フェレール戦を軽くレビュー

帰ってきました。

残念ながら今朝はWOWOWの放送もライブスコアも見ることはできませんでしたが、なんとか携帯の電波をキャッチして錦織系実況掲示板を覗くことでスコアをキャッチアップすることができました。

掲示板に書き込みしてくださった方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

さて、試合の感想。
家に帰ってWOWOWの録画をチェックしてみましたが、とにかく驚きました。

錦織のプレー内容にはいつも驚かされっぱなしなのですが、それ以上に試合展開に驚かされました。

まず6-4,6-4とフェレールに対して勢いよく2セットを連取したところに驚きました。

次に、続く2セットを落としたのにファイナルセットで立て直してきたことに驚きました。
第4セット終盤はファイナルセット勝負を考えていることが見て取れましたが、それをきっちり実行できるのはもの凄いです。

サンプラスを思い出しました・・・。

第4セットが終わった時点では、とても勝った試合をみているようには思えませんでした。
リアルタイムで応援していたら、おそらくかなり「やばい」と思っていたことでしょう。

次に3-1と先にリードしたことにも驚きましたが、5-2からのフェレールの挽回にも驚きました。
そのフェレールにもやや疲れが見えていたことにも驚きました。

もちろんプレーのレベルは維持していましたが、「あの」鉄人フェレールをここまで追い込むなんて・・・。

ブレイクはトップ選手の中では波があるほうだし、圭ワールドに引き込めばチャンスはあるというイメージがありますが、
フェレールは甘さの全くない選手。

正直、錦織がフェレールに勝つイメージを、試合前は応援している私自身ですら持つことができなかったのが本音でしたが、
まさかここまでの内容でここまでフェレールを追い詰めるとは・・・と感動しっぱなしでした。

5-5になって、結果を知っていてもとてもまだ「勝てる流れ」には見えませんでした。

マッチポイントを逃したダメージもあるだろうし、この展開はフェレールに有利。

ここからどうやって勝ったのだろうか・・・

迎えた第11ゲーム、錦織はナイスサービスを連発して6-5とします。
この土壇場でまだ底を見せない力を発揮する錦織に、また驚きました。

それでもまだ、勝負の流れは見えない状況でした。

錦織の勝負師としての才能に一番驚いたのは続く第12ゲーム、30オールからのポイントです。

バックハンドのリターンをフェレールのバックへ。

そこからバックハンドのクロスのラリーが続きます。

攻撃されないように、深くプレースメント。弾道を変え、スピードを変え、スライスも使って7往復のラリー。

そこから急にストレートへコースを変えた速い球。

浅くなった球を回り込んでフォアで逆クロスへアプローチ。10往復のラリーの最後はフェレールのパスがネットして決着がつきました。

スーパーショットを放ったポイントは他にたくさんありましたが、このポイントには今の錦織テニスの全てが詰まっていたと思います。

錦織はかなり攻撃寄りのテニスで、時にはいわゆる「バカ打ち」的なショットを打つこともあります。

「ここはもうちょっとじっくり攻めてほしいなあ」と思うことも多々ありますが、たまの「バカ打ち」も錦織のテニスを構成する一要素で、攻撃的な姿勢を保つために必要な、いわば「税金」みたいなもの。

そう思ってトータルで見れば時々バカうちするのもOK。

落ち着いてしたたかなプレーをするのは20歳を過ぎてからでも遅くない、そう思っていました。

しかしトップ選手相手に勝つためには欲しいポイントで確実にポイントできなければなりません。

そのためにはこのポイントで見せたような虎視耽々と攻めどころを探るプレーが必要になってきます。

それを、本当に大事なポイントで錦織圭は行ったのです。

粘り強さ、ショットの多彩さ、攻めの大胆さ、すべてが詰まった素晴らしいポイントでした。

ここで私は勝利を予感。

この土壇場でこのプレーができれば大丈夫。私の中でフェレールと錦織が肩を並べ、追い越した瞬間でした。

それにしても男子シングルスは面白いドローになっています。

ベスト4までの勝ち上がりを予想すると、ナダルとフェデラーはかなり確率が高そう。

ジョコビッチの山にはチリッチ(3回戦)、ツォンガ、ロブレド、ロディック、ゴンザレスと強敵がたくさんいますが、ジョコビッチが一つ抜けている感じ。

3強がベスト4に顔をそろえる可能性はかなり高いと思われます。

そして残る1人は・・・

錦織、デルポトロ、バブリンカ、マレー

の中から誕生します。

まさに「若手No.1決定戦」。3強への挑戦権をかけた戦いの様相です。

非常に楽しみです。

4 件のコメント

  • 初めまして!!
    いつも、このブログを見て錦織選手を応援させていただいてました。
    私は、WOWOWに契約していないので、試合がいつも見れないのですが、かわりにこのブログを見てどのような試合だったのかを想像させてもらっています!!!(笑)
    いつも、団長さんのこのレビューに感謝しながら生きています!!
    毎試合このような素晴らしいレビューをありがとう!!!

      引用  返信

  • おつかれさまでした!
    とても完璧なレビューに驚いています笑
    たしかに錦織の山は今後盛り上がりそーですね^^

      引用  返信

  • 団長、皆さん、おはで~す。
    僕も第4セットは途中で捨てたと思いましたね。
    ポイント推移つけててそう思いましたね。
    第4セットは2ポイント目が先行できずに先行され、挽回され結局突き放されてゲームを失っています。
    第5せっとは2ポイント目を先に取っています。掲示板に「皆さんこのセットはサービスゲームのときのポイントの取り方が変わってますから行けますよ」と書いたのはこの点を注目してました。
    生見られないんでライスコだけの応援だったんで後でプレーを見たら、しかし感動モノでしたね。攻めてるから。体調を少しでも戻してデルポにも錦織劇場を見せつけてもらいましょうね。
    OOPもう出たんかしら。

      引用  返信

  • Ꭺw, this was an extremely good post. Finding the time
    and actual effort toօ generate a superb article… but what caan I say… I procrastinate a whole lot
    and don’t manage to get anything done.

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。