必達のミッション(優勝)を完遂せよ! メンフィスの展望

 
 例年になく、心身共に好調を長期間維持している圭。
 今週のレースRKも一桁台(9位)に上げ、今シーズンに対する期待が否が応にも高まります。
 
 先週あのカナダ戦が終わったばかりですが、来週(2/10の週)には急遽WC参戦したメンフィス
(ATP250,室内ハード)が予定されています。
 
 ここで、当初(1/6時点)はエントリーしていなかったメンフィスになぜ1/30(木)になって参戦を
決意したのか? について考えてみたいと思います。
 
 あくまで個人的な憶測ですが、私は以下の3つの理由(時系列順)が大きかったのではないかと
思っています。
 
1/6週に公表されたメンフィスのエントリーリストより、WC参戦すれば#1シードが得られる
 可能性が高いことが分かった。(優勝のチャンス大)
 
1/13週にエントリーリストが公表されたアカプルコ(ATP500)のシード順位は#5相当。
 アカプルコは昨年のメンフィス失効500ptをセーブする主力の大会であり、何としても#4シード
 を確保したかった。(次週のデルレイの結果ではアカプルコには反映できない。)
 
全豪4Rを戦い終えた時点で、思ったよりも疲れが残っていなかった。また、1/30になって、
 デ杯カナダ戦で覚悟していたRaonic&Pospisilとのシングルス対戦の可能性が低くなり、2/10
 からのメンフィス(1R免除)に無理なく参戦できる見込みとなった。
 
 アカプルコの現状の#4シード候補はあのFognini(15位)。今週は太郎も参戦中のVina del Mar
(ATP250)、来週はBuenos Aires(ATP250)に参戦予定で、圭に負けじと得意のクレーでポイントの
荒稼ぎを狙っています。このどちらかの大会でFogniniが優勝してしまえば万事休すですが、そうで
なければ、メンフィスで圭が優勝すれば2/17付でFogniniのRKを抜き、アカプルコでの#4シードを
確保
できるはずです。(準優勝ではダメ)
 
 即ち、上記参戦理由の内の②を重視しているとすれば、チーム圭の頭の中には「優勝」の二文字
しかないということになると思います。換言すれば、まさに優勝するために参戦する大会と言っても
過言ではないような気がします。
 
 
 それでは、現状(2/9時点)でのメンフィスのエントリー状況を見ていきましょう。
 
・RKは2/3付
・成績は今シーズンでの公式戦結果(デ杯WG含む)
・各選手末尾の記号は過去対戦で、○勝ち越し、△タイ、×負け越し、無印:過去対戦無し
・各選手末尾の「」マークは、要注意選手を示す。
 
 
#1 (WC)Nishikori, Kei JPN 17位 7勝2敗 Br-SF・全豪4R・デ杯WG2勝
#2 Pospisil, Vasek CAN 25位 4勝1敗 全豪3R棄権・デ杯WG不出場
#2 Lopez, Feliciano ESP 26位 3勝3敗 全豪3R・デ杯WG1敗 △

#3 Hewitt, Lleyton AUS 40位 5勝2敗 Br優勝・全豪1R・デ杯WG1敗 ×
#4 Lu, Yen-Hsun TPE 53位 6勝3敗 Au準優勝・全豪2R ○

#5 Matosevic, Marinko AUS 54位 4勝3敗 全豪1R ○
#6 Querrey, Sam USA 55位 3勝5敗 全豪3R・デ杯WG2敗 ×
#7 Przysiezny, Michal POL 57位 1勝4敗 全豪2R・Mo-1R
#8 Kukushkin, Mikhail KAZ 59位 1勝3敗 全豪1R・デ杯WG1勝1敗 ○

9 Ebden, Matthew AUS 62位 2勝3敗 全豪2R ○
10 Gabashvili, Teymuraz RUS 64位 2勝2敗 全豪3R・Mo-1R ○
11 Mannarino, Adrian FRA 72位 2勝4敗 全豪2R・Mo-2R
12 Young, Donald USA 77位 3勝3敗 全豪3R・デ杯WG1敗 ○
14 Sela, Dudi ISR 78位 4勝3敗 全豪1R・Za-QF ○
13 Karlovic, Ivo CRO 79位 2勝3敗 全豪1R・Za-2R ×
14 Vesely, Jiri CZE 81位 1勝2敗 全豪1R

15 (WC)Sock, Jack USA 88位 3勝2敗 全豪2R ○ ← ラストDA(102位)
16 Becker, Benjamin GER 93位 2勝3敗 全豪1R・Za-2R ×
17 Russell, Michael USA 97位 0勝1敗 全豪1R
18 Bogomolov Jr., Alex RUS 98位 0勝1敗 全豪1R途中棄権
19 Smyczek, Tim USA 100位 0勝2敗 全豪1R △
20 Lacko, Lukas SVK 102位 2勝4敗 全豪1R・Za-2R ○
21 (WC)Harrison, Ryan USA 121位 0勝3敗 全豪1R
22 (WC)Baghdatis, Marcos CYP 129位 0勝2敗 全豪1R ×
23 (WC)Kyrgios, Nick AUS 157位 1勝3敗 全豪2R・デ杯WG2敗
24 (SE)Phau, Bjorn GER 358位 3勝1敗 Za-SF(予選勝者) ×
24 (SE)
25 (Q)
26 (Q)
27 (Q)
28 (Q)
 
Alternates
1. Kavcic, Blaz SLO 112位 2勝3敗 全豪2R・Za-1R
1. Lorenzi, Paolo ITA 107位 1勝1敗 全豪不参加・Vi-2R ○
2. Goffin, David BEL 108位 1勝1敗 全豪不参加・デ杯WG1勝1敗
  
  
 今大会の圭はツアー初の#1シードということだけではなく、実質的にも優勝候補の筆頭(大本命)
いえると思います。「対抗」といえるのは[#4]Hewittか[#5]Lu辺りで、「大穴」がKarlovic(79位)と
いったところでしょうか?
 
 その他にも[#7]Querrey、Becker(93位)等の負け越している選手がいますが、仮に対戦することに
なったとしても、今の圭であればきっちりとリベンジしてくれることでしょう。
 
 
 今後、早い段階で目標のトップ10に定着していくためには、今大会にように「優勝」が求められる
大会でしっかりと結果を出すことが益々重要になってくると思います。
 
 圭の初戦(2R)は、現地の2/12(水)か2/13(木)
 注目のメインドローセレモニーは、現地の2/7(金)17:0018:30(昨年実績)頃から、日本時間では2/8(土)の
8:009:30(昨年実績)頃から開始
されると思われます。
 
 再び元気な圭を応援できる喜びを噛み締めながら、その時を待ちたいと思います。
 

63 件のコメント

  • 今日、確かに繋がらないですね。
    ブックマークでアクセスできず、履歴でアクセスできました。
    何故?(・・?)

      引用  返信

  • 私もあせりましたw
    団長情報によれば、サーバーアカウントの契約期間が一時的に切れた影響で、当日中に復旧できたとのことです。
    現時点では普通に繋がると思いますよ。

      引用  返信

  • ひ〜!やっと来れた〜!ドメインエラーって初めて見ました〜!おかげで鼻血についていろいろ見ちゃった〜w   でもまだホームからは来れません・・・。

      引用  返信

  • 2015年のカレンダーが出ていますが、芝で500大会が出現していますね。

      引用  返信

  • ベイさんも書いてますが2015 ATP World Tour Calendarが出てます。
    http://www.atpworldtour.com/~/media/7F80051A067C482DB1FBF1021EDD3B59.ashx
    主な変更点としては、全仏と全英の間が3週間になったことと、グラスコートシーズンの充実(Queen’sとHalleの250から500の引き上げ、Stuttgartの土から芝への変更など)でしょうか。
    しかしデ杯はどこに入るんでしょうかね?

      引用  返信

  • やはり空いてるところがデ杯でしょうか。
    17週の開催都市未定などまだ不確定なところがありますね。

      引用  返信

  • Davis Cupが全然入っていません。1回戦が9週、準決勝が37週は入るでしょうが、準々決勝の入る4月-8月に余裕がありません。だから、未だ変更がありそうですね。

    500の芝は2カ所同時格上げですが、共に32Drawでしょうか?すると250の56Drawがなくなりますね。
    そして、Eastbourneがなくなり、NottinghamのCH大会が250に格上げです。

      引用  返信

  • 2/10日程終了時点でのトップハーフの状況です。
     
    #1 (WC)Nishikori, Kei JPN 16位 7勝2敗 Br-SF・全豪4R・デ杯WG2勝
    Bye
    20 Lacko, Lukas SVK 101位 2勝4敗 全豪1R・Za-2R ○
    16 Becker, Benjamin GER 88位 2勝3敗 全豪1R・Za-2R ×
     
    21 Harrison, Ryan USA 119位 0勝3敗 全豪1R
    24 (SE)Phau, Bjorn GER 223位 3勝1敗 Za-SF(予選勝者) ×
    18 Bogomolov Jr., Alex RUS 96位 0勝1敗 全豪1R途中棄権 ○
    #6 Querrey, Sam USA 56位 3勝5敗 全豪3R・デ杯WG2敗 ×
     
     
    #7 Przysiezny, Michal POL 76位 1勝5敗 全豪2R・Mo-1R・Me-1R
    17 Russell, Michael USA 98位 1勝1敗 全豪1R・Me-2R進出中
    23 (WC)Kyrgios, Nick AUS 171位 1勝4敗 全豪2R・デ杯WG2敗・Me-1R
    19 Smyczek, Tim USA 102位 1勝2敗 全豪1R・Me-2R進出中 △
     
    22 (WC)Baghdatis, Marcos CYP 134位 0勝2敗 全豪1R ×
    25 (Q)Ram, Rajeev (USA) 150位 0勝0敗 ○
    Bye
    #3 Hewitt, Lleyton AUS 40位 5勝2敗 Br優勝・全豪1R・デ杯WG1敗 ×

     早くもシードダウンですね。
     これで益々Hewittが上がってくる可能性が濃厚になってきましたね。

      引用  返信

  • >下団さんへ
    コメント欄にURLを貼り付けるのはとっても簡単♪
    私は錦鯉の端くれに過ぎませんが、気軽に書き込んでみて下さいね。
    1. 世界に散らばる錦鯉たちに役立つ情報をめざとく見つけ、URLをマウスで全選択して左クリックでコピー
    2. ブラウザの別タブで当、鼻血ブログを開く
    3. 鼻血ブログのコメント欄に熱いメッセージを書く際、文頭部分でURLを例の貼り付ける
    4. 全てを書き上げて送信するだけで、URL部分がリンクとなります

    裏で「レイトンがKEIを褒めちぎった記事」を紹介しましたが、メンフィスで対戦する可能性が高まりつつあるコリコリさんの分析を読んで、「もしや褒め殺し??作戦」かと思いましたwwwちなみにURLは
    http://www.afpbb.com/articles/-/3008238

      引用  返信

  • だらず者さん、ありがとうございます。現在、国の機関に提出する書類作成中で頭がパニック状態・・・心の癒しを求めて覗きにきました。良い記事を見つけたら挑戦してみます。(レベル低!)                         メンフィス、まずはベッカーにリベンジですね。

      引用  返信

  • >「もしや褒め殺し??作戦」かと思いましたwww

    素直なコメントだと思いますよ。

    僕たちが感じる以上に、対戦している選手は錦織のテニスがエキサイティングでファンタスティックだと感じているんじゃないでしょうか。特にプロテニス界を背負ってきたヒューイットやナダルは早くトップ10に上がってこいと思っているはず。

    GSのセンターコートでファイナルを戦う姿を観たいですね。

    その前に得意のインドア・ハードで大暴れ期待してます。

    GAORAさんにも期待してます。よろしくお願いします。

      引用  返信

  • GAORA テニス ‏@gaora_tennis · 4時間
    メンフィス2回戦で錦織選手はB.ベッカー選手に勝利!準々決勝のボゴモロフ戦は現地時間の金曜日に開催予定です。そして!!錦織選手が決勝まで勝ち進んだ場合はGAORAで放送することが決定!詳細が決まりましたら改めてつぶやきますね! #tennisjp #gaora

     だそうです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください