No.1争いに名乗りを上げよ!2014USオープン準々決勝 バブリンカ戦プレビュー

コリコリさん風にタイトルを付けてみました。

これまで「次世代の」No.1候補として語られてきた錦織ですが、現世界4位のグランドスラムタイトル保持者を、グランドスラムの準々決勝という大舞台で破ることができたとしたら、それは「現実のNo.1争い」に参戦するという意味を持つと思います。

準決勝はジョコビッチあるいはマレーとの対戦となることからも、少なくともトップグループへの挑戦権を得るための戦いとして位置付けられるでしょう。

勝算と作戦

錦織とバブリンカは2012年に2度対戦し、いずれもバブリンカが勝利しています。2試合とも、勝負どころを落としてのストレート負けでした。

当時と比べると錦織の方が成長は大きいものの、バブリンカも全豪優勝をはじめ、今年に入って全盛期を迎えています。足元を掬われる早期敗退もまだありますが、元々そういった波があった故に20位前後のランキングに停滞していた選手でしたから、むしろ安定感が増したと言えるでしょう。

錦織の成長が著しい今年、個人的見解としては今の実力は五分五分だと思いますが、実績から判断するとややバブリンカ優勢との評価が一般的だと思います。

バブリンカの特徴は何と言っても振り抜き鋭いバックハンド。
クロスにもストレートにもスーパーショットが飛んできます。
クロスでは錦織も引けを取りませんが、ストレートの速さ、そして一杯に入ってくるコントロールはバブリンカが上だと思います。
「鉄のスタン(iron stan)」と異名をとる無尽蔵のスタミナも脅威です。

プレイスタイルは異なるものの、攻撃的なストロークを打つという点では共通点のある2人。錦織は攻めが単調にならないようにバリエーションで対抗することが良策と見ます。

負けた2試合では攻め球を選んでいるうちに先にバックのストレートを打たれたことが直接の敗因になりました。
(ブレイクポイントでクレーコートのベースライン上を滑るバブリンカのバックハンドが目に焼き付いています。)

当時、「錦織の攻略法が分かった(中身は内緒)」と宣(のたま)ったバブリンカ。実際のところ、このバックのストレートがその攻略法だったのではないかと思っています。錦織はフォアのグリップが厚い選手の宿命で、当時はフォアのクロスの切り返しに今ほどの鋭さがありませんでした。

今はマイケル・チャンの指導もあり、攻めれる球は迷わず早いタイミングで打つスタイルを確立させましたので、同じような展開にはならないと思います。

時にはドロップショットなども織り交ぜつつ、バブリンカに強打の球を絞らせない多彩な攻めができれば錦織に有利に試合が展開するでしょう。また、錦織はバブリンカ相手でもそのような戦い方ができる数少ない選手の一人です。

進化した錦織と充実したバブリンカ、勝利の女神がどちらに微笑むか今から楽しみです。

全米準々決勝 vs.スタン・バブリンカ 対戦情報

  
 US Open (GS2000)
 [Surface:Hard,Draw Size:S-128]   
 Quarterfinal
  
対戦相手:[#3]Wawrinka, Stan (SUI) 4位 29才

  • キャリアハイ3位(27.01.2014)
  • 最近は苦手なサーフェースはない。2008北京五輪ダブルス覇者
  • 片手バックハンドのコース打ち分けが絶品
  • 今季は全豪(GS初)モンテカルロ(MS初)、チェンナイで優勝。ツアー優勝は通算7回。
  • 全米プレシリーズでは、トロントでAnderson(21位)に3R負け、 シンシナティではCilic(19位)にフルセット勝ちするもQFでBenneteau(41位)に6-1,1-6,2-6負け。
  • 本大会では、Vesely(75位)には3セット勝ち、Bellucci(91位)&[#16]Robredo(18位)には4セット勝ち、Kavcic(92位)には不戦勝で2年連続のQF進出
  • 全英以降の公式戦成績は7勝2敗(圭は6勝1敗)

対戦成績
 2敗(2012ブエノスアイレスQF:4-6,2-6、2012シンシナティ3R:3-6,3-6)
  
試合日時
 現地時間:9月3日(水) 11:00開始の第3試合 NB15:00 [Arthur Ashe Stadium] (日本時間:9月3日(水) 24:00開始の第3試合 NB明朝4:00
 ※朝4:00にスタンバイしましょう。
   
天候予報:晴れ
  
生観戦手段

  • 大会公式ライブスコア
  • WOWOWライブによる生中継
  • NHKによる生中継は今回はなし。

勝利獲得Pt:360pt(今大会720pt、9/8付年間RK最高9位レースRK最高9位)+鼻血賞
  
平均OddsWawrinka1.55 vs.圭2.45

応援フード

圭くん、夢に向かってGO!
私、鼻血が出るまで応援しますっ!

micchi

 
food-wawrinka3-micchi 

56 件のコメント

  • 冷静に。やりなおし。
    勝ったぁ!
    凄いこんな表情になるんや。
    おめでとう。錦織選手。
    おめでとう。皆さん。

      引用  返信

  • これまであれだけ手も足も出なかったバブリンカに
    真剣勝負のグランドスラムの舞台で互角の戦いで
    3セットも取って勝つなんて…
    団長の分析通りでしたね
    しかし圭くんの成長は私の予想をはるかに超えていました
    もう完全にトップ選手に仲間入りしたし
    No1争いに名乗りを上げましたね
    これまでで一番嬉しいです

      引用  返信

  • QF後の記者会見によるとラオニッチ戦のあとホテルに帰って寝ることができたのは朝6時ごろだったそうです。過酷なスケジュールの中で素晴らしいパフォーマンスでした。ご両親もご観戦されているそうなのでより心強いですね。次戦に期待してます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。