アカプルコ1回戦 過去2敗しているモンタニェスと

アカプルコのドローが発表されました。

www.atpworldtour.com/posting/2012/807/mds.pdf

錦織は第4シードで出場し、1回戦はクレーコーター(クレーコートを得意とする選手)のモンタニェス(英語読みだとモンタネス)と対戦することになりました。

錦織はこのモンタニェスと過去2回対戦していずれも敗れています。

2008年3月 マイアミ1回戦 モンタニェス 7-5,6-2 錦織圭
2010年8月 USオープン3回戦 モンタニェス 6-2,2-1 ret. 錦織圭

2回とも、勝利が期待されていながらの負けだったのでよく覚えています。

2008年当時は、戦績を見ると完全なクレーコーターで、ハードコートの戦績はあまりないから行けるだろう、という予想が大勢でしたが、当時18歳で未完成だった錦織圭に対してはやや過剰な期待だったかと思います(もちろん勝てる可能性はあったかと思うが、ベテランが若者を熟練の試合運びで翻弄することはよくあること)。

2010年の対戦はチリッチとの灼熱の中5時間半の試合を制した後でしたのでリタイアとなりました。

いまやランキング的にも過去1年の大きな大会での成績としても錦織が上になりましたが、この過去2回の対戦成績だけでなく、プレー内容そのものを見てもモンタニェス強しの印象があります。ましてや今回はモンタニェス得意のクレーコートということで、勝って当然と思わない方がいいと思います。むしろ、ここで錦織が勝つようなら全仏にもかなり期待が持てるでしょう。

昨年後半からの錦織の充実ぶりと、モンタニェスのクレーコート適性と実績を互いに考慮しても勝負は五分五分と見ます。

2回戦はMachadoとシャルディの勝者。シャルディも全仏ベスト16の実績がある選手ですが、他にも生粋のクレーコーターがうよいっよしている大会ですから、全仏を見据える上でもここは勝ちを期待したいところ。

準々決勝はフェレーロ、バブリンカ、モナコと強豪揃いの山の勝者と対戦です。どこに入っても厳しいですね。

個人的にはもう1回バブリンカと対戦し、こんどは錦織がバブリンカ対策で勝って欲しい。

準決勝はアルマグロとベルダスコの山。この2つの山は比較的シードが順当に上がってきそうな山です。

決勝はフェレール、ナルバンディアンあたりが濃厚でしょうか。ぜひ、この2人のどちらかとの決勝を見たいですね。

公式ブログによると、自分のプレーが悪くて負けたわけではないとのことですし、感触は悪くなさそうです。ぜひ上位進出を期待したいですね。

Buenos Aires 3R – 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COM

8 件のコメント

  • 1回戦のMontanesがいきなりの正念場だと思います。

    それにしても、その後に続きそうな決勝までの予想カードを見ると、ブエノスアイレスと本当そっくりなドローになりましたね。

      引用  返信

  • Montanesは、ブエノスアイレスで初戦ゴンザレス様と対戦、途中棄権してますね。どこを患ったのでしょうか。但し出場して来るからにはある程度できるという判断でしょうし全く侮れない相手ですが。

    私は実は、そのゴンザレス様との対戦を半ば恐れ、半ば期待してたところですが。。ドローには名前が見当たりませんね。

      引用  返信

  • from Kobeさん
    フェルナンド・ゴンザレスはブエノスアイレスはワイルドカード(WC)での出場でしたが、さすがにメキシコで行われる今大会ではWCはもらえなかったようですね。(1枚余ってたのに・・・) その彼もマイアミマスターズを最後に引退という宣言。お仕置きフォアハンダーズの1人がいなくなるのは寂しいなぁ。

    http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2012/02/Features/Gonzalez-Announces-Retirement.aspx

      引用  返信

  • あ、上の記事を読むと、マイアミの他はサンパウロとブエノスアイレスの2大会のみに出るって本人がアナウンスしてたんですね。そっかそっか。

      引用  返信

  • モンタニェスですか。チリッチ戦の後にリタイアした試合は記憶に新しいですけど、2008年の試合は全く覚えてないです(^^;)

    3回戦(準々決勝?)であたる山(モナコ、フェレロ、ワウリンカ)は
    確かに強豪揃いですね。かわいそうなのはフェレロですね。ブエノスアイレスでは第4シード錦織を引き当て、今回はノーシードを引き当てたにも関わらずワウリンカですからね…(^^;)

    それにしても錦織はATP500レベルで第4シードとは大したところまで来たもんですね。でももしドバイに出てたらノーシードになるとこでしたか。怖い怖いっ。でも話題は全部ドバイに持って行かれそうですね(^^;)

      引用  返信

  • ひろQさん:

    情報有難うございます。そうかあ~、ゴンザレス様ついに引退なんですね。。数少ないシングルハンドの強打者で、お気に入りのプレイヤーの一人だったんですが(顔怖めですけど)。残念です。

    う~ん、そうなら、マイアミでの対戦、実現しないかなあ。。引退していく大ベテランに、新進気鋭の錦織君が最後の引導を渡す(いやいや丁重に送別試合を・・)、って感じで。。

      引用  返信

  • ゴンちゃん引退か〜
    淋しくなるな〜

    私の好きな選手のうちの一人です。
    バチっと打つフォアはとても魅力的です

    あの、ちょっと恐そうな顔が笑うとかわいいのです。
    情報ありがとうございます。

    圭くんの応援ブログなのに失礼しました

    圭くんは別格ですのでゆるして

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。