2017デ杯ワールドグループプレーオフ、ホーム開催の確率は50%

 デ杯ワールドグループ準々決勝が行われ、以下の通りの結果となりました。

ベルギー 3-2 イタリア
オーストラリア 3-2 アメリカ
フランス 4-1 イギリス
セルビア 4-1 スペイン

 そして、あと約6時間後(グリニッジ標準時 11日(火)9:00、日本時間 11日(火) 17:00)に日本が参加するプレーオフのドロー抽選が行われます。
 対戦する可能性がある国はベラルーシ、ブラジル、コロンビア、ハンガリー、インド、カザフスタン、オランダ、ポルトガルの8国。それぞれの国と対戦した時の開催国は、以下のようにデ杯公式アカウントがtwitterでつぶやいていました。

ホーム(日本)で対戦:コロンビア
アウェイ(相手国)で対戦:インド
抽選で開催国を決定:ベラルーシ、ブラジル、コロンビア、ハンガリー、カザフスタン、オランダ、ポルトガル

プレーオフは9月15日~17日に行われますので、その後のアジアシリーズ(楽天、上海)のスケジュールを考えるとぜひホームで対戦しておきたいところ。上記よりホームになる確率はちょうど50%です。近年、幸運なことにホームでの開催が多くなっていますが今回はどうなるか。

 各国の、今年出場した選手です。メンツを見るとブラジルが怖いですね。

カザフスタン(17位)
S: Kukushkin, Popko, Nedovyesov
D: Golubev/Nedovyesov

インド(18位)
S: Ramanathan, Bhambri, Gunneswaran
D: Bopanna/Balaji, Paes/Vardhan

ブラジル(19位)
S: Bellucci, Monteiro
D: Melo/Soares

オランダ(20位)
S: Haase, De Bakker
D: Haase/Rojer

ポルトガル(21位)
S: J. Sousa, Elias, P. Sousa, Ferreira Silva
D: J. Sousa/Elias

コロンビア(23位)
S: Gilardo, Struvuy
D: Cabal/Farah

ベラルーシ(24位)
S: Gerasimov, Ivashka
D: Mirnyi/Shyla

ハンガリー(26位)
S: Fucsovics, Balazs
D: Fucsovics/Balazs

 アウェイで嫌なのはインド。インドと言えば2008年、、荒れた芝でボパンナのサーブアンドボレーにやられた錦織のデ杯デビュー戦を思い起こします。暑いし。カザフスタン、ベラルーシあたりは応援に行くのも苦労しそうです。コロンビアでやったときも大変だったみたいですし・・・。

 日本としては、西岡が故障により復帰時期未定となってしてしまった今、確実に勝つためには錦織の参加が必要不可欠となるでしょう。しかし錦織の負担軽減のため、相手国によっては靭でやったようにダブルスのみ出場にしておいて、勝敗数次第でRubber 4のシングルスNo.1対決に交代で出場という作戦もありかと。ハンガリーあたりはチャレンジャーレベルの選手2人しか出ていないので、ダニエル太郎と杉田祐一でしっかり勝利したいところです。

 あるいはフランス戦を欠場した今年はもう錦織は出場しないという選択肢も、あるのかもしれません。いつまでも錦織に頼ってばかりはいられませんし、日本も層が厚くなってきていますから、レベルアップのチャンスと捉えて錦織抜きでチャレンジするのもアリかと。その結果、仮にWGから降格してもアジアゾーンは錦織抜きで勝たなければなりませんし、プレーオフでのワンポイントの錦織投入という作戦は十分考えられそうです。

 ほかの国のエース級選手を見るに、うまく集中してデ杯に参加する年を作って結果に結びつけています。錦織のように、毎年しっかり参加して貢献する選手の方が少ないくらいです。これまでの功績を考えたら、錦織の決断を尊重することはあっても、批判することはできないと思います(今年のチケットでえらい目に合いましたが、それでもそう思いますw)。

 また、デ杯は3セットマッチに変更されることが決定され、日程も3日間から2日間に短縮される可能性があるとのことです。このあたりも錦織の参戦に影響するかもしれません。

 個人的には、5セットマッチで戦われるデ杯が大好きです。他の大会にはない雰囲気、一体感があります。こうして度々記事にしているくらい好きです。一方で選手への負担は、近年の過酷なツアー環境とあいまって由々しき問題であり、最優先で考えられるべきものです。その意味で3セットマッチでの変更は歓迎すべきであるものの、私としてはむしろ以下のような案が良いのではないかと考えます。

  • 2年かけて大会を開催する。つまり、1年に2対戦ずつ行う。
  • 5セットマッチは維持する。(デッドラバーは従来通り3セットマッチ)
  • 参加選手にしっかりATPポイントを付与する。

 2年かけて大会を実施することで選手の負担は半減します。
 ポイントについてはもうこれは絶対必要だと思います。名誉だけでは多くの選手の参加は期待できません。一時期、ATPポイントが付いていたのにまたつかなくなりました。オリンピックもそうです。これではいい選手が参加してくれるわけはありません。ATPとITF、どちらも同じテニスというスポーツを振興したい思いは共通でしょうから、選手のことをしっかり考えて仲良くやってください!

259 件のコメント

  • ラモス-ビノラス、マレーをフルセットで破る!私が観はじめた時は最終セット0-4でマレー選手に流れが傾いていたのに、ビノラス選手そこから連続ブレーク。マレー選手のショットを予測して先回りするかのようなリターン、すさまじいラリーの応酬、まさに頭脳戦でした。

      引用  返信

  • 今晩は。
    ビックリですね。MCは今夜まだまだ荒れるよという前兆でしょうか…。
    マレー選手、ラモス-ビノラス選手にフルセット負け。ファイナルはずっと釘づけだったのですが、5-7で目がテンに。
    今季AOから始まった第1シードが優勝できない呪縛を、自らの手でドバイで破るもIWで復活させ、またもや自身が逃れられないという皮肉。
    錦織選手、バルセロナで絶対解き放って!

      引用  返信

  • うひゃー。

    マレー、やっぱりまだ怪我が十分治っていなかったのでは?

    少し余裕をもってツアーを考えた方がいいかも。

    ジョコビッチは大丈夫かな。

      引用  返信

  • おまけにバブリンカもちょっとヤバイ。
    盛り返せるかしら。
    1セットダウンの挙句、第2セットも最初からブレークされてます。

      引用  返信

  • マレーだけでなくワウリンカも1setダウンからの2ndsetいきなりサービス被ブレイク…。クレーのクエバスの強さはもちろん有りますが、モンテカルロ荒れすぎですね…。

    荒れる2017シーズンを疾走する錦織圭を是非バルセロナで見せて欲しいです。(勿論決勝ナダルにリベンジで!)

      引用  返信

  • 今晩は。
    バブリンカ選手はクエバス選手にストレート負けという…。まあ彼の場合、波乱? いつものやらかし? その分別が難しいのですが。

    本日の毎日新聞東京版夕刊に杉山愛さんコラム掲載です。シャラポワ選手の意外な過去。
    <遊戯三昧(ゆげざんまい)「三次元」クレー制す>
    https://mainichi.jp/articles/20170419/dde/035/070/033000c

      引用  返信

  • ゴファンvsティーム、フルセットで、ゴファンが勝利しました。

    先にブレークするのはいつもティームで、ゴファンは劣勢ぽかったのに、この人、わりにこんな感じで勝ちますよね。やられてる感満載なのに、いつの間にか勝っているという。
    そこが好きなんですが。

    ランキングで見ると、若干のアップセットということになるのでしょうが、対ティームの戦績、ゴファンが優勢なんですね。

    ナダルvsズべレフは今のところ、ナダル圧倒的優勢。だけど、昨日のエドモンドのこともあるから、油断はできませんけどね。

      引用  返信

  • ナダル 6-1,★3-0 サーシャ

    ラファさん、ATP公式でドッチが勝つ?とアンケート対象になり、「おいおい、俺が負けると思ってるの?冗談キツいよ」ってな感じかな(^^;?

      引用  返信

  • モンテカルロ、今日は荒れてますね。
    しかしマレーの敗戦は出場が危ぶまれる中、ある程度想定内だったのでは。
    ナダルはズべレフ弟を圧倒してます。

    バルセロナのドローセレモニーですが、土曜正午(日本時間午後7時)から、公式サイトでストリーミング放送されるそうです。
    バルセロナ公式サイトより
    Live streaming of the draw ceremony on the official website of the tournament

      引用  返信

  • モンテカルロは大変なことになっています。バブリンカの3回戦敗退は予想していましたが、マレーも負けてしまうとは意外でした。ジョコビッチもカレーニョ・ブスタに大苦戦で、UEオンパレードでした。特にフォアハンドのエラーが目立ちました。しかし、ジョコビッチはFinalまで進むためには、ゴファン・ナダル相手に連勝しなくてはならず、Finalの前に相当消耗しそうです。今日のジョコビッチvsゴファンの試合が楽しみですね。ランキングでは錦織選手と競っていますが、クレーキングの復活は嬉しいことですから、ナダルを応援しようかな・・・・。
    赤黄色様 バルセロナ情報ありがとうございます。その時は、早速チェックすることにします。今から楽しみです。

      引用  返信

  • まぁ、ものの見事に予想を外しました。内訳は
    マレー d ラモス ×
    ベルディヒ d チリッチ ×
    ワウリンカ d クエバス ×
    プイユ d マンナリオ ◯
    シュワルツマン d シュトラッフ ◯
    サーシャ d ナダル ×
    ティエム d ゴファン ×
    ジョコビッチ d カレーニョ◯

    3勝5敗とそれだけ見れば、まぁそんなもんかもしれませんが、注目カードが3戦全敗、決勝カード予想の2人が敗戦と私の見る目の無さと今のツアー混戦模様を物語っている気がします。
    で、気を取り直してベスト8からの予想。(もうこれ以上しません)

    チリッチ d ラモス
    クエバス d プイユ
    ナダル d シュワルツマン
    ジョコビッチ d ゴファン

    準決勝者
    チリッチ
    ナダル

    決勝
    ナダル

    ・・・固め予想な気がしますがどうなることやら
    残ったメンバーの中では小兵のシュワルツマンを押したいんですがね。
    ワウリンカは今年はウィンブルドンに焦点を合わせて来るんでしょう。

      引用  返信

  • ズべレフも筋トレで体幹が固まってきましたね。彼は落ちていくだけでしょう
    マレーとベルディヒと同じフィジコなんですが、彼らも筋トレしてなかったらどのくらいすごい選手になっていたか。
    マレーは負けてフィジトレする時間がたっぷりあるからもう本当に最悪な身体になっていますね

      引用  返信

  • 今日の「どっちが勝つと思う?」アンケートはジョコビッチvsゴファンになっていますね。

    うーん。ゴファンて、一度もジョコビッチに勝ったことないし、去年のファイナルズでも、ボコボコにされていたからなあ。

    フルセットの末(せめてストレートはなし、という願い)、ジョコビッチかなあとか思うのだけど、心情的にはゴファンを応援しています。

    カムイさん、

    私も優勝はナダルだと思っています。
    (きっと、ほとんどの方の予想でしょうけれど☺)

      引用  返信

  • @FUMA さん
    ゴファンは2年くらい前のデ杯、イギリス戦でエバンス(だったと思う)に第2セットまでボコられてたのに、そこから3セット連チャンで取ったのを見て以来、ファンになりました。
    小柄で細身なのに、サーブもいいし、風貌も王子様感がありますよね。
    もっと上にいけそうでいけないですけど・・・。

      引用  返信

  • @ぼうず さん

    ゴファンはプレースタイルが何となく錦織君に似ていて、崖っぷちから生還するところも似ていて、錦織君のことも敬意を払っていて、なんてところから良い印象を持つようになりましたが、今はそれとは関係なく好きっすねえ。

    あの、たぐいまれなポーカーフェイスが、けっこう勝利に貢献しているんでは、と思います。
    錦織君もスーパー辛くても、あれを真似してほしいと思っています。

      引用  返信

  • 今日は。
    ATPトップのコメント抄訳記事です。
    マレー選手&バブリンカ選手の敗戦の弁。マレー選手、かなり悔しそうです。
    <第3セット4-0リードから逆転負け「このような試合を落としたことはあまりない」とマレー>
    http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=123503

    ナダル選手勝利の弁。ズベレフ弟選手、ほろ苦い20歳の誕生日です。
    <ナダルが20歳の誕生日を迎えたズベレフを退けて8強進出>
    http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=123502

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    マレー選手、右ひじはモーマンタイ(無問題)とのこと。今日陣営と相談して来週のバルセロナorブダペスト出場を決めるそうです。こりゃまた超ハタ迷惑(苦笑)
    WCを貰っての第1シード出場となると思われますが、バルセロナ500は恐らく出さないと思います。あれだけ錦織選手&ナダル選手の2枚看板推しで街中を盛り上げ、ラッピング電車やバスも走行。ミニテニスやイベント等も段取り済み。今更来られても…となるのでは。いやなって欲しいという願望です(苦笑)
    反してブダペスト250は出すかも。エントリーは上から順にプイユ選手、カルロビッチ選手、シモン選手、ベルダスコ選手…。マレー選手が出場となれば、ネームバリューで更に盛り上がること必定です。

    ジョコビッチ選手、「負けていた可能性もあった」と認めてますね。「こんな試合を繰り返してはいけない」と自虐気味。何だかいつになく弱気。うんにゃ、解りませんねまだ。フェイントかましてる可能性も大いにありますから(笑)

    セリーナ選手、IW&マイアミの欠場は、今にして思えば膝の故障でも何でもなく、妊娠が解っていて安定を待って、公表のタイミングをうかがっていたのかも知れませんね。

      引用  返信

  • バルセロナにマリーが出たとして、錦織にとって厄介なのはマリーではなく、ナダルと準決勝で当たる可能性が出てくることです

      引用  返信

  • マレー選手、WCを貰うとしましたら、ブダペストではないですかね~(+_+)
    48ドローのバルセロナですと、5日連戦の可能性もあります。
    28ドローのブダペストでしたら、最大4試合ですし、日程も余裕ありますしね~
    故障明けを考えれば、ブダペストでしょう(/・ω・)/ブダペストに行って~

      引用  返信

  • えー、マレー、バルセロナ来る可能性少しでもあるの!?マレー大好きですけど
    今回は来ないで欲しいわぁ~~。でも、番狂わせが合いついでますので
    全員(圭、ナダル、マレー)が最後まで残ってるとは限らないですけれど・・・

    もちろん錦織圭だけは残って頂くわぁ~

      引用  返信

  • モンテカルロも佳境に入り、バルセロナのドローセレモニーも教えていただき、私も応援の臨戦態勢にそろそろ入ります。
    日曜日のクラシコ、錦織君は生観戦するのかな?それくらいの余裕がある方がいいんだけどな。あ、だけどバルサのホームでしたっけ?レアルのホームだったらむりかな。

      引用  返信

  • @なっち さん

    日曜日のクラシコはレアルのホームですね。残念ながら生観戦は無理そうです。

    公式サイトのPlayersを見たら、WCはズベレフ弟にでたのでしょうかね。マレーほどではないですが、手ごわい相手が増えました。

      引用  返信

  • @ROM さん

    10分ほど前に、バルセロナのサイトを見に行き、当たり前のようにマレーの写真がプレイヤーズの一番上に載っているのを見ましたです。

    まあ、参戦するなら仕方ない。
    誰が来ても、勝ちましょう、錦織圭。

    話は変わって、ラモスさん、また勝っちゃいましたね。ひょっとすると決勝まで行くかも…。

      引用  返信

  • マレー選手参戦ですか・・・。 一段と豪華なメンバーになりました(苦笑)。
    ウーン。  たっ たのしみですね(汗)。

      引用  返信

  • まぁまぁ皆様。錦織ロスをマレー ナダル戦 連勝で払拭できると思うと良いではないですか。
    私はフェデラー ワウリンカのファンですが、なるべく厳しい(見応えのある)ドローを希望します。単純に面白い試合が見たいから。錦織は楽なドローであって欲しいのと、厳しいドローになって欲しいのと半々ですが、ランキングトップ5の選手です。普通に考えたら相手が嫌がる相手ですよね。

    カモン 最悪(見応えたっぷり)ドローです!

    とか言ってるうちに予想2連敗。

    さすがにナダル ジョコビッチは大丈夫だと思いますが。

      引用  返信

  • マリーは今の状態から察するに、錦織と当たる前に消えるんじゃないかと。

    それよりナダルと準決勝で当たったら厳しいですね。@ROM

      引用  返信

  • @zhong-taoさま
    だから…(T ^ T)。私は書きませんよ〜。実現して欲しくない事は絶対に!!

      引用  返信

  • 今晩は。
    すっかり出遅れましたがマレー選手、まさかのバルセロナ参戦ですか…。コメントを遡ると、言霊の種を撒いたのは何を隠そうかくいう私。誠に申し訳ございませんでした。
    逆に、第1シードが優勝できない流れを、そのままバルセロナに持ち込んでくれるのでしょうか、サー・アンディ。

    既に皆さまご存知かと思いますが、代わり?にベルディヒ選手OUTですね。
    公式Twitterより。
    https://twitter.com/bcnopenbs/status/855131994711371776
    MCのチリッチ戦で、どうやら肩?を痛めた模様。こちらは心配です。

      引用  返信

  • なるほど!!
    No1シードが優勝できない=第2シードが優勝できる=錦織選手優勝
    完璧な流れですな、ありがとうアンディー(^^

      引用  返信

  • ちなみに、今調べてきましたが、今シーズン、第1シードは1回しか優勝していないのに、第2シードは4回も優勝してます(^^
    つまり、優勝するなら第2シードがベスト、やったね(笑)

      引用  返信

  • ゴファンがジョコ相手にすごい試合をしてます!

    解説者(ロビーかな?)が試合途中に何度もゴファンが錦織みたいなプレーをしてる・・と言ってたような気がする。

      引用  返信

  • マレー参戦で、皆さんが「流れ」や「ジンクス」の類いを出されているので私も1つ。

    前は、いち早くドローの情報を知るべく、ドローセレモニーをライブで見ていましたが、直近見たセレモニーが昨年のWTFと今年のAO、そしてマイアミ・・・

    「2度と見るか!!!」と心に誓った春でした。

    そして乱世の春は、まだまだ続きそうです。
    ゴファン、良い笑顔です。

      引用  返信

  • ゴファン選手、ついにジョコビッチ選手を倒しましたね。2時間37分、5回目のマッチポイントで。

      引用  返信

  • マッチポイント5回目!?
    勝った~!!!ゴファンが勝った!

    ジョコを右に左に振りまくり、拾いまくり、どっちがジョコかわからないような試合でした。ジョコがまだトップフォームではないとはいえ、いや~ゴファン強かった~。

      引用  返信

  • ありゃ~~、再三のMPを凌ぎきれず、ジョコが負けちゃった。ゴファン選手おめでとう。
    しっかし、これでマスターズ優勝経験者で残っているのは、ナダル選手だけかぁ。
    錦織選手のランキング的には、ナダル選手に活躍・優勝されるのは微妙なんですが、他の選手にマスターズ優勝で先を越されるのもなんだかなぁ・・・という感じなんですよね~。
    まぁここはナダル選手に優勝しておいてもらって、バルセロナできっちり錦織選手が優勝して、ランキングで上に立つのが理想ですかね。

      引用  返信

  • 今晩は。
    またまた大波乱、かな? ゴファン選手、ようやく対ジョコビッチ選手連敗地獄から抜け出しましたね。おめでとうございます。でもう~ん、先越された感が否めません。
    しかしMCのこの荒れ模様、いつまで続くの? まさか次の試合も?

    nakaさま
    第1シードが優勝した貴重なその1回が、ドバイのマレー選手ですね。AOからの流れを断ち切ったのも彼なら、それをIWで復活させたのも彼。なのでこのまま継続して頂きたく。

      引用  返信

  • @naka
    なろほど、その手がありましたか。今年のジンクスを味方につけましょう。

    今、ゴファン選手が初めてジョコビッチ選手に勝ちました。おめでとう。
    すごい試合で目が冴えてしまいました。

      引用  返信

  • 今晩は。
    天下のNHKさん、MC準決勝よりライブ放送があります。
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennis/

    ◆ライブ放送
     ・4/22(土)午後08時30分~午前00時30分 準決勝 BS1サブ
     ・4/23(日)午後09時30分~午後11時30分 決 勝 BS1サブ
    ◆録画放送
     ・4/24(月)午後08時00分~午後09時50分 決 勝 BS1
     ・4/25(火)午前01時45分~午前03時25分 決 勝 地上波NHKG

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    バルセロナ公式より、ズベレフ弟選手にもWCが出たようです。
    <The last invitation of the tournament goes to another brilliant star: Alexander Zverev>
    https://www.barcelonaopenbancsabadell.com/en/news/last-invitation-tournament-goes-another-brilliant-star-alexander-zverev

    WCは全部で5枚。ロブレド選手、マレー選手、ズベレフ弟選手、Ymer弟選手、モンタネス選手とのこと。どんどん濃くなっていくのですが(苦笑) 何なんだ一体。

      引用  返信

  • ジョコビッチ痩せすぎですね。一時期80kgだった体重が75kgまで落ちてますし、転倒したときも明らかに顔色おかしかったし。

      引用  返信

  • あー、ゴファン、素晴らしい。
    私の予想、フルセットだけ当たって、結果は逆に。

    おめでとう!対ジョコ戦、初めての勝利ですね。

    でもって、準決勝、ようやくテレビで試合が見られるー。
    (大きい画面&固まらないやつで)
    ナダルと準決勝なんて、今から震えてしまう。

    マレーとジョコビッチ、どちらかが早期敗退すると、必ずそれを追うように片方も負ける。
    今年はそういうのが続いていますね。

    見えないつながりがあるのかなあ、と思っちゃう。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。