2018🌏Davis Cup🏆World Group✈️情報Ⅰ

ホーム フォーラム 鼻血ブログラボ 2018🌏Davis Cup🏆World Group✈️情報Ⅰ

このトピックには11件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 日、 13 時間前に  ç¦® さんが最後の更新を行いました。

  • 作成者
    トピック
  • #73084 返信

    下団

    適宜、移動願います🙇

11件の返信を表示中 - 1 - 11件目 (全11件中)
  • 投稿者
    返信
  • #73349 返信

    デ杯一筋

    2月のイタリア戦。
    日本初(たぶん)の仮設ハードコートなわけですが、メーカーがこれまで日本では使われなかったGreen Set。日本の主だったコート、有明やうつぼ、長良川は全米と同じDecoTurfですが、今回は仮設対応だから選ばれたのでしょうか?
    ATPファイナル(O2アリーナの仮設コート)やパリマスターズで使われているのと同じメーカーらしいですが、「よく跳ねる、高速コート」と聞きます。クレーコーター揃いのイタリア相手にはグッドチョイスかも?

    #73351 返信

    NORICHAN

    デ杯一筋さま
    仰っているGreen Set社ですが、1年ぐらい前かな、話題になったことがありまして、確かこの会社、サンチェス・ビカリオ元選手兄妹のハビエル氏が経営するハードコート制作会社だったと思います。
    パリMS やO2アリーナのCPIについて2016末?に話題になったのでその際調べたら、アランチャ氏の長兄ハビエル氏がハードコート制作会社を設立しパリ等に納入したという記事を見つけ、ご紹介した記憶があります。
    また、次兄のエミリオ氏はバレンシアでテニス・アカデミーを経営しているという記述も、記事内にあったように記憶しています。

    #73356 返信

    デ杯一筋

    NORICHANさま。
    おっしゃる通り、Green Setのオーナー社長はハビエル・サンチェス・ビカリオ氏です。でも創設者じゃなくて、買収したんじゃなかったかな。
    コート業界もなかなか大変そうですね。
    全米のデコターフ、全豪はプレキシクッション、クッション性のないプレキシパーブという姉妹品もATPで使われています。アジアに多いリバウンドエースや、レイコールドというブランドを使うATP大会もあります。
    どういう営業するんでしょうかね? まさか切れ端持って歩くわけにもいかなそうだし。

    #73359 返信

    下団

    長兄がエミリオ👿次兄がハビエル😈
    kingドジラ〜💉😱💉

    #73362 返信

    NORICHAN

    デ杯一筋さま
    とっくにご存知でしたね(>_<) 失礼致しましたm(__)m
    で、設立ではなく買収でしたか! M&Aかあ…。サンチェス・ファミリーもあるモノはゴマンとあるんですね~。確かにコート制作の営業、カーペットやカーテンの生地カタログ持参的なことはできないですね。あれかな~、CPIの分析データをIpadで、とか?

    下団さま
    これまった失礼致しましたm(__)m
    フリージャンルでのイグレシアス・ファミリー話といい、こちらのサンチェス・ファミリー話といい、血縁関係はどうも私、自分でこじらせる系のようです(苦笑)

    #73365 返信

    禮

    デ杯一筋さま、

    コートのサーフェスについては、別スレッド「テニスコート🏟ラケット🏓とボール🎾」で議論していますが、昨年と今年のGSとMSのCPIデータは、こちらに纏めてあります。パリとロンドンはGreenSetですが、CPIは40前後(MediumまたはMedium-fast)とかなり速いです。CPIには反発係数(coefficient of restitution)も入っているので、一般にはCPIが大きいのは、反発係数が小さい、つまりあまり跳ねない(かつ摩擦係数が小さい)ことを意味するのですが、GreenSetは比較的跳ねるのかもしれません。
     CPI=100(1-μ)+150(0.81-e) ,
     where μ is the coefficient of friction and e is the coefficient of restitution.

    もしビッグサーバーが多いアメリカと対戦するなら、GreenSetは使わなかったと思います。イズナーやソックがパリとロンドンで活躍したのは、高速(+跳ねる?)サーフェスだったからと思っています。相手がイタリアなので、たぶんお互い様なのでしょうね。杉田、西岡(?)選手向きかどうかは分かりませんが、少なくともサーヴがよいダブルスの内山選手向きだとは思います。ところで、ボールは何を使うのでしょうね。

    #73371 返信

    錦織選手を日本でみたい会

    サーフェスについてですが、私はこんな風に考えてます。デ杯の地方開催は昨年にも、北九州市が挙手していて、どの団体でかはわかりませんが、仮説のハードコートサーフェスのセットを購入していたと聞いたことがあります。その時のサーフェスはデコターフではなかった。今回、岩手県での開催はこのセットをレンタルしたのではないかと推察してます。JTAや、該当団体が、アドバンテージを考えてチョイスすることは考えにくいです。ボールも同様、スリクソンか、ウィルソン。どちらか提供枠の大きな方を使うでしょう。以前にもサーフェスセットはJTAが購入すべきだと書いたことがありますが、将来、有明に戻るのだからデコターフを採用した方が良さそうなのに。余談ながら、来年の楽天オープンも仮設ハードを三面くらい並べるのかな?それともカーペット?

    サーフェスや、ボールの採用についてのアナウンスもしてほしいですね。それに関連して、チケットが1.5倍強になったあたりも。設備費と言われればそれまでですが。

    #73372 返信

    ROM

    見たい会さま
    ATPルールブックによるとインドアはインドアハードと決められているようです。
    “Indoor surfaces shall be Indoor Hard and shall be constructed using an acrylic or
    similar surface paint applied on a hard or semi-hard base.”

    #73374 返信

    デ杯一筋

    禮さま、見たい会さま
    まずイタリア戦のボールはスリクソンとアナウンスされています。ここ最近のホームゲームはずっとスリクソンですね。日本のブランドですから、当然??
    室内ハードコートのブランドについては、ATPツアーの室内大会はほとんどがグリーンセット。リバウンドエース・ポータブルというのが最近発売されたようで、1大会だけ使っています。写真を見ましたが、ほとんどタイルですね。

    #73379 返信

    禮

    みなさま、

    盛岡でのデビスカップ1回戦のサーフェスが、リバウンド・エース・ポータブルということであれば、それはオーストラリア・ブリスベーンの会社REBOUNDACE SPORTSのブランドですね。デコターフなどを擁するCALIFORNIA SUPORTS SURFACESのグループ会社の一つです。リバウンド・エース・ポータブルは、WTAのシンガポールでのファイナルでも使われたようです。インタビューでは、パネルは約1x2mの大きさ、設置に2日間、速さはMedeumなどと語っています。一方グリーン・セットは、現在はバルセロナにある会社で、パリやロンドンで使われました。なので違うサーフェスです。サーフェス一覧は、ITFのテクニカルサイトにあります。

    やっぱりJTAが相手に合わせてサーフェスを選択するとは考えられませんね(?)。シンガポールのWTAファイナルで使われたリバウンド・エース・ポータブルを持ってくる可能性があるかもしれませんね。ボールはスリクソンなら、上海や東京と同じですね。

    #73380 返信

    禮

    スミマセン、デ杯一筋さまによると盛岡はグリーン・セットなのですね。1970年代から使われているタイプです。GreenSetならITFサイトによると、Medium, Medium-fast, Fastのタイプがあります。たぶんパリ、ロンドンが使っているであろうMediumまたはMedium-fastを使うんでしょうかね。

11件の返信を表示中 - 1 - 11件目 (全11件中)
返信先: 2018🌏Davis Cup🏆World Group✈️情報Ⅰ
あなたの情報: