【鼻血対象試合】準備は万端、「何か」を起こせ錦織圭!(2016全豪準々決勝: vs. ジョコビッチ)

よくぞここまでたどり着きました。王者への挑戦。

ロッドレーバーアリーナのナイトセッションに入りました。

1/26(火)、現地時間で19:15以降、日本時間で17:15以降です。

とりあえずプレビュー動画を見ながら気持ちを盛り上げましょうか。

試合の展望

4回戦の勝ち上がり方は対照的でした。
難敵ツォンガをストレートで降し、勢いに乗る錦織に対し、100ものエラーを犯し珍しく不安定さを見せたジョコビッチ。
4回戦の錦織と、4回戦のジョコビッチが戦ったら錦織が勝つでしょう。

しかし、王者は必ず立て直してくると見るのが大勢の見方でしょう。
下馬評ではジョコビッチ有利は動かないと思いますが、いくら本人が「問題はない」と否定しようが4回戦のテニスで見せたほころびは、影響ゼロとは言い切れないのではないかと思います。
錦織が4回戦のジョコビッチのようなプレーで勝ち上がったら、おそらく誰もが不安になるはずです。
ジョコビッチなら逆にまずいプレーがプラスに働くというというよりは、やはりマイナス要素であると考える方が常識的だと思います。
少なくともジョコビッチが気を引き締めてくることは100%間違いありませんが、それは盤石の勝ち上がりだったとしても同じこと。
錦織が挑戦者の気持ちで向かっていけることも100%間違いないので、この挑戦者がぶつかったとき、「何か」が起きるかもしれません。

我々も「何か」を目撃する準備はできていますよね。

4回戦の錦織が4回戦のジョコビッチを上回っているという見方は、「実力が重なっている」ということを示しています。
平均的なジョコビッチと平均的な錦織が戦ったら錦織が不利ですが、出来のいい錦織だったら十分にジョコビッチを上回る可能性があるということ。
実力的に相手が上でも試合展開次第で勝ち負けになるということは、つい昨日シモンが見せてくれたばかりです。
シモンの粘りがジョコビッチのエラーを引き出した側面もあるでしょう。
シモンにしても最初の方は攻撃を重視してブレイクバックする場面がありました。その日の試合展開の中で試行錯誤した結果、ペースのないボールが効果的という結論にたどり着きました。
錦織とシモンではプレースタイルが違うので、安直にシモンの真似をするのは得策ではありません。まずは自分のプレーに徹しつつ、その日有効な作戦を模索していくスタイルをとることになるでしょう。その一つのオプションとして「シモン風根性ドしこり」も頭の片隅に置いておくと何かの役に立つかもしれませんね。でも、遅いペースのラリーを取り入れるとしても最終的には攻撃するのが錦織テニスでしょう。
鉄壁ジョコビッチを打ち抜く姿を今からイメージしています。

もちろん鼻血対象試合ですよ!!

応援フード

絶対王者のジョコビッチへの挑戦権をもぎとった圭くん!
この試合に熱い闘志を燃やしているはず
ぜひとも風穴をあけてほしいとの期待を込めて
錦鯉空気砲をつくりました
圭くん、王者を吹っ飛ばしてね〜
(作るとき、間違って王の上に十をつけそうでした 危なかった〜)

micchi

food-djokovic8-micchi

217 件のコメント

  • 初めまして
    圭くんの試合には、ついつい力が入ってしまい試合が終わると、どっと疲れてしまっています
    試合中ミスすると、なんで!とかいいまくりです^^
    そんな時、圭くんが顔を歪めて悔しそうにしているのを見ると
    そうだ、彼が一番悔しいに決まってるって思い直すんです
    また、この試合から一段も二段も立ち上がってくれることを信じて
    応援するのみです!

      引用  返信

  • レビュー記事に手間取ったら案の定、こっちにコメントが集中してもうたw
    レビュー記事アップしたのでそっちに移動してくださいー
    今日は試合中に立てれなかった・・・

      引用  返信

  • うーん、ラオニッチのがメンタル強いといえる根拠がわからん。錦織圭がファイナルセットで追い込まれて勝利をもぎ取る姿を何度も見てきた。
    大舞台で力を発揮したからファイナルにも出れた。
    今回の敗戦から実に短絡的な判断だなと

      引用  返信

  • 錦織選手、残念でした。深いところ狙って、力んでしまったミスも、それくらいしないとジョコビッチ選手からウイナー取れないからだと思います。ジョコビッチ選手のファースト入らなかったのも、錦織選手のリターンを恐れてたように思えます。それも錦織選手の大きな武器ですよね。ストレートでまけましたが、最後まで顔つきは良かったです。体のいろいろなところ痛めながら、勝負を最後まであきらめないかぎり、チャンスは絶対やってきます!大事なところで硬くなるのも、経験を積みながら、慣れていき、ジョコビッチ選手やフェデラー選手のような強靭なメンタルを身につけていくんだと思います。今年はグランドスラムやマスターズで、まずはベスト4の常連になれたらうれしいです。

      引用  返信

  • 大会中にも的外れなことを私いいますけど、試合中には言わないようにしてます。ネガティブてぃと思われているかもしれませんが(そして禅問答の鏡像理論からイケていない人生を送っていると)、試合中はできる、やれる、大丈夫。もうその気持ちを持ち続けるしかないと心得ています。戦いが始まってしまったら試合中に嘆いても仕方ないこと。ポジティブバイブを全仏では皆さんと一緒に送りたいと思います!また集まりましょう!!

      引用  返信

  • とりあえず、メンフィスはパスして欲しいです。

      引用  返信

  • 草トー、JOP大会、国際大会を問わずに、沢山の試合を自分自身で見て下さいm(__)m
    打球音、選手の一挙手一投足、駆け引き等・・・自分自身でテニスを見て、聞いて一球一打の意味を考える。
    その日の環境、相手の調子を見極める・・・沢山のやりとりがレベルを問わずに行われています。
    非難をするのは簡単です。誰にでも出来ます。その中にある意味、成果を見つめてみませんか?m(__)m

      引用  返信

  • 持論ですが、やっぱりジョコの一番うまいところは対戦相手にリスクを取らせたショットを打たせる状況に持ち込ませる事と勝負ポイントで自分のギアを上げて逆にリスクを賭けたショットを打つ事だと改めて認識させられ試合でした。内容的には決して負けてないので悔しさが溢れてきます。ジョコのストラテジー、正に恐れべしですね。

      引用  返信

  • ザップさんの意見、
    「やっぱりジョコの一番うまいところは対戦相手にリスクを取らせたショットを打たせる状況に持ち込ませる事と勝負ポイントで自分のギアを上げて逆にリスクを賭けたショットを打つ事だと改めて認識させられ試合でした。」
     
    に、賛成。

    「内容的に決して負けてない」とは思わなかったですけど、
    ジョコビッチの試合運びの巧さというか、
    勝つための技術が誰よりも長けていることが
    今更ながらによおく解った試合でした。
    本当にジョコビッチは恐るべしです。

    錦織選手は足を痛めていたことが、ミスの多さと
    無関係ではないのかもしれませんね。

      引用  返信

  • @mikaさん

    いつもなかなか厳しい意見を投稿していますが、錦織君のファンですよね?期待の裏返しですよね?
    でも、不満の捨て台詞みたいな投稿は悲しいです。
    自分のフラストレーションのはけ口に利用しないでください。

      引用  返信

  • すごく興奮した試合でした。楽しかったー
    自宅で家族で観戦していても、おのおの評論家のように解説したくなりますね、テニスって。

    解説坂本さんの事前勝率予想、“20%”という数字が
    二人の力関係を冷静にあらわしているように思われて、とても共感できました。

    こちらのみなさんの様々な意見、参考になります。
    それぞれに「いいね!」が押せたらいいですね

      引用  返信

  • ねね@zeug
    欧州人は 如何に生き残っていくかを 長い歴史の行程で 血脈dna化してるかを暴露感心させられましたネ!特に バルカン系セルビアンの血の中に。日本人にはとてもじゃ無いけど フォロー出来ない面があるのを 感じますネ!”シングル の テニス マッチ”(サッカーの様にグループで無い)の場合に 又 見せ付けられました今回のジョーコに対して。生き残り組人種代表です。向こう側から見る 日本人の 錦織を 考えて見て下さい。プロテニスは ハイエストレベルの技術と アスレティシズム テニスIQと野心を 求められますが ソレ以上に知的策戦を持って掛からないと相手は常に隙を探しながら攻めて来ます、だから我々はテニスジャンキーになったのかも知れませんネ? ここで日本人が この急所を一大改革して目を覚まさなければならない時にきてる反面 その 純日本的な錦織にスポットを当てて アイデンティファイした時に 痛みを感じてしまうのかも知れませんネ! 錦織圭がこれから通る プロセスを 見守りたいとお互いにですネ!

      引用  返信

  • @錦織のフォアさん

    「そうなってしまった時」が既に問題なのであって「そうならないように先に展開しなくてはならない」という記事であって、フォアを技術的に修正するのではなくその過程の修正なんじゃないですかね?ツォンガ戦まではあまり無かったけど、ジョコ相手には頻発してしまった事から、ジョコの返球の質の問題がそうさせられてしまったのかと理解しています。まぁ、それじゃあ勝てないじゃないかと言われると「何かを変えないといけないかもしれない」とは思いますけど(本人もそう言ってるし)。

      引用  返信

  • @air-a15ice
    返事するのも嫌になりますが
    私の今までの書き込みを見ていれば
    常に錦織を期待し応援してると言うのがわかると思いますけど・・・
    悪い時だけ来て書き込むアンチや過小評価ですぐに限界を語るようなことは
    人の方を批判してください
    現実の問題点を書いたらフラストレーションだとか勝手に決めつけないでください
    あなたの書き込みが不快です

      引用  返信

  • mikaさん

    絶対反省しようとしない
    あなたの書き込みこそ
    いつもいつも不快です。

      引用  返信

  • 書きこみに対する反論でなく個人の誹謗中傷はやめてください
    反省するのはあなたの方

      引用  返信

  • 久しぶりに書き込みます。

    錦織選手へのマスコミ報道はおかしいです。
    メンフィス優勝が前人未到とかおかしいでしょ。
    一昨年の全米後の錦織選手は、ビック4に勝てると発言していました。
    ところが昨年は、ドロー有利のポジションであったのにも関わらず、ランキングを落とした。

    それは上位選手との差が縮まっていないことの証左です。
    まずはマスターズ1000のタイトルに照準を当てて欲しいですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。