返信先: スポーツ選手の脹脛について その3

ホーム フォーラム 鼻血ブログラボ スポーツ選手の脹脛について その3 返信先: スポーツ選手の脹脛について その3

#35041
バスケ好き

たくやさん
体操を行う上での注意点ありがとうございます。
ですが、よくわからないです。
文章にするのは難しいですよね。(言葉でも)
私がスキー初心者のとき、前傾姿勢で立って。と言われました。
私の取った姿勢は、上半身を前かがみで、お尻を後ろに突き出した姿勢でした。
おそらく、私はその時バスケのディフェンスの姿勢をイメージしたのかもしれません。
(つまり、前傾姿勢がイメージできなかった、勘違いしていた)
友人は笑いながら、まっすぐ立った姿勢で膝だけ曲げて、手を前にと言い換えました。
言われたとうりにした私は、”前傾姿勢で立って”の意味がわかりました。
また、テニスのサーブの練習のときに、お前のはバレーのスパイクだなと言われました。
確かにその時、スパイクをイメージしてサーブを打っていました。
上記の例のように、相手の言っている事がイメージできない、勘違いしていることは
よくあります。
長くなってしまいましたが、とりあえず、のんびりとゆる体操をやってみた感想、きずいたことなどを、書かさせていただきます。
後、以前に質問はしないと宣言してしまいましたが、質問するかもしれません。
錦織選手の脹脛の太さについても、何かしら私なりの感想なり書けるようになるかな~?