2013ブリスベン準々決勝応援フード

記事更新が上手くいかないので、こちらに別記事で掲載します。
今日も爆笑ですw

皆様方、応援フードの応援ありがとうございます o(^▽^)o

chachaさん、ちょこさんの先輩方には到底届きませんが
今年も “ 楽・早・ 安 “ 路線で頑張って応援したいと思います

今度の相手はドルゴポロフ
ベスト4かけたテクニシャン同士の対戦!
ファンとしては、たまりません
圭くん、カチューシャ崩しだ~

micchi

2013年ブリスベン3回戦
アレキサンダー・ドルゴポロフ

なぜかドブロクと聞こえるのは正月のせい?
目出度い快進撃 前進あるのみ
圭くん \(^O^)/

chacha

7 件のコメント

  • 6-4,7-6、今日も強かったですね。
    第2セット、3-2からブレークバックされたゲーム中だけちょっと守りに入ったショットを感じてしまいましたが、3-3からのゲーム以降はミスっても攻めてる感じの漲ったショットだったので安心して見てました。
    ESPNの解説:試合前どっちが勝つと思う?と聞かれた一人がmy
    choice is Nishikori. 彼は誰にでも勝てるdangerous playerと言ってましたね。 コリコリさんと同意見ですね。 そしてドルゴの特にバックハンドはフラット過ぎるので錦織との打ち合いを制するのは難しいだろう。錦織のバックは上手なのは知っていたが、ここまでいいとは思ってなかった。。。。うんぬん・うんぬん。。

    去年までは英語解説の人はNishikoriと言わずにJapanese top player,とかとにかくJapaneseと言ってた事が多かったように思うけど今日は1回もなく全て”Nishikori”でしたね。 日本の錦織でなく世界の錦織になった証明の一つのような気がします。

    ドルゴもさすが第2セットタイに追いつくあたりのショットの切れは凄かったですよね。 別サイトでジュニア時代に二人が対戦した時の写真をアップしてましたけど、錦織君はそのまんまだけどドルゴ君は面影なくて子供っぽく可愛いです(今も嫌いというわけではありませんが)。

    夜のチェンナイの放送も楽しみ。インド人の解説メチャ面白い!

      引用  返信

  • ろんろんさん、すごい情報ありがとうございます
    世界のNISHIKORIか~
    ジ~ン (T_T)

      引用  返信

  • micchiさん、

    “ 楽・早・ 安 “ 路線 

    って^^; 
    めっちゃうけましたwww

    chachaさんの ”どぶろく”にも、まいりました~

    ろんろんさんも裏情報、ありがとうございますm(_ _)m
    圭、どんどんのぼりつめてますね~≧▽≦!!!

      引用  返信

  • micchiさん皆さん、今年もよろしくお願いします。私の路線はできるだけ出し続けることでできないときはあきらめます・・・質はこの際問いません・・・たまーにいいのもできるけどめったにありません、何度も当たるから古いのも使いまわしです・・・でも圭君を応援していく気持ちはいっぱいです
    本人も行っていますが、いいスタートになりましたね。

      引用  返信

  • chachaさん、今年もよろしくお願いしますね
    私も、使い回し、リフォーム、また聞き、何でもありで、できるだけ参加しようと思っていますよ~
    もちろん無理しないようにしますね

      引用  返信

  • micchiさん♪
    イイ!イイ!
    なんでアポロが並んでいるのかな〜、
    なんて
    ネット閉じてもしばらく考えていた。
    カチューシャはドルゴッチの必須アイテムでしたね!
    次回楽天来日の折には
    アポロでできたイミテーションカチューシャ
    挙げたいくらい(^_^;)

    chachaさん♪

    どぶろっちとは!?;^_^A
    でもお酒が応援フードなら
    いくらでもイケそうだから
    みんなよいかも!(^_^)v
    今年もよろしく。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。