錦織圭、シンガポールでClash of Continentsに出場中!


錦織圭、シンガポールに参上!

日本での怒涛の「お仕事ウィーク」が終わり、錦織圭はシンガポールでエキシビション大会の「Clash of Continents」に出場しています。

※エキシビションマッチとはATPポイント対象外の非公式試合。先週のドリームテニスARIAKEもエキシビションの一種です。

このClash of Continents、訳すと「大陸間のケンカ」あるいは「大陸間の激突」といった感じでしょうか。その名の通り、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアから代表選手が1名ずつ出場し、総当たり戦で勝敗を競います。

エキシビションマッチの中でも競争的要素が強い大会と言えるでしょう。

アジア代表はもちろん錦織圭ですが、他の大陸代表も強豪が揃っています。

それでは各大陸代表を紹介しましょう!

まずは北アメリカ大陸代表、サム・クエリー(アメリカ)です!

(Photo from Clash of Continents)

クエリーは欠場したフィッシュに代わっての出場です。ランキングは22位と錦織より下ですが、対戦成績は3勝1敗と勝ち越しています。

続いて南アメリカ大陸代表はフアン・モナコ(アルゼンチン)です!


(Photo from Clash of Continents)

モナコのランキングは12位です。

ナダルと仲が良いことで知られるモナコですが、スペイン人ではありません。アルゼンチン人です。

え?知ってる?失礼しました・・・。なぜか私、ときどきモナコがスペイン人だと勘違いしちゃうんですw

ですので確認のため書きましたw

去年のデ杯決勝はスペインvsアルゼンチンでしたので錯覚全開。

一緒に写真とかに写っちゃったりしてるもんですから、モナコ=スペイン代表、とか思いこんじゃって。

で、ナダルと試合してるもんですから「あれ・・・なんで・・・?」とか思ったりもして。すぐ気付きましたけど。

大事なことなので2回言います。モナコはアルゼンチン人です!

ちゃんと覚えとけよ・・・。

続いてヨーロッパ代表は、にっくきヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)です!!


(Photo from Clash of Continents)

ご存じ錦織圭の天敵!対戦成績はティプの5勝0敗!!

私が勝手に作ってる「覚えとけリスト」堂々の第1位!!

でも・・・ティプのテニス好きなんだよなあ・・・。かっこいいし。「にっくき」なんて書いたけど本当は・・・好き(はあと)。

と、気持ち悪さ全開の文章はこのくらいにして。。。

あれだけ去年当たったのに今年は1回も対戦なし。そろそろ錦織も勝てるころだと思うんですが・・・。対戦したい選手No.1(だから私が対戦するんじゃないのに・・・)だったのですが、ここでエキシビションとは言えチャンスが巡ってきました。

絶対勝てよ!錦織!!

いや・・・すいません・・・。あんまり無理矢理頑張らせてもいけませんよね。これはエキシビション。楽しく。そのうえでいろいろ試してみていい感触をつかんでもらえば。

オフシーズンだし、練習不足だし、故障明けだし、調整中だし・・・。うん、分かってる。分かってるよ。錦織・・・。

でもやっぱりできれば勝ってほしいな!!

ごめんなさいごめんなさいもう言いません

最後に我らがアジア大陸代表、錦織圭!!


(Photo from Clash of Continents)

もはや日本のみならずアジアのスーパースター! 故障のたびに不死鳥のごとく蘇り、ファンの期待に応え続ける若武者!! 逆転さん!!! 動物に例えるとペンギン!!!!

以上、選手紹介でしたが、皆様お気づきでしょうか・・・?

今日は画像付きです!

いつも文字ばーーーーっかりで殺風景、読みづらい、華がない、鼻血のバカヤロー変な邪推してんじゃねー!、などと散々な評価の当ブログですが・・・一応、著作権と肖像権には一定の配慮をしておりまして・・・。

ですが今回、Clash of Continentsにメールをして画像使用の許可をお願いしましたところ、リンクで出典をたどれるようにすることを条件に、許可してもらえました!ラッキー!(ダメ元でも言ってみるもんだ)。

というわけで今日は久しぶりに画像を交えつつの記事です(テンション上がってます)。Clash of Continentsさん、ありがとう!

精力的に情報発信するClash of Continents

さてこのClash of Continents、ネットを使った広報活動にかなり力を入れているようで、Facebook、twitterそして公式サイトを駆使してとにかく情報発信の頻度が多いです。

Facebookでは数カ月前から毎日のように話題を提供していました。

残念ながらライスト、ライスコはありませんが、大会期間中の今はさらに精力的で、試合経過や写真などたくさん載せてくれてます。

ぜひチェックしてみてください。

Clash of Continents 大会公式ホームページ

Clash of Continents Facebookファンページ

Clash of Continents twitterアカウント

錦織圭の勝算は?結果は?

エキシビションとはいえはっきりと順位が決まるこの大会、なんだかんだで勝敗の行方は気になりますよね?ところで気がつきましたか?

どの選手にも錦織は負け越している・・・w

これはいいリベンジの機会かもしれません。

まあエキシビションなんで勝敗はさほど気にする必要はないですけど、それでもやっぱり、勝ったら嬉しいですよね!

特にティプサレビッチには・・・!(しつこい)

記事のアップが遅くなってしまったので初日の結果がすでに出てしまっています。

錦織圭、本日はモナコとクエリーと対戦しました。

モナコに負けたあとクエリーに勝利したそうです。

Juan Monaco (S. America) def. Kei Nishikori (Asia), 7-6,6-2
Kei Nishikori (Asia)
def. Sam Querrey (N. America), 6-3,6-4

そのほかの2試合の結果は以下の通りです。

Janko Tipsarevic (Europe) def. Sam Querrey (N. America), 7-6,6-2
Janko Tipsarevic (Europe) def. Juan Monaco (S. America), 7-5,3-6,10-5

※1セットオールの場合は10ポイントスーパータイブレーク

初日を終えての順位は以下の通りとなりました。

1位 ティプサレビッチ 2勝0敗 得失セット 4-1
2位 モナコ 1勝1敗 得失セット 3-2
3位 錦織 1勝1敗 得失セット 2-2
4位 クエリー 0勝2敗 得失セット 0-4

(公式サイトの結果ページ → Clash of Continents 2012

明日は錦織vsティプサレビッチ、モナコvsクエリーの2試合と、女子のペン・シューアイ vs ダニエラ・ハンチュコワの試合が組まれています。

錦織の最終順位は1位から4位まですべての可能性が残っています。

錦織が優勝するためにはティプにストレートで勝利することが必要です。このとき2勝1敗でこの2人が並びますが、錦織の得失セットが4-2となり、4-3のティプを上回ります。

しかしそれでもモナコがクエリーに勝利すれば得失セットが5-2または5-3となり、2人を上回ります。

錦織がティプにストレート負け、クエリーがモナコにストレート勝ちすればお互いに1勝2敗、得失セット2-4で並びます。

公式サイトのResultsを見るとどうやら得失セットが同じ場合は得失ゲームで決まるみたいですので、この場合はスコア次第で3位も4位もあり得るということでしょう。

錦織がティプにスーパータイブレで勝ち、モナコがクエリーに負けると錦織が2位です。その他、スコアによって順位はかなり流動的に変化しそうです。

楽しそうな錦織圭の姿をご覧ください

画像OKということで、シンガポールでの錦織圭の様子をご覧いただきましょう。リンクを貼っておきますのでFacebookページなどでも確認してください。他にもたくさん画像があります。

(Photo from http://www.facebook.com/ClashofContinents/posts/460455460678350)

本日の試合前の写真です。リラックスしてますね。現地ファンの多さに驚いたようですが、そろそろ自分がスーパースターであることをちゃんと分かってほしいものですw

現地の人の写真を何枚か見ましたが日本人・・・?と思うくらい似ていますね、あるいは現地在住の日本人の方が多かったのでしょうか?

(Photo from http://www.facebook.com/media/set/?set=a.382391485175947.92611.351985944883168&type=3)

サイン会で現地の子供たちと。一生の思い出になるでしょうね。

(Photo from http://www.facebook.com/media/set/?set=a.382387131843049.92609.351985944883168&type=3)

走る長友・・・じゃなくて錦織。足首はサポーターなしでしょうか?診断の結果、靭帯に問題なく、手術も必要ないという報道もありましたし、大きな心配はないかもしれませんね。

その他、写真は以下のアドレス等で見ることができます。

Clash of Continents
(Facebookより)

Clash of Continents 2012
(公式サイトより)

最後に大会のプロモーションビデオを貼っておきます。

11 件のコメント

  • 団長、なんかテンション高いんですけど(;^_^A

    でもでも、当然ですよね!!(‘-^*)ok
    アチキもティプ戦の勝利、激しく希望(≧∀≦)

    バモス!!圭!!

      引用  返信

  • あえてテンション高くですよ、あえて。
    あえてフォア!のようなもんです。

    それよりプロモーションビデオ・・・。

    ティプをSerbia’s #1て・・・。

      引用  返信

  • あえてフォアwww
    吹きました。
    (記事と関係ないコメントですみません)

      引用  返信

  • 無断で錦織選手の写真をコピーして、許可を取らず勝手に自分のやっているテニスブログに載せている人たちっているんですよね。Facebookの場合、シェアという形で共有することが出来ますが、一般のブログやウェブサイトでそれを見つけると、これってまずくないの?ズルいんじゃないのっていつも思ってました。やっぱり鼻血ブログのように著作権や肖像権に配慮して、相手に許可を取るべきですよねー。

    それはそうと、錦織選手、足首の怪我が大したことがなくてホッとしました。
    公式ブログでは足首の診断結果については何も書かれていなかったので、ようやく分かってホッとしました〜。
    エキシビションは無理せず、楽しんでほしいです。
    それでも確かに、ティプには勝ってほしいですwww
    5勝0敗はやっぱり、鼻血さんと同じく、悔しいですw

      引用  返信

  • 公式さんのtwitter では
    カウントをつぶやいてくださるので、
    その場の状況を楽しみたい方はフォローしてみてください。
    (写真も上げてくれています)

      引用  返信

  • ティプですが、この間楽天で、対策練りつつ観戦してたら、うっかりちょっと好きになってしまいました。相手が反則サーブのラオニッチだったこともあって。錦織に今回ぜひ攻略の糸口を見つけて欲しい。

      引用  返信

  • 大会公式さんが、圭くんの棄権をつぶやいてますね。
    ティプ戦、楽しみにしてましたが…
    残念だけどしょうがない。
    あと一ヶ月でなんとか完治しますように!!

      引用  返信

  • ピコですが、私もついついモナコをスペインと勘違いします。
    四大陸からの代表?
    ヨーロッパからはモナコなのね、と。
    そんなとき、団長と同じく昨年のデ杯決勝を思い出しますが、
    らふぁが優勝歓喜の輪を抜けて、デルポ、モナコのところへ行き
    頬を寄せて心を通わせたシーンを思い出し、
    デルポ=アルゼンチン、デルポと同じ国、モナコはアルゼンチン
    と連想します。

    今回試合後のピコと圭。
    二人とも笑顔で仲が良いのが伝わり
    こちらも嬉しくなりました。

      引用  返信

  • namicchiroさん、情報ありがとうございます。
    残念だけどエキシビで無理する必要もないし、ツァー中よりハードなお仕事ウィークでしたから仕方ないですね。
    ティプさんとの対戦は来年の楽しみに取っておきます。

    Get Sports こちらでは毎週放送しているのに今日に限って別番組のようです。ショック・・

      引用  返信

  • 公式facebookには、本人のコメントで「クエリー戦で手首を痛めた」とありますね。来シーズンまであと1月は、リハビリとトレーニングですね。オーストラリアで元気にコートを走り回る姿を期待しています。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。