あまりにも対照的な2つの錦織談話

昨日の1回戦突破関連記事まとめは主としてメディアが伝える錦織圭でした。

でも、錦織圭本人の談話が欲しいと思う人は多いはず。

今のところ、以下の2つが確認されています。

USオープン公式サイトのインタビュー

テニスジャパンに記載の本人談話

この2つ、あまりにも対照的で面白いです。

公式サイトのインタビューの方は「松岡修造を知っているか?」と言った的外れな質問もあったりして、全体的に盛り上がらない感じ。

「オリンピックは初めてだったのか?」「ボロテリーにはどのくらいいる?」「ウィンブルドンの棄権の理由は?」など、「ググれ」とでも言いたくなるようなトホホ質問のオンパレード

最後の質問が「なぜYONEXのラケットを使わないのか?」ですから「ハア?」って感じです。Wilson使わないアメリカ人プレイヤーだっているだろうに・・・。

天下のUSオープンのプレスのレベルはこんなものなのか???と思いました。

そこまで知られてない選手とは思えないんですが…。

錦織の返事も「Yeah」ばっかりで、書いてないのに「・・・」って書いてある錯覚に陥ってしまうくらい。たぶん、英語力の問題ではなくて単純に口ベタなのでしょう。

いいですいいですそのくらいで。無理することない。自然に少しずつ覚えるでしょう。

対するテニスジャパンでの談話の方は、しっかり自分の言葉で語っていて、錦織圭のこの大会に賭ける意気込みが伝わってきます。

それに気になる発言も結構あったりして、テニスジャパンの方が短い談話でしたが内容は面白かったです。

以下、2つの本人談話で分かった事実。
(US・・・USオープン公式サイトより、TJ・・・テニスジャパンより)

  • 4セット目にインジャリータイムを取ったのは足の痙攣から。足の前も後ろも全部、
    最後には両アキレス腱にも痙攣がきた。(US、TJ)
  • ウインブルドンの腹筋痛はだいぶ良くなった(え!?微妙な表現・・・)(TJ)
  • 北京まで練習だけだったので、不安はあった(TJ)
  • 痙攣後は、相手が入れに来ていたのがわかったので、
    逆にチャンスだと思った。(すごい!やっぱり勝負師だ!!)
  • フィジカルが弱いというのは周りからも言われていて、気にしていた様子(TJ)
  • 第3セット第1ゲームでモナコが抗議した場面では、モナコの1ポイント前のショットがインだったと錦織本人が認めたらしい。(US)
  • レヴィン、ハース、ステパネクあたりと仲が良いらしい(US)(そう言えばレヴィンとはダブルス組んで優勝しましたね。)

第3セット第1ゲームで揉めた場面はこうです。

デュースの場面でモナコがフォアの打ち込み。これがライン際に落ちてラインズマンにより「アウト」のコールが(実際には入っていたと思われる)。

このコールに気付かず、ポイントを取ったと思ったモナコは次のポイントを取ってコートチェンジに向かう。

しかし主審は「デュース」のコール。これにブチ切れて抗議するモナコ。

そしてどういった経緯があったか不明ですが、モナコの抗議が認められてモナコがゲームを取り、コートチェンジとなりました。

このアクシデントでやや集中力を欠いたのか、続くサービスゲームを落とした錦織は、その後ブレイクバックするもこのセットを落としてしまいました。

USオープンのインタビューを読んだ限りでは、本人曰く「バカなことに」、インだと認めてしまったようですね。

まあフェアプレーということで良かったんじゃないでしょうか。たぶん本当に入ってたし。

 

8 件のコメント

  • 団長、皆さんおはです。
    さて、問題の第3セット、第1ゲームのシーンですがVTRで確認しましたが実際は明らかな誤審です。
    2回目のヂュースゲームモナコの良い1Stが入り、錦織のリターンが浅くなったところをモナコがストレートにフォアのエース。これはどう見たって楽勝に入っています。この時確かに「アウト」のコールが聞こえています。この先のコールも「アドバンテージ ニシコリ」とコールしていますがここで文句を言っておけば話は早かったんでしょう。その次のポイントもモナコが逆クロスで取り、当然モナコはゲームを取ったと思いサイドを換えたところであの事件は起きました。坂本も「ありえない」と言ええた通りで錦織だってそう思ったでしょう。
    あれだけ入っていたらさすがに認めざるを得ないと思いますし、逆にスポーツマンシップに反すると思います。
    録画した方はぜひ確認してみてください。

      引用  返信

  • 師匠早っ!!
    そーですね、昨日借りたDVD観たら誤審そのものでしたね。
    身体のセンはまだまだ細く、頼りないなという印象でしたが
    テニスのセンスは「こりゃぁ、マジで1桁ランクにいけそーだな」と思わせてくれる素晴らしいものでした。
    益々ライヴで観れてたら「ギザ興奮ウィッシュ♪」だったろうなと。 録画でこれだもんね、なんたって☆☆☆☆☆
    次は時間帯によってはまた観れないかも(悲)

      引用  返信

  • 面白いですね。フェデラーの会見でよく次の方って言ってますよね。とんでもない質問がありますかね。

    WOWOWの放送で圭くんの次の日の練習風景がでてました。
    次の日動けなかったらなどと心配してた私とてはほっとしました。
    修造さんは、痙攣してタイムをとった圭くんに対して僕が作ったルールだというメールをしたらしいですね。圭くんは知っていたみたいですけど・・。

    二回戦のスケジュールがなかなかでませんね。
    今日は、カラムーチョを仕入れてきます。

      引用  返信

  • OOP出ました!!
    同じく13番コート現地11:00スタートの
    デイセッションです!!
    日本時間で0:00ですね!!
    速報でした。

      引用  返信

  • たねさん、ありがとう!!
    応援できる時間帯でホント良かったです!!
    USOも日本に配慮してるのかー?!
    (北京五輪→NBC並^^;)

      引用  返信

  • レビンくんと組んで優勝したのは、トルコのイズミールカップ(チャレンジャー)でしたっけ?
    このレビンくん、今大会でアメリカ期待のドナルド・ヤングとダブルスに出るようです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。