鼻血の徒然草 2012/10/10 楽天ジャパンオープン優勝の価値

(ノープラン執筆が気に入ったので私の頭の中を垂れ流す記事を「鼻血の徒然草」と名付けます。)

まだ楽天ジャパンオープン優勝でぼーっとしております。え?奥さんも?無理はない。

この優勝がどのくらいの価値があるか考えてみた。世界からみればATP500の大会に地元選手が優勝した、おーすごい、くらいのものだろう。あくまでATP500はATP500。

しかし日本国内、とりわけテニスファンにとってはもうこれはすごいことなのである。

体感的にはマスターズ1000シリーズやグランドスラムベスト4に匹敵するか、それ以上。

ATPポイントで比べると、

マスターズ1000シリーズ優勝 1000ポイント
グランドスラムベスト4 720ポイント
マスターズ1000シリーズ準優勝 600ポイント
楽天ジャパンオープン優勝 500ポイント

という順番なのだが、マスターズ1000準優勝よりはインパクトがある気がする・・・。

難易度としてはこのポイントの順番の通り(あるいはマスターズ1000準優勝>GSベスト4)だと思うのだが・・・。

マスターズ1000やグランドスラムで優勝するには4強のうち2人を倒さなければならない。準優勝なら1人。

勘違いしてました。ベスト4決めから当たるので優勝するには3人、準優勝には2人、ベスト4には1人。

楽天ジャパンオープンも、近年のエントリーを見るに優勝するまで4強を1人倒さなければならない(今年はマレーが負けたけど)。昨年などナダルとマレーの2人も出ていた。

となるとグランドスラムベスト4に近い難易度はある・・・? 3セットマッチと5セットマッチではかなり違うけど。

そもそもマスターズ1000優勝とグランドスラムベスト4はどっちが価値があるのか?難易度はポイント通りマスターズ1000だろうが、やっぱりグランドスラムはテニスの最大イベント。それを加味すると同じくらいか、グランドスラムベスト4の方が価値があると思うがどうだろうか。
(どっちか選べ、と言われたら私ならグランドスラムベスト4を選ぶ。)

以上を総合的に考えると、やっぱり楽天ジャパンオープン優勝=マスターズ1000優勝=GSベスト4、くらいじゃないか?
(インパクトや国内での意義などもろもろを加味して)

ただ今後、錦織がますます活躍し、楽天ジャパンオープンでも毎年優勝候補、ということになれば相対的に価値は下がるのかな?

少なくとも今年は4年振りの優勝、初めての地元優勝、ランキングダウンの危機などがあったことがあったことを加味すると、ものすごい価値とインパクトだったと思う。

そういうことにしといてください。

「錦織また優勝かー。すごいね。」

くらいになってしまったら、嬉しいけどちょっと寂しい気もしないでもないw

(と、後で読み返すとえらい浮かれた記事になっていることに気がつきましたが、毎回こんなに上手く行くとは限らないのはこれまでの歩みを見ても分かりますので、同時に厳しい戦いも覚悟しなければなりません・・・。怪我がないことが一番。それさえクリアすればまた大活躍のチャンスが来るはず・・・。)

12 件のコメント

  • グランドスラム・マスターズ優勝には4強を3回(QFまでに1回、SF、F)倒さなければいけないのではないでしょうか?もっとも第4シード以上が取れたら考えなくてもいいんでしょうが…

      引用  返信

  • ホント、怪我だけは気をつけてほしいですね。
    いつか、大きなチャンスが待ってるはずですから!

    言ってるそばから、ただいまの二回戦、左膝だけじゃなく、右足首?も痛めたのかメディカルタイムアウトを取っているようですが…

    頑張って欲しいけど、無理はして欲しくないという矛盾した気持ちがf^_^;)

      引用  返信

  • 私的にはマスターズ1000優勝の方がグランドスラムベスト4より上な気がしています。優勝者の顔ぶれを考えてもほとんどTOP5で占められてますし・・。

    楽天オープンは日本で、という所に大きい意味がありますが、まあATP500ですし、1000の準優勝=グランドスラムベスト4=楽天オープン優勝って感じかな?

    何にせよ、すごいことをやってのけてくれました。
    あとは、この過酷なスケジュールを極力、怪我なくこなす体力と気力を養ってもらえば良いだけかと。

    同じ日曜日に北京で優勝したジョコビッチは元気そうだもんなあ。
    と、書いてる間にバグちゃんとラオニッチがすごい試合を展開中・・・。フルセットタイブレ!大変だあ。体力すごいよね、みんな。

      引用  返信

  • やっぱり、言いたくなりました。
    今更、フィジカルの劣勢!!言うまでもないことではありませんか。
    あの胸板、脚、マレーは結構華奢かと思いきや、日本男性に混じったら比べようもなく逞しかった。
    クアラルンプールで優勝したモナコは有明では、やっぱり圭君より疲れていましたよ。
    圭君は、左膝にずっとテーピングして、それでもジャパンオープン優勝したんです。負けた人が今頑張ってるのは当然!
    ジョコビッチだってそうだった。圭君が今疲れてても当然ですよ!

    とにかく勝ち進めば休めないんだから、苛酷ですね。(-_-;)
    ケガの無いように、勝ったり、負けたり、そして先日のような夢の週が時にはあって、ジワジワ上がっていけたらいいんじゃないんでしょうか。

      引用  返信

  • この記事のスタイル良いです!団長の頭の中を少し垣間見ているみたいです!

    記事というより、エッセイに近い感じで、たまにこういうのがあると他の記事の伏線になっているようで大変興味深いです。

    続編をきぼーw

      引用  返信

  • ニシコリは本当に強くなり、私達はすばらしい希望を分けてもらってます。

    次の目標はATP1000優勝でしょうか。
    「ポイントは取れるときに掴め」というのが最良だと思います。特にQF以上ではいかなる大会であれ必要な姿勢でしょう。

    マレーシア以降、勝利に対する執念が強くなった感にはとても嬉しく思います。(これは期近の記事へのコメです)

      引用  返信

  • 私もネガストさん同様、たまにでいいので、不定期連載希望します(^^)
    ところでこの比較、オリンピックはどうでしょうね。500の優勝はポイントでは金より下、銀より上ですが、オリンピックにはメダルという付加価値、4年に一度という希少価値があり、世間の注目度も高く、さらに今は出場選手もマスターズ1000並み。個人的には3決もあるし、銅で同等という感じかなあと。
    こんなことをつらつらと考え、ついでに錦織の4年後も夢想してしまいました。

      引用  返信

  • このトピタイトル、私もいいと思います。
    『鼻血』という超現実的な熟語と、『徒然草』という
    文学的な熟語の組み合わせの妙。
    インパクト大!です。
    試合レビューのようにきちんと文章をまとめなくてもよい感じで
    気軽に更新していただける場所。
    こちらとしても願ったりかなったりです。
    といっているそばから、更新されましたねww
    別トピ(このあと)ですが、みなさん管理人に習って
    自由な感じで書き込んでいるのが微笑ましい^^♪

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。