インディアンウェルスレポートbyもうひとりのきょうこさん その3

大好評の、もうひとりのきょうこさんによるインディアンウェルスレポート、第3回です。

鼻血さん、テニスファンのみなさん、反省も踏まえ、もう一度書き直しました。

前回よりも試合の様子が伝わるように心から願っています。

圭くんも、ファンも、心がブルーに染まった日の巻 その3改訂版

今回はきっと今までで一番、
切ないリポートになってしまいそうです。

それは ため息。。。。

すべてはため息から始まって
最後もため息で終わっていきました

さあ!いよいよ……!!

圭くんをドキドキしながら待っていました。
そしてとうとう出入り口から登場!

来た!

あ。

たった2、3秒?! もう、本当に あっ という間に
コートに向かって行ってしまいました…。

あーあ。

ため息ついた。

さっそくウォーミングアップが始まりました

対戦相手のリュビチッチ選手は背が高く、体も大きい。

さすが元世界ランキング3位のベテラン、落ち着いていました。

一方、圭くんは最近よく着ているモスグリーンに黄色の
3本ラインが入った流れ星Tシャツに黒のショートパンツ、
シルバーのアディダスシューズというファッションで登場。
今日は黒いハチマキではなく白のキャップでした。

(圭くんは腕のケガについて記者会見で話したそうですが、
体調については特に何も言わなかったようですね。)

パッと見の印象は
顔色はすぐれず、
なんだか冴えない表情でちょっと心配でした。

でも、私はとにかく一球一球、

黄色いボールの行方を固唾を飲んで見守っていました。

(ボールだけを目で追ってしまい、スコアがどうなっていたのか、よくわからなくなっていました。)

圭くんも必死だったと思うけど、私も心の中で
夢中で叫び、応援しました 

そう!日本の圭くんファンのみなさんの分まで!!

試合の最初から、リュビチッチ選手が主導権を握っているようでした。

高速のビッグサーブはとても力強くて、

コントロール良く決まるとリターンを返すのは至難の業、

まるで大きな爆弾を落とされたように圧倒されます。

ですが、実際はフォルトがかなり多かったように思いました。

リュビチッチ選手のフォアハンドは、それほど強力ではなかったものの、すごく回転がかった低めの球を、コーナーから

角度のついた打ちづらそうな球を打ってきて、

圭くんのバックハンドにしつこく集めてきました。

(圭くんの強烈なフォアハンドを警戒して、打たせないように仕向けていたのでしょうか。)

でも、圭くんは、そんなにずっとやられっぱなしという訳でもありませんでした。

リュビチッチ選手の調子が良かったから歯が立たなかった、というふうには

決して見えませんでした。

得点のチャンスはあったけれど、

それをことごとくネットに引っかけてしまったり、ポイントが取れたはずのチャンスボールを

わずかにアウトにしてしまうという惜しい場面がかなりたくさんあったのです。

それは、もしかしたら風の影響で、

ボールを落とす場所の予測のピントを合わせることに微妙に

手こずり、ラケットを打つ力加減が難しかったからではないかと

思いました。

それは、リュビチッチ選手も同じようで、

一進一退の攻防というより、お互いにイージーミスし合っているように見えました。

でも、圭くんはそんな中でも、何回かミラクルショットを
見事に決めてくれました!

顔はまっすぐ前を見ているのに、真横にパシーンと
きれいに決まった レーザービーム!

勝手に命名、 あっち向いてホイボレー?  

(凄さはわからないけど良さはわかります)

圭くんのスピード感はやっぱり天才的だった。

このショットはエアケイに匹敵するのではないかと思いましたよ!

そう。圭くんは上手に相手を騙すんだ!

こういうの、サッカーだと フェイント って
言うんでしたっけ?

いかに相手をはぐらかす事ができるか

エアケイもよーく考えてみればテニスのフェイント

フワーンと高ーく上がった球を
ありえないタイミングでパシッ!て勢いよく落とす。

やっぱ圭くん、サッカーの発想をテニスに活かしている!

(もうひとつ気になったこと)

ポイントを取るたび、圭くんは小さなため息をついていた。

どうしてなんだろう ポイント取ったのに

(ゲームセット)

結果はリュビチッチ選手の総合的な安定感が勝り、

0-2のストレートで錦織選手は負けてしまいました。

肩に赤いラケットバッグしょって、
キャップを深くかぶって、
うつむきながら早足で歩いてきた錦織選手。

けーくーーん! って勇気を振り絞って呼んでみたけど、

まったく耳にも入らない様子でずっとうつむいたまま足も止めず、

上を見上げるそぶりも見せず、スーッと通り過ぎて

出口に吸い込まれるように姿が見えなくなりました

圭くんゴメン

そんな心境じゃなかったよね

19歳はきっと苦しい

プロ2年目はもっと厳しい

ファンのみんなも同じ気持ち

寒さでガタガタ震えていたけど

そんなのどうでもよかった

さ。帰るか。

最後に 大きく息吸って、ため息ついた

 いっぱいついた

 いっぱい

(つづく)

44 件のコメント

  • みなさん、こんにちは。

    私、もうひとりのきょうこが書いたリポートについて
    お伝えしたいことがあります。

    その3の話の内容、書き方に関して、大変不快に思われた
    方がいらっしゃったようです。

    被害妄想炸裂じゃん

    思考回路に吐き気がする

    との事でした。

    試合のリポートというものは生まれて初めて書かせて
    いただいたのですが、
    みなさんからの反響が想像以上だったので、うれしくて
    少し調子に乗りすぎていたのかもしれません。

    まったく悪気などなかったのですが、
    不特定多数の方々が読んでいるのですから事実だけを
    ありのままに、わかりやすく書くべきだったと
    大変反省しています。

    錦織圭選手のファンサイトの中でも、この鼻血さんの
    ウェブサイトはランキング第1位、2位を争うほどの
    人気サイトなのに、自分の感性のおもむくままに書いて
    しまった事は軽率だったと思います。

    この場を借りて深くお詫び申し上げます。

    そしてお手数ですが今回のその3のリポートの
    削除をお願いいたします。

    読んでくださった方がたった一人でも
    吐き気をもよおすような事実があった以上、
    続けるわけにはいきませんし、
    すべてのリポートを書き終わった時点で
    もうこのような事をするのはやめようと決めました。

    その4はインディアンウェルズの試合後にあった、
    いろいろな方との出会いを簡単にまとめ、
    その5ではデジカメで撮影したフォトや動画を載せて、
    最終回にいたします。

    たくさんのあたたかいコメントを
    寄せてくださったみなさん本当にありがとうございました

      引用  返信

  • 「思考回路に吐き気がする」←私も同意します。
    まずリュビチッチのエラーに対する態度に私は
    不愉快を感じています。あなたのような品性がなく
    失礼な観戦者を何度か見てきましたが本当に腹立つ。

    とにかく不愉快。

      引用  返信

  • 書いたのはきょうこさんでも、記事として掲載したのは私でありますので、基本的に不快にさせたことの責任は私にあります。
    まずはそのことをお詫びさせていただきます。

    しかしながら、本レポートは私が一読した上で問題なしとして掲載したものです。
    たしかに相手のエラーに拍手をするというのはマナーとしてよろしくありませんが、きょうこさんは初テニス生観戦でそのことを知りませんでした。誰しも知らないことはありますし、ミスをしたら次から同じことを繰り返さなければ良いと思います。
    きょうこさんも文章中でミスへの拍手が良くないことだったと気づいており、リュビチッチから睨まれた時点でこの話は終わっていると思います。
    そこで睨まれなければ未だにそのマナーを知らずにいるかもしれず、結果的に良かったと思いますし、このレポートを読んだ方の中にもきょうこさんの文章でこのマナーを知った方もいるかもしれません。

    相手へのミスの拍手を誇らしげに書いているならともかく、「ミス」と書いているのだから問題ないと思います。

    少なくとも「それは良くないマナーだよ」と指摘する程度が適切だと思いますし、「思考回路に吐き気」といった強い言葉で非難するほどのこととは思えません。

    例えば「プレー中にコートの後ろを通らない」というのはテニスのマナーですが、たまに家族でコートを借りてテニスを楽しむくらいの人たちですと、このマナーを知らずにラリー中に後ろを通ってしまうことが結構あります。

    しかしだからといって、その人たちの「思考回路が・・・」といったような話にはなりません。教えてあげれば済むことです。
    誰でも最初は初心者です。こういったミスは自分にも起こりうることだと思って寛大に接する気持ちが必要だと思います。

    しかしながら不快に思われた方がいらっしゃったのも事実でありますので、きょうこさんと話し合った上で記事を修正するか、補足文章を入れます。
    レポート全体の削除は考えておりません。

    これによってせっかくのきょうこさんの斬新なレポートが変に気を使ったものにならないことを祈っています。

    きょうこさん、第4弾、第5弾お待ちしておりますよ!

      引用  返信

  • 補足
    「プレー中」というのは実際にラリーをしている最中という意味です。
    ラリーしてなければ「すいません」と声をかけて早足で通り抜ければよいと思います。

      引用  返信

  • 予防線を張るようですいませんが、「相手のミスに拍手をしようと思うこと自体が良くない(=思考回路が・・・)」という議論も出てくるかと思いますが、野球やサッカー観戦などではテニスほどそれに対して厳しくないと思います。
    相手のミスでも自分の側のポイントになるので、他のスポーツしか知らない場合は相手のミスに拍手してしまう人がいても仕方ないと思います。

      引用  返信

  • ロジャーPerfect さん

    テニスの観戦のマナーについて全く知識が身についておらず、
    相手選手に対し大変失礼な態度をとってしまった事は
    試合観戦が初めてだった私の無知な間違いでした。

    長年のテニスファンの方からすれば、とてつもなく
    腹立たしいリポートだったに違いありません。

    行く前に、試合の応援の仕方の知識をもっと学んでから
    会場に足を運ぶべきでした。
    もう二度と今回のような事がないように
    肝に銘じて気をつけたいと思います。

    とても不愉快な気持ちにさせてしまい、
    申し訳ありませんでした。

    鼻血さんにはこのリポートの文章すべての削除を
    既にお願いいたしましたので、もう二度と目にふれる
    事はなくなりますので、ご了承ください。

    自分への謹慎処分として試合会場での観戦は無期限に自粛し、
    今後はインターネットの中継やライブスコアなどで
    応援していきたいと思います。

    やはり最初から試合に行くべきではありませんでした。

    大変すみませんでした。

      引用  返信

  • はじめまして・・・いつも楽しく読ませていただいています。
    もうひとりのきょうこさん どうか落ち込まないで下さい。
    対戦相手に関するコメント以外は 試合会場に行けない私たちに
    充分に臨場感を伝えて下さいました。
    文章って ホントに難しいですね。失敗が怖くて コメントを
    書けなかった私ですが きょうこさんに お礼が言いたくて
    勇気を出しました。これからも 一緒に圭君を応援しましょうね!

      引用  返信

  • 何事も初めてだとmissがあるものです。

    もうひとりのきょうこさん、
    現地からの生情報というのは大変ありがたいですよ!

    その4とその5のレポートも楽しみにしていまーす☆

      引用  返信

  • きょうこさん、無期限自粛なんて言わないでください。
    私も初心者でこの間のデビスカップが初めての試合観戦でした。
    一つ一つ学んでいってベテラン観戦者をめざしましょう。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん。
    僕も初心者なのですが、先日のデ杯観戦でマナー上の失敗をやらかしてしまいましたよ。OBM-GOさん、みけさんのおっしゃる通りだと思います。次に同じ事をしないよう注意すればそれでいいと思いますよ。
    こちらのブログには親切にも初心者向けに「観戦ガイド」や「マナー上の注意」をUPしてくださる方々がいらっしゃるので、一緒に勉強してどんどん観戦しましょう!(=乞う!初心者向けコンテンツ)

      引用  返信

  • たぶん不愉快に感じている人の多くは、
    マナーに反したからという点よりも
    「失礼やっちゃった」とか
    「おじさまのミスで わたしもミス?
     あは。」
    のような書き方を不快と感じているのではないでしょうか。
    少なくとも私はそうです。
    本気で「失礼なことをした」と思っているようには受け取りづらい書き方ではないでしょうか。

    一部削除なさったようですが、リュビチッチの容姿に関するくだりも、あまりいい印象を受けませんでした。容姿に対する揶揄・ジョークについては充分な心配りが必要だと私は思います。(その選手のファンが愛情込めて茶化す場合はまた違うでしょうが)

    レポート自体は楽しいものであるだけに、残念に思います。

      引用  返信

  • 本気で反省はしてないと私は思います。言葉遣いもリュビチッチ
    の容姿に対する態度も含めて反省できない人だと感じます。
    投稿後に謝るなら、自分のレポートを確認してから投稿してください。私以外のも不愉快になっている方がいると思います。

      引用  返信

  • kanaさん

    そこはとりあえず私の独断で削除しましたが、私のチェックが甘かったという点につきます。すいませんでした。
    また他の個所についてもとりあえず不快感を与えないような表現に変えますのでご了承願います。

    ロジャーperfectさん

    おっしゃることは分かりました。そのあたりで勘弁してもらえませんか。
    反省はしているとおっしゃっているのだからそれでよいのではありませんか。
    私も私のブログが厳しすぎる言葉で埋め尽くされることはうれしくありませんので、どうかよろしくお願いします。

      引用  返信

  • 私の心配は、せっかく勇気を振り絞って初めてのテニス観戦に出かけた(おそらく)若いテニスファンの貴重な体験が、こんなこと(あえて「こんなこと」と書かせていただきます)で苦々しいものになってしまうことです。せっかく芽生えたテニスを愛する気持ちがこれでしぼんでしまうことになればそれは一テニスファンとして大変残念でなりません。

    きょうこさんは無期限自粛なんておっしゃらず、どんどん観戦に出かけてほしいと思います。
    アメリカはスポーツ大国です。たくさんのいい大会にたくさんのいい選手が集まります。日本にいたらATPツアーレベルの大会はジャパンオープンだけですよ。
    もちろんアメリカといっても広くて見に行くのも大変でしょうし、日本のチャレンジャー大会も楽しめますけどね。でも世界100位以内の選手が見れる機会となれば限られてしまいます。

    「おじさま」だって元世界3位のものすごい選手ですからね。私も生で見たことはありません。

    批判は記事を掲載した私に向けてお願いします。

      引用  返信

  • C太郎さん

    初心者向け観戦講座は昨年のAIGオープンの時にやりましたが、やっぱりブログの構造上、埋もれて目につかなくなってしまうんですよね・・・。

    というわけで「リニューアル準備の旅」を敢行したわけですがそれもひと段落しました。

    結論:結構難しい

    無理ではありませんが実装にはそれなりの技術的ハードルがあります(私にとって)

    とりあえずデータベースとPHPにもう少しくわしくならないと・・・。あとウェブデザインのノウハウ全般にも。

      引用  返信

  • Kanaさん

    真剣勝負をしている選手に
    うっかりやっちゃった、失礼しました~ てへ。
    のように、冗談めかしておどけた態度をとった書き方
    も、アスリートに対し尊敬する気持ちが足りず、
    小ばかにしたようなニュアンスになってしまっていました。
    楽しく書こうとしすぎて、調子に乗りすぎてしまい、
    不快な文章になってしまっていました。
    本当に良くないな、
    これではテニスのファンの方たちに反感をかってしまう
    のは当然だと、今、何度も読み返してみてKanaさんの
    ご指摘のとうりだと改めて思いました。

    テニスの観戦リポートはテニスに詳しい方々におまかせし、私は自分の話が終了次第、読む方だけにまわります。

    最後にKanaさん、いろいろな意見を言っていただき、
    未熟な私に教えてくださってありがとうございました。

    もっと良識を身につけていく努力をしていきたいと
    思います。

    容姿に対する書き方も、相手の選手のファンの方にとっても、その選手への愛情を持って茶化しているのなら
    ともかく、私の書き方には配慮が足りませんでした。

    これからはこの容姿に関する書き込みには充分な心配り
    をすべきだとすごく気をつけて書いていきます。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん、もう十分です。気持ちは伝わっています。みなさんそうですよね。

    そちらが西海岸なら今は早朝のはず。ひょっとして一睡もされていないのではないですか。
    もうこれ以上気にされず、ゆっくり休んでください。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん、
    真摯なお気持ち、もう十分に伝わっていると思いますよ。

    これからも皆と一緒に錦織圭を熱く応援していきましょう!!

      引用  返信

  • きょうこさんのレポを読むと肝心な試合の部分がないので
    (私はそこが一番不満でしたが…)
    最後は錦織がポイント取って勝ったような印象すら受けます

    netdashさんの方でニュートラルなレポにして
    試合を見れなかった者にも客観的に試合の様子が伝わるようにまとめてもらえるとありがたいのですが…。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん。
    きょうこさんのリポートに、
    厳しいコメントがあって、
    びっくりされたことと思います。

    でも、落ち込まないで!!
    あなたのリポートは
    決死の長距離ドライブの後の初めてのテニス観戦で、
    舞い上がってる心がそのまま出ていて、
    私は、ほほえましく読ませていただきました。

    興奮した時って、そういうテンションの文章に
    なるものだし、それを不快だと思う人もいれば、
    ほほえましく思う人間もいるんです。 

    私は出版関係の仕事を20年以上しております。
    ひとつの作品が本になると、
    まあ、びっくりするくらい、色々なコメントが
    寄せられます。
    褒めるもの。けなすもの。肯定するもの。否定するもの。
    受け取る人間の感じ方、考え方、色々あって当然なのです。

    そして、出版の場合でも、
    <よし、掲載する!>と編集長が決めたら、それでGO!

    今回は団長が、載せてOKだと判断したからこそ、
    きょうこさんのリポートを載せたんですよ。
    そして、それは団長の鼻血ブログの個性にあっている
    リポートだったからだと思います。

    <試合会場での観戦は無期限に自粛し、>なんて
    言わずに、どんどん観戦を楽しんでください。

    また、楽しいリポートを、生き生きした感性で
    書いてくださいね。
    (長くなってすみません。)

      引用  返信

  • あっというまに20コメントにびっくり!!
    こちらのブログにはとてもテニスの知識の深い方々が来られるので、もうひとりのきょうこさんのビギナーっぷりにみなさんが
    面食らったというのもあるでしょう^^;

    誰しもみな、ミーハーから入りませんか?
    そして誰しもみな、最初は観戦ビギナーだとおもいます。
    だから、もうひとりのきょうこさんも自粛などと言わず、
    どんどん生観戦をして、観戦マナーを見につけ&テニスを見る目を養い、これから真のテニスファンに成長していったらよいのだと
    思います。

    圭くんを見に行く→圭くんの試合を見に行く→圭くん以外の選手も見に行く→全ての試合を楽しみに見に行く

    テニスは麻薬のように魅力的だから、絶対にこのようになっていくとおもいますよ。

    アメリカに居て、生で素晴らしい試合の数々を見られる機会があるのに自粛だなんてもったいないこと言わないで。
    楽しくもしっかり観戦リポになっている、そんな文章目指してくださいね。

      引用  返信

  • レポートはよいとして、私は団長に憤りを感じます。
    もうひとりのきょうこさんが削除くださいとお願いされてるじゃないですか?
    どうしてこれほど引っ張っるんです?

    これだけ皆に突っ込こまれたら、もうレポ書けないのは当たり前でしょう。

    皆さんも同じですよ。

    もうひとりのきょうこさんが気の毒です。

    批判は団長に向けて?。。。当然団長の責任ですよ!

      引用  返信

  • 私は基本的に削除はよほどのことがないかぎりするべきではないと思っています。
    削除するとコメントも一緒に削除され、不本意な気持ちになる人が出てきます。

      引用  返信

  • 「きょうこさんと話し合ったうえ」と上のコメントで書いており、コメントにメールアドレスが記載されていたので連絡メールはすでにPM6時の段階で打っております。その後コメントはありましたがまだ返事は来ていません。
    そのうえで(これだけ議論を尽くした上で)きょうこさんが削除を希望されるなら削除するつもりですので、もう少しお待ちいただけますか?>さららさん

      引用  返信

  • 特定の選手のファンである前に、(プロ)テニスそのものに
    対する愛情とか敬意があまり感じられないと、なかなか受け
    入れてもらえないかもしれません。

    しかし、何か先頭に立ってやってる人の落ち度を必要以上に
    こき下ろして「水を差したがる」人、多いですよね。テニス
    観戦もレポートも初心者ということで、あまり気になさらな
    いで、テニスに対する愛情を育んで下さい。

      引用  返信

  • マックウィンさん。
    そういえば、錦織圭をきっかけにテニス麻薬中毒になりかかってますよ、僕も。

    団長さん
    そうそう。AIGの時は右も左も分からないままの観戦だったので、とても参考になりましたよ。データベースもPHP(?)も僕には全然発想がないので身につける意欲があるのはスゴいと思います。直接関係ないけど1-(14/15)^7も今度機会があったら、わかりやすく解説してくださいね。
    ...いつも楽して見てるだけなゆえに言える我が儘。幸せです。

      引用  返信

  • サイン抽選会に外れる確率=2800/3000=14/15

    7人とも外れる確率=(14/15)^7

    誰か1人は当たる確率は1からこれを引きます。

    つまり 1-(14/15)^7

      引用  返信

  • よこさん、

    まるっきり初心者なので
    テニスの見方がよくわからず、行ったり来たりする
    黄色のボールだけをずーっと目で追っていたので
    肝心な試合の内容をしっかりと把握出来ず、
    それであのような書き方になってしまいました。

    詳しい試合の内容については、私のリポートの前の記事、

    リュビチッチにストレート負け(2009インディアン
    ウェルズ1R)に、

    フォーさんが試合の模様を詳しく載せてくださって
    います。

      引用  返信

  •  こんばんわ、です。

    なにやら大変なことになってるし…

     もうひとりのきょうこさんはかなり情熱的な気性の方ですね。たった一度の失敗で、無期限自粛 だなんて、ALL OR NOTHING すぎです! 
     
     そんな悲しいことを言わないで、どんどんテニスの試合を見に行ってください。そして、願わくば、圭だけではなく、テニスそのものを好きになってもらいたいです!!!

     レポートは本当に斬新で、素敵なものでした。ただ、ご本人も認めておられるように、ちょっとばかし調子に乗りすぎてしまったように思います^^)

     ”その3”で完結するくらいの分量でちょうど良かったのではないでしょうか?長すぎる前置きは文章の良さを損ないます。相手選手の”容姿に関する書き込み”はこれからもするべきではないと思います。(必要ありません)
     
     それよりも、もうひとりのきょうこさんの圭に対する思いがどんな風に綴られていくのか、ものすごく楽しみなのです。早く読みたいです!

     どうか気を取り直して、再チャレンジしてくださいm(_ _)m なかなかそんな気分にはなれないでしょうが、試合直後の高揚感を思い出して頑張ってみてくださいね!

     それから よこさん、もうひとりのきょうこさんはレポの初めに”試合内容のレポートは、フォーさんが詳しく書かれているので、私は、自分の気持ちを書こうと思います”と断っていますよ。ニュートラルなレポはそちらでご覧になってはいかがでしょうか。

      引用  返信

  • 鼻血さん、

    どういうわけか鼻血さんからのメールが届きませんでした
    ので、
    もうひとつ別のメールアドレスをタイプして送ったので
    もう一度メールを送ってみていただけますでしょうか?

    よろしくおねがいします。

      引用  返信

  •  団長、私は削除には反対です。

    BAKOさんが書いてらっしゃるように、感じ方は千差万別です。いやなら読まなければ良いのです。斜め読みするか飛ばすかして、この話題が終わるのを待ちましょうよ。

     もうひとりのきょうこさん、私のように、あなたのレポートを楽しみに待っている人間もいるんですよ^^)

      引用  返信

  • 私は、レポを書かれたもうひとりのきょうこさんが削除希望されているのに、なぜ削除してあげないのか。気の毒だから団長に言ってるだけです。もうひとりのきょうこさんより、コメントされた人の気持ちを大事に思われるのなら仕方ないというか、それは団長の判断ですものね。

      引用  返信

  • 少し見ない間にこんなことになってるとは汗

    きょうこさま僕は、レポ読ませていただきましたが別に「面白いなぁ」としか思いませんでしたよ!?
    非常に個性的で読む者を引き込む文章だと僕は思います。
    これを読まれて憤りを感じられる方がいらっしゃるとは、僕は思いませんでしたが……

    リュビチッチの容姿にかんする表現などは、確かにスキンヘッドのことを揶揄する表現に見えるかもしれませんが、もちろんそんなのはきょうこさまも本気でからかったりはしていらっしゃらないわけで、僕はレトリックのひとつだとお取りしましたが……

      引用  返信

  • さららさん、私の前のコメントを読んでいただけましたでしょうか?

    もう一度書きます。

    ----
    「きょうこさんと話し合ったうえ」と上のコメントで書いており、コメントにメールアドレスが記載されていたので連絡メールはすでにPM6時の段階で打っております。その後コメントはありましたがまだ返事は来ていません。
    そのうえで(これだけ議論を尽くした上で)きょうこさんが削除を希望されるなら削除するつもりですので、もう少しお待ちいただけますか?>さららさん
    ----

    どうやらメール不通だったようですので、まだ結論が出ておりません。
    お待ちいただけないのでしょうか。

      引用  返信

  • 既にもうひとりのきょうこさんが削除してください。と書いているので、コメントしたまでです。
    これほど議論になったのは早くに削除してあげなかったからでは? もうひとりのきょうこさんのレポだけ一時的にも消してコメントだけ生かすことは可能だったと思いますが。。

      引用  返信

  • 私は鼻血サンの記事更新を毎日楽しみにしていますが
    これだけ引っ張って、おかげで今日は更新できてないですよね?
    今までのパターンだと朝までには新しい記事がUPされることでしょうけど、こんなことで記事が読めなくなるのはかんべんしてほしいです。

      引用  返信

  • 鼻血さん、右上のメールあてに送信しました。

    また届いていなかったらお知らせください。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん、お初観戦・レポート大変でしたね。
    御苦労さまです。
    インディアンウェルズの試合後にあったいろいろな方との出会いやデジカメで撮影したフォトや動画を心待ちにしています。

    団長さんも頑張って下さい。
    これからも鼻血ブログ応援しています!

      引用  返信

  • 団長さま

    一日に何度も来てしまって
    そのたびに今回の件、
    心配しています。

    がんばり過ぎないでくださいね
    いつも、応援しています。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさまへ

    野次馬です。
    今回痛感なさったと思いますが、インターネットがどういうものか、勝手に書いておきますね。

    ここはどんな人が見てるかわかりません。
    そして現実世界では一度も浴びせたことのないような罵倒を無遠慮にいえる場所。
    ネットを使った交流はお友達とお茶するような感覚ではいられない、そういう警戒心を持って書き込んだほうがいいと思います。

    ネットは楽しいです。好奇心が大きいほどハマります。
    自分も1日1時間以上ネット見てて中毒気味です。
    でも入れ込みすぎると現実に影響を及ぼすので、話半分にしかみてません。
    楽しむためにネットしてるのに、ネットで嫌な気分になるのは本末転倒。
    ネットしてるときの自分は別人格、くらいの割り切りしたほうがいいと思います。

    私がシニカルすぎるだけかもしれませんが、割り切りのないまま深入りして鬱になった知人が1人います。
    mixiで今回の件よりもっと過激な反応が押し寄せて、キャパオーバー。
    結果、彼氏以外誰も信じられなくなった子も知っています。
    人によってはもっと重症になります。お気をつけください。

    強引にテニスの話題にしますが、自分はとにかく面白い試合が一番の糧、という観戦スタイルなので、
    アメリカのハイレベルな大会を生で見て回れる環境が羨ましくて仕方がないです。
    ぜひ観戦は続けてください。
    生の臨場感と音は何者にも代えがたいものがあります。
    それを楽しみたいと思いつつもケチな私は、旧AIGオープンでもグランドチケットだけ買って、あえてアザーコート最前列です。
    しかし、日焼け止め代がかさむので意外と節約できません。

    P.S.
    先日の書き込みで擁護してくださった方々、ありがとうございます。
    名前で出身はわかると思いますが、自分の書き込みはそこの一住人の暇つぶしです。
    錦織選手を応援してるとは思えないような書き込みしかできてないかもしれませんが、ご容赦ください。

      引用  返信

  • きょうこさんと連絡が取れ、返事とともにに修正版が送られてきました。
    削除することは簡単ですが、あえて真正面から向かいあうことにしたきょうこさんの決断を讃えたいと思います。
    最終的に削除希望だったら削除するつもりでした。

    というわけでみなさん、これでこの話は終わりにしたいと思いますのでよろしくお願いします。

    ちなみに動画、画像は許可なく勝手に載せるわけにいかないので、今回は掲載を見合わせますのでご了承ください。
    本当は試合の写真などは多くの人にお見せしたいのですがね。

      引用  返信

  • 随分むかしのことになりますが、サンディエゴ湾を望む岬に行きました。あの街にきょうこさんが住んでいらっしゃるのですね。
    フリーウェイを一人で運転して試合会場にたどり着いたきょうこさんの勇気・情熱を頼もしく想い、その情熱がもたらしたであろうレポートを時にワクワクしながら、時にハラハラしながら読ませていただきました。

    これからも試合観戦は続けて下さいね!!
    圭くんや他のさまざまな選手たちを一緒に応援していきましょう。

    これから西海岸はぐんぐんと明るい光がふりそそぐ季節ですね。
    その光がきょうこさんのこころを癒してくれることを祈っています。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん
    試合を見てない者に配慮いただきありがとうございます

    リュビチッチ選手はベスト16まで勝ち進んでいるようですね
    錦織のイージーミスが多いのはサンノゼの時も同じでしたが
    気になりますね

    またぜひレポよろしくお願いします

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。