錦織圭、ウィーンとパリを欠場。しかし応援はやめないよ。

錦織がウィーンのティーム戦を直前にキャンセルし、ほどくなくしてパリの欠場も判明しました。
一応11/9からのソフィア・オープンにはまだエントリーしていますが、こちらもキャンセルになる可能性が高そうです。

1大会だけ出るよりじっくり治して来年にかけるのではないでしょうか。

情報があまりなく、とにかく心配ではありますが試合会場まで行き、練習もしています。
プレーできないほど深刻ではないが、サーブに影響がある状態では勝利は難しいですし、悪化のリスクも高いということでの決断と思われます。
仕方ないと思います。

サーブとストロークでは動きが違うので、これは推測ですがサーブにのみ影響する痛み(肩を上げたときに起こる)なのではないかなと思います。

「本人が一番つらいですからね」

多分この言葉、私は一回も使ったことがないか、使ったとしてもほんの数回、それも10年前とかだと思います。
もちろん本人は辛いのは間違いないのですが、この言葉には「本人が一番つらいのだから、自分の辛さは我慢しよう」と自分の側に重きがあるような気がするからです。

ごめんなさい、批判ではありません。言葉が嫌いなわけではありません。
この言葉を使う方は純粋に錦織を心配している(そして、自分もショックを受けている)ことは十分に理解しています。

上記は、「自分がこの言葉を使ったとしたらこういうふうに感じる」という前提で言っています。
また、「錦織本人より私の方が辛いんじゃないか?」と思ってしまうくらい辛い気持ちになることが多々あったもので笑。

実際、プロとして生活している錦織は、ショックを受けながらもそれだけでなく強い心も持っています。
でないとこれだけ怪我を経験して、その都度復帰なんてできません。
辛さを乗り越える力も一流だと思います。

ですので、とにかく錦織の復活は信じて疑わないのですが、それでも最近の欠場はきついだろうなあ・・・と思ってしまいます。

それこそ「本人が一番つらいだろうなあ・・・」と。

手術をして復帰となったらコロナ渦でツアーがなくなり、再開すると思ったら自分がコロナにかかり、ようやく試合ができたらまた別の場所の故障。

試合はなんとかできるかもしれないと会場まで行ったが、直前まで悩んで最終的に欠場。
これは本当にもどかしいだろうなあと思います。

でも錦織は決してあきらめないと思います。
試合の粘りを見ても分かるように。

そしてそこには応援のサポートも必要だと思います。
直接的に声を届けることは難しいですが、今はSNSなどで応援できます。その声は間接的に届くと思いますし、復帰したときに大きな力になります。

私も2009年当時のように毎日ブログ更新で応援するといったことはなかなかできそうにはありませんが、気持ちは当時と変わりありませんので、あのときを思い出しつつまた我慢&応援かなと思っています。

賛同されるみなさん、当ブログやtwitterで一緒にあきらめず応援していきましょう。

62 件のコメント

  • 団長さん、記事のアップありがとうございます。
    ああー、やるせない。だけど、錦織選手を信じて、応援しつづけます。
    今は雌伏のとき。「雌伏のとき」が「至福のとき」になるまで、
    我慢、がまん、ガマン、GAMANだ!!!!!

    >「錦織本人より私の方が辛いんじゃないか?」と思ってしまうくらい
    > 辛い気持ちになることが多々あったもので笑。

    このコメント、深くうなずきましたよ(涙)。

      引用  返信

  • 本人が一番辛いだろう、と言ったのは私です。団長さんに怒られちゃった!
    この言葉で自分の辛さを紛らわせているのだとは鋭いご指摘。でも謝りませんよ、その通りですから(←開き直ってる。笑)
    〈「錦織本人より私の方が辛いんじゃないか?」と思ってしまうくらい辛い気持ちになることが多々あったもので、という団長さんの言葉には一本取られました。

      引用  返信

  • ウクレリアンさん,

    すいません。皆さんよく言っておられるし全く悪くない発言です。それを言う心を考えたら、純粋に心配する気持ちであることは明らかです。
    私が字面に引きずられているだけです。

      引用  返信

  • と、思う私ですら「本人が一番辛いだろうなあ」と思っちゃうくらいのこと、と言うのが言いたいことでありまして。発言自体の否定ではないです。(と言いつつも書いてしまうとそう受け取られてしまうリスクは覚悟していた)

      引用  返信

  • 団長さんの真意はよくわかっているつもりです。謝っていただく必要はこれっぽっちもないです。むしろ、団長さんの深い錦織愛に感動しています。

      引用  返信

  • 肩が大丈夫なら、ソフィア250に参戦して、翌週からイタリアの室内ハードCH大会が2週連続でありますから、WCを貰って参戦しても良いかと思います。
    イタリアCHには内山選手も参戦予定で、可能ならダブルスへの参戦もありかと。フォーム固めには風の影響のない室内の環境が良いですし・・・

      引用  返信

  • いつも奮い立たせる言葉をありがとうございます!これからも、どんな時も応援しましょう!
    夢は叶うと信じています。

      引用  返信

  • 辛いのはホントみんな辛い😢 朝起きて びくびくしながらチェックしてます。
    でも やっほーい︎☺︎︎☺︎💕ってなれる時もみんなで!と思って、それまでは情報収集しながらこそこそ応援します。

      引用  返信

  • 試合中は練習時と違い、瞬間的に物凄い負荷のかかる動きをしてしまいます。
    錦織選手は良い時の感覚を持っていますから、身体が元どおりでなくても、その動きをしてしまいます。
    寒い中での5セットを連続2回ですから、その負荷は大きいです。
    ここは決して無理する場面ではないので、欠場は良い判断と思っています。
    ゆっくり、ゆっくり行けば良いと思います💕

      引用  返信

  • 辛いですね〜、寂しい気持ちでいっぱいです!!

    待ってますよ〜

    待つの、頑張ります🎾

      引用  返信

  • 沈んでいましたが、団長のコメントを読んで 感動し胸がふるえて これからも 圭くんを見守り応援する思いを強くしました。団長さん ありがとうございます

      引用  返信

  • 右肩の上の痛みということなので、やはりサーブの時に差し支えるんでしょうか?大会側の発表は、故障による棄権のようでしたが。
    どのような状況かわからないのがもどかしいですが、じっくり体を休めて痛みをとって、来年から再始動というのもキリがいいかもしれないですね。
    もちろん引き続き応援します📣

      引用  返信

  • はい、団長に激しく同意いたします!(○´∀`)ゞラヂャ!︎💕︎💕
    お利口して待ちますとも!(^o^)ノ イエー!︎💕︎💕
    ガッツリ応援しますとも!щ(゜Д゜щ)カモォォォン︎💕︎💕

    すみません、慌てて前のスレにカキコしてしまいましたm(_ _)m💦💦
    貼り直し、すみません(ToT)💦💦💦

      引用  返信

  • 「錦織本人より、私の方が辛いんじゃないか?」と思ってしまうくらい辛い気持ちになることが多々あった・・・・
    切ないのう。こんなに想われて錦織選手は幸せ者よ❗
    錦鯉たちは、ブレることなく信じて応援し続けますからね。💥👊😃錦織選手〜来年を楽しみに待ってます❤️

      引用  返信

  • 賛同します!30歳を超えたとはいえ万全の状態であればGSやMSを獲る力はまだまだあると本気で思ってます。ケガを治して戦える身体を取り戻すため、日本か米国に戻って精密検査を受け、まずは原因究明を(スポーツ報知の記事では検査を受けていないみたいで) 。全豪のシード獲得のためにポイントの上積みをして貰いたい気持ちも正直心のどこかにありましたが、長い目で見たら今は無理する時じゃないですね。まだまだ全力で応援しますよ。

      引用  返信

  • こんにちは😃

    団長さんの記事、錦織選手を応援する我々に対するエールにも思えました。
    ちょっと心が軽くなりました。
    自分と同じような気持ちになり、それでも待っている人達がたくさんいらっしゃるというのも心強いです。
    また心躍るテニスを観られる日を焦らず待ちたいと思います。
    ありがとうございます😊

      引用  返信

  • 団長さんの言葉にいつも気持ちが救われて応援意欲を新たにしています!皆さんのコメントにも!!

    錦織選手の試合はもどかしいものも多く、途中は何度も観るこちら側があきらめてしまいそうになりますが、団長さんも仰る「粘り」で勝ちをもぎ取る。弱気なファンを鮮やかに裏切ってくれます。きっと今は錦織劇場のまだまだ途中です。
    復活したずっと後になって「あの頃は自分でもちょっと辛かったんすよね~」なんてとぼけて語ってくれそう。
    錦織選手くらいのステイタスになるとスポンサー事情もあり、情報も最小限にしか出せないのでしょう。
    信じる、ことがあらゆる感情の中で最も難しいと聞いたことがあります。それを続けられたファンこそが団長さんの仰る輝かしい瞬間を見逃さないのですよね。

    今こそ応援✊‼️
    がんばれ、錦織圭選手!!

      引用  返信

  • 錦織選手にも錦鯉達にも寄り添った優しさ溢れる記事で、今回も心に染み入りました。(´;ω;`)
    団長さん、ありがとうございます。

      引用  返信

  • 錦織選手がんばれ~、
     いつも心配してるけど
     いつかの復活を信じて
     いつまでも待っているし
     いつだってあなたの生き方すべてを応援しています。

      引用  返信

  • 『錦織本人より私の方が辛いんじゃないか?』
    団長が書くと、さもありなん、と肯首してしまいますね😌
    本人の方が、確かにケロリン🐸としていそう。
    そのケロリンというか、鈍感力に期待したい🙏
    怪物たちが跋扈するあのATPで、世界第4位にライクインしたオトコですからね⤴️

    団長の方が、ず〜〜っと繊細😙

      引用  返信

  • 団長さんの深い愛情にただひたすら感動。。

    こんなに深く愛されていることを錦織選手にぜひとも伝えたいもので
    す。(きっとどこかで伝わってますね!)

    このブログに集う錦織ファンも団長さんの言葉、思いを噛み締めて
    います。
    肩の痛みから解放されて思う存分プレーをする日が待ち遠しいです。
    後々になって「あれもこの日のために必要な布石だった。」と言える日がきっと来る、と信じて待ちます。

      引用  返信

  • 今日から始まった全日本選手権の女子1Rの「加藤選手 VS 加治選手」を見てたら・・・
    加藤選手のリターンゲームでの構えが、やっぱり錦織選手に似てる・・・( ;∀;)

      引用  返信

  • 下団さん、
    私も以前からそう思ってました。
    構えだけでなく、ショットを打つ時の動きも含め、すごく似てると思います。
    最初は彼女の試合を見ていて「なんか錦織選手にそっくりの構えだな」と思い、どれくらい似てるかとじっくり観察したことがあります。2、3年前の日本の大会でシングルスで決勝まで行った時のことです。TV放送があり、応援してました。(準決勝はすごかった!)

    ちなみに関係あるかどうか判りませんが、
    4スタンス理論なるもので、A1というタイプだと言われているようです。
    数年前、偶然ネット上の記事で読んだことがあります。
    ジョコビッチ選手、ベルダスコ選手も同じタイプだとか・・。
    西岡選手もそうだと言われているようです。

      引用  返信

  • 団長さまと このブログに集う皆さんの言葉が胸に染み入る秋の夜🌠です。

    昨日の朝、錦織選手のウィーンの棄権を知り、夕方に 杉田選手の勝利で少し元気付けられところに パリoutの知らせで、あぁ、やはりと…。
    でも一つ前の記事にもコメントしましたが、じっくり回復させると本人が判断をしてもおかしくないと思っていましたから、今は傷を癒しエネルギーを充填する時と錦織選手が判断した訳です。

    団長さまはこの記事を上げる前に、直ぐTwitterで(フォロワーさんへの返信として)
    ” 切なさ再び。2週連続。でもめげない。あきらめない。待ちます。”
    “だからこんな時こそサポート” と、呟かれていました。そうだ、そうだよねっ⁈って思いました。

    この記事の言葉
    『辛さを乗り越える力も一流だと思います。
    錦織は決してあきらめないと思います。試合の粘りを見ても分かるように。
    そしてそこには応援のサポートも必要だと思います。』

    承知しましたー!٩( ‘ω’ )و むしろ私にはそれしか出来ない。いつでも、どんな時も応援し続け、届かないかもしれないけれど 心はいつだってサポートし続けています。待ちますよぉ〜、私たち錦鯉は歓喜の瞬間を見届けるんですから。
    どうか納得のいくまでしっかり身体をケアし、自身の想い描くプレーを目指して戻って来て下さいね、錦織選手!

      引用  返信

  • 団長さま、心強いメッセージありがとうございます。
    私も同じ気持ちです。錦織選手は、決して諦めないと思います、絶対に❗

    錦織選手の試合を見れないのは、とてもとても寂しいですが、体が良くなることを心から願いつつ、録画で我慢し復帰を待ちますよ~😃

    錦織選手を応援するファンの気持ち、きっと届いていると思います。
    ファイト、Kei!!

      引用  返信

  • 心の準備をしながら錦織選手の次の発信を待っていましたが、団長さまの記事が先とは思いませんでした。
    力強い記事、ありがとうございます。

    錦織選手にとって今は、新しい土台を築き上げている大事な時期ですね。
    より長い選手生活を送るために。
    より高い所へ辿り着くために。
    今が一番、身体も、新しいフォームも整える大切な時期だと思うので、これまでのように焦らず、丁寧に、確実に、しっかりとした新しい土台を築き上げていってほしいと思います。
    その確かな土台が築ければ、試合を重ねるごとに自分のリズムや自信も得て、後は波に乗って結果もついてくると信じています。
    きっと我慢した分、モチベーションは更に上がっていますね。
    来年はギラギラした錦織選手が見られるのではないでしょうか。
    いや、もしかしたら下団さまの仰るように肩の調子が良くなって、練習と実戦を兼ねて、ソフィアやチャレンジャーで元気な姿が見られることも無いとは言えません。
    どう転ぼうと、錦織選手が慎重に判断して出した結論だと思うので、こちらもひたすら応援するのみです。
    錦織選手を応援できることは喜びであり生き甲斐ですから、やめろと言われてもやめられませんw

      引用  返信

  • 団長さん、記事だてありがとうございました。
    錦織選手に対してというより私たちへのエールのように感じました。ホントにありがとうございます🎵
    きっと錦織選手は目の前の課題が明確だから、私たちよりずっと落ち着いているんでしょうね。なにより力強いスタッフにバッチリ支えられて前を向いているはず。
    年明けはすぐ!もうおせちの宣伝が賑やかですから笑 
    楽しみですねぇ😌
    今季6試合見られましたが、どれも鮮明に覚えています。目指すテニスの片鱗も見せてもらえました。
    八方尾根に行ったとき覆われた雲がパカッと割れて一瞬目の前にドカーンと北アルプスが現れた。ちらっと見えただけに強い印象……な今後の錦織選手のプレースタイル🎵(凄い例え笑)が楽しみでしかたないです。
    年が明けたら寝不足生活がスタートです。私もだけど、団長さん!体調を整えておかないと悲鳴をあげることになりますよ! にしこり~~~!ちょっと休んでぇ😱何てね 笑

      引用  返信

  • 今、団長さんが紹介してくださったメッセージを読みました。
    本人からのコメント、うれしいな。
    こっちの気持ちもさっぱりするものですね。

    さ、来年だ。

      引用  返信

  • 夜中にアプリでご本人からのコメント、しっかりと受けとめました。
    FUMAさまの仰るように、こちらも来年に向けてサッパリ気持ちが前に切り替わりました。
    ますます応援する気持ちが高まりますね。
    来年を楽しみにしています。(と言っても、きっとあっと言う間でしょう。)

    一方、ヨーロッパでの感染拡大、心配です。
    今朝もフランスの再ロックダウンのニュースが流れてましたが。。。
    ここに来て故障者もちらほら出てきていますし、どの選手達も安全に無事に今シーズンを終えて、来季につなげてほしいと思います。

      引用  返信

  • わぉ~~~!やっぱりね!
    団長さんのいう通り!
    私たちが思っている錦織圭だあ\(^o^)/

    🎵やりたいこと やっもん勝ち 錦織なら~
    つらいーときはいつだって そばにいるから
    夢はでかくなけりゃ つまらないだろ
    コーチにしごかれ 猛練習しようー💪
    そうさ100%勇気🎵
    もうがんばるしかないさ
    この世界中のファンを❤ 抱き締めながらぁ😍
    そうさ100%勇気🎵
    もうやりきるしかないさ
    圭がもてる輝き✨永遠にぃ忘れないでねぇ🎵

    朝からはしゃぎすぎ😅
    スミマセン💦

      引用  返信

  • フランスは金曜日から全土ロックダウンになる模様。治りきらない肩を心配しながら感染が拡大するヨーロッパにとどまるよりもここで見切って今シーズンを終了したことは英断だと思います。

      引用  返信

  • 良かった。
    錦織選手元気だ。
    来季、100%の体調で始動を!
    楽しみ。

      引用  返信

  • 初めて投稿します。私はテニスはしませんし、無縁でしたが、錦織選手の事はもちろん知ってました。確か手首を怪我する前の頃から関心、注目するようになりました。何故か、それは彼自身が世界を相手にグローバルで体一つで闘う姿に感銘を受けたからです。そしてテニスは頭脳プレーであり、チームプレーである事は団長さんの絶妙な解説で知りました。私は企業人としてオランダ、今は上海で仕事をしています。同じグローバルで闘うKEIから幾つもの勇気を貰ってます。そんな彼をひたすら応援します。怪我や不運はあっても、また克服すると信じています。コートが戦場、ワクワクする面白過ぎるプレーを来年も期待しています。

      引用  返信

  • ひろしさん、
    初めまして。
    何度も怪我から見事復帰して来た錦織選手です。
    来年はきっといっぱいワクワクさせてくれると信じて
    待ちましょう。

      引用  返信

  • 色んなことを我慢することが当たり前になって圭くんを見れないのもそんな中のひとつになってしまいました。
    皆さんの熱い思い届くといいですね!
    来シーズン、我慢とは無縁じゃないかもしれないけど、キッチリ治して暴れてくれるのを待ちます!

      引用  返信

  • 団長さんのTwitterの、WYO(わざとイヤー落とす)見て、ブハッと吹いてここにやって来ました笑笑
    サイコーな戦略ですね!コロナも怖いし、来年に切り替え、いいと思いました。
    ポジティブな気持ちで来年の大復活劇を楽しみに待てます!

      引用  返信

  • 今季終了のメッセージを読みました。
    今年は6戦しかできなかったんですね。でも、印象深いなあ!
    コロナ禍での復帰戦というだけでなく、全試合が、今思い返せば、特殊で濃密な試合の連続だったのでは?よく戦い抜いたものだと思います。
    全てクレーコート、そして対戦相手も曲者揃い。ケツマノビッチ、ラモス=ヴィノラス、ムセッティ、ガリン、エバンス、トラバリア。

    初戦は絶好調の滑り出し、1年ぶりにプレーする喜びが全身に溢れていました。(ここ、思い出すと胸が熱くなる!)
    その後は体力不足、試合勘不足でミスの多い試合が続いたものの、知恵を絞り、様々な工夫を重ねて戦った。キラリと光るプレーも沢山見せてくれました。
    そして、全仏。やっぱり凄かったなあ!本調子には程遠かったとは言え、錦織テニスのエッセンスが凝縮されていた感じがします。もどかしい凡ミス連発で窮地に陥り、もうダメかと見てる側が諦めても粘りに粘って盛り返していくあの底力、勝利への執念と嗅覚、集中した時に冴え渡る技術。一流選手の片鱗を垣間見せてくれました。まだまだいける!と思いました。

    メッセージを読んで、来年に向けて並々ならぬ思いで準備しているんだなと感じました。真っ直ぐな思いが頼もしい。
    待っていますよ!肩が治って100%の身体でプレーできるように、祈ってます!

      引用  返信

  • 日刊スポーツの記事です。
    https://www.nikkansports.com/sports/news/202010290000075.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

    今年、サーブのフォームを大改造したことと肩の故障の関連性について書かれていますが、あくまで推測の域を出るものではないような気もします。
    ただ仮に、改造したサーブフォームが肩に負担の原因だったとしたら?もう一度サーブのフォームを見直す必要もあるかもしれません。
    だとすれば、肩の痛みが酷くなかったとしても負担のかかるフォームでサーブを打つことを続けるのは適切ではないと判断したのかもしれません。(これはあくまで素人の憶測に過ぎませんが。。)

    ともかく来年は肩に負担のないフォームで試合できることを願っています。

      引用  返信

  • 完治するまで気長に待ちます。
    ファンの意見は、色々ですが、早期にとか思いません。
    このコロナ蔓延状態では、開催されるかどうかもわかりません。
    肘の怪我は、昨年度の全仏から起こっていたと記憶しています。
    いよいよ無理だとなったのが全米で ずっと痛みをかかえながら
    いくつもの大会に出ていたことになります。
    今年、コロナ陽性で休養せざるをえなかった後の全仏の前哨戦で
    むくみが見えたので体調万全ではないのだと感じました。
    以前から疲れている時?にむくんで見えることがあり、足も重そうだったり、
    結果負けることが多かったので心配でした。(私の勝手な思い)
    いろんな兼ね合いで出ない選択ができなかったのだと思いますが、
    痛みを我慢して期待にこたえようともがいていたのだと思うとつらいです。
    しっかりゆっくり治療に専念してください。

      引用  返信

  • 団長の「深い愛情」と言葉に対する深淵さに脱帽です。参りました。🙇‍♂️ 

    確かに ひとりよがりな善意や同情、さらには労りですら、時と場合によっては相手を傷つけ、親切が他人の重荷になることもあると思う。又 それに気づかぬような人間ほど始末の悪いものもないワケで… 

    チト大袈裟かもしれないけれど、善意や親切だけで、この世界の苦しみが救えるほど簡単ではないし、善意や親切や思いやりは時には罪悪をつくることさえあるとも思う。

    何かを喋る前に、いやチョット待てよ?これは言っても良いのか?とかって、常に心がけたいものです。(←お前が一番危ねーんじゃ💢、と誰かツッコんでくらはい😵💦)

    考えなしに つい口にしてしまう言葉って、誰しもありますよね。

    「何を喋るかが知性 何を喋らないかが品性」 

    時には グッと堪えて言葉を呑み込むことも大事。

    情報あふれる時代だからこそ「言葉」は大切にしたいと思う。 
     

    なんか、だらだらと全然関係ない話になってすんまそん。🙇‍♂️💦

      引用  返信

  • もんたなさんは私に言ってるのかな?あのケロリンとか鈍感力とか、、、。確かに知性も品性もない。
    (と書いてますが、錦織選手に対する敬意は持っているつもりです。でも、それが読む方に伝わらなければ意味ないか。)

    えっと。続けて、つまらない自分ネタです。嫌いな方はスルーして下さいね。
    Twitterで、netdashさんが、「荻野目ちゃんのラジオを聴きながら、GAORAで辻野さんの解説を聞く、辻野夫妻づくしの夜はふけてゆく。」と書かれていまして。
    ふと、大昔、レコード大賞で荻野目洋子さんのバックダンサーとして踊ったことを思い出しました(ダンサーなどと書きましたが、ドシロート)。
    私は会社員でしたが、年末年始の休みでOK。
    その後、荻野目ちゃんが誰と結婚したか等知らぬ間に数十年。
    辻野氏(この方がどういう方であるかも、知らなかった)と結婚なさっていたことは、5年前にこのブログに偶然お邪魔して、知り得たことでした。
    下団さんから聞いた松岡氏のエピソードとか、テニス本来の話や錦織選手以外の事でも、このブログで皆様に教えて頂いたことは多く、そんな態度に見えなくても感謝致しております。

      引用  返信

  • ただですね、あまり忖度したり、深く考え過ぎてもつまらない通りいっぺんのコメントになりやすいのも事実なんですよね〜。(私は考え無さ過ぎだけど)
    netdashさんのように深く考え、尚且つ面白いコメントが出る方は、少ないと思います。
    だからと言って、もんたなさんのコメントを否定するつもりはありません。とても良い文章です。

    ちょうど錦織選手も今季アウトした事なので、ヒマネタで🙇‍♀️

      引用  返信

  • おはようございます。一夜明けて、昨日の二番目のコメントを読み直したところ、もんたなさんの論旨とはズレまくっていますね。失礼しました。申し訳ない🙇‍♀️

      引用  返信

  • はい!
    様々な状況の中での、錦織選手の決断。現時点でのベストの決断なのだと、思っています。
    復帰して数試合、本調子ではなかったけれど、私はやっぱり錦織選手のテニスが大好きで、わくわくするんだと再確認。
    ファンとしては、自分の思い描くストーリーに思い入れ過ぎてしまうこともあるけれど、そこに固執せず、応援し続けたい思います!

    ps.以前にコメントしたと思うのですが、その時のハンドルネームを忘れてしまい新たに投稿です。

      引用  返信

  • あじゃこさん,  
    とんでもございません、米に関しては決して特定の他者に対するものではなく あくまでも自戒の意味を込めたつもりでした。気分を害されてしまったのなら謝ります。🙇‍♂️ 

    皆さんそれぞれなんと言おうが、その「気持ち」は伝わってきますし、もちろん同じ気持ちだし、馬鹿な自分でもその辺は理解はしているつもりです。👇 どうか誤解が解ければ幸いです。

    https://twitter.com/montana_sf16/status/1319848103931826176?s=19

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。