鼻血ブログオリジナルワイン発売のお知らせ

気がつけば約半年も更新していませんでした。大変申し訳ありません。

しかし、錦織の復帰を待ちわびる毎日の中、何もせず過ごしていたわけではありません。
今日はビッグニュースがあります。

この度、趣味のワイン好きが高じてオリジナルワインを販売開始することになりました。

世界各地で仕入れたワインの販売に加え、これもまた世界各地で厳選されたブドウを仕入れ、自社で醸造する「ネゴシアン」として錦織圭の故郷である島根県松江市に企業を設立し、生産を開始しています。
本日はその珠玉のワインリストをお届けします。

No.1: 2008 シャトー・ド・ハナヂブログ・キュベ”錦鯉”

ワイン名 2008 Chateau de Hanaji Blog Cuvée “Nishiki-goi”
生産地 ボルドー サンテミリオン
生産者 シャトー・ド・ハナヂブログ
タイプ 赤/フルボディ/サーブアンドボレー
格付け 錦織検定1級
栽培品種 カベルネ・ソーヴィ二ヨン99%、ハナヂノハナヂ1%
価格 872円

シャトー・ド・ハナヂブログは、数々のプレミアムワインを育て上げたボルドー有数のワイン商、ジャン・ピエール・ハナヂ社(JPH社)が、錦織圭デルレイビーチ優勝を記念して2008ヴィンテージより新たに取り扱いを始めたシャトー。通常メルローとブレンドするされるボルドーワインとしては珍しく、ほぼカベルネ・ソーヴィニヨンのみで作られています。

ラベルにあしらわれた錦鯉は、世界ランキングを駆け上がる錦織圭をイメージしてデザインされました。2008年はボルドー右岸にとってウドンコ病の発生で厳しいヴィンテージでしたが、JPH社のオーナー兼醸造家ハナヂ・ギャクフラーグ氏も長いキャリアの中でベストだと大絶賛した出来栄えとなっています。色は鼻血を思わせる鮮やかな鮮血レッド。芳醇な樽の香りの中に交じるほのかな鉄のニュアンスは、1%だけブレンドされた新品種、ハナヂノハナヂによるものでしょう。

エレガントな赤系果実が感じられ、サン・テミリオンらしい味わいを是非お試しください。飲めば思わず「すまああああああああっっしゅ!!!!!!!」と叫んでしまうほどの美味しさを保証します。

No.2: ハモ・セオリー・ブリュット N.V.

ワイン名 Hamo Theory Brut N.V.
生産地 フランス シャンパーニュ
生産者 ハモ・エ・シャンドン
タイプ 白/シャンパーニュ/うんちく
格付け グラン・クリュ
栽培品種 ピノ・ノワール
価格 8,600円

シャンパーニュ地方で随一のピノ・ノワールを生み出すモンターニュ・ド・ハモ。この地で6代にわたってシャンパーニュ造りを続ける老舗メゾンが手掛けるグラン・クリュのブラン・ド・ノワール(黒ブドウで作られる白ワイン)です!

「1stサーブの確率は気にせず、コーナーめがけて思い切ってサーブを打て!」というハモ理論の名前を冠したこのシャンパーニュは、当然ながら緻密なデータ分析により最適な天候、最適な土壌、そして最適な品種を選んだ上で生産されています。
そして「頼むからデータを活用してくれ!」という願いを込めて毎年、錦織陣営に寄贈されているそうです。

非常に小さなメゾンですが、その実力は、あのワイン評論家として名高い巨匠ツジーノも認めるほど。収穫したブドウをボールにし、思い切りサービスエリアのコーナーめがけて打ち込んだサーブが入ったブドウだけで作られたシャンパーニュのため、良い出来栄えとなる確率が高められています。

今回初入荷となるグラン・クリュは通称「データ・ミエール」と呼ばれ、錦織のキャリア通算サービスエース数と同じ、年間2036本しか生産されない大変希少なキュヴェ。ノン・ヴィンテージ(N.V.)ながら3年間の熟成(データ分析)を経てようやくリリースに至った特別な1本です。華やかさと繊細なニュアンス、しっかりとしたボディをあわせ持つ味わいは、最近ちょー辛口。特別な席での乾杯の一杯にはもちろん、とっておきのお料理とも絶妙なマリアージュを奏でます。

No.3: 2016 シャトー・ナカ・ダルミィ(貴腐ワイン)

ワイン名 2016 Chateau Naka Darummy
生産地 ボルドー ソーテルヌ
生産者 中田留美
タイプ 白/貴腐ワイン/(詰めが)甘い
格付け ソーテルヌ特別第1級 Premier Grand Cru
栽培品種 ソーヴィ二ヨン・ブラン/セミヨン
価格 605,762円

貴腐ワインは、独特な香りと凝縮された甘みが特徴のワインで、「ワインの帝王」とも呼ばれています。貴腐ワインの原料となる貴腐ぶどうができるには、気温・湿度・感染時期などいくつもの複雑な条件が揃わないといけません。

しかし本品は日本人醸造家として名高いオーナーの中田留美氏が、錦織選手が第1セットをすんなりと奪った後に何故か苦戦を強いられてフルセットマッチに突入する際の、コート上の温度・湿度、本人の心拍数等を忠実に再現するという独自の手法で栽培に成功しました。

605,762円と、まるで6-0,5-2から中だるみでセカンドセットを取られたが、ファイナルセットはきっちり締めたかのような価格となっていますがそれに見合った価値があります。

味わいとしては詰めの甘さから醸し出される独特の甘みの中に少し苦味が混じりますが、最後の喉越しはスッキリする勝利。そのためついまた観て、もとい飲んでしまう。そんなクセになる味わいがこのワインの価値を高めるとともに、世界屈指のフルセット勝率の高さにもつながっています。
ヤキモキする展開の観戦のお供に是非お試しください。

No.4: 1989 シマネ・コンティ

ワイン名 1989 Shimanée Conti
生産地 島根県松江市
生産者 ハナヂ・ペール・エ・フィス
タイプ 赤/ボディサーブ/フルセット
格付け グラン・クリュ
栽培品種 ピノ・ノワール
価格 8,000,000円

ワインをよく知らなくても、ロマネ・コンティという名前は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
ロマネ・コンティは、フランス・ブルゴーニュ地方、ヴォーヌ・ロマネ村産の、 世界で最も高額で取引されるワインです。
オールドヴィンテージになると1本500万円を超えることも。

今回、販売するシマネ・コンティはそのロマネ・コンティと!
なんの関係もありません!!

しかしその価値はロマネ・コンティと比べても引けを取りません。なぜなら錦織圭がオフシーズンに自らブドウを摘み、ブドウを踏んで、作り上げたワインだからです。出雲の八百万の神にちなんで値段は八百万円と少々お高めですが、熱狂的な錦織ファンにとっては決して高くはないはずです。

錦織圭の生まれ年である1989ヴィンテージはプレミアムが付いて高騰していますが、2014ヴィンテージは比較的手頃な値段ながら最高の出来栄えで、全米コンクールで準優勝を勝ち取るなど数々の優秀な成績を収めました。お買い得となっております。

シマネ・コンティの葡萄が造られる畑は、フロリダ州ブラデントンにあるたった1.8haの畑で、そこで栽培される葡萄以外はシマネコンティになる事は絶対にありません。 天然な性格なので、好不調の波はありますが、2019年ごろまでは、概ね偶数年の方が出来が良いと言われてきました。シマネコンティが醸造される島根県は人口67万人(2020年国勢調査)で、生産量じゃなかった人口が最大の東京都(1400万人:同)の1/20にも届きません。その桁違いに少ない人口の中から世界ランキング10位以内に長年君臨し、最高4位を記録する、奇跡的な天才を生み出した希少性の高いワインなんだから美味いに決まっている、まあ飲め。

販売&試飲会のお知らせ

錦織の復活を待ちわびる昨今、いつか祝杯を上げるためにご購入はいかがでしょうか。ワインはすぐに在庫切れが予想されますので、思い立ったら今日のうちにご予約を。

また、試飲会を企画しておりますので、ご参加を希望される方は下のバナーよりお申し込みをお願いいたします。

参考文献

193 件のコメント

  • こちらにはコメント反映されたようなので、今からフォーラム行ってみます!

      引用  返信

  • このあたりのコメントのタイムスタンプが、21日朝3時とかなのですが、その時点の情報でしょうか?
    それとも今でも、下団さんはトピ立てなどはできない状況でしょうか?

      引用  返信

  • 団長さん、トピ立て、コメントが出来ない状況です😢
    スパムや、ゆうたさんのトピ立て、コメントを転用したりして色々と試してますが、🙇‍♀️

      引用  返信

  • 団長さま、
    お休みのところ、対策をアレコレありがとうございます!
    日本語のフォーラムに戻った!
    と喜んだのも束の間、フォーラムにはコメント反映されない😓

    名前が「matsu」とアルファベットがNGなのかと思い、
    ひらがなで行ってみます!

    やはり反映いたしませんでした💦

      引用  返信

  • ゆうたです。
    テストコメントです。

    たった今、フォーラムの方にも名前をアルファベットでコメントしたら反映されました。ただし、1発で反映とは行きませんでしたが・・・😕

      引用  返信

  • スパム判定の厳しさを1つ緩めました。
    私もトピ立てできなかったのですが、これでできるようになりましたので、試してみてください。
    ただしこの設定ではスパムスレッドを防ぎきれないかもしれません。
    有料プランにしたんだけどなあ。
    他の探すか。

      引用  返信

  • 一回テストでコメントできたと思ったら、またできなくなりました。

    こっちはできるのになぁ…

      引用  返信

  • フォーラムにコメント送信したつもりでも表示されなかったのですが、
    先ほど書き込んでみたらコメントできました。

      引用  返信

  • 何か、複雑なようで、この私にはわかりません。
    全米オープンでは、錦織選手は予選から出場とありましたが本当でしょうか
    楽天オープンは錦織選手がでるなら抽選に参加しようと思ってるけど、その抽選も何かわかりにくそうです。
    年寄りにわかるようにお願いします

      引用  返信

  • N.H さん、
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e615e28b75a5907213b2ce1b35f2f6291acca828
    錦織、11年ぶりにウィンストンセーラム大会出場へ

    このウィンストンセーラム250の開催時期が全米予選週でもあります・・・(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    アトランタ250、ワシントン500への参戦を見送った❓時点で全米本戦、つまり5セットマッチへの復帰は「無理は禁物」と判断したのではないかと思います。
    他の記事で「予選からの出場か❓」みたいなものがありますが、GS4大会+参戦義務のMS8大会は自動エントリーなので、エントリーリストに名前があるのはそれ故です。
    予選は別にエントリーする必要があります。なので、ウィンストンセーラム250に参戦するならば、全米予選へのエントリーはダブルエントリーとなってしまい不可となります。
    幸い❓中国でのATP大会は中止が決定しましたが、楽天オープンの中止は今のところ発表されておりません。
    無事に開催され、錦織選手の雄姿が見られることを祈るのみです(`・ω・´)ゞピシッ❕❕

      引用  返信

  • 5セットマッチは来年の全豪までお預けで良いのかなぁと思っています。

    後は今季のATPに関してはWCを頂ける大会には参戦して、頂けない大会に関してはCH参戦で良いのかなぁと。錦織選手の「名前」ならばCHだったら喜んでWCを進呈してくれるでしょう。

    8月終盤の復帰ならばPRの行使期限は来年の全仏はおろか全英まで持つかもしれませんし、復帰後のスケジューリングについては戦略性をキチンと持って欲しいかなぁと思ったり思わなかったり・・・🤔

      引用  返信

  • 私もゆうたさんと同感です。
    どんな大会でもいいから、元気にコートに立つ姿を数多く、出来れば早く見たいです。
    PRは戦略的に、来年飛躍できるように使ってほしい。
    あとは、錦織選手の試合はライブで、配信でもいいので全部見たい、見たい、見たい、見たい、見たいです。
    アトランタの前、フライングでWOWOWに復帰戦初戦からお願いしますとリクエストしてしまいましたが、錦織選手の方が間に合わず残念。
    錦織選手の復帰がすごーく待ち遠しいです。

      引用  返信

  • 錦織君の現在のランクなら全米は予選を勝ち抜かないと本戦に出場できないんですよね?プロテクトランキングを使って全米本戦にエントリーする方法もあるのに、そうしなかったのは、腕慣らしに予選から戦っていこうという意気込みなのかな?と思っていました。
    が、下団さんのコメントを拝読すると、ウィンストンセーラムにエントリーした段階でおそらく全米予選は見送ったってことですよね?復帰戦はウィンストンセーラムが濃厚なんですね、現時点では。

    この強豪ひしめく過酷なツアーにおいて、怪我から回復したばかりの体でいかに戦うのか⁈に思いを巡らせれば、ゆうたさんがおっしゃる通り、復帰後のスケジュールは戦略的、計画的によく考え抜かれたものであってほしいと私も思います。

    ティームが手首の怪我で9ヶ月ほど休み、この3月にツアーに復帰するも7大会立て続けに初戦敗退し、7月に入ってCH大会に出場してそこでようやく初勝利(この苦しい道のりよ!…)、自信を得て再びツアーに戻って初勝利するまで、結局は1年2ヶ月くらいかかったことになるわけで、…マレーもそうだけれど、どんな優秀な選手でも怪我からの復帰は本当に大変なんだなぁ、不屈の闘志と簡単に言うけれど、それに体がついてこないといけないわけだし、などと思う今日このごろです。

    昨日、卓球のWtt決勝戦を観ていたのですが、張本智和が3セット先取され、取り返して3-3にするもファイナルでも追い詰められ、土壇場から大逆転勝利した後、インタビューで、”4-0で負けていてもおかしくない試合だった。なぜ勝てたのかわからない”と言っていました。その言葉に錦織圭が重なって、笑えるような泣けるような…

    錦織君が復帰した時には思い切り応援します!

      引用  返信

  • 下団さん、ありがとうございました。よくわかりました。
    ウインストンセーラムを応援ですね。待ち遠しい!7月で退職するので、8月はいつでも応援できます。

      引用  返信

  • ウクレリアン さん、 N.H さん、カナダとシンシナティの2週連続MS大会の裏で開催される北米CH大会へのWC参戦を密かに期待していますが・・・(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    どうなりますか(。´・ω・)?

      引用  返信

  • week33(8/15週・シンシナティMSと同週)のバンクーバーCH、錦織選手がPRの権利を行使せずに本戦alt7でエントリー!

    実際に参戦するか否かを判断するのは未だ早計かもしれませんが悪い知らせではないと思います。

      引用  返信

  • うわ!!!!嬉しい!!下団さん、ゆうたさんありがとうございました。
    楽しみが一つ増えました。楽天オープンの抽選が始まったらまた教えてくださいね。

      引用  返信

  • NHさま
    楽天オープン、パッケージシートの第一次抽選申し込みはすでに始まっております。
    https://www.rakutenopen.com/tickets/package-seat/

    一日券の抽選申し込みについては
    楽天モバイル契約者は8/12開始
    その他は8/20開始
    です。

    電子チケットなのでスマホ必須。なお、専用アプリのインストールが必要なようです。

      引用  返信


  • 補足します

    パッケージシートは紙チケット
    一日券は電子チケット

    だそうです。注意事項の欄に記載ありました。

      引用  返信

  • バンクーバーCH、本戦alt7でエントリーしていた錦織選手の名前が消えた・・・まぁ、でもコレも想定内ですしコレに一憂しても仕方がないですけどね。

    ・・・と、ここまて書いておいて本戦WCを貰って参戦したら笑っちゃいますが😅

      引用  返信

  • ウインストンセーラムも・・・((T_T))

    間に合わなくても、練習できているならいいんだけど
    静かすぎてちょっと心配

    100%になるまで待ちますから、そろそろ本人からの情報ほしいです・・・

      引用  返信

  • ROMさん、ありがとうございました。
    何とかして頑張ってみますね、子ども達に助けてもらいながらです。
    ウインストンセーラム、残念ですね。本当にaoiさんが言われているように、静かすぎて心配です。

      引用  返信

  • 錦織選手の復帰時期ですが・・・( ;∀;)
    拠点のある北米での復帰が有力かと思いましたが、ウィンストンセーラム250をOUTしたことで不透明となりました。
    全米本戦開催中に北米でのCH大会の開催はありません。よって、9/12週から・・・
    9/12週Cary CH→9/19週San Diego250→9/26週ソウル250→10/3週東京500
    と続いていくハードコート大会の何処かになるかと思います。
    東京500は外せないし、そこでのいきなりの復帰はないと思います。
    ⓵Cary CHで復帰してSan Diego250から1週休んで東京500へ参戦
    ⓶ソウル250で復帰して東京500へ参戦
    ⓷San Diego250で復帰してソウル250東京500へと参戦
    北米で復帰or東アジアで復帰するのか微妙な状況ですが、⓵のコースが有力になりましょうか(。´・ω・)?

    上記までの復帰が叶わないならば、いっそのことPRランキングの権利の拡大を待ってからの復帰になったとしても仕方ないかと思います_(._.)_

    *全米本戦開催期間に渡欧してCH大会への参戦の可能性も僅かにあるかと思います。

      引用  返信

  • 練習動画等の発信も無く、エントリーも次々とキャンセルされています。一部のファンからはこのまま引退ではの声も聞かれます。

    大会側の都合という見方をする人もいますが、エントリーの発表には錦織の出場意思を感じ取れます。キャンセルは続いても、いずれ大会には顔を見せてくれると思っています。

    団長も呟かれていましたが、ファンにとって最も関心のある回復状況・練習等の情報発信が無いのは不親切ですね。様々な憶測を呼ぶ原因となっています。

      引用  返信

  • 下団さん
    御指摘された「上記までの復帰が叶わないのならば、・・・」という点が良いのかなぁという考えが日に日に増しています。やはり「PRの行使回数12回&使用期限12ヶ月」は魅力的ですし。

    ただしこの取得条件は最低12ヶ月以上の欠場の筈ですしそうなると欠場必須の期間に東京500の時期もギリ含まれる・・・つくづく昨秋のIW参戦が余計だったと改めて痛感します。まぁ、結果論と言われればそこまでですが🤔🤔

      引用  返信

  • ウィンストンセーラム欠場ですか?ううっ残念!
    でも、待ちますよ、ここは辛抱強く。今、手術して半年ほどですか、これを長いと言うべきか短いと言うべきか判断のしようがない気もするし。もちろん、待つ身には2〜3倍ほど長い時間に感じるんですが!

    股関節って臀部や腰や太腿と連動していて、上半身と下半身を結ぶ要みたいな最重要部分だと素人ながら思っており、少しでも痛みがあるなら治療を優先してほしい、焦って無理をしないでほしいと、早く試合を見たい一方でそう願ってもいます。

    マレーの最初の手術と同じ手術だったのかどうかわかりませんが、マレーは5ヶ月程で復帰したものの、その半年後には引退を示唆する涙の会見をするまで追い込まれた、そのことを考えたり…。(その後、人工関節挿入手術を受けて7ヶ月後に復帰、以降マレーの執念の戦いぶりは負けても勝っても天晴れと言うしかない…) 様々な面で個人差があり一概に同一視もできないけれど、マレーの復帰の仕方から学ぶところも大きいように思うんです。

    本人は試合に出たいだろうなあ!全米には間に合わないとしても、楽天オープンには出たいんじゃないのかなあ!

      引用  返信

  • 見守るしかないですね
    復帰できるにしろ引退するにしても応援するのみ
    完全復活するにしてももがき苦しむ残りの現役にしてもです
    なんなら伊達さんみたいに数年して現役復帰してもいいし

      引用  返信

  • 久しぶりの練習動画・゚・(ノ∀`)・゚・。
    日焼けして、とりあえずラリーは出来てる
    良かった。。。

      引用  返信

  • aoiですさん、ほんとですね!久々の動画、うれしいですね。真っ黒に日焼けして練習に励んでいる姿、少し痩せて精悍に見えるのは日焼けのせいかな。いい練習が積めている様子で、ホッとしました。

    団長さんのツイキャス最後まで聴いてしまいました。人生を語ると言いつつ、やっぱりテニスと錦織の話題に。団長の人生に錦織は必須なんですね?
    錦織のテニス自体が体を要求するテニスだから、工夫して工夫してやるテニスだから、という言葉が印象的でした。また、雪んこりさんの、錦織の存在そのものが可愛い、というのも。団長さんはリスペクトとおっしゃっていたけど、お二人の発言はここでは同じ意味ですよね?

      引用  返信

  • ファンの皆が心配してオ〇バーさんに問い合わせのメールなどが殺到したもんで、動画あげてくれたのかなァなんて考えちゃったりした。
    寂しいのでまたまた錦織君の過去の試合を夜中に観賞したりしてます。

      引用  返信

  • 本当によかった!すこしホットしました。いつでも応援できるので、待ってますよ!

      引用  返信

  • 錦織選手の最新インタビュー見ました~。(WOWOW西岡戦の前)

    「動き的にはかなり良い感じになってきている」に一安心。

    「どの動きをしてもあまり痛みもなく、ダッシュも出来ているし横の動きもかなり良くなってきて、あとはポイントでどっちも動ける状況にできればreadyだと思う。あともうちょっとかかるとは思う。」に、ゆっくりでも復帰が確実に近づいていることを実感しました!

    「何だかんだ逆境好き」を公言する錦織さんw
    ナダル選手にもモチベーションをもらっているよう。
    これからも、行きつ戻りつゆっくりだろうけど、楽しみに待ちたいです!

      引用  返信

  • お久しぶりです!私もそろそろ錦織の始動に合わせて本気の応援モードに入るかな笑
    aoiですさん紹介のインタビュー、私も見ました😃
    錦織選手から直接言葉を聞くのが一番安心。久々に明るい気持ちになりました。
    待ってるぞ〜!!!

    ワシントンでは西岡選手が準決勝進出!今ルブレフ相手に大健闘💪
    まあ、ルブレフは1セット取られてからが怖いから、全然安心できないけど。
    ATPもなんだかんだ様変わりしていますが、その時の調子で誰もがチャンスあり!
    錦織選手だってチャンスありまくり!と見ています。
    あー!早くここで錦織応援に萌えたいわあ!

      引用  返信

  • わー、あけびさん、お久しぶりです。錦織の肉声を耳にしてついに冬眠から目覚められたんですね?笑 私は残念ながらそのインタビューを見逃してしまいました。
    西岡の試合は観ました。ルブレフをストレートで破る堂々たる勝利!落ち着いていて頭脳的で、貫禄さえ感じさせる素晴らしい戦いぶりでした。キリオスとの決勝が楽しみです。
    あけびさんおっしゃるように、ATPも戦国時代(若者も強くなってるけど、30才を越えたベテランも100位内に29人(35才以上8人)、20以内なら7人(35才以上3人)いて頑張ってる←7月末の計算)、誰にでもチャンスがあるということですよね。
    錦織圭も必ず復活して私達をまた応援に萌えさせてくれますよね!楽しみにして待ちます。

      引用  返信

  • 私も見ました、何だか静かに燃えてるように見えました。良かった!!そして焦ってないような。
    安心しました。ああああ!待ち遠しい

      引用  返信

  • ユニクロから新ウェアの発売が発表されています!
    ツアー復帰の期待が高まります。
    これがないと応援スタイルが完成しないので。
    8/15からユニクロオンラインで買えますよ!
    ラケットの情報ありませんが新デザインなのでしょうか。

      引用  返信

  • ゆうた さん、サンディエゴ250での復帰が無理なら東京500も無理になるでしょうねぇ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    PRランキング権利拡大後の、10/24週のラスベガスCH、10/31週のシャーロッツビルCH等に出場して試合勘を少しでも戻して、2023年シーズンからの本格復帰が現実的になってきそうですね(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • 下団さん
    ご返信ありがとうございます。
    錦織選手が参戦する事を楽しみにチケットを買われる方々にめちゃくちゃお叱りを受けるかもしれませんが、私は少しでも不安がある状態で東京500の参戦するのは大反対です。

    個人的には下団さんが挙げられた「権利拡大後、北米CHでの慣らし運転で今季終了」が良いのかなと。

    そう考えると昨年のIWの参戦は色々な意味で本当に余計でしたねぇ〜・・・😞😞

      引用  返信

  • 下団さん、友人と考えて、考えて、東京は断念しました。私なりに色々と調べもしました。
    TVで全力応援します。ありがとうございました。また教えてください。

      引用  返信

  • あじゃこです。
    この3ヶ月くらい、自分のスマホから投稿出来ません。私のコメントなんて要らないレベルなんで、アレですが、別人のスマホからテストです。

    知らぬ間に、出禁‼️🙅🏻‍♀️になってる❓

    他の方々はフツーに出来てますか⁈

      引用  返信

  • 👹🔪出来たか⁉️
    👹出来た🎉

    あじゃこ💃〜さん、団長さんにメールされてみては⁉️
    一時期、スパム騒動で色々と設定を変えられる等、悪戦苦闘されてましたし👹⁉️

      引用  返信

  • ROMさん、下団さん、
    有難うございました🙇‍♀️
    今、どーーしても投稿しなければならない、という訳でもございませんし、しばらく、月一回くらい自分のアドレスで試行してみます。
    ーこれも別人スマホからです。

      引用  返信

  • 上原浩治の雑談魂のYouTubeでほぼ1時間くらいの上原浩治とのトークを見つけました
    皆様ご存知かも知れませんが伊達さんの所に行った前後の頃?かと思われます
    雑談ばっかりでテニスの深い内容はほぼないですが錦織圭ってトーク上手いって思いつつ嫁と笑い転げながら見てました
    二人はアメリカで交流があるみたいで上原の息子さんがIGMにいるみたいでそこから交流があってYoutuveの出演になったみたいです
    ここの皆様だったら知ってる内容ばかりですが最近の映像がないなで楽しめると思います

      引用  返信

  • 団長さんがのTwitterを覗いたら・・・(;^ω^)
    お客様の子会社の看板が「KEI」軽自動車取扱い・・・みたいだったのを思い出す( ;∀;)

      引用  返信

  • https://news.yahoo.co.jp/articles/64c7a2f2f585812db0c257063369b66e5df4690a
    テニス・デ杯監督に添田豪氏、ビリージーンキング杯監督に杉山愛氏

    添田選手がいなかったら・・・錦織選手への重圧はさらに大きなものになっていたかも(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b402e3330f6d1b958f1a971acc043f4b91ea94a7
    添田氏は今季限りで現役引退することを表明し「強い日本をつくっていきたい。トップで戦っている選手たちには優勝する潜在能力がある。優勝に向かって頑張っていきたい。一日一日全力で頑張りたい」と語った。

    かなり以前に「若き添田監督の下で~」みたいにコメントを何度かしましたが・・・( ;∀;)
    添田選手、日本テニス界の谷間の時代を支え、後輩選手達からも慕われた人柄・・・( ;∀;)
    お疲れ様でした(´;ω;`)ウッ…

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。