【まだ執筆中】錦織圭、完璧なテニスで初対戦(じゃない)メルツァーを粉砕!(2013マドリッド1回戦)

2013 Madrid Masters 1000
1st Round
Kei Nishikori [14] def. Jurgen Melzer, 6-3,6-2

朝までに書くといいつつ夕方、って突っ込みはなしの方向で・・・。

それ以上に、書いてみたら全然試合レビューになってなかった件も無視の方向で・・・。

−−−−−

既にコメント欄に皆様がコメント欄にお書きになっている通り、非常に強い勝ち方でした。
メルツァーとは2009年全豪1回戦で対戦し、いいところなく敗れていただけに、私自身、今回の対戦をあまりいいイメージで迎えることはできていませんでしたが、それでもこの4年間の錦織の成長を考えれば現在の力関係としては確実に上回っているはずだと言い聞かせてTVの前に座りました。

そして錦織がその実力を証明したわけですが、テニスにおけるランキングというのはやはり実力を測る上で一定以上の信頼はおける尺度だと改めて思いました。

今年は錦織は充実期を迎えつつあると思います。
「つつ」とやや曖昧な表現としたのは腹斜筋の故障の件があるからです。

錦織のテニスをずっと見てきて今年、かなり「いい具合」にテニスが成熟してきているのを感じます。
テニスの内容を見ていたらもう、下手な相手に負けることはあまりなさそうですし、トップ10と対戦しても決して「胸を借りる」状態ではなく、倒す可能性のある、倒しても驚かない実力を身につけてきているように思います。

私は今、「錦織が充実期に入りました!」宣言をするタイミングを計っている状態です。
そのためにはなんとしても、故障の少ない体を作ってもらう必要があります・・・。

充実期とは、それまでの努力や経験が結果として実を結んでくる時期と定義します。つまり、勝ちまくる時期ということです。

2008年にデルレイビーチを優勝した際、錦織はどこまで行くかな?ということをよく想像しました。
世間では過去のデータを持ち出し、「同じくらいの若さで過去に優勝した選手がその後どうなったか → ほとんどの選手がレジェンド級」と錦織の将来をさもチャンピオンになることが確定しているかのように囃し立てました。

しかしこの「必要条件と十分条件をはき違えたかのような」報道には疑問を抱かざるを得ず、メディアの期待に押しつぶされなければいいが・・・と逆に不安になったものです。

当時私は、錦織の将来性を「トップ10入り」と評価しました。
現実に15位まで上り詰め、さらに上を伺いつつある今の状況からは、「なんだ鼻血のやつ、錦織ファンを自称しておきながらその程度の期待しか寄せてなかったの?」と思われるかもしれません。
でもトップ10っていうのはそんなに簡単なものではないです。はっきり言って、1回だけATP250を優勝しただけではまだまだ確定的なことは言えません。ですから当時としても最大級の評価をしての「トップ10」だったわけです。

そして当時思い描いた、「このくらい強くなってくれればいいな」という錦織、それに近い姿を今、錦織は現実に見せてくれています。
さらにまだ成長の底を見せていません。
もう少しです、「錦織が選手として充実期に入りました」こう高らかに宣言したいものです。

21 件のコメント

  •  試合終了直後のコメントですが、呼び水としてこちらにも転載しておきます

    いや~、こんなに強い圭を見たのはメンフィス以来。もう完全復活ですな、こりゃ。
    本来の良いところ(特にバック・リターン)はそのままに、今日はサーブが目茶苦茶良かったです。

    今から思うと、「腹筋が万全じゃない」というのはダンテ辺りが考えた情報作戦だったんじゃないですかね。
    だって、そんな事、試合前に公表する必要はないですから。そう思ってしまう位、サーブが良かったです。

    ああ、興奮がおさまらないw

      引用  返信

  • 応援おつかれさまでした。
    メンフィスの決勝を思い起こさせる試合でした。
    (あのときも相手はサウスポーで、ネット勝負に活路を見出すしかなく、完封)

    1stサーブがポンポン入ってたメルツァーから、3ブレイクを奪ったことに価値があると思います。
    次の試合もいまから待ち遠しいです。

      引用  返信

  • 緊急だとCHAN-TORUから狙って録画予約が出来なくて録画失敗…
    圧巻のプレー見たかったなぁ

      引用  返信

  • みんながあんなに警戒していたメルツァーさんを1時間でペロリ。
    強かったですねえ~
    メルツァーさんを翻弄。全然ちゃんと構えて打てないって感じでしたね。
    負けて悔しい思いをすると、必ず強くなって帰ってくる圭くん、すごい!

      引用  返信

  • 試合前はあんなに心配してたのに、あきれるほど強かったですね(*_*)

    次も勝って、ロジャーとの再戦が見たいぞ~(*^^*)♪

    圭、よろしく!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • 予想以上の快勝でした。見ていてストレスフリー。
    ストロークの素晴らしさに脱帽ですが、もうあれが当たり前になってきましたね。
    体はもう何も問題なく見えましたが、本人的には万全じゃないんでしょうか。

      引用  返信

  • メルツァーが普通の選手に見えるくらい、圧勝でしたね。
    まだ余力があるくらいに見えました。
    楽観は禁物ですが、ロジャーとの再戦、ありそうですね♪

      引用  返信

  • ドキドキしながら見ていました。「神様仏様圭君を勝たせてください。」と祈りながら・・・・。ところが、強いのなんのって、もう拍手喝采です。あまりにも拍手をしすぎたので、近所の家まで聞こえたのじゃないかな~。これで今夜はさわやかに眠れます。圭君素敵でした。

      引用  返信

  • 相手が本当にあのメルツァーだったのかな?と思うほど圧勝でした。
    すごいですね。

    腹筋は本人が万全じゃないと言ってる以上事実だと思いますが、
    100%の力を出さずに勝てた感じでしたね。このまま行って頂きたいです。

    ゲームの最後の方で、錦織の放ったラインぎりぎりで落ちた球の痕を茫然と「ほんとかよ、ちぇっ」ってな感じで見つめて痕跡を足で消したメルツァーが切なかったですw。

      引用  返信

  • メルツァーなす術なく退散。
    気持ちよかった〜。
    錦織は、本領発揮ver.と調子悪いver.の振り幅が大き過ぎるw
    で、時々ここのコメント欄も喧々諤々になったりする。
    (喧々諤々って漢字がわからないから調べたら、もともとは喧々囂々と侃々諤々だったんだそうな。ん〜舟を編んじゃいます^_^;)
    メルツァーもふてくされる程、圭のプレーは鬼でした。
    相手を石にしちゃう(by掲示板・なみちろさん)
    って、メドゥサかい??!!ww
    今はただ、このまま何の心配もなく、キレッキレの圭で麺ツアーすごろくのゴール、到達して欲しい!!(その前にロジャー=ジャージャー麺あたりか?をペロリと平らげて欲しい(#^.^#))

      引用  返信

  • 苦戦を予想していましたが、こんなに一方的に勝てたなんて実に嬉しいですね!
    私にはまるで、昨年のJOのバグダディスかベルディヒ戦のときの錦織のように見えました。
    果たして圭君が良かったのか、メルツァーが不調だったのか?
    後者があり得ないとすれば、初対戦から今までの圭君の成長は、苦戦を予想した私が思っている以上のものだったということです。
    ストローク単発の威力は上がっていないかも知れませんが、サーブとリターンの質、ミスの低減、コースを隠す技術などが多面的に向上している結果なのでしょうね。

    ・・・こりゃあ、次の試合も期待せずにはいられませんね!
    (とか思ってると足元をすくわれることも無くは無いですから、一応心の準備だけはしておきますがw)
    でも、今のテニスができている限り、順当にフェデラーとの対戦になったとしても相当おもしろい勝負をしてくれると思います。
    いつかは倒さなければならない壁です。
    それなら、『今!』倒して欲しいですね。

      引用  返信

  • 昨夜はまさかの生中ーGAORAさん、お知らせ見逃したよーで、今録画しながら見てました。
    なにしろ1時間で終わってしまったから、ドキドキもハラハラもすることなく、あっけにとられましたわ!
    1回戦あんまり快勝すると、次こけちゃうってことあったので、私はあんまり安心できません。
    でも、ロジャーとやる気なんだろうなあ。 頑張れー

      引用  返信

  • 今回の試合は、あれっ、これ本当にクレーの試合? って思うほど長いラリーがなかったですね。
    圭くんの展開の速さに釘づけでした

    と、コメント送ろうとしたら、団長の記事が加筆されていた!
    団長、確実に奥さん泣かしてますよ。
    かくいう私も。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。  もちろん嬉し泣き

      引用  返信

  • “充実期”とは
    妊娠でいう“安定期”
    みたいなものでしょうか。。。
    “奥さん”にわかりやすく解説^_^;

    しかし昨日は
    スカッと爽やかニシコーラ!
    でしたねぇ。

    昨日の試合を見て、
    BIG4を追い越せるレベルまで
    迫っていること、
    ひしひし感じました。

    レビューじゃないレビューの筆致も好きです。
    落ち着いていて大人な感じがあって。

    鼻血ブログも充実期に入ったのかな、
    と思いました(#^.^#)

      引用  返信

  • 記事よんでウルっときてたところに、
    micchiさんのコメントみてうんうんとうなずいて、
    マックウィンさんの”安定期”に吹き出しました・・・

      引用  返信

  • あと、優勝2回ぐらいしたら、充実期かな?
    私は、このランキングに来ることも、メルツァーにこの様な勝ち方をすることも、予想していませんでした。でも、グランドスラムの決勝で戦う錦織を観たいというのは、前から漠然とあります。

      引用  返信

  • 四天王にはまだまだかなわないけど、
    あまりにあっさり勝ちすぎると、
    つまらないからもっと見たい(^-^;
    って感じかな?(*^^*)♪

    四天王同士の試合を見るたび、
    圭はまだ仲間入り出来てないと
    思い知らされます(+_+)

    でも、あの慎重派の圭が、はっきり
    “今年の目標はトップ10”と宣言したんですもの
    絶対大丈夫!d=(^o^)=b

    昨年の楽天以上の感動が現実になったら、
    私、こわれる自信あります!≧▽≦きゃー!!

      引用  返信

  • メルツァーに完勝でしたね!やった!次はトロイツキですね。
    私は、最初に錦織選手のテニスを見た時から、こんなテニスのレベルは十分持ってる、、、と信じてました。
    ただ、このレベルのテニスを、常に続けていけるか、、が、なかなか難しいですね。でも年々上のレベルのテニスができる試合が多くなってるような気がします。ほんとにワクワク度が高まる!!!
    充実期、、、いい響きですね(^^♪

      引用  返信

  • いつも頼りにさせてもらって、楽しく見させてもらっています。2回位コメントさせてもらっています。
    錦織くんの今の状態…何かに向かっている、何かになりつつあるなぁと感じていましたが、「充実期を迎えつつある」を見て、本当にそれ!そうそうそれを感じてたの!と大変府に落ちまして、思わずまたコメントさせてもらった次第です。
    2008年、ストックホルムオープンの頃か…50位台に入って、錦織くん曰く「未知の領域に入った」と言っていた頃、ほんまやなぁ、とドキドキしていました。それが
    今や…(*_*)
    錦織くんはどこまでいくのでしょうか。何だか怖い位です。これからももちろん勝ったり負けたりあるでしょうけど、ずっと応援し続けたいと思っています。

      引用  返信

  • >マックウィンさん

    「“充実期”とは妊娠でいう“安定期”みたいなものでしょうか。。。」ってwwww
    そりゃあ、たしかにどっちも嬉しくて目出度いことですが、ちょっと事の重みが違いすぎるような・・・
    競り市(せりいち)で骨董品かなにかを10万円台で競っているとき、いきなり『!1億円っ!!』って言われたような気がしましたww
    男には妊娠ていうのは神聖感で目一杯になる出来事ですから、とても発想できないです。
    いや、受けました・・w

    また、私には煮ても焼いても食えないようにしか見えないゴツい面構えのメルツァーに『切なさ』を感じ取ることのできるyuriさんや、圭 大好き!さんの『こわれる』宣言など、今回の書き込みには私にとってウイナー級のコメントが多いですw

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。