鼻血の徒然草 2012/10/15

上海マスターズ

ジョコビッチがまたマッチポイントをしのいで勝った。またそこがクローズアップされるんだろうけど一番いいのはマッチポイント取られないことであるわけで。ジョコの粘りはもちろん驚嘆に値するけど、マレーが絶好調じゃなくても結果を出す、あるいは勝ち負けまで持って行けるようになったことの方が印象に残る。

フェデラーも元気だし4強に割ってはいるのは厳しいなあ〜。フェデラー、ジョコビッチ、マレーの3人は大きい大会で勝ったり負けたりの関係でホント拮抗してますね。早くナダル帰ってこ〜い。

柏フューチャーズダブルス決勝

土曜日に貴男さんのダブルスだけを見に柏に行ってきました。

鈴木貴男/片山翔 def.  D. King-Turner/J. Statham [1], 3-6,6-3,10-8

日本ペアが第1シードのニュージーランドペアをスーパータイブレークで降して優勝。

内容はやや押され気味だったが、セカンドセット終盤でリターンが入るようになってきたことと、リターンと突き球に苦しめられながらもなんとかキープし続けたことが大きかった。

セカンドセット2−2の30-30から貴男さんのアウトっぽいスマッシュがインと判定され、ニュージーランドペアは次のゲームでやや集中を乱してしまった。

そのあとすぐに気を取り戻したのはさすが。

最後まで緊迫した試合内容となったが、スーパータイブレークで先行されたニュージーランドペアが、リターンを確実に入れたい気持ちになったところを見逃さず連続ポーチでポイントを決めた貴男さんの冷静な戦術眼が光った。

一方でサーブ、リターンはまだ全盛期にはまだ及ばず、復活途上の印象を受けた。

片山はストロークの選手だと思っていたがボレーも上手かった。4人の中で一番サーブが遅かったけど、コースの工夫があり終盤は気迫で押していって深く入ったサーブをニュージーランドペアが返せない場面が目立った。表彰式で非常に嬉しそうな表情が印象的だった。

貴男さんはスピーチで、

「楽天オープンでは錦織選手が優勝しましたけども、私も今日ここで優勝することができました。大会の大きさや観客の数がたとえ違っても決勝の舞台で戦って優勝できるのは同じように幸せなこと。」

と語った(言葉は多分違うけど、そういう意味)。妙に頷いてしまった。まだやれると思うので早く上の舞台に戻ってきて欲しい。

錦織の故障の具合

アメリカに戻った錦織圭。

公式ブログによるとMRIの結果待ちだけど、プレーする気は十分あるみたい。

想像だけど、本人の感触としては悪くないのではないか。

ただ診断の結果、回避になる可能性もあるのでその辺は頭に入れておこうと思う。

2 件のコメント

  • 鈴木貴男選手頑張ってますね。

    個人的にはダブルスに専念して、日本のジモンイッチになって欲しいのですが難しいんですかね…

    デビスカップ日本代表はシングラーしかいないのが痛いですよね。
    鈴木選手のデビスカップへの思い熱いのですし。

    鈴木・岩淵カモン!!

      引用  返信

  • ジョコもマレーもフェデラーも調子がいまひとつだった。
    それでも、そんななかでもきちんとベスト4まで勝ち残る。
    それも(今お休み中のらふぁを含めて)BIG4のテニスは
    ひとつ高い次元のコートで行われているからすごい。
    願わくば、四天王の牙城を初めて崩す選手は圭であってほしい。

    ジョコは、テニスコートにおける火事場の馬鹿力的能力がすごく高くて(失礼^^ゞ他に表現見当たらなかった・・・)
    あそこまで追い詰められたのに、そこからガンガンカウンター打ちまくって、とうとう逆転してしまう。相手に「あっぱれ」ジェスチャーしたりして、もう集中力途切れちゃってるのかな?と思いきや
    そこから脅威の粘り腰で巻き返してくる。こういうシーンを何度か見てるけど、ドラマチックを超越した逆転劇。すごすぎる!!!!!
    マレーにとっちゃ、長~いうっちゃりで負けたという感じで
    終わってみて、どこで俺は間違ったんだ?!って自問自答して
    るんじゃないかと思います。
    でもマレーもまたこの敗戦で一回り大きくなりますね。
    次回の対戦がさらに高いレベルの試合になりそうで楽しみです。

    貴男ちゃん。
    ダブルスにおけるテクニックを後輩に伝授してほしい。
    そのためにもデ杯ダブルスメンバーに入れてほしいと思うのですが、
    デ杯メンバーの枠をもう少し増やすわけにはいかないのでしょうか。。。

    竜馬!
    確実に成長していますね。
    クレムリンカップ、第一回戦突破。
    嬉しいニュースです。
    しかも内容が、第2セット取られてから、第3セット取り返す。
    こういう展開、欲しかったもの♪

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。