【参戦確定!】デルレイビーチ(今週)の展望

 メンフィス優勝の興奮がまだ全く醒めませんが、「メンフィスの展望2」に続き、
Mens Tennis Forums(MTF)によるデルレイビーチ(ATP250,屋外ハード)の勝抜き予想の
状況をお伝えします。

 まずは本戦ドローのお浚いですが、下記アドレスの参照をお願いします。
 (圭は#4シード、対抗シードは上位が#1Isnerで下位が#7Lopez)

http://www.atpworldtour.com/posting/2013/499/mds.pdf

 MTFの勝抜き予想は、本戦の試合が開始された時点で締め切られます。
 したがって、まだ途中の段階ではありますが、既に予想者数は44人(国籍多彩)を
数えており、傾向把握のための母集団としては充分だと思います。

 以下、その途中集計結果です。

1.圭はどこまで勝ち抜くか?
 ①優勝  :18人(41%)←決勝相手はQuerreyが8人で最多、次点はHaasで6人
 ②べスト4:14人(32%)←内11人がAndersonに敗れると予想
 ③べスト8:6人(14%)←敗れる相手はLopezとSockで3人ずつ
 ④準優勝 :5人(11%)←敗れる相手はHaasが3人でDolgopolovが2人
 ⑤1R負け:1人(2%)←敗れる相手はあのKarlovic

2.優勝者は誰か?
 ①錦織:18人(41%)
 ②Haas:7人(16%)
 ③Anderson:6人(14%)
 ④Isner:4人(9%)
 ⑤Dolgopolov:3人(7%)
 (以下省略)

●ポイント整理
 ・圭は優勝候補の圧倒的筆頭
 ・今回の天王山は準決勝の好調[#6]Anderson(29位,今期7勝2敗,休養充分)戦
 ・準々決勝での新鋭Sock(130位,20才,メンフィスでRaonic撃破)戦は要注意。

●全体俯瞰
 仮に優勝してもIndian Wellsでの#12シード以上の獲得は難しいため、決して
無理をする必要はない大会。
 とはいえ、この先レベルの高い欧州に舞台を移せば、そう簡単には優勝はさせて
もらえないだろう。デルレイで優勝すれば3/4付でのキャリアハイ更新の可能性も
あり、実質3/9(土)からのIndian Wellsに尾を引かない範囲であれば、ポイントを
積み上げておくに越したことはない。

 現時点で体調に問題が無ければ、普通にいけるところまでは、遠慮しないで
いっちゃってほしいと思います。

13 件のコメント

  • ほんと怪我だけ要注意ですね。今この大会で望むのはそれだけです。ポイントだけ見ると無理する必要はないところですよね。シカシ500での優勝は大きいですね。今後の500、1000、GS期待しています><

    ただ、錦織選手のことなので出場したらちゃんとやるんですよね。ちょっとでも身体に違和感を感じたら直ぐにRetお願いします><

    それにしても
    >遠慮しないでいっちゃって…
    のところは感慨深いものがありますね^^

      引用  返信

  • WOWOW公式の本人ブログ更新来ました。
    ---------------------------------
    明日デルレイビーチに移動します。
    飛行機で乗り継いで到着したら会場に直行します。
    来週は屋外のコートなので少しでも練習です。
    体力的にはなんとか持ちそうなので来週もいけるとこまでいきたいと思います。
    ---------------------------------

    どうやら、期待したイメージでの参戦になりそうですね♫

      引用  返信

  • Karlovicとの1回戦の日時、大会HPよりアナウンスされていました。
    フロリダのReikoさんからの前情報通り、火曜日のナイトセッションに入りました。

    http://www.yellowtennisball.com/individual-seats/

    現地18:30からの第1試合。
    日本時間では水曜日朝8:30からです。

    しかし、移動もあるのに中1日とは、かなりきついですね。

      引用  返信

  • 錦織選手優勝おめでとう!ますます今年も活躍期待しちゃいます。でも今週は無理せずがんばってほしいですね。

    ところでATP250はドローが28や32があるのですが、なぜこのような違いがあるのですか?今回は第4シードということで、てっきり1回戦Byeだと思ったのですが。250の中にもグレードの違いがあるのでしょうか。テニス初心者なもので、どなたか教えて頂けたら幸いです。

      引用  返信

  •  marimoさん、私の認識で良ければお話します。

     まず、本来32本のドローを28本にカットする目的は、大きくは以下の2つだと
    思っています。

    ①本戦ドローにダイレクトインできる選手の数を制約することにより、グランプリ
     ツアーに相応しくないRKの選手がインしてしまうことを防ぐ。最後に本戦に
     ダイレクトインできた選手のRKをその大会のカットオフRKといいますが、この
     RKがその大会の客観的なレベルを示していると言われています。

    ②#1~#4シード選手の1回戦を免除することにより、上位RKの選手を招聘し
     易くする。

     上記の目的に共通しているのは、充分に人気のあるツアーで、有力選手の招聘に
    関してもカットオフRKのレベル維持に関しても、改善する必要がないのであれば、
    わざわざ28本ドローにする(させられる)必要はないということです。

     そういった意味では、同じATP250のツアーでも、28本ドローよりも32本ドローの
    ツアーの方が、選手が集まり易い(人気の)大会だと言えるかも知れません。

     今回のデルレイのメインドローを見る限り、ATP250としての必要なレベルには
    達しており、少なくとも来年は28本ドローに削減されるようなことはないと思って
    います。

      引用  返信

  • 和宏さん、私もメンフィス決勝最終ゲームで少しひじを気にしていた・・あれが気になってます(+_+)
    大事に至っていないといいのですが・・・
    でも公式サイトでのコメントにはこれといって触れていなかったのできっと大丈夫なんですよね♪
    デルレイは思い出多い大会ですから気合をいれて応援しまっす\(^o^)/

      引用  返信

  • コリコリさん。
    やりました!私の熱い思いが届いたのか?!デルレイ参戦、そしてナイトセッション。
    昨日の優勝はめちゃうれしかったものの、その後の悶々とした時間(デルレイでるの?いつ試合になるの?などの心配)もいまなら笑い飛ばせます。はははは~~~!!
    カロビッチとの対戦、チリッチ、ロペスと身長の高いビッグサーバーを攻略してきただけに、今回のカロビッチ大先生との試合、楽しみですね。無理しない程度にさくっとリターンしてほしいです。
    数年前にカロビッチがデルレイでコート1かなんかで試合したときに、フェンス後ろからサーブがドンだけすごいか体感!なんて、フェンス後ろに立ったことありますが・・・・・もうすんごいんだから!!サーブが!!ボールキッズもビビッておりました。そりゃそうだ。あのサーブを攻略する圭君を見るの、たのしみだぁ~~!!

      引用  返信

  • コリコリさん、丁寧な御説明どうもありがとうございました。なるほど、ドロー28と32の背景にはそんな違いがあるのですね。いつも楽しく読ませてもらっています。これからもよろしくお願いします。

      引用  返信

  • Reiko In Florida さん、良かったですね~ 羨ましいです。
    私、Reikoさんの前のコメントでの「うひょひょ。らっき~!なんていって月曜夜とかだったらぶっとばすぅ~~~!!」のフレーズがかなりツボに嵌ってしまい、耳から離れませんw

    大先生との試合のプレビュー記事は、あと5時間後位にアップする予定です。
    とにかく、楽しんできてください!

      引用  返信

  • Reiko in Froridaさん、ライスコ観戦になりそうなので現地レポお願いします。

      引用  返信

  • フェリシアーノ・ロペスが出場取りやめたようです。
    ラッキー・ルーザー枠でRicardas Berankis がBjorn Phau と試合中です。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください