AIGオープンエントリーリスト

AIGオープンのエントリーリストが発表になっています。

ここから大会初日に向けてドロップアウトする選手が出てくる可能性はありますが、かなり豪華なメンバーが揃いました。

そして錦織圭と対戦したことのある選手がかなり含まれているのが特徴です。このリストにブレイクがいれば完璧でした。
勝った選手、負けた選手・・・勝った選手には「1回勝っているので大丈夫」、負けた選手には「リベンジに燃えているはずだから大丈夫」と都合のいい解釈をして応援したいですね。

エントリー時には120位台だった錦織も、現在は81位。シードはその時のランキングで決定されますが、81位ではシードに入ることはなさそうです。

つまり、1回戦からの出場=9月29日(月)か9月30日(火)に錦織圭登場、となるでしょう。

月曜日は1回戦、火曜日は1回戦&2回戦となっていますから、単純な確率から行くと月曜日の方が高そうですが、こればかりは確実なことは言えません。
(ちなみに昨年は月曜日に登場しました。)

東レPPOなどでも火曜日に1回戦6試合、水曜日に1回戦2試合、といった状況で水曜日に有力選手が回ってしまうということが結構ありました。
大会側としても目玉選手はなるべく偏らないようにしたいですから、思惑を読む必要があるかもしれません。

ドローが発表されるのも直前ですから、やっぱり今の段階では何とも言えませんね。

開催日程はこちらです

さてエントリーリストを上から見てみます。
太字は対戦したことのある選手です。

1 ダビド・フェレール 4位 08USオープン3Rで勝利
2 アンディ・ロディック 8位 08サンノゼ2Rで敗退
3 フェルナンド・ゴンサレス 11位
4 リシャール・ガスケ 12位
5 トミー・ロブレド 15位
6 フアンマルティン・デルポトロ 17位 08USオープン4Rで敗退
7 ジョーウィルフリード・ツォンガ 19位
8 ニコラス・キーファー 20位
9 ミハイル・ユージニー 21位
10 トーマス・ベルディハ 22位
11 マリン・チリッチ 31位 08インディアンウェルス1Rで敗退 
12 ガエル・モンフィス 33位
13 ライナー・シュットラー 36位 北京オリンピック1Rで敗退
14 ヤルコ・ニエミネン 37位
15 シモーネ・ボレリ 47位
16 ユルゲン・メルツァー 48位
17 サム・クエリー 54位 08デルレイビーチSFで勝利
18 トーマス・ヨハンソン 64位 08ノッティンガム1Rでリタイア負け 
19 ギリェルモ・ガルシアロペス 67位
20 ビクトル・トロイツキ 71位 08バミューダCH決勝で勝利
21 盧 彦勲 73位
22 イバン・ナバロ 74位
23 ドゥディ・セラ 75位 08バミューダCH2Rで勝利
24 デニス・グレメルマイアー 76位
25 イボ・ミナル 82位
26 ボビー・レイノルズ 89位 08デルレイビーチQFで勝利、08メンフィス予選Fでリタイア負け
27 ロコ・カラヌシッチ 97位 08USオープン2Rで勝利
28 李 亨沢 98位
29 ドナルド・ヤング 99位 07USA F8決勝で敗退
30 ベンヤミン・ベッカー 101位
31 ビンセント・スペイディア 103位
32 ジェシー・レビン 106位
33 ミーシャ・ズベレフ 110位
34 ロバート・ケンドリック 113位
35 フィリップ・ペッツシュナー 117位
36 ウェイン・オデスニク 118位
37 ジョン・イスナー 124位
38 錦織 圭 125位
39 鈴木 貴男 (ワイルドカード) 586位

他ワイルドカード3名、予選通過6名 計48名

いやー、どの選手と対戦しても面白そうです。

ロディック、デルポトロにリベンジしてほしいですし、
ガスケとの多彩なショットの応酬も見てみたい。
ゴンザレスとのフォアハンド対決とか、
蘆や李とのアジアNo.1決定戦も興味深い。
ライバルのドナルド・ヤングと当たって勝つというのもいい。

いやー、楽しみです。

そしてうれしい鈴木貴男へのワイルドカード。ランキングを落としてしまっていますが、得意の有明で暴れてほしい。
そして上位ラウンドで日本人対決とか・・・ああ見てみたい。

添田もAlternatesの1番手なので、誰か1人欠場者が出たら本戦インになります。まあ行けるでしょう。
となると残り3つのワイルドカードは誰か・・・。

杉田佑一、伊藤竜馬、竹内研人の若手勢、
岩淵聡、本村剛一、松井俊英のベテラン勢

が候補だと思います。あとは最近復活してきた岩見亮とか・・・。

個人的には杉田、伊藤、松井にあげたいなあ・・・。

11 件のコメント

  • ロディックとユーズニーは過去にも来る様な感じで来なかったから
    今回はどーでしょうか・・?
    楽しみなのはゴンザレツ、ソンガ、チリッチ、モンフィス、ヤング、イズナーですね。是非とも来日して欲しい!!
    でもなんか皆してアキバでウロウロしてそーだなぁw意外に穴場か、アキバよ。女性陣はメード服着てれば声掛けられるかもよww
    貴男ちゃんは昨年の全日本優勝で権利を得ていましたから、あとは添田選手と竜馬君や三橋君あたりに本戦INして欲しいですね。
    あ~、ワクワクしてきたなぁ~、でもその前に仕事が・・・うっ。

      引用  返信

  • うわー本当に豪華メンバー。
    ツォンガ、モンフィス、ガスケ、デルポトロ、添田豪、鈴木貴男、
    見たい!
    他にも見たい選手がたくさん!
    錦織選手はいつ入るんだ?
    そして相手は誰?
    めちゃくちゃワクワクしてきたーー。
    仕事がんばるぞー、ね、種丸さん。

      引用  返信

  • ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。
    観戦に行かれる方が 本当に羨ましいわぁ
    いいなぁ~いいなぁ~・・・・・(号泣

    個人的には 錦織VSロデック 見たいなぁ・・・
    もちろんリベンジでお願いします。゛(`ヘ´#) ムッキー (笑
     

      引用  返信

  • 本当に豪華メンバーですね~!!
    SEIKO の後は、もう日本には上位ランキングの選手は来ないと思っていたころに比べると、夢のよう。
    (えぇ、えぇ、コナーズをリアルタイムで観戦していた年齢です、はい)

    月曜、火曜はコートサイド席が取れているので、すっごく楽しみです。
    会社……のことは考えないようにしよう。

    個人的には 錦織 vs ガスケを期待です。
    多彩なショット、相手の裏の裏まで読む配球……見たい。
    ロディックにリベンジも果たしてほしいけど……どうせなら、グランドスラム大会で「どうだ参ったか!」と勝ってほしいので(根に持ちすぎ?!)、今回は楽しみに温存ってことで。(笑)

      引用  返信

  • ぴこさん、robyさん

    ロディック・・・日本での人気確実に下げちゃいましたね。

      引用  返信

  • ロディック・・・
    ・・・・・・・・
    女の恨みは怖いですよぉ~(m ̄- ̄)ノ ~(((怨
    男性の皆様お気をつけて・・・・(笑

      引用  返信

  • 最近対戦した
    ロディック、フェレール、デルポトロ・・くらいしか
    頭になかったのですが
    かなりの数の有名選手が来るのですね~。

    私も錦織vsガスケが見てみたい。

    ロディック、
    こちらで錦織とあたったら、
    応援が大変なことになりそう。
    ますますロディックひねくれたりして。
    ロディックにはリベンジしてほしいけど
    関係がこじれないようにして欲しいです~。

      引用  返信

  • 僕も、杉田、伊藤には出場してほしいと思います
    んでモンフィスと対戦するようになったら、皆さんカエル食べるの?

      引用  返信

  • ブレークがアウトしたんですね。今の勢いだとWCは三橋、竜馬、杉田、竹内あたりが良いのでは?タスクも調子良いけど若手に良い経験をさせた方が将来のために良いような気がします。
    月曜日だとたぶん応援は無理。火曜日にならないかな~。

      引用  返信

  • いよいよAIGがもうすぐですね。もちろん圭くんの試合が一番の楽しみですけど、このエントリーリストを見るとおいしい(!)顔ぶれが並んでいます。

    圭くん以外では、縁あってケンドリックがワシントン大学在籍時代からファンだったので、チャンスがあれば彼の応援もしたいと思ってます。絶好調のケンドリックが現われれば、2006年の全英2回戦のナダルとの試合のようなすばらしいテニスを見せてくれるかも知れません。絶不調だとラケットを投げてあっという間に試合が終わってしまう可能性もあります。つまり安定性の無いテニスという事なんですが、何が出てくるか分からないのでいつもドキドキ観戦です。

    それでは鼻血ファミリーの皆さま、AIGでお会いできるのを楽しみにしています!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。