ミドルサンデーは恵みの休息日:2010ウィンブルドン男子後半戦予想

ウィンブルドン開催期間の2週間のうち、最初の日曜日はミドルサンデーと呼ばれ試合は原則として行われません。

全仏→サッカーWC→ウィンブルドンと寝不足続きの日々が続く中、このミドルサンデーは観る方にとっても選手にとっても非常にありがたい休息日となります。

ウィンブルドンは男女ともに3回戦が終了し、ベスト16が出揃いました。

男子シングルス4回戦

フェデラー[1] vs メルツァー[16] ベルディヒ[12] vs ブランズ
ジョコビッチ[3] vs ヒューイット[15] ルー vs ロディック[5] ベネトー[32] vs ツォンガ[10] クエリー[18] vs マレー[4] ソダーリング[6] vs フェレール[9] マチュー vs ナダル[2]

男子シングルス4回戦予想

フェデラー vs メルツァー:フェデラー

1回戦のファージャ戦、負けたと思いました。第4セット、ファージャの5-4、サービング・フォー・ザ・マッチ(SFM)でファージャが硬くなったのがすべてでした。

ファイナルセットは6-0と圧倒し、同じ試合のなかでこれほどまでに流れが変わるのを目のあたりにし、改めてテニスはメンタルゲームだと感じました。ファージャのプレーは手放しで賞賛に値しますが、テニス人生最大の勝利を目の前にしてそれをつかめなかった悔しさはいかほどでしょうか(本人は満足していると言ってはいますが)。

フェデラーは2回戦も苦戦しました。前哨戦でヒューイットに敗れたこと、最近の戦績、周りのレベルアップなども含めて考えると決して磐石でないように思え、ファンはハラハラしていることでしょう。しかしこれまでも心配されながらも結果を出してきた実績、経験、ここ一番での集中力など頭ひとつ抜きん出ている印象です。依然、本命でしょう。

メルツァーは全仏に続き好調をキープ。玄人好みの多彩なテニスは見ていても楽しく、My favorite playersのひとりです。しかしフェデラーに対して上回っている要素は少なく、フェデラーが自滅しない限り勝ちは厳しいと思います。

ナダル vs マチュー:ナダル

1回戦を快勝したものの、2回戦、3回戦とHaaseとペッシュナーにフルセットを強いられました。しかし芝でのプレーは数年前と比べて格段に向上していると思います。サーブはコンスタントに200km/h前後を出し(しかもスライスがかかっている)、リターンの位置も攻撃的です。バックハンドのスライスとバックボレーはグリップの関係でかなりカットしており、模範的なフォームとは言えませんが上手くボールをヒット出来ています。苦戦はどちらかと言うと対戦相手の思い切りのよいプレーが原因だと思います。最終的に勝者としてコートに立っていることはさすがと言えます。

マチューが久々に好成績。フランス選手好きの私は非常に嬉しい。しかしナダルの方が一枚上手で、自滅も期待できませんから苦しいでしょう。

ナダルにとっては準々決勝のソダーリング(予想)が大きなキーポイントとなるでしょう。

ジョコビッチ vs ヒューイット:ヒューイット

今大会のプレーはチェックできていないのでよくわかりませんが、順当に4回戦に進出です。ヒューイットとの対戦は、自力ではジョコビッチですが芝での適性と経験を加味すると五分五分だと私は予想しています。

ヒューイットは前哨戦でフェデラーに7年ぶりの勝利。芝での戦いは自分のリズムに合っているらしく非常にスムーズで、トップスピンロブは絶品。勝敗予想は難しいですが心情的にベテランを応援したく、ヒューイットとしておきます。

マレー vs クエリー:マレー

地元の期待を毎年一身に背負い、プレッシャーのかかるマレーですが頑張っています。ややディフェンシブなプレースタイルから優勝はあまり予想されていないと思いますが、サーブが改善されてきて十分戦えると思います。最近の調子は必ずしもよくありませんが、気合は充実しているように見えます。期待も込めて穴として優勝候補にあげておきます。

クエリーは本当に着実に力をつけ、コンスタントに上位進出していますね。あとはグランドスラムでの大活躍を待つのみですが、マレーのコントロール抜群のプレーがクエリーを封じると見ます。

ツォンガ vs ベネトー:ツォンガ

フランス勢の大将として頑張っています。プレースタイル的な芝適性はかなりあると思います。ネットでの俊敏な動き、ドロップボレー、薄めのグリップ、ビッグサーブ。しかし芝のイメージが強くないのは芝での経験不足でしょうか?調子に乗れば全員を食ってしまうだけの爆発力が魅力です。

ベネトーもコンスタントに実力を出せる名選手ですね。同国人のツォンガに対しては変に名前負けすることもないと思いますが、サービスが炸裂して

ベルディヒ vs ブランズ:ブランズ

常にメンタルの弱さが取り沙汰されるベルディヒですが全仏ベスト4で一段ステップアップした印象があります。しかし優勝するためにはもう二、三段のステップアップが必要だと思います。全仏準決勝もちょっと惜しい試合展開でした。

この人もツォンガ以上にプレースタイル的には芝適性があると思います。

ブランズは2回戦でダビデンコを撃破。しかしダビデンコは芝ではいつもいい成績を残せないのでどう評価して良いのか悩みます。3回戦のハネスク戦はハネスクが観客につばを吐き棄権勝ち(ただし、ハネスクに同情する声もあるのでここでは批評しません)。実績からすればベルディヒでしょうが、ブランズは得たチャンスを最大限活かそうと必死で向かってくるでしょう。ここはベルディヒにとって「変われたかどうか」の試金石となる試合ですが、私は人間そう簡単に変われないと思っているので、ベルディヒがブランズに気迫で押される展開を予想しておきます(はずれる可能性大ですが)。

ソダーリング vs フェレール:ソダーリング

芝のイメージが薄いこの2人が4回戦で激突です。特にフェレールはガッツがあるし、復調を感じさせます。しかし予想としてはソダーリング勝利です。2度の全仏準優勝を経験して、自分の型にはめる術を完全に身につけました。

ロディック vs ルー:ロディック

昨年のすばらしい決勝戦以降の成績はロディックにとって不本意なものでしょう。フェデラーに阻まれて優勝こそないものの、3度の準優勝はヒューイットと並んでフェデラー、ナダルに次ぐ実績です。この大会に照準をあわせているはずであり、優勝候補でしょう。

ルーは素晴らしいですね。錦織にとっても希望が持てるアジア人の活躍です。安定したプレーがあるので上位陣も下手なプレーをしてしまえばルーに足元をすくわれることがあるでしょう。

しかしこの試合に限って言えば、ロディックのサービスを攻略するのは難しいでしょう。

準々決勝以降の予想

準々決勝予想

フェデラー vs ブランズ:フェデラー
ヒューイット vs ロディック:ロディック
ツォンガ vs マレー:マレー
ソダーリング vs ナダル:ソダーリング

※ナダル戦はフルセットが続いてること、膝の不安、クレーと芝のサーフェスの違いからソダーリングが勝つと大胆予想。

準決勝予想

フェデラー vs ロディック:ロディック
マレー vs ソダーリング:ソダーリング

※ロディックがテニス人生を賭けて死に物狂いで向かってくると予想。

決勝予想

ロディック

両者まったくブレイクを許さず、7-6,6-7,7-6,6-7,32-30くらいのスコアでロディック悲願のウィンブルドン優勝

個人的願望はツォンガ=マレー>ナダル>フェデラー=ロディック>ソダーリング>その他の選手なのですが・・・。

予想の予想

どうせまた外れんだろうな・・・。

過去の実績

09全豪 フェデラーがリベンジ! → ナダルがフルセット勝ち
09全仏 ナダルが5連覇! → まさかの4回戦負け
09ウィン フェデラー優勝 → 当たったが、まさかのファイナル16−14
09全米 さすがにフェデラーでしょう → デルポトロ初優勝
芝ではヴィーナス → ウィリアムズ違い
10全豪 マレーがGS初優勝 → フェデラー快勝
10全仏 あまりのはずれっぷりに優勝予想せず
ヒラルド強い強い → 錦織大逆転勝ち
さすがにサフィーナは厳しい → 伊達さん大逆転勝ち

12 件のコメント

  • >7-6,6-7,7-6,6-7,32-30くらいのスコア

    生涯で最も激しく吹いてしまった・・・。
    (しかも、こないだ70-68があったからって早速そこまでやらせるんですかww)

    個人的にも今大会はロディックに優勝して欲しい!

      引用  返信

  • >両者まったくブレイクを許さず、7-6,6-7,7-6,6-7,32-30くらいのスコアでロディック悲願のウィンブルドン優勝

    ロディックにはわたしも勝ってほしいけど、
    70-68の記録も出たことだし今年のトレンド的には
    最終セット32-30くらいいってもらわねば。
    って決勝にそんな体力ありませんから〜〜〜!

      引用  返信

  • おお、さぶまささんとシンクロ。
    ブログの開きっぱなしはよくないですね^^おやすみなさ〜い!

      引用  返信

  • 素晴らしい分析と大胆予想!!!
    に・・・予想の予想って~wwwww
    カフェオレ吹いてしまいましたよ。
    すご~い!保険の保険ですねw
    しかも、どうせまた外れんだろうな・・・ってどっちにも読めるじゃありませんか~www
    なんか、子供のころ習った真偽表裏対偶みたいな~w
    もうこんがらがって、脱帽脱鬘もんですよ~w(いやハゲてませんから私)
    私的にはナダルがこの前少し体痛めたんじゃないかと思うので、
    1セットも落としてないソダーリングかなって感じてます。
    (ちょっと脱線しますが、シモン・マレー戦見て、故障明けのシモンの復調の感じと圭君のそれと、すごく似てるように感じました)

      引用  返信

  • 団長、決勝スコア7-6,6-7,7-6,6-7,32-30の予想ありがとうございます。

    きっとAM2:30まで試合なんて事がなくなるでしょう♪

    予想ではないのですがベルディヒとヒューイットに
    頑張ってほしいな

    根拠も何もなし!!です。。

      引用  返信

  • ルー君すごい!!!ロディックに勝った~!!
    メンタルがすごい。ファイナルセットはロディックが有利に見えたけど…

      引用  返信

  • 決勝にノミネートされたとたん、とたんですよ!
    鼻血さんの神通力、やっぱスゴすぎです。尊敬。キラ~ン☆
    こんなこと書いたら不謹慎かもしれませんが・・・
    予想第2弾はもうないんですか?www
    え?選手から書かないでって?www

      引用  返信

  • 団長さん! ロ、ロディックが!
    と書き込もうと思ったら、皆さん同じことを思っていらっしゃいました。

    ルーさん、次はジョコビッチですが、勝てそうな気がしてきました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。