虎の子の16本シードを守り抜け! マドリード・ローマの展望

日本ではゴールデンウィークの真っ只中、連休後半は全国的にお天気にも恵まれるようですし、これから旅行を計画されているという方も多いのではないでしょうか?

一方、クレーシーズンが酣となる欧州では、5/5(日)からはマドリード再来週からはローマの開催が予定されています。

圭の現在のRKは15位ですが、全仏終了後の6/10付の基礎点ベースでは、Almagro、Raonic、Haasを僅かに上回り、現状12位*1に付けています。
したがって、マドリード、ローマ、全仏の3大会全てでベスト16に入ることができれば、全英や得意の全米ハードコートシリーズで#12シード以上*2をもらえる可能性が高く、念願のベスト8入り常連、即ちトップ10への道が大きく開けることになります。

*1:間違いがあればご指摘ください。
*2:ベスト8決めの相手が#5~#8シード

本来であれば大会毎の展望を記述すべきところですが、マドリード・ローマの両大会には共通点が多く、個人的にも来週は時間を取りにくいことから、勝手ながら「展望」としては1つの記事にまとめさせていただいています。

それでは、まずは両大会共通の大会概要情報からです。

  • 大会の格等:マスターズ1000(ATP1000)、男女共催
  • サーフェース:レッドクレー(マドリードのブルークレーは昨年限定)
  • ドローサイズ:56(シングルス)
  • シード本数:16本(シングルス)
  • 日本との時差:-7Hr

次に、両大会に共通した圭に関する情報です。

  • 本戦ではいまだ未勝利
  • 圭は#13~#16シード(#15シードが濃厚)
  • 圭の初戦は1回戦、優勝するまでには6試合が必要。
  • 圭の1回戦は、日曜日~火曜日のいずれかに入る。
  • 3回戦の相手は#1~#4シードの選手(Djokovic,Federer,Murray,Ferrer)。

ただし、シード選手のOUTや敗退を想定しない場合

一方、マドリード大会固有の情報としては

マドリードは、欧州の首都の中で最も標高が高い(約650m)
・その影響と固めのレッドクレーにより、「高速クレー」と言われている。
・球足に対する具体的な影響としては、ボールが減速しにくくアウトしやすい。
 また、ボールが高く弾む。
Federerが2005年以降に唯一優勝(2009,2012)しているマスターズクレー大会
・上記のようなやや特殊なプレー環境により、予選勝者や地元選手によるアップ
 セットが多い
。(2年前の圭は格下の地元予選勝者Ribaに初黒星)

以下、現時点(5/5日程終了時点)でのマドリードのエントリー&シード状況です。
(今後も随時更新予定)

・各選手のRKはシード付与基準の4/29付
・各選手の成績はマイアミ以降のクレー大会公式戦でのもの
Ho:ヒューストン(ATP250,SGL:28)
Ca:カサブランカ(ATP250,SGL:28)
Mo:モンテカルロ(ATP1000,SGL:56)
Ba:バルセロナ(ATP500,SGL:48)
Bu:ブカレスト(ATP250,SGL:28)
Mu:ミュンヘン(ATP250,SGL:28)
Es:エストリル(ATP250,SGL:28)

#1 Djokovic, Novak SRB 1 5勝0敗 Mo優勝
#2 Federer, Roger SUI 2 0勝0敗
#3 Murray, Andy GBR 3 1勝1敗 Mo-3R
#4 Ferrer, David ESP 4 3勝2敗 Ba-2R・Es準優勝

#5 Nadal, Rafael ESP 5 9勝1敗 Mo準優勝・Ba優勝
#6 Berdych, Tomas CZE 6 2勝2敗 Mo-3R・Ba-3R
#7 Del Potro, Juan Martin ARG 7 1勝1敗 Mo-3R
#7 Tsonga, Jo-Wilfried FRA 8 3勝1敗 Mo-SF
#8 Gasquet, Richard FRA 9 2勝1敗 Mo-QF

#9 Tipsarevic, Janko SRB 10 2勝3敗 Mo-2R・Bu-QF・Mu-QF
#10 Cilic, Marin CRO 11 2勝2敗 Mo-3R・Mu-2R
#11 Almagro, Nicolas ESP 12 8勝3敗 Ho準優勝・Mo-2R・Ba準優勝
#12 Raonic, Milos CAN 13 4勝2敗 Mo-2R・Ba-SF

#13 Haas, Tommy GER 14 4勝1敗 Ho-2R・Mu優勝
#14 Nishikori, Kei JPN 15 1勝1敗 Ba-3R
#15 Wawrinka, Stanislas SUI 16 9勝2敗 Ca-SF・Mo-QF・Es優勝
#16 Simon, Gilles FRA 17 2勝2敗 Mo-1R・Bu-SF

以下、要注意ノーシード選手抜粋

20 Monaco, Juan ARG 20 6勝3敗 Ho-SF・Mo-3R・Ba-QF
21 Kohlschreiber, Philipp GER 21 6勝2敗 Mo-3R・Ba-QF・Mu-SF進出中
22 Isner, John USA 22 5勝1敗 Ho優勝・Mo-1R
23 Dolgopolov, Alexandr UKR 23 3勝2敗 Mo-2R・Mu-QF
25 Fognini, Fabio ITA 25 5勝2敗 Mo-SF・Es-QF
27 Mayer, Florian GER 27 7勝3敗 Mo-3R・Ba-SF・Mu-QF
28 Anderson, Kevin RSA 28 4勝2敗 Ca準優勝・Mo-2R
29 Dimitrov, Grigor BUL 29 3勝2敗 Mo-QF・Ba-2R
34 Melzer, Jurgen AUT 34 2勝3敗 Ca-1R・Mo-3R・Mu-1R
37 (WC)Robredo, Tommy ESP 38 10勝2敗 Ca優勝・Ba-QF・Es-QF
39 Bellucci, Thomaz BRA 40 2勝1敗 Mo-1R・Ba-SF
45 (WC)Andujar, Pablo ESP 92 2勝4敗 Ca-1R・Mo-2R・Ba-2R・Es-1R

(Q)Gulbis, Ernests LAT 47 4勝3敗 Mo-2R・Ba-3R・Mu-2R
(Q)Dodig, Ivan CRO 56 3勝2敗 Mo-1R・Ba-2R・Mu-QF進出中
(Q)Ramos, Albert ESP 57 5勝3敗 Mo-2R・Ba-QF・Es-2R
(Q)Tursunov, Dmitry RUS 58 3勝2敗 Ba-3R・Mu-2R
(Q)Berlocq, Carlos ARG 64 1勝2敗 Ba-2R・Es-1R
(Q)Garcia-Lopez, Guillermo ESP 66 6勝2敗 Ca-QF・Bu準優勝

Rosol(Bu優勝)とNieminen(4勝3敗)はマドリードには参戦せず

今までDAすらできたことがなかったマドリードやローマで、16本しかない
シードがもらえるというのは大変なアドバンテージ
で、これは是非活かしたい
ところです。あのSimon、Monaco、Isner辺りでもシードが付かないのですから。

 ●ノーシード選手について
圭のシード山には、ノーシード選手が3人入ってきます。順当ならシード選手
対決となる3回戦に進むためには、これらの選手との1&2回戦に勝たなければ
なりません。

ところが、圭にとってこの1&2回戦に勝つのは正直大変なことだと思います。
上記リストには、強者揃いのノーシード選手の中でも今特に要注意(好調もしくは
コレーコーター)と思われる選手を13人ピックアップしましたが、これらの選手は
いずれも5割前後の確率で圭を倒す可能性のある選手ばかりです。(WCやQ選手で
あっても全く予断を許さない
)

これらの要注意ノーシード選手(13人)が圭のシード山に入ってくる数学上の
「期待値」は0.98人
ですから、16本シードをキープするということが如何に
ハードルの高いことかということ
は、予め認識しておきたいところです。

 ●対抗シード選手(#1~#4)について
本大会の目標はベスト16入りですから、#1~#4シードとの対戦になるであろう
3回戦については、ベスト16入りを見事に果たしたご褒美として思い切り楽しんで
もらいたいと思っています。

ただ、#1~#4がシードダウンするかも知れませんし、同じシード選手でもクレー
適性の高いDjokovic、FerrerとそうでもないFederer、Murrayとでは戦い方も変わって
くるでしょう。要は、ベスト16入りを果たした後の出たとこ勝負で良いと思います。

気になるマドリードのメインドローは、予選ドローよりも早く、現地5/3(金)の18:30
日本時間では5/4(土)1:30よりセレモニーが開催される予定です。

バルセロナで確認できたクレーでの課題が大きく改善されていることを期待しつつ、
まずはこのドローの発表に注目していくことにしましょう。

以下、ドロー発表後の追記
--------------------------------------

5/4の2:00前(日本時間)に発表されたマドリードのメインドローは、初戦(1R)
の相手がMelzer(34位)
2回戦の相手はGranollers(36位)とTroicki(46位)の勝者
3回戦の対抗シード(上位)は#2Federer(2位)という内容になりました。

http://www.atpworldtour.com/posting/2013/1536/mds.pdf

下記は、べスト8までの全選手のドローおよび関連情報です。(各選手の成績は
マイアミ以降のクレー大会公式戦結果)

#14 Nishikori, Kei JPN 15位 1勝1敗 Ba-3R
32 Melzer, Jurgen AUT 34位 2勝3敗 Ca-1R・Mo-3R・Mu-1R

43 Troicki, Viktor SRB 46位 4勝3敗 Mo-1R・Bu-QF・Mu-QF
34 Granollers, Marcel ESP 36位 2勝2敗 Mo-2R・Ba-3R

45 Stepanek, Radek CZE 48位 1勝3敗 Mo-1R・Ba-1R・Mu-2R
46 Tomic, Bernard AUS 49位 1勝2敗 Mo-1R・Ba-2R

bye
#2 Federer, Roger SUI 2位 0勝0敗

 ●初戦(1回戦)について
相手のMelzerは、圭のシード山に入ってきた3人のノーシード選手中、今クレーで
最も怖い(高ポテンシャル)選手だと思います。

詳しくはこの試合のプレビュー記事の記述に譲りますが、勝算は圭とMelzerの状態
次第で、実は良く分かりません。逆に、良い内容で勝てるようであれば、その先の
ラウンドにも期待がもてると思います。

いきなりの正念場と言って良いでしょう。

 ●2回戦について
RKはGranollersの方が上ですが、今週前半に風邪を引いたらしく、練習時間の
確保を含め、準備不足であることが想定されます。これに対し、先週からのTroicki
のテニスには安定感があり、2ツアー連続でベスト8にも入っています。
結果は蓋を開けてみないと分からない部分はありますが、2回戦の相手としては
Troickiが勝ち上がってくる可能性の方が高いと思います。

このTroickiは昨年の全米辺りからの長期不調に苦しんでいましたが、クレーコー
ターではないのにも拘わらず、今期のクレーシーズン入り以降、復調基調に転じて
いるようです。
圭との対戦は、2010有明での完敗の印象が強いですが、実は2008にクレーのCH
決勝で、大接戦の末圭が勝っています。どちらにとっても次は負けられないといった
ところでしょうか?

一方、Granollersが勝ち上がってきた場合には、既に2勝(ハード)していることも
あり、対Troickiよりは、自信をもって試合に臨めると思います。

このラウンドの勝算としては、1RでMelzerに良い内容で勝った圭であれば、どち
らが来ても、勝ってくれるような気がします。

 ●3回戦について
Federerにとっては今期クレーの初戦となりますが、やはりここはFedererが来る
可能性が高い
でしょう。

「今のFedererとクレーで対戦」と聞くと思わずテンションが上がってしまいそう
ですが、マドリードはFedererが得意としている「高速クレー」。いざ対戦となれば
勿論勝ちを期待しそうですが、ここは勝算よりもFedererとの対戦そのものを楽しみ
たいと思っています。

何としても1・2回戦を突破して、Federerとの対戦を実現してほしいですね!

 ●全体俯瞰
上記を読むと、当面の目標ベスト16に対して厳しいドローのような印象を受け
られると思いますが、もっと怖いノーシード選手が何人もいることを考えれば、相対
的には決して悪くはないドロー
だと思っています。

逆に、このドローでベスト16に入れなければ全仏ベスト16はもっと難しくなる
訳で、RKのためにも「クレーでも強いNishikori」を欧州ファンに印象付けるため
にも、是非このマドリード(ローマ)で一皮向けた圭を見せてほしいと思っています。

圭の初戦(Melzer戦)は早ければ5/5(日)に入ります。
連休の終盤は、圭の応援で熱く盛り上がりましょう!

45 件のコメント

  • マドリード、ローマ共にFish(44位)がOUTし、マドリードではIstomin(50位)、ローマではStepanek(48位)がそれぞれ繰り上がりDAしました。2人共、クレーではそれ程怖い選手ではないと思います。

     あと、あのダニエル太郎(248位,20才)が米国のCHで#2シードのハリソン兄(81位)に3-6,7-6,6-7の惜敗。得意のクレーでの話とはいえ、いよいよ頭角を現してきましたね。
     今後、Awayのデ杯でクレーを選択された場合には、真面目に彼をメンバーに加えるべきだと思います。

      引用  返信

  • 本日Cilic(11位)に勝ったDodig(56位)とTursunov(58位)に勝ったDolgopolov(23位)を、要注意ノーシード選手のリストに追加(18・19人目)しました。 両選手共コレーコーターということではなく、単純に今好調ということだと思います。

      引用  返信

  • AERAに圭の記事、掲載されていました。
    この時期に?
    と思いましたが、
    全仏前でもあるし、あってるのかな。。。

    クレーでも是非勝ち星重ねて欲しいですね。

    最近、
    コートの上ではやけに厳しい顔を終始していて
    (ボールボーイが怖がるくらい?^_^;)
    どうしてかな〜?
    と思っていましたが、
    この記事読んで
    その理由がわかりスッキリしました。

    青いコートだけでなく、
    赤土の上でも似合うこと、
    魅せて欲しいですね。

      引用  返信

  • 本文記事修正の通り、予選エントリーから多くの有力選手(Gulbis含む)がOUTしました。
    逆に、本戦エントリーからのOUT選手は、今のところFishだけです。

      引用  返信

  • >くろこさん

    AERA記事を(立ち読みででもよいから^_^;)
    読んだ方がよいかと思います。
    私が書くと、記事を読んだ私の勝手な解釈や観方まで混じってしまいそうで、躊躇してしまいます。

      引用  返信

  • デルポOUTで、圭は#14 シードに繰り上がりです。
    これから本文も修正します。

      引用  返信

  • AERA購読してます。この記事はもう永久保存ですね。25周年記念号ですが、まだ手に入るんじゃないかな。

      引用  返信

  • もうドローが始まりますが、要注意ノーシード選手の1人、Kohlschreiber、OUTするようです。

      引用  返信

  • 2回戦はGranollersとTroickiの勝者。
    対抗シードは#2Federer!

      引用  返信

  • クレーでのロジェ先生と圭くんとの対決!
    なんだか興味津々ですね。
    そこまでしっかり勝ち上がってください!!

      引用  返信

  • ドローの紹介、ありがとうございます。
    圭君がプロ・デビューした頃、メルツァーとの対戦を見て、こんなツワモノ、特に精神的にたくましい男たちに勝って行けるのだろうか?と強く感じたのを思い出します。
    また’10JOでは、観戦に行ったのにトロイツキに一方的に負けたのを思い出します。
    この試合で、ここ3~5年間の成長を思う存分発揮し、まとめて借りを返して欲しいですね!
    それには万全な体調が必要だし、クレーにもまだ調整段階だとは思いますが、何とか内容で目に物を見せて欲しいと思っています。
    とにかく、(無理せず)頑張ってクレー!!

      引用  返信

  • タフドローですね。
    てか、どこに入ってもタフに見える。
    さすが、ATP1000です。
    あまり先を見据えず、一戦一戦勝ち上がりに集中ですね。

      引用  返信

  • 島さん、私も悔しかった記憶が蘇りました!

    特にメルツァーには負けっぱなしですもんねー(^-^;

    二人にリベンジして、ロジャーまで行ってくれ!

    カモーン、圭!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • マックウインさん、了解しました、ありがとうございます。
    いよいよですね、この連休も仕事仕事で参ってます、圭君に頑張ってもらってスカッとしたい気分です。
    応援は全力で頑張りますよ!

      引用  返信

  • マックウィンさん、アエラ読みました。とても興味深い内容で、読んでみてくださいとおっしゃった意味がわかりました。改めて圭君を応援していきたくなりました。

      引用  返信

  • アエラって、コンビニとかでも売っているんですか?
    私も読みたくなってきましたw

      引用  返信

  • メルツァー強いから、キライです。勝つのは、相当難しいと思います。4年前の全豪対決を目の前で見ました(右肘故障し、長期離脱前の試合)。サウスポー長身、サーブに慣れるのに時間がかかる、ネットプレーうまい、ドロップうまい、の試合巧者です。大器晩成型でまだ伸びてますが、錦織の方が伸びていると思うので、クレーですし、良い試合を期待してます。コリコリさん、ノリノリな記事をいつもどうもありがとうございます‼

      引用  返信

  • メルツァーはモンテカルロで土の鮪を簡単に料理していますからね~
    乗せてしまったら手が付けられない相手だと思います。

    とにかく先リードが肝要ですね。

      引用  返信

  • 5/5(日)のOOPには男子シングルスが5試合入りましたが、圭の初戦は入っていませんでした。
    1回戦の残り19試合の内、11試合以上は5/6(月)に入るため、初戦は5/6となる可能性が高いと思います。(というかほとんど願望に近いw)

      引用  返信

  • メルツァー、こわいですね…
    公式ブログ更新されてますけど、本人は初対戦だと思ってるみたいですwww
    ある意味いつもどおりの圭ですね(^_^)

      引用  返信

  • なみさん、こういう小ボケが入っているときのほうが調子がいいような気がします(^_^)

      引用  返信

  • その後の本人ブログの更新内容により、初戦(メルツァー戦)は5/6(月)に入ることが分かりました。
    ありがとう、マドリード事務局! 全然意識はしてなかっただろうけどw

      引用  返信

  • 皆さん早速のニュースありがとうございます。ドキドキしてきます。
    このところ心配が続いてますので、ここでパッと目の醒める試合が見たいですね。(スコアだけど(^_^;)

      引用  返信

  • メルツァー、なんかいやらしい選手ですよね。
    侮れないタイプの。

    コリコリさん,
    AERAは週一なので、次のが出ると書店から消えます。
    週刊誌はだいたいGWは合併号になるから二週分店頭にあるのかな。
    コンビニやキオスクにもあるけど、コンビニは発売日すぐしかないような。
    (AERA促進係になっちゃっとる>我^_^;)

    あぁ今、メルツァーでフード作った記憶がふつふつと。あのとき勝てなかったんだ。。。
    フード巨匠達様♪
    是非、勝てるフードをよろしくお願いします。

      引用  返信

  • まだ腹斜筋が万全ではないってところが気にはなりますよね。
    ただ、5/6の現地の天候予報は以下の通りで、比較的暖かい日のようです。痛みが出ないことを祈ります。
    ●天候予報:晴時々曇(最高:25℃,最低:13℃)

    マックウィンさん、AERA情報、ありがとうございます。
    早速これから買いに行くことにしましたW

      引用  返信

  •  先程までAERAを求めて最寄駅まで行ってきましたが、結果は以下の通りで、奮闘虚しく撃沈しました。
     ああ、もう少し早く買いにいけば良かったw

    ①近所のセブンイレブン ⇒ 現物なし
    ②最寄駅構内のコンビニ ⇒ 現物なし
    ③最寄駅構内の大型ディスカウントショップ ⇒ 現物なし
    ④最寄駅構内の有隣堂(横浜の書籍専門店) ⇒ 売り切れ(店員に確認)
    ⑤最寄駅百貨店内の書籍専門店 ⇒ 売り切れ(店員に確認)

     上の数字は私がアプローチした順番ですが、④の時点で初めて事の深刻さに気付いたものの、時は既に遅し。⑤の店員確認時には「AERAは売り切れです。」と即座に答えが返ってきましたから、今日だけでも同じ質問を何度も受けていたものと思われます。

     マックウィンさん、冗談じゃなく、AERAの販促に相当貢献しちゃったんじゃないですかww

      引用  返信

  • コリコリさん、AERAは表紙と特集がSMAPなのが、売り切れの一番の原因ですね♪

    私は7件コンビニを回ってやっと手にいれました(*^^*)♪

    なかなかの記事でしたよ!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • >なかなかの記事でしたよ!d=(^o^)=b
    ショックに追い討ちをかけるお言葉・・・ トホホ(涙)

      引用  返信

  • あまりにかわいそうなコリコリさんへ、
    アエラ記事by稲垣康介氏 の抜粋  です。いずれ入手されるでしょうが、つなぎです。

      引用  返信

  • chacha さん、本当にありがとうございます。
    ただ、コメント欄とはいえ、著作権絡みの問題もあるかと思い、chacha さんのAERA抜粋の内容を「錦織圭実況掲示板」の「201304バルセロナ」のNo.426コメント(末尾)に緊急避難させました。見そびれた方は、こちらを覗いてみてください。

      引用  返信

  • namicchiroさんの文、思わず吹き出しました、ほんとそうですね、
    アエラ、すぐ近くの書店にTELしたらありました、ラッキー!ここは田舎なのでこんな時は、いいです。
    メルツァは本当に強いですよ、1回戦突破したらあとはスルスルといけそうな気がします。今からどきどきです。

      引用  返信

  • chachaさん、コリコリさん、感謝です!マックウィンさんのコメントを読んでからそれはもう落ち着かなくて。やっとすっきりしました。

      引用  返信

  • みなさんのコメを読んでいたら本当にAERAがほしくなってしまいましたが、ほんとに売り切れみたいですね~。
    朝日新聞のHPでも購入できるのですが、今は「返品待ち」となっています。
    返品が来たら、買えるかもしれません。。。
    http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=14898

    あとは、amazon.co.jpにバックナンバーが1週間くらいしたら、くるかもしれないですが、売り切れ状態だとどうか。。

    AERAのデジタル版というのを見つけました。(250円で閲覧可能)
    ただ、LITE版みたいなので、圭君の記事まで網羅されているか微妙なんです。
    内容の案内には載ってないんですよね。
    http://booklive.jp/product/index/title_id/10000001/vol_no/193

    あんまり、役に立つ情報じゃなくてスミマセン。
    ただ、1週間くらい後の返品を期待して、また、朝日のHPとか、アマゾンを見てみようと思っています。

      引用  返信

  • ebicci さん、BookLiveならただでAERAのLITE版が購入できますよ。
    ただし、危惧されている通り圭の記事は載っていませんでした^^;

     by”圭 大好き!”

      引用  返信

  • Wawrinka、Esで優勝してしまいましたね。強い!
    これにより、OUT選手が出なければ、ローマは#16シードです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)