2011デビスカップ ワールドグループプレーオフ インド戦直前情報

直前になりましてすいません。

明日より3日間、東京・有明コロシアムにてインドとデビスカップ・プレーオフで対戦します。
勝てば35年ぶりのワールドグループ入りということで本当に重要な対戦です。
私は残念ながら日曜日のみの観戦になりそうです。

試合に関する情報の書き込みはひろQさんにお願いしました。

【netdash@鼻血追記】

対戦は以下の通り。

16日(金)13:00〜 両国No.1とNo.2の対戦 杉田祐一 vs デバーマン / 錦織圭 vs ボパンナ
17日(土)14:00〜 ダブルス 錦織圭/添田豪 vs ブパシ/バルドゥハン
18日(日)13:00〜 両国No.1同士、No.2同士の対戦 錦織圭 vs デバーマン/杉田祐一 vs ボパンナ

正直、ダブルスに錦織は出して欲しくなかったけど・・・。3日連続の5セットマッチはきつすぎます。3連勝で勝って錦織の負担が減ればいいな、と思います。

【追記終わり】

ここでは、きょうこさんからいただいた、今回のデ杯インド戦に関するPR資料を紹介します。
デ杯の仕組みや今回の対戦のことがよく分かります。
(おそらくきょうこさんがどこかのメディア向けに作成されたものだと思うので、分かったらそれも追記します。)
※クリックすると別ウィンドウで拡大します。

応援フード

2011デビスカップ
ワールドグループプレーオフ
日本 対 インド

インドといえばカレー

カツカレー カレーの国に勝つと漢文読みします

カレーをたべてインドに
勝つぞー
バモス圭くん
バモス チームジャパン

chacha

インド戦・・・ストレートに印度カレーで攻めてみました。
そして、極秘に入手したインド4選手のラケット!
これではインドは到底勝てないでしょう。
ということで、日本の勝利です!
GO GO JAPAN !

ちょこ

 

【ひろQ 2011/09/16追記】

試合情報 by コリコリさん

2011 DAVIS CUP
WORLD GROUP PLAY-OFFS
vs India
Ariake Coliseum, Tokyo, Japan
Day1 Rubber2

●対戦相手:Bopanna, Rohan (IND) 559位 31才
・キャリアハイ213位(23.07.2007)
・現ダブルスRK14位
・シングルス試合数少なく、RK(559位)は参考にならない
・3月のセルビア戦ではTroicki(18位)にファイナルセット負け

●対戦成績:1敗(3年前のデ杯@敵地グラスコート)

●試合日時
 現地時間:9月16日(金) PM 1:00開始の第2試合

●天候予報:晴のち曇り

●生観戦手段
 ITF公式ライスト(有料)
 ITF公式ライスコ

※ ITF公式ライスコは画面の上の方に「World Group Play-offs」とうっすら書いてあります。それをクリックしてさらに「JPN-IND」というリンクをクリックすればOKです。

●勝利獲得Pt:10pt
   
●勝算:6分強?
 ※ホームで3年前のリベンジを果たしてくれ!

【ひろQ 追記終わり】

24 件のコメント

  • いよいよ明日になりましたね。

    皆さんご存じかもしれませんが
    デ杯の公式サイトに有料のライストがあるようです。
    英語なので詳しくは説明できませんが・・・
    英語にお強い方はサイトを捜してみて下さい。

      引用  返信

  • ようやくデ杯のトピ、立ち上がりましたね。
    ありがとうございます。

    圭、ダブルスにも出場ですかあ、問題!です~。
    団長の「3日連続の5セットマッチはきつすぎます。」ってホント、そうですよ~。
    先回のデ杯も心配してたのですが、案の定の結果でした。

    監督は勝利が責務です、選手個人的なあれこれは切り捨てるのでしょう。
    多分、要請されると断れないんでしょうね。
    圭チームが拒否のサポートしてくれれば良いのに、不思議です。
    それとも圭自身がやりたいと手を挙げたのでしょうか?

    私は18日(日)に応援に行きます。

    追:今回もTV、放映無いのですね。
    WOWOWも融通が利きません、電話でお願いしてもWGのみと言いきって。
    他国のデ杯より自国のデ杯の方が視聴率的にもずっとおいしいでしょうに…

      引用  返信

  • 圭君、ダブルスも出るんですか・・・
    応援+圭君観戦の私にとっては・・有り難いことですが・・

    いや、すべてを鑑みてGOサインが出たはず、心配は尽きないですが、圭君が望むように
       「ガンガン応援!(^^)!」 しちゃいます!!

      引用  返信

  • PR用の資料、載せていただきありがとうございます!
    実はこの記事や対戦表は、日本のテニス観戦ファンが少しでも増えて、盛り上がったらいいなと思い、私個人が宣伝用に作成してみたんですー。笑
    日本のテニスがもっと人気が出て注目され、観客動員数を増やすには、もっともっと日本人テニス選手が強くなって世界レベルで活躍してもらう事が不可欠。でも、テニスファンとして何か自分に出来る事はないかな?と考えた結果、まず
    「ガンバレ日本!」というところからだったら、テニスに興味がない一般の方たちも入りやすいのではないかな?と考えたんです。
    ただでさえテニス観戦は他のスポーツと比べると観戦マナーが特に厳しくて取っつきにくく、慣れるまではなかなか気軽に応援しづらいという難かしさがあるけど、
    デビスカップの国別対抗戦はガンガン応援してもOK。( ´ ▽ ` )ノ
    みんなで楽しく応援出来たら最高だなーと思ったんです。
    とうとう明日からですね。ワクワクしてます~
    ひさびさに、♪ ロマンチックが止まりませーん♪ ♪ (((o(*゚▽゚*)o)))
    ガンバレ日本!

      引用  返信

  • きょうこさんのデ杯PR資料すごく良いですね!
    これって、普段テニス観戦しない多くの方たちに見てほしいなぁ

    応援フードは定番の勝つカレー
    明日はこれをお昼に食べてから応援に行くのも良いかも・・・

    応援がんばりましょう!

      引用  返信

  • このPRスライド、素晴らしいですね! JTAデ杯公式サイトのトップページにも載せてもらいたいくらいですw

    “インドに勝つ”カレー、美味しそうだ〜〜。食べたくなって来た〜〜〜〜。

    もし明日の第1試合でいきなり杉田がDevvarmanに勝ったりなんかした日にゃ・・・おおっ!!(得意の夢想モード)

      引用  返信

  • コリコリさ〜ん、いつもの対戦相手の詳細情報、行けそうですかぁ?

      引用  返信

  • ひろQさん、言い忘れていました。
    デ杯プレーオフはポイントが付く事は最近知ったのですが、
    具体的に何ポイントなのかよくわかっていなかったので大変ありがたかったです~。

      引用  返信

  • 何度もすいません!
    資料の原案を私が作り、キレイにPCを駆使して作成してくれたMさん、ありがとうございました。( ´ ▽ ` )ノ

      引用  返信

  • きょんたさん、資料ありがとうございます!
    テニス協会の記事よりよっぽどわかりやすいです。
    大会のPRに使ったらいいのにと思います。

    テニマガサイトにこんな記事がアップされていました。
    ダブルスは日本・インドとも流動的なようです。
    添田・伊藤コンビになるかもという気がしてきました。
    http://www.plus-blog.sportsnavi.com/tennistm/article/416

      引用  返信

  •  ひろQさん、これから情報収集ですが、明日の朝までには
    アップします。

      引用  返信

  • きょんたさん
    デ杯初心者なのでよく見させていただきました。

    試合直前まで誰が出るのか流動的なのですね。初めて知りました。頭脳戦みたいでおもしろいです。
    デバーマンが中1日ということは確定的なんですね。
    錦織も中1日させてガチンコしてほしいです。

      引用  返信

  • 2011 DAVIS CUP
    WORLD GROUP PLAY-OFFS
    vs India
    Ariake Coliseum, Tokyo, Japan
    Day1 Rubber2

    ●対戦相手:Bopanna, Rohan (IND) 559位 31才
    ・キャリアハイ213位(23.07.2007)
    ・現ダブルスRK14位
    ・シングルス試合数少なく、RK(559位)は参考にならない
    ・3月のセルビア戦ではTroicki(18位)にファイナルセット負け

    ●対戦成績:1敗(3年前のデ杯@敵地グラスコート)

    ●試合日時
     現地時間:9月16日(金) PM 1:00開始の第2試合

    ●天候予報:晴のち曇り

    ●生観戦手段
     ライスト有り(ライスコはなさそう)

    ●勝利獲得Pt:10pt
       
    ●勝算:6分強?
     ※ホームで3年前のリベンジを果たしてくれ!

      引用  返信

  • >コリコリさん
    いつも情報、助かります! 記事の方にコピペさせていただきましたよ。

    >ミラクルさん、きょんたさん
    ITF公式有料ライストの情報、ありがとうございました! これも記事の方にリンクさせていただきました。

    デ杯のポイント計算、ちょっと複雑なんですよ。今回だってシングルスに1試合出るのと2試合出るのとで、1試合ごとの勝利ポイントが違うんですから。World Groupに入ったらさらに高得点に、そしてさらにややこしくなります\(^O^)/ なぜなら今年のデ杯にトータルで何試合出場してるをかさかのぼって数える必要があり、その試合数によって1試合ごとの勝利ポイントが同一チーム内でも個人個人で違って来るからです。あと、それとは別にチーム全員がもらえる勝利ボーナスポイントみたいなのもあるっぽいし。WG入りしたら本腰入れてそのへん勉強しますよ! 嬉しい悲鳴! 

    おっと、ポイントの話はこれくらいにしといてw とにかく明日は幸先の良いスタートが切れるよう、みんなで応援しましょう!

      引用  返信

  • きょんたさん

    素晴らしい出来映えの資料です。
    ホントこうゆうのが公式にあったらねぇ^_^;

    コリコリさん

    ありがとうございます。
    ボパンナ選手のシングルランキング
    自分で調べたんだけどわからなかったんです。

    コリコリさんの試合直前選手情報
    対戦相手がイメージできて大変ありがたいです。

    ナンちゃってラケット!
    私も欲しい。

    カツカレーと合わせて有明で売れば
    バカ売れ間違いなし!!
    あの『応援フード』がお店になりました♪
    ってね^^

      引用  返信

  • ボパンナ選手の情報ありがとうございます。

    ライブ○コアハンタ-に、ライスト情報みつけました!

    会場には行けないけれど、これでライスト応援できます。

    がんばれ!チームジャパン!!

      引用  返信

  • 一旦消えてたコリコリさん情報やライスト&ライスコ情報を記事に再掲しました。

    今日から3日間はワールドワイドにDavis Cup Daysですね。時差の関係ですでにオーストラリア対スイスが始まってるし、次が日本対インド。そしてさらに西へ、西へと順に戦いが始まって行くわけですか。

    ていうか、ITF公式ライスコには現在「Tatsuma ITO」の文字が・・・

      引用  返信

  • 実況掲示板にデ杯のスレ立てました!

    きょうこさん、コリコリさん、ちょこさん、chachaさん、ひろQさん、netdashさん、みなさま、いつも情報ありがとうございます。
    応援しましょう!

      引用  返信

  • デ杯となるとどうしても引っ掛かるのがGAORA→WOWOWの放映権移行問題・・・。
    完全生中継からダイジェストすらいつやってるのかわからない状態への落差が大きすぎます。
    10月からWOWOWは3チャンネル独立制になりますから一縷の望みはあるのかも知れませんが・・・。

    それはともかく、錦織を筆頭に日本選手団の健闘を勝利を祈ります!
    私は楽天に行くのがやっとですが有明の皆さん盛り上がっていきましょう!

      引用  返信

  • 正夢になった〜〜〜!
    杉田がなんとストレート勝ち!
    これは素晴らしいスタート!

      引用  返信

  • 少し前にコロシアムからホテルに戻って来ました。

    やりましたρ( ^o^)b_♪♪ 日本!!
    杉田君&圭君…二人ともストレート勝ち!!
    この勢いで、明日のダブルスも勝利をもぎ取ろうd=(^o^)=b
    ………でも、そしたら、18日は消化試合シングルスになっちゃう。
    でも、やっぱり勝って欲しいっ(^-^)v

    又、明日も応援頑張ります!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。