QF進出者8人のスタッツから見る、錦織 ・ジョコビッチ戦のキーポイント by 禮さん

本ブログのデータ部 部長をつとめる禮(れい)さんの分析が前記事のコメント欄に寄せられました。
「ハモ理論」で無名有名なあの方です。
データ記事は一般ウケが良くないことが多いのですが、このコメントは数式を出さずに簡潔に結論がまとめられているので、読みやすいと思います。
興味深いので記事にします。
ぜひ観戦のお供にどうぞ。

結論としては「セカンドサーブの攻防が鍵」ということで、私も賛成です。
まずはセカンドサーブに対する単純なリターンミスを減らすことかと思います。
ただし、入ればウィナーになっていたというミスは、多少はOKです。

そして錦織のセカンドサーブからのラリーですね。
4回戦のように、長いラリーを取られると、錦織にリズムが生まれません。
(途中までで、9本以上のラリーで5ポイント対14ポイントで大劣勢でした)
錦織はそこで、積極的に打っていくことで打開しました。
その結果がエラーを67本も出しながらもそれを上回ったウィナー81本でした。

それでは分析の方にまいりましょう。

AO2019準々決勝進出者のパフォーマンス

(データ:Tennis Abstract, 2019.01.22)

AO2019のQF進出者8人の成績を調べてみました。トップ・ハーフは4回戦、ボトム・ハーフはQFまでの成績です。試合数が4−5試合と少ないので、対戦相手で補正すべきですが、とりあへず生の成績をみてみました。

成績で最も重要なファーストとセカンド・サーブ・ポイント勝率、同様にファーストとセカンド・サーブ・リターン・ポイント勝率についてプロットしたのがこちらの図です。

a)サービス

  • 当然ながら、ビッグサーバーのミロッチとチチパスの成績が良いです。
  • 錦織はジョコビッチとほぼ同じ成績です。RBAも似た成績でした。
  • ナダルはサービス・フォームを変えたとの情報がありましたが、速度は昨年とほとんど変わっていません。プイユと似た成績です。

b)リターン

  • ジョコビッチとナダルが他を圧倒する成績です。つまり彼らはリターンで他に差をつけていることになります。
  • ジョコビッチは不調という説もありますが、スタッツを見る限り、ツォンガ、シャポヴァロフ、メドヴェデフらと当たってこのリターン成績は驚異的です。
  • また絶好調なのはナダルで、エブデン、デ・ミノール、ベルディヒ、ティアフォーら相手にこのリターン成績です。
  • 遠く離れて次に成績が良いのが錦織、プイユ、RBAのグループです。
  • チチパス、ミロッチ、ティアフォーはあまりリターンが良くないです。

AO2019 QF 錦織vsジョコビッチのキーポイント

a)サービス

  • 錦織とジョコビッチは、サービスでは現時点では同等のパフォーマンスです。

b)リターン

  • ジョコビッチと差がつくのは、リターン、それに続くラリーです。なのでジョコビッチのリターンを封じ込めないと勝機はないと思われます。
  • リターンでは、錦織とジョコビッチのファースト・サーブ・リターンの差は実はそんなにないです(1−2%の差)。10%以上の差がついているのが、セカンド・サーブ・リターンです。

まとめ

  • 錦織のサービス・ゲームで如何に自分のサーブの質を上げて主導権を握り、ブレークされないかが大事。団長指摘のようにラリー、ネットプレーの出来が鍵だと思います。
  • ジョコビッチは対錦織の試合ごとにサーブ戦略を変えてきていると思われますが、セカンド・サーブを錦織のFH側にも打ってきます。特にポイントの1/3を占めるセカンド・サーブの攻防が雌雄を決する一番のポイントかと思われます。
  • 具体的な数値目標は、過去にジョコビッチに勝った2試合(2011バーゼル、2014USO)のスタッツから、以下のようになるでしょう。

サーブ
 ファーストサーブP勝率 70%
 セカンドサーブP勝率  50% 
 合計120%

リターン
 ファーストリターンP勝率 25%
 セカンドリターンP勝率  60% 
 合計85% 

セカンドリターンP勝率60%はハードルが高い数字ですが、2014USOでは63%獲っています。

22 件のコメント

  • この分析はとてもわかりやすいです。
    今日の試合に限って、錦織がジョコを上回れれば勝機があると。
    ジョコセカンドサーブへのリターンが鍵!
    むぎゅジョコ
    麦チョコ
    をコンビニで買って準備!

      引用  返信

  • 団長様、わざわざ記事立てありがとうございます。ハモ理論広めたいものです。

      引用  返信

  • はい、言っておきながら実現せずに申し訳ありませんが、ハモ理論発表会をこのブログでやりましょう。
    そして有名になりましょうw

      引用  返信

  • あ、
    錦織も自分のセカンドサーブでもポイント率を上げるのも大事なところですね!
    でもファーストがぽんぽん入ればキープできる?
    またわかんなくなってきた。

      引用  返信

  • 今までジョコビッチとの一番の差はサーブ力だと思っていたのですが、サーブのときのポイントは大差なしで、レシーブ側、それも2ndの時が大差だったんですね。
    目からうろこのデータでした。
    ゲームを見る目が変わりそうです。
    禮様、団長ありがとうございました。

      引用  返信

  • 先程2018マドリード ジョコビッチ−錦織 5-7.4-6を見て何処に勝機があるのか推測していましたが、やはりストローク優位になった時にフォアスライスで粘るジョコに対する錦織のネットでのプレーでの確実なポイント。二つ目にジョコのコーナーに打ち分けるサービスに対するリターンの返球率、三つ目にサービスゲームでジョコの凄まじいリターンを喰らわないサービスのちらし方、4つ目に前後の揺さぶりだと思いましたが、言うは易し行うは難し。

    今まではジョコはだんだんリターンをアジャストしていき、相手のサービスを破壊していく。
    一方錦織は最後まで相手サービスを打ち破れず、相手のプレッシャーにならない。更にストロークで打ち負け、打つ手がなくなるという展開だと思いました。

    錦織はサービスでのフリーポイント若しくは短いラリーで取り切り、プレッシャーを最後まで受けずにキープ出来るか。ジョコのファースト、セカンドを捉えられるか、前後含めたストロークでの互角な勝負となり、最後ギリギリのところで粘り勝ちが出来るか?ではないでしょうか?

      引用  返信

  • 禮さん、いつも分析ありがとうございます。
    団長さん、ハモ理論の記事立てありがとうございます。

    数字は嘘をつかない。
    時に、数字は雄弁に語ります。

    リターンでの攻略も最重要テーマとして観戦します。
    試合後の結果まとめも是非お願い致します。

      引用  返信

  • おはようさんでござりまする☀️
    東京も冬の陽射しの中、程よい寒さです。(オメエ、神奈川だろ?ってツッコミは無しで)。
    はあ〜〜、今日は錦織圭選手のテニス人生にとっての大一番。
    朝からトイレ掃除して、🚽をピカピカに磨いたり(ウンがつく、の反対のようですが、運気を上げるのに良いらしいので)、じゃこカツは無いけど、ジャコは冷蔵庫の中、🐷ちゃんも揚げられるのを待っています!

    初めて最初から最後まで読んだハモ大先生の分析(ゴメンなさい💦)苦手な数字やグラフもジョコ戦の為や〜。でもいつもよりずっと分かりやすかったような。
    (ハモ部長、団長、有難うございます)。
    ジョコ不調と言っているが、実はデータ上では驚異的!
    セカンドリターンを攻略するのがキモ!
    もちろん、ナイスファースト入れるのが一番。
    私が読み取れたのは以上のみっす😅
    いつも分析記事は読んでも、それを自分では解析出来ないので。

    本音はジョコに勝てる気はしないけど、
    今日がジョコの日では無いこともあり得るし、今回のタフな勝ち上がり方に新しい強い錦織圭を見ているので、

    この勝負、わかんねえぞ〜🔥

    で、全力応援📣📣📣あるのみ🙏

    なおみちゃん、ガンバレ〜〜💥

      引用  返信

  • micchi師匠が、今日の為に既にじゃこカツを注文していた、の記事を読み、さすが❣️と胸が熱くなりました。

    朝食はチーズトーストにジャコをトッピング。これなかなかイケますで。
    今日は三食、ジャコ入れますよ💪📣

    連投スンマセン

      引用  返信

  • 逆転大魔王の錦織君を恐れて、ジョコビッチは最初から得意のリターンと隙のないラリーで勝負を賭けてくる。そこで錦織君は魔球サーブでジョコビッチを迎え撃ち、サーブ&ボレーで翻弄する!と、漫画みたいなことを夢想しています。

    ジョコビッチ戦専用の、すごい回転で落ちたら曲がるサーブや、ネット際に落ちるドロップサーブ(ありえないけど、これ位やらないとジョコビッチの度肝は抜けない…)を、錦織君がひそかに開発してくれていたら、面白いんだけどなあ!

    …妄想が行き過ぎてすみません…

      引用  返信

  • 錦織くんの勝利を願って、ジャコを粉々に潰して、
    ご飯にふりかけて食べましたよ !

      引用  返信

  • 対ラオニッチ、プイユが第一セットタイブレでとった。これで5セット戦ってほしいな。

      引用  返信

  • データサイエンティストの禮さん、詳しい分析をありがとうございます。単純な頭の私にも、それなりによくわかりました。
    団長さん、記事にしていだき感謝です。セカンドサーブでのリターンミス、ポイント獲得率は気になっていたところです。
    ウクレリアンさんの妄想もいいですね。
    よっしゃあ、今日は本気でいくで!!!!!見ておれよジョコビッチ!!!

      引用  返信

  • なんか錦織が格下に手こずってタンクは空みたいなこと言われてますが、現在のランキングはともかくプイユもカレーニョブスタも元トップ10ですし若くて上昇中ですからね、錦織は大したものです。次の次の相手になるかもしれないプイユは2セット目 先にブレイク ラオニッチもこのままではすみませんよね、フルセットまで頑張れるよう応援します。

      引用  返信

  • 錦織が今18番コートに練習に現れた、映像は少しだけだったけど元気そうに見えました。よかった

      引用  返信

  • プイユが4セットで勝ちました。 ラオニッチはこれまでのサーブのレベルを維持できなかったみたいですね。
    1stの最速、平均、2ndの平均ともに同じくらいでした。最初の2セットは確率でプイユが上回っていました。プイユ24歳、さあ、今日ジョコに勝つから待ってろ、ですね。

      引用  返信

  • 鱧データ部長、いつも錦鯉達のためにありがとうございます。
    確かに今回のデータは目で見てわかりやすく、私の脳みそにも優しかったです。
    私は素人の上に数字が苦手なのでデータをバッチリ理解する事は難しいですが、通の人にはたまらないと思いますよ。(^^)

      引用  返信

  • あ、じゃこ。やった😳
    なんで、自分で気がつかなかったんやろね〜。

    あ、ジャコもケイも入場でーす‼️

    圭の入場に万雷の拍手👏👏👏今日は🦆ではないです。

    ジャコはかなり余裕の表情、コレがかえって怪しいわ😠

      引用  返信

  • 実は、気付いてました、あ、じゃこさんって❗だから、頑張って応援❗あじゃこさん。
    何度も読み返しました❗ぼんくらな我が頭には…ですが。とにかくセカンドサーブの攻防、
    アグレッシブに打って行って、ネットプレーでも、翻弄できますように❗
    日本から、現地から、アツい応援❗錦織君に届いて、最後の一球1ポイントまで走り抜いてね〜。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。