錦織圭、ラッセルに圧勝で連覇に王手!(2014メンフィス準決勝)

Kei Nishikori[1] def. Michael Russel, 6-3,6-2

2回戦、準々決勝とテニスの調子はイマイチでしたが、準決勝に来て調子を上げてきたようです。
ブレイクポイントを4回中4回ともものにし、セカンドサーブから得点率も上昇。64分という短い試合時間で決勝に勝ち上がれた意味は大きいです。

決勝はカルロビッチとルーの試合の勝者。現在、1stセット4−1でカルロビッチがリードしています。

カルロビッチとの対戦成績は0勝2敗(うち1敗はデ杯)。総合的な実力では錦織が上回っていると思われるだけに悔しい結果です。つまり、「今に見とけリスト」にしっかり入っているということです。

準決勝はカルロビッチに勝ってもらって、決勝で錦織が勝利してリストから消去!これが最も希望するパターンですが、ルーが勝ち上がってもアジア対決の決勝となり、これもすごいことです。

大昔にはあったのかもしれませんが、アジア人同士のツアー決勝というのはちょっと記憶にありません。
つまりどっちが勝ち上がってきても見逃せない決勝になるということです。

残念なのはメンフィスが今年からATP500からATP250に格下げとなり、優勝しても昨年よりも250ポイントも下がってしまうこと。
観客の入りも準決勝なのに恐ろしく少ないし、無理もないことかもしれません。
アメリカですから、大会の盛り上がりが自国のスター選手の存在に大きく依存しているのだと思われます。
昔はサンプラスvsアガシの決勝とかもあって盛り上がっていたのに・・・。

ちなみにその時はアガシが優勝し、表彰式では観客席で見守っていたサンプラスの当時の彼女(女優のキンバリー・ウィリアムズ)に対し、「大丈夫だよもうすぐピートは決めてくれるから(プロポーズを)」的なスピーチをして彼女赤面という場面がありました。

結局その彼女とは結婚しなかったようですが・・・。

珍しく下世話な話をしてしまいました・・・。

さて、次は決勝ということで鼻血対象試合にするかどうかですが・・・。

今後、錦織はATP250では何回も優勝する予定なので対象外にしようかと思います。
2,3年前なら鼻血対象試合なんですが、もう錦織のレベルがATP250の優勝では驚かないところまで上がってしまっていますから。

現在の鼻血対象基準ですが、

  • グランドスラムならベスト8以上
  • マスターズ1000ならベスト4
  • ATP500なら優勝
  • 上記以外では、トップ10選手あるいは実績ある選手に対する勝利

ということになります。例えば64ドローのマスターズ1000の3回戦でビッグ4の誰かに勝利してベスト8入りは、鼻血です。あんまり鼻血の安売りは良くないかな、と。輸血が必要になります。

けどやっぱり、決勝進出ってワクワクしますよねえ。優勝ってのはやっぱり違います。ツアー4勝目、期待してます!

12 件のコメント

  • ATP500だった去年のロペスとの決勝でも鼻血対象から外していたのだから、今回の団長の判断は至極当然だと思います。
    ただ、あの大先生に勝利しての優勝ともなれば、やはり格別ですよね。

      引用  返信

  • ありゃ、じゃあATP500優勝で鼻血ってのも緩いんですかね、ATP500の決勝で相手がトップ10なら、でしょうか。
    あとは気分次第ですねw

      引用  返信

  • 鼻血対象試合のレベルも、錦織選手の実力アップに伴い、上がってきましたね^_^
    我々もこの状況に慣れつつありますが、もうこんな選手は日本から当分現れないかもしれません。
    このことをしっかり噛み締めながら、これからも、応援していこうと思います。
    願わくは、日本のコアなテニスファン以外の方々にも、そのことを知ってもらわんことを・・・。

      引用  返信

  • 決勝はKarlovicとになりました。是非勝って15位になって欲しいです。

      引用  返信

  • 久しぶりに投稿します。
    gaoraさん17日(月)5:58~放送してくれます。本当にありがとうございます。早起きして応援します。
    今の圭君だったら絶対に大丈夫でしょうね。

      引用  返信

  • とうとう決勝ですね!とてもパワフルなラリーでした。
    ここ最近10試合の成績が9勝1敗になりました!今年に入ってからの勝率は83%!
    たしかに、調子の良い時にトップ級の選手を破るのは超人的です。しかし、調子が上がらないときにもランク2桁の選手に負けないのは怪物です。ツアーで上位にはいる条件の一つだと思います。
    もう決勝戦が待ちきれないです!!

      引用  返信

  • Mr.ストイックと云われたレンドルが大会序盤にsetダウンするなど珍しく苦戦しての勝ち上がり。某元デ杯監督の解説者の方が「トップの選手になると大会が始まってから会場入りするのも珍しくない。レンドルからすれば良い(コートやボールに慣れる)練習が出来たくらいにしか思ってないですよ。最後に優勝すればいいだけですから。」とコメントしていました。言葉通りSF以降は圧勝で優勝。        名チャンピオンと同じことを錦織選手が成し遂げようとしている。夢のようです                           あとはイボ退治ですね。イボ貴子(石橋貴明さんのコントキャラ)は何度も退治してますが・・・(;^ω^)

      引用  返信

  • 私もリアル鼻血じゃなくてエア鼻血、いや心の鼻血にとどめておきます。

      引用  返信

  • 久しぶりにスマホからブログが見れてうれしいです8(*^^*)8

    リターンウイナーをびしばし決めて、イボ先生に参った!と言わせて欲しいです!d=(^o^)=b

    生GAORA、ありがとう!(*^^*)♪

      引用  返信

  • 団長、アガシとサンプラスの懐かしい思い出話有り難うございます。
    そんなスピーチがあったのですね。
    (かつてはアガシファンですので嬉しいです)

    明日の決勝はしっかり、きっちりと勝って貰います。
    「今にみとけリスト」を一人ずつ消していくのは楽しみですね!

      引用  返信

  • 1日遅れですが(笑)鼻血ブログ6周年おめでとうございます&ご苦労様です。
    序盤こそもたつきましたが、ロングラリーでも先にミスしなくなったし、だいぶアジャストして来ているんじゃないでしょうか。
    明日はKarlovic、ぜひリベンジして連覇してもらいたいです。

      引用  返信

  • 在籍するテニスクラブのコートが雪に埋もれたため、ボランティアでラッセル(雪かき)してきました。5時に起きて圭のラッセル戦をライスコで確認したあとだけに、同じくボランティアに来たコーチの方々と盛り上がりました。
    今回はいろんな面がフィットして楽勝!危なかった昨日もマイケルの眼光で踏ん張る!条件はそろってます!こちらも全力応援!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。