理想的な3セットでの勝利で同い年対決の3回戦へ!(2014全豪オープン2回戦)

2014 Australian Open Grand Slam
2nd Round
Kei Nishikori[16] def. Dusan Lajovic, 6-1,6-1,7-6(3)

フルセットまでもつれこんだ1回戦とは対照的に、本人含めて誰もが望んだストレートでの勝利。試合時間は約1時間50分でした。

2014全豪2回戦 vs ラヨビッチ ハイライト動画 by WOWOW

内容は、映像を見れてないので私は分かりません。コメント欄にてぜひ教えてください。実況掲示板を見る限り、良いプレーができたようでなによりです。

「なるべく前に入って(相手に)時間を与えないようにした。技術的にも、気持ち的にも、前にいくプレーができた」とコメントしたそうですが、これはまさにマイケル・チャンと共に現在取り組んでいるプレースタイル。早くもその成果が出つつあるようです。(参考:酷暑の中でストレート勝利、錦織が3回戦に進出 [全豪オープンテニス] (THE TENNIS DAILY) – Yahoo!ニュース

また、「相手(ラヨビッチ)も格下の選手なので、出だしからトップのプレーを見せろとコーチに言われていた。出だしは集中して入っていけたので、目標としていた事が実行出来た。」と良い集中で試合に入っていけた模様。数年前までのスロースターター的な傾向も最近は解消されつつありますね。(参考:錦織「格下の選手」下し、4年連続の3回戦へ進出<全豪オープン> – テニス365 | tennis365.net

3回戦は、セッピが来ると思っていたがなんとヤングが上がってきました。

セッピと言えば昨年のウィンブルドン3回戦、フルセットの末に錦織がやられた相手。5セット男として有名で、今大会の1回戦でもヒューイットをファイナル7-5の死闘の末破っていました。
ヒューイットも精神力が強い選手として知られていますし、ましてやヒューイットの地元オーストラリアでの対戦ですからセッピの勝負強さ、強靭な体力が分かろうというものです。

ヤングとの2回戦もファイナルインしたところをスコアで確認し、「これは3回戦はセッピだな」とほぼ確信していたところ、勝者ヤングと聞いて驚きました(逆フラグか?)

さすがの5セット男も40℃の酷暑でのフルセットマッチはきつかったのか、それとも5セット男に勝ったヤングが素晴らしかったのか。ここは後者だと考え、気を引き締めて3回戦に臨む(試合するのは錦織ですが)必要がありそうです。

ヤングといえば錦織と同い年で、ジュニア時代は常に錦織の前を走っていた選手。シニアに来てからは錦織と比較すると伸び悩んでいますが、昔からよく知る間柄だけに、錦織の名前にひるむということはないでしょう。この試合に勝ち、同世代No.1は俺だということをアピールしたいと考えているはず。グランドスラム3回戦が大一番であることは当然ですが、それ以上にナダルへの挑戦権を得るための戦いでもありますし、昨年度の成績をキープするための戦いでもあります。2014年、これから幾多の重要な局面がやってくると思いますが、その中でもトップクラスに重要な試合となることでしょう。

ここは遠くオーストラリアまで届くくらい、盛大な応援の声を錦織に届けようではありませんか!
(※ 夜中に叫んではいけません。近所迷惑です。)

14 件のコメント

  • 試合はこれから夕食を取りながら録画を見ます。
    ヤング戦に臨む心構え、要注意ポイント、まさにその通りだと思います。(プレビューで書くことがなくなったw)

    ホント、褌を締め直してかからないと、足を掬われますよ。

      引用  返信

  • コート6ってことで、アメリカではESPNの放映もなく、映像見れませんでしたが、勝ってよかった。おめでとうございます。次はヤングですか。もう若くない、そうです。ここで力の差を見せつけてほしいです。

      引用  返信

  • ヤングといえば何となくひ弱なイメージだったんですが、5セットキングのセッピにフルセット勝ちとは筋金が入ってきましたね。
    この試合のスタッツを見ると、ほとんどの項目でセッピが少しずつ上回ってるんですが勝ったのはヤングなのでかなり粘り強く戦ったということでしょうか。
    団長さん的にはもう既に大一番なんですね。私なんかはついつい先を見てしまってますが、ふんどし締めてかからないといけませんね(試合するのは錦織ですが)。
    土曜は勝って祝杯だ!(まだ早い?)

      引用  返信

  • あー夜中に叫びたい゚゚(´O`)°゚ (別の理由)
    次は生テレビ観戦できるかな。
    ガンバレ(=゚ω゚)ノ

      引用  返信

  • 試合後のオンコートインタの表情が印象的でした。
    「朦朧としてます・・・」ってその言葉どおり、かなりきつそうでした。
    酷暑で連日リタイアする選手が続出し、今日はヒートポリシーで日中は中断もあった中、本当によく頑張ったと思います。
    一転して土曜日の予報は20℃台だそうですね。
    昼間に叫んでも近所迷惑でしょうが、引き続き応援します!!

      引用  返信

  • 出だしから1セット(20分)、2セット(25分)ともに好調&積極的&攻撃的で、錦織自身が言った通り100%以上の出来でした。というか、あきらかに力の差があり過ぎでした。
    3セット目は本人の「最後は朦朧としてました・・・」という言葉通り、暑さで疲れが見えてブレイクダウンしましたが、そこでさすがに目が覚めた(意識を取り戻した?)のか即プレバ。タイブレークは危なげなく、格上であることを見せつけてウィナーで終了。

    とにかくストレートで終われて良かったです。
    これで身体もゆっくりケアして次に臨めますね。

    ヤングには、しっかり勝ちきってもらってその次はナダルかな?

    でもナダルはモンフィスとなので、これもすごく楽しみですよね。以前楽天で凄い接戦もしてたし。
    できればモンフィスに勝ってもらって、錦織VSモンフィスも見たいなあ。

    でもまずはヤング戦に集中ですね。
    頑張れ~。

      引用  返信

  • スレ違いですが、ポスピシルさんダブルス中に腰痛で途中リタイア、シングルスはワウリンカさんとの対戦前に棄権されたそうですね。大変残念ではありますが、日本チームにとってはチャンス出てきましたね。

      引用  返信

  • 錦織選手、そして奈良選手3回戦進出おめでとう。

    初めのころはショット、特にフォアがキレキレで、相手のエラーも多いのでこのまますんなり終わるのかなと見てましたが、暑さのせいか第2セット終盤ぐらいからストロークに陰りが見え始め、第3セットは互角に、
    ただブレークされた後しっかりギアを上げなおして、勝ち切ったのはよかった。

    次はセッピ、と思ったらヤングですか、しっかりと勝ちきってまたナダルと戦うところが見たいです。

      引用  返信

  • モンフィス戦見たいな・・・。
    楽天に取っておきましょうか(笑)。

    速報 デルポまさかの2回戦敗退

      引用  返信

  • ヤングはナダル並みのフォアを持ってます。仮想ナダルでやっつけて、ナダル戦に自信と弾みを!

      引用  返信

  • セッピとヤング戦は4セットでヒートポリシーのため中断になったんですよ。4セットの最後はヤングはミスが増えで、セッピも顔をしかめながらの試合でした。そのまま5セットに入ったらどうなっていたのやらって感じでしたね。

      引用  返信

  • 試合中に土橋さんが、「試合前の練習を見たが、これが試合前にする練習か?というほど、追い込んだ激しい打ち合いを、チャン及びダンテコーチとしていた。あんな激しい試合前の練習は今まで見たことがない。」と語っていました。
    だから、トップギアで試合に臨めたんだと思いますd=(^o^)=b
    昨日は1回戦の時と違って、湿度が凄く高かったそうです。なので、圭もかなりこたえたのでしょう(–;)
    新生ニシコリとしては、たとえ昔のライバルといえども、ランキングの差を見せつけて、きっちりサクッと勝って欲しいです!♪8(*^^*)8
    カモーン、圭!p(^-^)q

      引用  返信

  • 次はYoungが来ましたか。ヒートポリシーの長い中断が流れを変えたのかなとも思います。一時期の不調を脱しつつあるようなので、気を抜かずに頑張ってもらいましょう。粘り強いテニスをしてくる印象があります。
    他人の不幸を喜んではいけませんが、前のスレで書いていただいているようにPospisilが棄権。これはデビス杯にも良い風が吹いてきたか。

    コリコリさん
    Seppiは昨年の全米でIstominにフルセット負けしていませんか?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。