錦織圭、接戦の1stセットを奪い波に乗って勝利(2018ローマ1回戦)

2018 Rome (Masters 1000)
1st Round
Kei Nishikori def. Feliciano Lopez, 7-6(5),6-4

Embed from Getty Images
ビッグサーバーとの試合の典型的な展開でした。1ブレイクを争う戦いとなり、タイブレークも一進一退でしたが5-5からのストロークの攻めでセットを決めました。
すると2ndは優位に進めるという良い流れで試合を締めることができました。本当に大きなセットでした。

欲を言えば2ndセット3-2からミスが出てブレイクを許してしまったことがもったいなかったのですが、1試合の中で1ゲームくらいはミスの固まるゲームは出てしまうもの。それでも何とか切り抜けること必要がありますが、それ以外のサービスゲームでは危ない場面はなく良かったと思います。

ロペスはもっとスライスで粘ってくるのかと思いましたが、予想より強打してきました。前回対戦ではこれを決められて痛い敗戦を喫したのですが、今日はしっかり対処できていたと思います。ウィナーも多いがミスも多いロペスのテニスがどこで息切れするか、という視点で見ていたのですが、ロペスかなり粘りましたね。
特に1stセット第12ゲームは素晴らしいポイントの連続でした。特にドロップショットが絶品でしたね。

ロペスはさすがのサーブ力で1stセットに6本のエースを奪いましたが、2ndセットは僅か1本に留まりました。錦織のリターン返球率が1stセット後半から上がり、ラリーに持ち込まれるのでロペスにとっては苦しい展開が続きました。
逆に錦織は1stセットに44%だった1stサーブ確率を2ndセットでは77%まで上げ、トータルで60%に乗せてきました。このあたりも非常に良かったと思います。

フォアハンドの攻撃力がイマイチに感じましたが、それも試合終盤では高い打点から打てるようになってきました。ドロップショットにずいぶん走らされたことによる疲労が気になりますが、2回戦までおそらく1日空くでしょうし、手首の状態含めて2回戦には大きな心配はないと思われます。

次はディミトロフ。結構、大きな意味を持つ対戦になると思いますね・・・。4位ながらも、ちょっと最近は安定感を欠いているように思います。もちろん今の立ち位置はディミトロフの方が上なのですが、全仏で上位進出するためには勝って自信を付けたい相手です。期待しましょう。

43 件のコメント

  • ドローを考えると次のディミに勝つと一気にSFまで道が開けると思います

    しかもSFではティエム/ナダルと戦うということで全仏前の試合としては最も理想的なドローなのではないでしょうか?そういう意味では今日勝てたのはものすごく大きいと思います(^^)

      引用  返信

  • まずはしっかりと1回戦を突破してくれて良かったです(^^
    これで全仏で17~24シード帯に入ることはほぼ確定です。このシード帯だと、1・2回戦はノーシード選手と対戦し、3回戦は順当だと9~16シード帯の選手と当たり、3回戦までに1~8シードの選手と当たることはありません。
    明日(16日・火)に試合は入らなかったので、ディミトロフ戦は、17日の水曜ですね、しっかり調整して、良い試合をして、できれば勝ち上がって欲しいところですね。

      引用  返信

  • モンテカルロではフルセットが多かったですがきのうはきっちりストレート勝ち。出だし好調ですね。1セット目のサーブは心配しましたけど💦
    ディミトロフ、去年のブリスベンで負けてからなんとなく調子が良くない気がするので、今回は是非勝って弾みをつけてほしいです。
    1日休めるのはうれしいですね。

      引用  返信

  • 全仏の予行演習なんでしょうね。nakaさんも言われたように、全仏のドローを考えると3回戦まではスイーッと行って欲しいですね。

      引用  返信

  • not up のラッキーな誤審の後、逆に開き直ってストロークを強打したのが、むしろスカッとしました。錦織圭の才能は大胆かつ正確なショットにあると思っている私にはこの最終局面のプレイが最高でした。

      引用  返信

  • まずは試合にちゃんと勝てたことが良かった。それもストレートで。
    体力と手首の負担を温存しながら一つ一つ勝ち上がって欲しいです。
    レビュー記事書きました。
    https://yuri-san.com/tennis130/

    手首はOKで体調は良いよという本人談ですが、英語でOKというのはまあまあ大丈夫(そんなにいいわけじゃない)という意味なので、イマイチ不安がぬぐえませんが・・・。

    次はディミトロフ。
    彼も最近また負けが続いているので何としても勝ちに来ると思いますが、クレーで彼に負けたくありません。って言うか絶対に負けちゃダメ。QFでジョコにリベンジしてSFでラファにリベンジして決勝デルポ(希望)にリベンジして欲しいですww。

      引用  返信

  • 団長様、レビュー記事ありがとうございました。皆さんが指摘していたように、尻上がりにプレーが良くなったのが素人目にもよく分かったのですが、その原因が少し気になりました。特に右手を気にするような仕草はありませんでしたが、復帰後に見られたプレーを純粋に楽しむような表情が消えて、常にシリアスというか、やや疲れ気味?のような印象さえ受けたもので。右手が良くなったので、大会前に意図的に練習量を増やして負荷をかけている、とかならいいのですが・・・。次のディミトロフ戦は小生も大注目です。
     ジョコ戦の応援は気張りすぎて、後でがくっときた(応援する側なのに、しかもいい歳して、ホントお恥ずかしい…)ので、ちょっと控え目に応援する予定であります。

      引用  返信

  • 同じ勝つにしてもすっきりと勝って欲しかったです。ロペスがかわいそうでした。もし錦織の立場がフェデラーだったら彼はどうしただろうかなと考えてしまいました。メンタル的に明日の試合にひびかないといいのですが・・・

      引用  返信

  • 団長さん
    レビュー記事のアップ嬉しいです。おっしゃるように第1セット終盤の息づまる戦い。フェリロペ選手のサーブ、ドロップショットはさすがでした。
    第2セット、エンジンがかかった錦織選手のプレーにはしびれましたね。ただ、表情については、私も白髪30%さんと同じような印象を受けました。1日休んで、練習もほどほどに(適切に)して、ディミトロフ戦に備えてほしいです。

      引用  返信

  • not upの判定については本人もギリギリで分からなかったようですね(ATP公式にインタビューあり)。あの場合は審判に任せるしかありません。
    試合中のプレーには運もあります。判定に助けられる事もあれば泣かされる事も…。要はお互い様です。

    さてさて、ディミトロフ選手との2回戦は明日なのですね。願わくばもう少し遅い時間になってくれれば見やすいのですが…。

    応援フードは既出かもしれませんが、デミが半分という意味なので「半丁の冷や奴(デミ豆腐)」であっさりと頂きたいと思います。

      引用  返信

  • ROMさん,
    半丁の冷奴!
    それ、私もいただきます。

    not upは・・・ねえ。
    やっぱり、ホークアイとビデオ判定の導入を望みます。

      引用  返信

  • 白髪30%さん, だいあんさん,
    私も同じように感じました。しっかり休養を取って練習で疲れてしまうような事はないようにして欲しいです。試合ではリラックスして楽しんでプレーして欲しい。躍動している圭くんを期待しています。

      引用  返信

  • ご無沙汰です&思いっきりスレチですみません。
    実はバルセロナオープン見てきました。
    まさかのモンテカルロで、決勝まで勝ち進んだのでスキップかと思ったのですが(汗;)
    でも、ナダルが超カッコよくて満足して帰ってきました。
    つきましては全豪オープンにも行こうと思っているのですが、全豪のチケットの購入方法がわかりません。バルセロナはHPから簡単に購入できました。
    全豪のHPにアクセスするとまだ販売前なのにviagogoではすでに売られており、どうしたものか悩み中です。
    どなたか教えていただけると幸いです。

      引用  返信

  • 団長さんのファンさん、
    全豪オープンチケット入手の方法なら
    本ブログのフォーラム「鼻血ブログラボ」の「GS&MSチケット入手の仕方 2018年度版」でご覧いただけます。来年の全豪チケットは公式では10月発売のはずです。今までの経験をもとに購入方法を載せていますのでご参考までに。不明な点があればお尋ねください。

      引用  返信

  • ノットアップの判定、
    スローでみるとたしかに誤審なんでしょうけど、
    あれはギリギリまで諦めないでボールを追いかけたからこそ起こったもので、
    錦織選手の気迫のこもったファインプレーだったと思います。(勝手な見方です)

      引用  返信

  • 次のディミ戦ですが、オッズ的には錦織有利との見解みたいですね。ここを突破出来ればいいところまで上がれるような気がします。全力で応援します!

      引用  返信

  • ツーバウンドの誤審ですが次のゲームでもアウトをインにされてるのでトントンですね

      引用  返信

  • つるみ さん、それで間違いないです(`・ω・´)ゞピシッ!
    前スレにコメントしましたが、審判のコールがあるまでは集中を解くべきではなかったです。
    大ベテランのロペス選手らしからぬことでしたが、やはりロペス選手も疲れていたのでしょうね~
    本来ならば、大会の責任審判を呼び出してもよかったのですが、それもしませんでしたし・・・

    錦織選手、かなり疲れたでしょうね~膝に手をつくシーンが何度もありました・・・
    ロペス選手のスライス、フラット、スピンの巧みな打ち分け、期を逃さないネットプレー、ドロップショット等々・・・
    加えて、あのイレギュラー多発のコートでは、色々と考えさせられ、試合を支配出来てなかったので余計に疲れたかと思います。
    13日の金泉CHの決勝で、西岡選手に翻弄されたポスピショル選手が試合の序盤から膝に手をついていましたが、錦織選手も同じような状況だったのでしょうね~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    いずれにせよ、ストレート勝ち出来て良かったですね~(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • だいあんさま、ご親切にありがとうございます。
    全仏のときは団長さんがいっぱいあげてくださっていたので、そーなんだと理解していたのですが、
    全豪は10月発売なのに、すでに、なぜか?viagogoで売られているのでお尋ねした次第です。
    やはり10月なのですね。フォーラムで勉強してきます。

      引用  返信

  • 下団さん,
    お互い疲れている時間帯で、二人にとって大事なポイントでしたよね。
    ロペス選手も1せっとダウンで余裕がなかったのでしょうか?
    錦織選手がツーバン?で拾った球がそのまま決まったわけではないし、ロペス選手は何がなんでも決めなければならなかった(たとえ誤審と思ったとしても)、そして決めることもできたはずでしたよね。だから責任者よばなかったのかな??
    ロペス選手だいぶ怒ってたようだったけど、試合後にはちゃんと握手してくれたのでよかったです。

      引用  返信

  • 今日は一日休めますね。
    日程がどのように決められるのか分かりませんが、ゴファン選手は今日も試合で二日続けてになります。色々ラッキーかも。\(^o^)/

      引用  返信

  • つるみ さん、ロペス選手も苦しかったと思います。
    見てて「何故に反応が遅れた⁉️」と思いました。
    過去にも似たようなノットアップを疑われるような場面を見たことがありましたが、そんなギリギリの状況の返球は甘くなるのが多いでしょう。
    私が見たシーンでは、返球をキッチリと仕留めてから、「今のはノットアップだったろう⁉️」と抗議してましたし、そうあるべきだと思います。
    ロペス選手が執拗に抗議をしなかったのは、それだけ判断を誤るほどに疲れを自覚していた、逆転は難しいと感じていた⁉️のかと思います🙇
    気の毒だとは思いますが、気持ちの面での勝負はついていたと思います🙇

      引用  返信

  • 逆の立場だったらここが大荒れになってただろうに
    ここは醜い偽善者まみれの終わったブログだな

      引用  返信

  • 団長さんのファンさん
    viagogoなどの再販事業者サイトを通じたGSチケット入手について、私と友人の経験にもとづいた情報を、フォーラムの「鼻血ブログラボ」「GS&MSチケット入手の仕方 2018年度版」にアップしました(2018/05/15 20:16:27 #87152)。参考にしていただければ幸いです。
    全豪オープンのチケット購入方法(公式サイト)については、同じトピに私が投稿した情報(2017/10/04 8:11:22 #68148)を禮さんがコピペしてくださいましたのでご覧ください。

      引用  返信

  • 切りオス さん、
    逆の立場だったら、錦織選手が「当たり前の判断を誤るほどに疲れさせられていた」とコメントしていたと思います🙇
    もしもコーチであるなら、あの15-40の場面で執念を見せた錦織選手を褒めたいですし、褒められると思います。
    逆にロペス選手は注意されるでしょうね〜🙇

      引用  返信

  • Tennis TVで今日の試合を見ようと思ったら、雨で中断してるみたいですね。
    もしスケジュール変更があれば明日もう少し遅い時間に
    なるか、もう1日休めたりするといいんですけど💫

      引用  返信

  • ノットアップは、おばさん仲間では、本人はギリギリの場合わからないという説が強いですねえ。ちなみに自分は最近ルールブック読んでないんですが、ノットアップやネットタッチをコート内の全員がコールできるようになったと聞きました。いざという時に即座に対処できないこともあるので、下団さんが言われるように最後まで気を抜かないでやるのみです。(審判なしの話ですみません)

    ROMさん、今回はようやくコラボできそうです
    今から作りますね~

      引用  返信

  • GAORAのインタビューの映像を見ました(⌒▽⌒)
    MCでの戦いは錦織選手に相当の自信をもたらしたようです。
    自身のストロークに対する自信、トップ10選手に勝った自信、簡単なミスは
    しなくなってきた(復帰の頃の試合に比べてかな?σ^_^; )自信 。
    明日はデミトロフ選手だが、トップ10選手に対してそんなに怖くなくなってきた。
    もう怪我は言い訳できない。MCで準優勝して復帰途中というのはありえない。
    すべて戻ってきている(キャー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆←これは私の声)
    調子のアップダウンは誰にでもある。調子を持続していくこととさらに勝って自信
    をつけること。とキッパリ! 男、錦織やあ♪───O(≧∇≦)O────♪

    錦織選手はすっかり前を向いて力強く進んでいます。
    きのうの試合での錦織選手の表情を心配する声もありましたが、眩しくて眉間にし
    わを寄せることはあったものの(笑) 私にはやる気満々の顔に見えましたよ(^◇^;)

    誰に有利だろうが不利だろうが、審判によって試合が成り立っているので、終わっ
    た試合の審判の判断を話し合っても、あまり意味がないかも…と感じています。
    ただ、錦織選手のファンとしては、下団さんのおっしゃる通り、29ラリー後のあの
    ダッシュでボールを返したのは「あっぱれ👏👏👏」と誉めたたえるべきものかと。
    膝に手を当てて息が切れていたからと体力面を心配する声もありましたが、あれだ
    け走った直後に前進ダッシュして息を切らさないなんて…………ムリ。さらには長
    いラリーを制したことに対してホッとしたような、はあ〜俺やった……というよう
    な気持ちもあったのではないかな…と見ていて思いました。

    はあ〜、もうもう明日の試合が楽しみでたまらない。勝敗は二の次で(^◇^;)
    雨じゃないでしょうね⁉︎

      引用  返信

  • あけびさんと同感です。まさかあのスマッシュを!と思ったとも思いました。とにかくあきらめないということ、モンテカルロのチリッチ戦でもありました。
    2回戦もこの調子で頑張って!

      引用  返信

  • stteffiloveさん,
    ありがとうございます。始まってましたね(^◇^;)
    明日に影響はなさそうですかね。

    N.Hさん
    そうですね!
    「まさかあのスマッシュを!(◎_◎;)」
    という驚きとホッとしたのが入り混じってたかも(笑)
    復帰後に見せてくれている、諦めずに走る錦織選手の姿、好きです\(//∇//)\

      引用  返信

  • セルフジャッジならどうしたかなとふと思いました
    日本のジュニアはまずセルフジャッジからスタートしますからね(・_・)
    話しは変わってデミトロフに連敗はしたくないですね
    立ち位置は以前とはちがいますが、今、錦織圭のテニスは拾って、拾って、になってますが、本来は攻撃的なテニスですのでデミトロフとの試合はどうなりますかね
    負けたけどジョコビッチとの試合は僕は今までのなかでは一番好きでしたね
    今回も勝敗抜きにいい試合が観たいです
    全仏では内容より結果ですが、今回までは内容重視で応援したいと思います
    ここで勝ち上がっても疲れて全仏で使いもんにならんかったらなんにもならん
    よしんは、準決勝、決勝までいって1週間あるとして微妙でしょう
    毎年クレーで疲れきってグラスではつかいもんにならんし、ここ数年全米が終わった後は脱け殻状態なわけで、今年は後半に頑張ってほしいんですけれど、欠場した大会以降までは助走でいいんではないかと思ってるんですけれど陣営もマスコミもほとんどのファンもそんな事考えてないんでしょうね
    早くトップ10復帰を求めるんでしょうね

      引用  返信

  • 私は皆さんの意見とはちょっと違って、「錦織がノットアップに気付いていたなら、ちょっと卑怯ではないかな」です。
    審判は誤審することもあるもの、審判の能力にも差がありますから、誤審は仕方ないと思います。
    しかし、もし本人が気付いていたなら、申し出て欲しかった。

    その後にも誤審があったから、お互い様〜ではないと思います。
    ラインジャッジが微妙な時は本人も判断難しいことがあると思いますが、目の前の自分のプレーで、あの繊細なタッチの錦織が、気付かないもんかなーと思っちゃいました。

    もし、本当に気付いてなかったのなら、ごめんなさい。
    これは本人にしか分からないことだし。
    ただ、後でインタビューでどう言ってたとしても、本当のことを言うかは分からないですよね。

    本人が気付いていたなら、申し出るような、誠実でフェアな錦織でいてほしいというファンの思いです。
    これは、もし逆に相手が同じことをしたら、私は相手選手の不誠実を責めると思うんです。
    そのせいで流れが変わってしまったのなら、尚更。

    今回、錦織を責めない方々は、今後、逆パターンで錦織が不利なジャッジをされても、相手を責める権利はないと思います。

      引用  返信

  • micchiさま、

    どういった場合に最初のジャッジが守られたり、リプレーになるのか(ルールブックを読んでも)未だによく分かってないのですが、ノット・アップについては、ルールブックの7.22 On-Court Procedures and Requirements E. Tennis Law – Cases(130ページ)に、Umpire Blocked on Question of Factのケースが記載されています。これは審判が「ブロック」されて(ノット・アップを見て)判断できなかった場合、ポイントはプレーした結果になる、というものです。そこに「ネット、スルー、ノット・アップやタッチといった主審がコールのプライマリーな責任を負う場合、即座に判断が下されなければならない。もし主審がプライマリーに責任を負うコールに関してルール違反を見なかった場合、技術的にバイオレーションをコールすることは不可能」とあります。実際審判はベンチに帰ったフェリロペとの会話で、「(2回バウンスを)見なかった」と言っていて、判定はスマッシュをミスしたフェリロペの失ポイントのままでした。ただし、次のゲームをコールした後で「(試合後に検討して)ミスがあったら報告する」と言っていると思います(ジャッジはもちろん覆りませんが)。なので、ライン・コール以外は主審の責任の範疇で、他の審判がコールできるというルール改正はないようです(多分それをやったら混乱するかと)。

      引用  返信

  • leiさん
    仮に「気付いていた」として、の話ですが。
    テニスのセルフジャッジと紳士の文化を踏まえると、たしかに「卑怯」と思われても仕方ないかもしれません。

    ただ、以下は個人的な見解ですが、
    錦織ってそもそも紳士的なプレイヤーであることを
    そんなに目指していない人な気がします。
    紳士的であることよりも勝負を優先するのは、
    私は案外錦織の一貫した方針だと思っていて、
    そこが一貫してるのは個人的には好きなところの一つです。
    普段から、「自分はフェアなプレイヤーだ」ということをアピールする言動もほとんどしないですしね。
    マイペースに淡々と勝利優先で行動する人で、
    選手としての自分のイメージはあまり気にしない。
    代わりに、相手選手や審判に対して長々とクレームを言ったりすることもない。
    好みが分かれるところでしょうけど、
    錦織はそういうキャラクターなんだろうなと思います。
    (だから、今回の件で本人がモヤモヤしてたりすることも、たぶんないんじゃないかな、と)

      引用  返信

  • 私は気付いてなかったと思っています。
    次のロブに即座に反応して猛然とダッシュで追いついてますし。
    ノットアップだったと自分でハッキリ感じれば一瞬迷いがあるのではないかと思うし、ポイント取った後も、あけびさんが仰るように はあ~やった~ って感じに見えたので。
    もしかしたら 「間に合ったか~?どっちだ?」 くらいは思ったかもしれないので
    気付かなかったというより、ハッキリとは分からなかったんではないかな~

      引用  返信

  • micchiさま、

    コメントされていたのはセルフ・ジャッジのことだったのですね。フォーラムで下団さんから指摘されました。失礼しました。

      引用  返信

  • 禮さま、いろいろ混乱させてごめんなさい。
    自分たちが試合してるともめることがあるので、それを思いつくまま書いただけですが、話を蒸し返す事態になり、反省しております。

      引用  返信

  • leiさん,
    leiさんのコメントは「もし、気づいていたら」という仮定の上に成り立って
    いる内容です。そこから「錦織選手は卑怯ではないか」と決めつけるのは、
    少々乱暴ではないかと……。
    当の本人は全く意に介さないと思いますが(ここを見てないですしねσ^_^;)
    錦織選手を応援しているファンのひとりとしては、悲しい気持ちになります。
    前のコメントでも触れましたが、あのポイントは29回にも及ぶ行き詰まる
    ラリーの末のプレーで、よくぞボールに追いついた!(◎_◎;)というナイス
    プレーです。何回かあの試合を見直しましたが、錦織選手はラケットでボー
    ルに触って返球した後、すぐさまロペス選手の動きを見て、ベースラインに
    向かって走っています。審判が判断してストップするまでは、プレーを続け
    るのは当たり前で(このことは下団さんがなんどもおっしゃってますが)その
    判断に従い、最後まで全力プレーしたのではないでしょうか。最後のロブの
    あともロペス選手のスマッシュに対して、ピンチでしたが諦めずに構えてい
    ましたよ。これら一連の錦織選手の動き、表情から感じ取れるのは、1球
    でも多くボールを返球するガッツとフェアなプレーなんじゃないかと私は思っています。ジャッジをするのは選手ではなく審判ですから、どういう判定をし
    ても相手選手を責めるということはしません。

      引用  返信

  • lei さん、気付いてなかったと思います(`・ω・´)ゞ
    気付いてて、やったとなれば、それこそ後が大変ですΣ(゚Д゚)キャー!!
    ご存知でしょうが、トップ30には参戦義務がありますし、上位選手は年中、顔を合わせています。
    そういった卑怯な真似をする選手だと見なされれば、練習相手の確保等に多少なりとも影響があるかと思います。
    今回の件が逆であったならば、錦織選手が集中を解いたのが駄目だったとコメントしてたと思いますし、それだけ疲れさせられたのかな~?ともコメントしてたと思いますm(__)m
    あと、主審の方が明らかに体調不良だったことも、ロペス選手には気の毒だったかな(。´・ω・)?

      引用  返信

  • 本人が気づいていないとインタビューで言っているので、それ以上の議論は不要かと思います。
    ラッキーもあればアンラッキーもあります。

      引用  返信

  • あけびさん、
    『「錦織選手は卑怯ではないか」と決めつけるのは、
    少々乱暴ではないかと』と書かれたのは、私としてはとてもショックです。
    決めつけていると誤解されることのないよう、「錦織がノットアップに気付いていたなら」という、前提を書いたのですから。
    その前提に立てば、私としてはがっかりだな、という話です。

    「もし、本当に気付いてなかったのなら、ごめんなさい。」とも書いています。
    その部分もちゃんと読んでくれましたか?

    こういう書き込みは嫌がられるかもしれないけど…と迷いながらも、誤解されないように、意図が伝わるように慎重に言葉を選んだつもりですが、それでも伝わらなかったのなら、残念です。

    ところで、私も錦織ファンですので、彼の悪口を書かれた~ってなると、何か言い返したくなる気持ちも、もちろん分かりますよ。
    私としては、悪口は書いていないつもりですが…。

    何を選手に期待するかは人それぞれですし、私は潔癖気味なので、フェアなものを求めすぎているのかもしれませんね。
    ポリ袋さんの「錦織ってそもそも紳士的なプレイヤーであることをそんなに目指していない」という言葉は、目から鱗でした。

    団長さんから「それ以上の議論は不要かと思います」とのお話がありましたので、これ以上この件にコメントはいたしません。
    失礼いたしました。

    今夜の試合も楽しみです!

      引用  返信

  • 団長さんにこれ以上の議論は不要と言われたら、この件はコメントしないで終わる
    のがいいのかな?と迷いましたが、leiさんがショックを受けたと書かれているので
    一言お詫びを……。
    卑怯ではないかと決めつけるのは乱暴…という部分、取り消します。
    ごめんなさいね。悪口を言われたからというのではなく、4行目以降の内容をお伝
    えしたかっただけなのです。
    今夜の試合が楽しみで仕方ないのは同じ思いです、もちろん!
    たくさんの錦織選手らしいプレーが見たいものです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。