【オフ企画】今年の流行語大賞は、まずは錦織語録から

更新サボってすいません。

つかの間のツアーのオフ期間、皆様はいかがお過ごしでしょうか。あと半月ちょっとで早くも2013年シーズンが始まることになります。それまでの間、例年通りこのブログでゆるめのオフ企画などやっていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

まずは恒例の「流行語大賞」ですが、今年は鼻血ブログ発の流行語が少なかったように感じてます(さすがにネタ切れか・・・)。

その代わり、錦織自身からの名言・珍言は豊作だった年でした。ということで、錦織語録から流行語大賞を(勝手に)決めたいと思います。

まずはこの記事でエントリーを行いますので、候補をコメント欄に書き込んでいただけますでしょうか。よろしくお願いします。順次、吸い上げて下記にリストアップしていきます。

出典(URLリンク含む)などもできればよろしくお願いします。

以下、候補作品(?)一覧です。

エントリーNo.1:へいロンドン

【出典】調査中

【解説】編集中

エントリーNo.2:見とけフランス

【出典】調査中

【解説】調査中

エントリーNo.3:ばくわら

【出典】調査中

【解説】調査中

エントリーNo.4:ひよこちゃん

【出典】調査中

【解説】調査中

エントリーNo.5:今夜はパーティー

【出典】調査中

【解説】調査中

その他計画中の企画

いいアイデアがあったらこっそり教えて下さい。

  • 2012年錦織圭ベストマッチ
  • 錦織川柳コンクール(恒例?)
  • ネタ切れ・・・

11 件のコメント

  • 出典、解説全て調査中ww
    さすがゆるめのオフ企画。
    ふわふわさんもエントリーお願いします。
    これも調べてないので、分かったらカキコミます。

      引用  返信

  • たしか、「見とけ ら・ふらんす」だったような・・・?

    たぶん、2010年全仏でジョコに負けた後の圭くんブログにあったような。(違ってたらごめんなさい)

      引用  返信

  • 今年の流行語大賞、ワイルドだろぉのブレイクを予言してた「ワイルドだぜぇ?」はどうでしょう。4/23の時点ですでに使いこなしてた。しかも海外にいるのにーーって驚きました。当時まだ知らない日本人も多かったんじゃないでしょうか。コメント・・・ん?初っ端からツッミがーw ん?だんちょまでー、しかもあれ一言www すがは鼻血ブログセンス。ということで「ワイルドだぜぇ?」もよろしくです。
    出典:錦織圭公式サイトブログ
    http://blog.keinishikori.com/2012/04/post-136.html

      引用  返信

  • ちょこさん、ありがとうございます!
    改めてみると、この日のブログほんとおかしいですよね~。
    フランスパンとか歯とか、圭ワールド炸裂www

    みとけらふらんす、見つけました。
    ムンママさんビンゴ!

    http://blog.keinishikori.com/2010/05/post-36.html

      引用  返信

  • 「おめでとうじゃありません。ここからがスタートです」
    (長ければ「ここからがスタートです」で)

    【出典】『Sports Graphic Number 818』(12/20号)p.59

    【解説】
    先日発売のNumberの特集内で、高橋尚子と松岡修造がそれぞれ今年のスポーツ界の印象的なシーンを選手の言葉と絡めて振り返る記事より。
    松岡が、全豪ベスト8を達成して帰国した圭に、「これは『おめでとう』でいいのかな」と質問したときの答え。ウィンブルドンでベスト8に入ったときに、コートを転がりながら走り回って喜んだ自分と比較し、次元が違うと語っていました。

    ゆるめの迷言・珍言が幅をきかせそうwなので、少しは真面目系も。
    将来、彼の現役時代を振り返ったときに、「あれ(全豪8強)がスタートだったね」と語り合う錦鯉たちがありありと目に浮かぶ今日この頃。圭の「現役テニスプレーヤーレース」もここから数年が正念場だと思います。「スタート」から一年たった圭がどこまで歩みを進めているのか、2013年の開幕が今から楽しみです。

      引用  返信

  • 「何を打っても入る」

    ジャパンオープン4強入りのときの本人コメントです。
    準決勝、決勝の現地観戦時に、この言葉を何度も実感しました。
    ほんとだ、何を打っても入る。
    今まで見たことのない、違う次元に入った錦織選手を見た思いでした。

    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012100501007

      引用  返信

  • 遅くなりましたが私もひとつ

    正確な言葉を忘れたので、違っていたらどなたか教えてください

    情熱大陸でタカさんのインタビューで話した言葉、

    “タオルはものすごく大事です!”

      引用  返信

  • 錦織語録ではないのですが、今年になってこのブログでよく見るようになった言葉として「対抗シード」があると思います。
    ケイメヒコさんも、大会前の試算の度に「対抗シードに勝つことが大事」とコメントされていました。錦織のランキングが上がったからこそ登場した言葉だし、ノミネートされてもいいかな、と思って書きこませていただきます( ´ ▽ ` )ノ

      引用  返信

  • エントリーがまだ可能ならば

    「ルール、おかしいんじゃない!?」

    これも情熱大陸からですが、長身の選手にサービスエースをバンバン決められて思わずぼやきたくなる気持ち、わかります。

      引用  返信

  • 私もみけさんの「ルールおかしいんじゃないかと思う!」って発言に一票!
    たかさんとの対談中に飛び出した発言でしたよね^^
    ラオニッチとかデルポとかの長身選手にぼこぼこサービスエース決められてる時にマジで思います!と。
    私も、柔道の体重別とまでいかなくても、身長でサービスラインを下げるとかあったらもっと試合が面白くなると思っています(^^)v

      引用  返信

  • ご無沙汰しております。
    残念ながら流行はしなかったけど、ショットの印象度の高さから、ジャパンオープンのラオニッチ戦で魅せた頭上のボールをリターンエースで決めた、修造師匠ネーミングの「スペースK」(だったっけ?)を、エントリーしたいと思います!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。