【とりあえず結果だけ】錦織圭、もつれた試合展開ながらもストレート勝利(2013メンフィス1回戦)

1stセットはブレイクバックを許し、2ndセットは3−4からブレイクされるなど多少ハラハラした展開ながら、終わってみればストレート勝利。数週間の休養明けということを考えれば良かったと思います。

2013 Memphis ATP500
1st round
Kei Nishikori [5] def. Illya Marchenko, 6-4,7-5

スタッツ上、気になったのは1stサーブの確率でしょうか。上位ラウンドに入るころには上げて行って欲しいところです。
ランキングに差があるとはいえ、マルシェンコは5年前に対戦して敗れた選手(あのころは錦織の調子、最悪でしたw)。
本人が覚えているかどうかはまったく分かりませんが(忘れてそうw)、そういう相手に勝つのは気分がいいものだと思います。

あとは気になるのはやっぱり膝ですよね。
こればかりは情報を待つしかないので、良くなっていることを祈りましょう。

4 件のコメント

  • 復帰戦勝利おめでとうございます。
    日刊スポーツに載っていた本人コメントです。
    「膝はもう大丈夫。体調面で問題なくプレーできて自信になった。(試合内容は)完璧とは言えないが、感覚もそこまで鈍ってなくて良かった。」
    本人の感触は良かったようで、ほっとしました。
    膝も足首も他のところもこのまま無事であるよう願ってます。

    ところでいまさらコメントですが、トップページ勝敗表の負け試合はスコアを逆に直してもらえませんか。
    一瞬勝ち試合のように錯覚してしまいます。

      引用  返信

  • みけさん、勝敗表の件は、このプラグイン(外国のあるテニス関連ソフト会社が制作)の仕様なので、すいませんが私の力ではどうにもなりません。 色分けしているので、色で判断していただけますでしょうか。

    自動で更新される(しかも早い)ので重宝しています。手動だと絶対に更新が滞る自信がありますw

      引用  返信

  • おお! みけさん、素晴らしい情報、ありがとうございます。
    膝の全快宣言を含め、本人は本気で優勝を狙っているとみました。

    今後の試合も楽しみです。

      引用  返信

  • ホント、みけさん嬉しい情報を
    ありがとうございますm(__)m

    掲示板読んで来たけど、
    まだまだ慣らし運転というとこでしょうか?

    1試合、1試合、どんどん目覚めてくれたらと
    思います!(*^^*)

    カモーン、圭!(*^o^)/\(^-^*)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。