返信先: スポーツ選手の脹脛について その3

ホーム フォーラム 鼻血ブログラボ スポーツ選手の脹脛について その3 返信先: スポーツ選手の脹脛について その3

#35042
たくや

バスケ好きさん、ありがとうございます。
確かに難しいですよね。
スキーの指導は、ほとんどすべての場合、身体が使いやすい方向へ向かうような指導になっていないので、つまり本質的には正しい指導とは言えないです
ですからバスケ好きさんの友人が言った前傾はとりあえず誰かに教えてもらった型ということで、そこに複雑性はなく、試行錯誤はいりません
スキーの時、バスケで使う前傾姿勢は、言葉とイメージが違う「前傾」だったというだけで、本質的にバスケで使っていた前傾が質のいい(美しい)前傾だったら、ゆる体操ではそのバスケ好きさんが、スポーツで学習した経験、今でいえばバスケの前傾を使おうとした試みは非常に素直で正しかったということです。(もちろん違うかどうかは修正されるかも、自分で修正する必要があるかもしれないです)つまり、そういったことはスキーの時のようにどんどん試して、試行錯誤してほしいって言うことを言いたかったです。

ちょっと文章が下手なもので、バスケ好きさんの友人に辛辣に書いてるような印象を与えるかもしれませんが、これが精いっぱいなものでご容赦ください。
もちろん、たいしてモチベーションを持たずだらだらやっても十分が出るように出来てるので、やんわりやってみてください。