、ちょっと興味がありますね。

    なんかこう、ブログ内でいろいろ決まりができて、ここにこれは書いちゃだめとかあるのかもしれませんが、このブログは2週間に1回しか覗かないとか、フォーラムまで見るほどのモチベーションがない(すみません…)者にとっては、ここに書いていいのかドキドキしてしまいます。
    もし間違ってたら、教えて下さいませ。

      引用  返信

  • うわー錦織めちゃくちゃ固まったな。

    久しぶりです、たくやです
    誰かお友達になってくれませんでしょうか?
    お願いします

      引用  返信

  • 深夜遅くに今晩は。
    先日ご紹介した杉山愛さんのWOWOWコラム・パート2です。怪我に関するコラムの続きなので、こちらでご紹介。
    <さまざまな形で見られる“けがの功名”>
    http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/info/detail_171027_01.html

    錦織選手関連なのでこちらで。
    JACCSさんとのコラボHPで、社員さん投稿によるコラム企画「JACCS LOVES KEI」がスタート。初回は営業戦略本部所属の方。JACCSさんからの錦織選手情報発信業務を担当されている方だそうです。
    <テニス少年だった私は、錦織選手を親のような気持ちで見守っています。>
    http://www.jaccs.co.jp/corporate/about/brand/article/jlk_001.html

    ところで錦織選手、ベルギーからブラデントンに戻ったとのこと。ダンテさんもアルゼンチンからフロリダに戻ったそうで、いよいよチーム圭は再起動でしょうか。

      引用  返信

  • ようやくテニスボールを打てるところまで回復してフロリダにご帰還ですね。IMGでさらにリハビリ&トレーニング。本格的な練習に入るのはいつでしょう。焦らず、騒がず、見守りたいと思います。
    来月には帰国して最後のドリテニそしてきっとスポンサー巡りですね。バラエティ番組への出演オファーは今回は遠慮してくれていると信じたい…。
    来シーズンの大復活を楽しみにしていますよ!錦織選手!

      引用  返信

  • 今晩は。
    チーム圭が本当に「ブラデントンだョ、全員集合!」となってるの?と、肝心のチャン・コーチの動向を探っていたら、彼もまた超ご多忙。シニア・ツアーのチャンピオン・シリーズに出場されていました。
    場所はカリフォルニア州サウザンド・オークス、通称TO。ATPのチャンピオンズ・ツアーには、この地の大会はスケジュールにないので、もう1つの大きなシリーズ、マッケンロー氏主催のチャンピオンズ・ツアーだと思います。
    https://twitter.com/ChampSeries10s/status/923692762691547136

    左よりフィッシュ氏、チャン氏、ロディック氏、ブレイク氏。
    ブレイク氏はESPN等の解説のたびに、デルレイ250決勝で18歳の日本の少年に負けたことを自らネタにされていますので、きっとチャン氏と錦織談議に花を咲かせたのでは、と(笑)
    フィッシュ氏は、コーチを務めるドナルドソン選手の帯同でミラノ入りするギリまで大会出場とは…。引退されても元気なうちはテニス界の活性化に貢献。皆さん大変ですね。

      引用  返信

  • 今晩は。
    錦織選手、結構コンスタントに練習動画をアップしているようですね、アプリに。
    本日のアップ動画についての記事が出ていました。短い記事ですが、調子がだんだんよくなっているようで嬉しいです。
    <錦織圭が公式アプリで最新のトレーニングの様子を公開>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/primary/2017/0027930.php

      引用  返信

  • NORICHANさま
    これは錦織選手やIMG、コーチ等の公式のインスタではなく一般のファンの方のインスタと思われます。勝手にURLを貼るのはよろしくないと思います。

      引用  返信

  • 今日は。
    ROMさま、皆さま
    大変失礼いたしました。一般の方のインスタでしたね。なんで気づかなかったのだろう…。
    団長さま
    お手数をおかけいたしますが、2つ前の私の「2017/11/07 16:10:35」のコメントを、どうか削除くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。