鼻血の徒然草 2013/2/7 ナダル復帰

久しぶりの更新になってしまいました。

ナダルがチリオープン1回戦を勝利しました。すでにナダルはシングルスの前日に行われたダブルス1回戦、モナコとのペアで膝の故障からの復帰を果たしていましたが、シングルスはこの試合が復帰後初となります。

参考記事:ナダル、シングルスの復帰戦も勝利 男子テニス  :日本経済新聞

元王者のナダルですからひょっとしてこの勝利は当然と受け止められているのでしょうか?本来の力関係で言えば確かに順当な結果ですし、「あ、やっぱりナダル強いのね」くらいの感想が一般的かもしれません。

昨年のウィンブルドン後に戦線離脱して以来の長い間、ナダルファンは心配で眠れぬ夜を過ごしてきたことでしょう・・・。あの2009年を耐えた錦織ファンならその気持ちは分かりますよね?

復帰戦での勝利、それはナダルの力を考えればさほど驚きではないかもしれませんが、本人はきっと不安まじりだったと思いますし、特別な勝利だったのではないでしょうか。

これまでにナダルは幾度となく故障し、その都度復活してきました。

ナダルは全仏オープンにピークを合わせ、その勢いをウィンブルドンまで維持するという戦略を取ってきましたし、その激しいプレースタイルからどうしてもシーズン終盤には故障がちになってしまう傾向がありました。

メディアはその都度、「ナダル危うし」と騒ぎ立てましたが、ナダルはそれをあざ笑うかのように、翌年のクレーコートシーズンには常に体調とテニスの調子を取り戻して来ました。

(余談ですが、メディアはちょっと負けたくらいで大きく騒ぎすぎです。フェデラーの成績が落ちたときも、ジョコが長年3位に甘んじていたときも、マレーがなかなかGSを取れなかったときも・・・。)

これまでの故障の時は、「なんだかんだ言って、ナダルは来年にはまた復活してくるんだろうな。」と私も思っていましたが、今回の故障ばかりはちょっと心配になりました。長引きすぎですし、長年のダメージの蓄積がどう影響しているか分かりません。そんな中の復帰戦勝利は、決して当然の結果ではなく賞賛に値するものだと思いました。

まずは第1ハードルをクリアといったところで、これからもっともっと厳しい場面で復活度合いが試されてくると思います。

やっぱりクレーコートはナダルがいないと面白くないし、新しいクレーキングが誕生するにしても完全体のナダルを倒してからじゃないと納得できません。このまま順調に復活して欲しいと切に願います。

 

18 件のコメント

  • ナダル×ジョコ、ナダル×フェデラーが見たい。
    ナダルに勝つ錦織が見たい。GSベスト4、いや優勝する錦織が見たいですね!

      引用  返信

  • 私はビッグ4の中ではナダル派です。
    昨日ナダルのfbにいいね!したのですが、その数約1150万!!(; ̄O ̄)(因みに錦織は約8万、添田は5500)
    まさに世界中から愛されるスーパースターですね。

      引用  返信

  • ナダルのコメントありがとう御座います。ず~と心配してました!!ナダルの膝は大丈夫なのでしょうか?Keiの膝と重ね二人の完治を願ってます。

      引用  返信

  • 私も、ナダルにはまだまだがんばってもらって、そして
    強いナダルに勝つ、強い圭くんの試合を是非見たいです!
    (あのマイアミの試合のような結末を今度は圭くんの勝ちでしめくくってほしい!)

      引用  返信

  • 団長にお尋ねなんですが、
    私の画面では、お問い合わせフォームが、文字列ででてくるのですが・・・
    以前書いてあった何かを新しくするというのをやらないといけないのでしょうか?
    応援フードは、今まで通りやってみますね

      引用  返信

  • 団長さま、今までどんな画面が正常なのかわからなかったので、そのまま読んでいましたが、
    以前の記事を読んで、innternet explorerを9から10にしてみました
    変わったのは、はじめに出てくるのが今までは最新記事だけでしたが、記事がずらっと出てくるようになりました
    それから記事を開くと、文字が左端に寄っていて全く余白がなく読みづらかったのが、
    余白ができて読みやすくなりました
    ただ、お問い合わせフォームは今までと同じように文字と数字で出てきます
    う~ん、どうしましょう 団長またはどなたかアドバイスお願いします

      引用  返信

  • 団長、ナダルの復帰てブログ・待ってました。膝がどの程度回復したのか心配ですがナダルのプレイが好きなので、これから一杯試合が見られるのがたのしみです。
    いつも圭くんがナダルとの試合では,とても良い試合をしているので今年は是非とも勝って戴きたいです。

      引用  返信

  • micchiさん
    やっぱりIE10から正常に表示されるんですね。
    それから私の環境(Chrome, IE10)でも、お問い合わせフォームはきちんと表示されていません。
    バグかな?

      引用  返信

  • 全豪では残念なことだったので、(去年の死闘の決勝が忘れられませんから。永久保存版。)
    ラフアーほんとにおめでとうです。

      引用  返信

  • チリオープンの決勝、堪能しました。印象的だったのは

    ・ナダルの全盛期に近い状態での復帰
    ・ 新星Zeballos の出現

     Zeballos(2/11付43位前後)は、今回27才にして初タイトルを手にした遅咲きの選手。
     クレーが得意ですが、サウスポー&片手バック&ダブルス上手な選手で、今後、ハードコートでも好成績をあげるポテンシャルは充分にもっています。要注意選手リストに加えることにしました。

      引用  返信

  •  西岡選手、フューチャー初優勝ですね。
     これでRKも802位から500位台まで上がり、ほとんどのフューチャー大会には本戦がら出場できるようになるでしょう。

     ちなみに来週のMexico F4には、SE枠にて本戦にドローインしています。

      引用  返信

  • Sinutabさん、ここに書いて頂いてまったく問題ありません!ありがとうございます。
    西岡選手、すごいですね。ジュニアでF優勝は錦織とイメージがかぶります。

      引用  返信

  • Viña del MarではWCで出場した96年生まれの16歳、Christian Garinが予選勝者を破ってツアー初勝利を挙げたことも話題になりましたね。
    二回戦でもシャルディに破れたものの6-4,3-6,2-6と1セットアップの展開でした。
    フューチャーズではまだ決勝進出の経験はないようですが、積極的なプレーが光り、今後が楽しみです。

      引用  返信

  • ラファの記事ありがとうございます。
    待ちに待った復帰です。一週間ライストを楽しむことができました。まだまだ本調子ではない(当たり前ですね)ものの、随所にラファらしいプレーとガッツポーズに、ラファがもどってきたー(≧∇≦)との実感をかみしめています。残念ながら、単複とも準優勝でしたが、優勝の楽しみはまた後にとっておくことにします。

      引用  返信

  • 地獄耳の錦鯉は既読でしょうが、念のため・・・・・。

    http://news.tennis365.net/news/today/201302/95939.html?s=relate

    ブラジルOPに帯同する叔父のT.ナダル・コーチのコメント。「日々膝の痛みはとれている。練習、トレーニング、実戦を積んで(ヨーロッパのクレーシーズンには)また強いラファとなってスタート出来ると信じている」

    http://news.tennis365.net/news/today/201302/95955.html

    こちらは本人談。2016年のリオデジャネイロ五輪への出場意欲を語ったそうです。

    バモス!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。