明日はドリームテニスARIAKE! チョン・ヒョンが出場!そして錦織圭が顔見せ!

久しぶりの更新です。約1ヶ月間、休ませてもらいました。

最初は単に忙しくて更新できなかったのですが、休んでしまうとなかなか再開のタイミングを逸してしまい、途中から思い切ってしばらく休んで充電することにしました。

あんまり言い訳はしたくないので詳細は省きます。忙しいのは確かですが無理をすれば時間を取れないことはないです。少なくとも週末は書く時間は多少はあります。しかし、インプットが極端に少なくなってしまった今、コメントを下さる皆様の方が先に、しかも詳しくいろんなことをご存じなのでなかなかハードルが高くなってしまっています。

前の記事のようにオリジナルな内容(多分、誰もやったことがないNEW YORK OPENの会場レポート)であれば、書く意味もあるというものですが、単なるニュースの転送のような記事にはあまり意味ありませんからね。それでも独自の見解を載せるとか、複数のニュースの内容を総合して見えてくる知見のようなものがあれば付加価値を生むことができるのですが。

ともあれ、しっかり休みました。さすがに明日のドリームテニスARIAKEについては触れなければなりますまい。
S席しか取れませんでしたが、現地に行って錦織の回復具合(プレーはしないですが)を確認してきたいと思います。

ここまでまったく止まることなく執筆時間数分かな。意外と、ブランクあっても大丈夫ですね。
推敲とかしちゃうとまた執筆のハードル上がってしまうので、これからは専らノープラン、推敲無し(アップ後の修正はあり)、誰がどう思おうが知らない、のスタンスで行きたいと思います。

錦織の近況

錦織はすでに帰国済みで、ドリームテニスにはスペシャルゲストとして登場予定。プレーはしないでしょう。
ただ、すでに練習は再開しており、圭アプリには以前よりかなり高い頻度(ほぼ毎日?)でなんらかの写真、動画がアップされ、チャットにもよく出現しているようです(私はほとんど遭遇しませんが)。

錦織は今年の8月から右手首負傷のために欠場しており、最近はアメリカでトレーニングを行う様子や、ナイキ本社を訪れた様子をTwitterなどで公開していた。

日本に帰国したことを伝えたのは11月22日の夜。その前には、アメリカの空港で自身の等身大パネルと2ショットを撮り、「この人知ってる!」とツイートしていた。帰国した錦織は11月25日に有明コロシアムで開催されるイベント「日清食品ドリームテニスARIAKE」に特別ゲストとして参加予定だが、今のところ対戦カードには名前が出ていない。

また、イベントまでの時間を活用してユニクロのオフィスを訪れ、2018年のウェアについて議論をした、ともツイートし、公式アプリでもその様子とともに「いつも僕を支えてくれて、僕のパフォーマンスを助けてくれることを感謝します」と、スタッフに感謝の言葉を述べている。

「錦織圭「日清食品ドリームテニスARIAKE」に向けて帰国」|「海外ニュース」のニュース|THE TENNIS DAILY/テニスデイリー

また、本日は日清食品の会見の場(綿貫陽介の所属契約発表の場)に登場。ブリスベンにはエントリーしていることが確認されていますが、そこを目指しつつも、「2月になるか、3月になるかもしれない。なるべく焦らず、しっかり治してからツアーに戻ってきたいと慎重な姿勢を見せました。

私も、ブリスベンにはエントリーしているものの、出場はしないのではないかと推測しています。でも、出場したら全力応援ですね。

「もっとハングリーに」 けがの錦織、1月復帰に意欲 – 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

2月のNEW YORK OPENに出場できたら嬉しいなと思います。先日、近くに出張に行きましたが、ひょっとしたらNEW YORK OPENの期間中にまた行くことになるかも・・・! 自分ではコントロールできないので完全に運だのみですが、実現したら無理をしてでも観に行きたいです。多分、ナイトセッションでないと行くことはできないと思いますが・・・。

1ヶ月くらい前、オレンジボール(子供用の柔らかいボール)でラケットでの練習を再開したことは確認していましたが、現在はバックハンドには通常のボールを使っているようです。

リハビリと練習の様子は、本日の日刊スポーツの記事が詳しいです。動画付き!

錦織圭「元気です!」米の拠点で懸命のリハビリ – テニス : 日刊スポーツ

この記事によると、手首に負担のかかるフォアとサーブは通常ボールの75%圧のボール(オレンジボールか、グリーンボール?)で、手首に負担の掛からないバックハンドは通常のボールで練習している(していた)とのこと。また、約200gの超軽量ラケットを作って練習している(していた)とのこと。少しずつですが、復帰に近づいている様子が分かって嬉しいですね。

そして現在は、通常のボールのみを使った練習をしているとのことです。う〜ん、順調!!

錦織圭が順調回復、先週から通常球のみ打ち調整 – テニス : 日刊スポーツ

日刊スポーツの最初の方の記事を読むと、やっぱり故障の原因はサーブとフォアなのかなあ、と思いますね。ほぼサーブかと思っていましたが、錦織ほど厚いグリップであれば、フォームに問題はなくてもやっぱり手首に負担はかかりそうです。いろいろ私も厚いグリップで試打などしてみて、そう実感しました。1本や2本ではどうってことないと思いますが、プロのスピードとボールの威力、超絶速いスイングスピードで何百本、何千本とフォアを打ち続けたら蓄積されるダメージは相当なものだな、と。

私も5月に、フォアのスライスを無理な体勢で1本だけ打った際にちょっと手首(親指側)を痛め、プレー出来ないほどではないものの、今でも時々痛いくらいですから、切れた音がするくらい痛めた錦織は相当痛かったと思います。
その状態を考えたら、3ヶ月でもう、復帰戦をいつにするかという話になっているのは順調な回復であると言えるのではないでしょうか。フットワークや体幹はしっかり鍛えると思っていますので、チャンがWOWOWインタビューで語ったとおり、「この休養は鍛えるチャンスでもある」と私も思います。これから10年戦える体を作り、気持ちもリフレッシュして再スタートと行きたいものです。
(私も今日からブログ再スタート!)

ドリームテニスARIAKE情報

オフィシャルサイトはWOWOWサイト内に設置され、明日はWOWOWで放送されます。

テニス|スポーツ | WOWOWオンライン

毎年の海外からの招待選手枠は、今年は先日のNEXT GEN FINALを制したチョン・ヒョン!
これは嬉しい、素晴らしい人選だと思います。
引退したレジェンド選手や、チリッチ、ヒューイット(当時)など実績ある現役選手を呼んできたこの大会ですが、今年は将来のある若手。
全仏3回戦の錦織との死闘は記憶に新しいところです(個人的には、全仏で生錦織を観れるかどうかの瀬戸際だったのでなおさら印象深いw)。
あの試合のチョンも驚異的な強さでしたが、NEXT GENでのパフォーマンスも抜きんでていました。
とにかくミスをせず安定していて、まあはっきり言って強いです。
錦織との試合は錦織がダメだったのではなくて、チョンのプレーによって錦織が思うようにプレーできなくなったと見るのが妥当だと思います。
とにかく明日の一番の楽しみはチョンです。

過去、ティプサレビッチやマナリノなど初めて見る選手を観察しまくって丸裸にしてきた(自称)「鼻血eye」で明日はチョンのウィークポイントを探ってきたいと思います。

明日のカードは以下の通り。
錦織が出ないしわ寄せでチャンが2試合やることにw 大丈夫かな。
チョン・チャンでシコり合いしてくれたらとても楽しそう。

第1試合 ダニエル太郎 VS チョン・ヒョン
第2試合 大坂なおみ VS 奈良くるみ
第3試合 上地結衣 VS 当日発表選手
第4試合 綿貫陽介 VS マイケル・チャン
第5試合 チョン・ヒョン VS マイケル・チャン
第6試合 ダニエル太郎/綿貫陽介 VS 内田海智/中川直樹
第7試合 伊達公子/マイケル・チャン VS 松岡修造/大坂なおみ

19 件のコメント

  • 団長、おかえり~。
    充電が必要な事ありますよね。ブログに限らず。

    ということで、チョンを丸裸wにしてきてください。
    私は仕事で行けないので、現地レポを楽しみにしています。

    で、落ち着いたら・・・全仏観戦記書いてくださいww。

      引用  返信

  • おお、祝、団長復活(^^)。
    ツイートはするかな、と思ってましたが、記事も、錦織選手の帰国に合わせて復活ですね。これからも無理のない範囲でよろしくです(^^)。

      引用  返信

  • 充電してハツラツの団長さん、記事ありがとうございます。
    チョン選手、Next Gen ファイナルズ 最初の覇者というホットな選手と呼んだ側もほくほくですね。
    明日の「鼻血eye」の調査結果楽しみにしています!
    「特別ゲスト」として圭くんがどういう働きをする(?扱われ方?)のかも興味津々です。

      引用  返信

  • おー!団長復活👏
    ひょっとしたら、病に倒れているのでは?なんつー心配もしておりましたので(🍑ペンペンしたのはマズかったかなあ💦とか)、充電🔋は何よりでございます。
    やはり、ちょっぴり笑えて、キレのある爽やかな文章、さすがでございます😊

    『鼻血eye』😎で見たドリテニ、楽しみにしております。

    やはり、休むって、大事だなあ。

      引用  返信

  • おお〜〜団長さま❗
    誰になんの遠慮が要るものですか❗団長さまのの記事に飢えちょりましたよ。明日のドリームテニス、生錦織君に会えますね。私は、テレビ観戦ですが、記事アップも楽しみにしちょりまよ。

      引用  返信

  • 団長さま
    まだローランギャロスの中に入ってないじゃないですか!お待ちしている記事はてんこ盛りです〜(T ^ T)
    とはいえ、おかえりなさいませ。そしてドリームテニスの終幕をしっかりと目に焼き付けてきて下さい。「鼻血eye」の分析結果楽しみにしています。

    ところでデ杯決勝はまずゴファン選手がプイユ選手にストレート勝ち。ベルギー一歩リードです。ゴファン選手はサーブの好調キープ。どんなに観客がうるさくても冷静さを失いませんでした。がんばれベルギー!

      引用  返信

  • 団長様
    お帰りなさい。お元気で何よりです。筆が遠のく感、何となく分かります(低レベルながら)。
    ドリームテニスARIAKE、たっぷり楽しんできて下さい。
    そうそう、錦織選手の復帰時期ですが、得意のマイアミハードコートあたりがお勧めかと。
    私たち錦織ファンも焦らずに、待ちましょう。復帰したら、一気にヒートアップと行きましょう。

      引用  返信

  • 待ってました!
    無理のないペースで更新してしただければと思いますが、やはり団長のブログですから、団長ご自身のコメントを読みたいというのが本音です。
    私ごときがおこがましいですが、錦織選手にはこの時間を利用して、じっくり身体に無理のないフォームを身につけていただきたいです。

      引用  返信

  • お早うございます。
    団長さま、ARIAKE記事有難うございます。コメントのご対応等で生存確認(でしょうか?)はできておりましたので、きっと充電中であろうとお待ちしておりました。もうアンテナは全部立っておりますでしょうか。

    手首考察記事のコメントで、皆さまからたくさんの錦織選手情報をご紹介いただき、私も安心した1人です。メディアのスタンスの違い、「全豪へGO!」と根拠なく言い切るメディアもあれば、「3月にずれ込む可能性も」と錦織選手のコメントを的確に伝えるメディアもあるという温度差は、ぜひ団長さまの「鼻血eye」でつぶさにご検証いただきたく存じます。

    ARIAKEに登場される方がテーマの内田さんコラムなのでご紹介致します。
    岐阜県テニス関係者の皆さま有難うございます、な内容です。スポーツナビより。
    <強い日本選手を育てる「伊達公子コート」 テニス界の未来につなぐ経験と財産>
    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201711230002-spnavi

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    大坂なおみ選手がちょっと可愛い呟きを。まずは昨日、NISSIN所属選手3人と陣営みんなで仲良くお食事されたようです。高級お寿司屋さんで板さんも貸し切り。
    https://www.instagram.com/p/Bb4KWdeFnhJ/?taken-by=naomiosakatennis

    あーんど、ハロウィン仕様加工写真もインスタにご投稿(笑)
    https://www.instagram.com/p/Bb5X98kFWvR/?taken-by=naomiosakatennis

    さあ選手の皆さんも観客の皆さんも、思いっきりARIAKEを楽しんでくださいね!

      引用  返信

  • お久しぶりです団長さま。
    錦織選手と共に充電中だったんですね。リフレッシュ後の記事が益々楽しみになりました。

    最近疑問に思っていたことがあり、錦織選手がボールを打っている映像を見ていたら、ラケットが錦織圭モデルと違う。確かベースがオレンジでさし色が黒だったような?。と思っていたら、日刊スポーツ記事に、リハビリ用の通常より軽いラケットを使用していると書いてありました。
    当たり前だよね、いきなり普通のラケットで打つはず無いよなーと納得。
    そんなこともピンと来ないなんて無知な私・・・。
    さて、ドリームテニスが始まります。私はテレビ観戦。そして録画もしちゃいます。

      引用  返信

  • ぼうず さん、アジア大会での金メダル獲得(ダブルスで獲得)で免除と言いますか、短縮されて終了しているようですよ🙇

      引用  返信

  • 下団さん,
    そうなんですか。知りませんでした。
    もっとランキング上げて、ズベレフあたりとやりあってほしいですね!

      引用  返信

  • ぼうずさん 私も同感です。下団さん、情報ありがとうございます。
    他のイベントも見ながらだったので詳しくは分かりませんでしたが、チョン選手は錦織選手をかなりリスペクトしているように思いました。それと、このドリームテニスのイベントに招待されたことをとても喜んでいるように感じましたよ。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。