2018モンテカルロ2回戦 vs. メドベデフ プレビュー

モンテカルロの美しい写真!

モンテカルロ在住のフォトグラファー、Erika Tanakaさん(@ErikaTanaka_)がツイッターでモンテカルロの写真や動画をたくさんアップしていますので紹介させていただきます。

錦織の写真もたくさん!
モンテカルロの美しい風景(山あり、海あり)をアーティスティックに表現されていてみとれてしまいます。
ぜひフォローしてみてください。

私のお気に入りの写真はこれ。


青い海をバックに、錦織が飛び跳ねるイルカに見えます。
ダンテとチャンは調教師。

下はローマの闘技場を思わせます。クレーコートはまさに「戦いの場」って感じで好きです。

モノクロの写真も芸術的です。

Erikaさんのウエブサイトにもたくさんの写真がありますので、ぜひご覧ください。
Erika Tanaka Photography

Instagramも。
Erika Tanakaさん(@_erikatanaka_) • Instagram写真と動画

試合の展望

最近は「メドベージェフ」の方が主流なんでしょうか? どうしても「アンドレイ・メドベデフ」(1999全仏、アガシの生涯グランドスラム達成時の準優勝者)のイメージがあるもので。当時はみんな「メドベデフ」と呼んでいました。

まあいいや。このブログでは昔から明かな間違いでなければ選手名の表記揺れは許容の方針です。
みなさんもあんまり表記で悩まないでください&他の人との細かい違いは受け入れてください。
ベルディヒでもベルディフでもベルディハでもOK。英語圏の人はバーディッチとか言ったりもしますがこれもOK。

話が逸れましたがメドベデフ。年初のシドニーで予選から優勝した選手で、全豪でも1Rでコキナキスに勝利するなど、とにかく危険な香りのする選手。伸び盛りの若手でありましょう。

今年すでに117本のサービスエースを放っており、1試合平均だと7本弱。私は1試合平均で8本がビッグサーバーの基準だと思っておりますが、それには少し届かないものの、198cmという身長も加味するとビッグサーブに要注意、といったところかと思います。

すいません、最近の若い選手の情報をあまり仕入れてなくてお恥ずかしい限りです。

今の錦織で最も心配な点はやはり右手首。1回戦後は「治療して様子を見る」と言っていましたが、その後の状態はどうなのでしょうか? 無理だけはしないでほしいところ。

次に心配なのはフォアハンドですが、どうも1回戦後、「フォアが課題」という声がものすごく耳に入ってくる気がします(ネット、TVの解説、周囲の評価)。
これは私も同感なのですが、「今頃?」という感もあります。
1回戦のフォアは課題がたしかに沢山ありましたが、最悪ではありませんでした。正直、もっと悪い試合は過去に沢山ありました。
攻撃できてないとは思いましたが、2ndセット以降はグンとミスが減りましたし、バックハンドが好調なのであれば、むしろフォアは下手に攻撃してリスクを上げるよりはバックハンドのサポート役に回った方が効果的かもと思いました。

ここで言うリスクとは、危険という意味ではなくて結果のばらつきを意味します。フォアで攻撃力があってもミスも多ければギャンブル要素が強くなります。
バックで高確率でポイントを取れる状況であればフォアがその邪魔をしないようにプレーした方が良い、という意味で、実際1回戦ではそのようなプレースタイルでした。

通常、錦織はクレーコートでもっとフォアに回り込むプレースタイルですが、1回戦ではほとんど回り込みを見た記憶がありません。

もちろん理想はフォアでもバックでも攻撃できることですが、「打てばミス」という時期もあっただけに、それと比べたら上手くまとめてるとも言えると思います。
なにやら急に「フォアがフォアが」と言われてる感覚がしているのですが・・・このブログでは私だけでなく錦織のフォアさんらが指摘してきているので、すでにご存じのことと思います。状態は良くなっても悪くなってもいません(試合によりばらつきがあると言い換えてもいいです)ので、「さらに悪くなった」とは思う必要ありませんからね。

フォアハンドはもっと高い打点で打てるようになる必要があるでしょうね。高い打点から前に振る。前に強く振ることで速度だけでなくスピンも増えます。一石二鳥。そのために必要なのは感覚と自信ですね。ラリーが長く続くクレーコートで調子が徐々に戻ってくる期待があります。ですので、1試合でも多く勝ってその機会を得ることが非常に重要です。

1回戦でほとんどサービスエースを取られなかったし、他の選手の試合を見てもやはりサービスエースは少ないですね。しかも皆リターンを確実に返しますね。
そういうところを見てもこの大会は錦織が復活するための格好の舞台だなあと思います。錦織のクレー適性はやはり高いですね。

それにしても、試合が18時から・・・早すぎます。ほぼ、録画でしか見れないこと確定です。

試合情報

大会名:Rolex Monte-Carlo Masters ロレックス・モンテカルロ・マスターズ
カテゴリー:Masters 1000
開催地:モンテカルロ(モナコ)
ラウンド:2回戦
勝って得られるポイント:2回戦進出時点で45+この試合勝利で45=90

試合日時

現地時間 4月18日(水) 11時から
日本時間 4月18日(水) 18時から
@ Court Rainier III

※ モンテカルロとの時差は7時間(サマータイム考慮、日本が早い)

対戦相手

Daniil Medvedev (RUSH) ダニール・メドベデフ(ロシア)

  • ランキング49位(最高48位)
  • 22歳、198cm、81kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):13勝5敗 (錦織は5勝3敗+チャレンジャーで5勝1敗)
  • 直近GS 4大会の成績:18全豪 2R、17全米 1R、17WB 2R、17全仏 1R
  • 年初のシドニーで予選から優勝。コールシュライバー、フォニーニといったトップ30選手を破る。
  • ミュラー、チチパス、コキナキスといった骨のある選手達にも勝っており、危険な香りがする。マイアミではズベレフ弟にもファイナルタイブレの大接戦をした。

過去の対戦成績

初対戦

観戦手段

テレビ

  • 【生】GAORA 4/18 18:00~翌3:30
  • NHK BS1 放送時間未定

ネット

応援フード

はじめは、麺と豆腐のお鍋の予定でした
でも、木綿豆腐を手にとった瞬間、はい、チェンジ!

今できるプレイで頑張る圭くんに、アッツアツの応援送るからね〜

micchi

112 件のコメント

  • 今日の試合の錦織君のフォアに関する団長様の見解をぜひ聞きたいです!

      引用  返信

  • 久々に躍動する錦織選手が観れて嬉しいです!
    ことごとくドロップショットを拾いまくり、
    飛ぶ、走る、打つ!がいっぱい見れて嬉しいです。

    手首のことは「a little sore」と言っているみたいですが
    soreと聞くとどちらかというと、筋肉痛の痛みを思います。
    ですので、clayのシーズンで久々の試合でということなのかなーと個人的には思っていますが、
    圭君時々惑わすから(笑)やはり様子見でしょうかね、チーム圭も私たちファンも。

      引用  返信

  • なにか興奮がさめやらず、寝付けない頭の次回セッピ戦 アンドレアス・セッピっちゅう事で、アンコをまとった(ドレスした)雪見(せつみ、と読む)大福など如何ざんしょ?明日は結構暑くなるらしいしー大きな福が来ることを祈って(笑) あ、深夜に甘味はデブの元か? (実は勝利試合後爆睡しちゃって!)

      引用  返信

  • セッピは今年のポイントランキングでは大会前で24位なので、好調です。実ランキングよりは上と見た方がいいと思います。

      引用  返信

  • おはようございます\(^o^)/
    今日も元気に朝を迎えました!
    Kemikaさん、関西のおっさんさん、ミルクティーさん、
    コメントありがとうございました。共に喜び合えるって
    ホント幸せ❤️って思います。
    今日も無事に錦織選手がコートに立てますように(^人^)

    団長さん昨日は遅くまで仕事かな?ご苦労様です。
    レビュー記事できる範囲でいいので、簡単でもいいので執筆して
    いただけると嬉しいです。あの、躍動した錦織選手をそのまんま
    嬉しいこととして喜んでいいのかどうか、なにか想定しておいた
    方がいいことがあるのか……ハッ(°_°) 無茶なお願いしてるかな。
    スミマセン…団長さんの今感じていること教えてください。

      引用  返信

  • 久しぶりに、応援フードを考える気持ちになってきました。2月までは、実は「仄暗い海の底」に沈んでしまい、中々このサイトを覗く気になれなかったのです。これが、本音です。いつもコメント書きたかったのに、この数ヶ月、その気になれませんでした。錦織ファン失格だと自分で決めてしまって・・・。
    しかし、もうグジグジするのはやめて、吹っ切りますよ。今になって何だよって、言われても耳と目をふさぐことにします。ニワカ錦織ファンと言われようと知らない顔をすることに決めました。
    応援フードに戻って、「アンドレアス・セッピ」ですよね。ウインブルドンで因縁の・・・。うーむ、うーむ・・・
    「アンチョビとレタス」で「絶品(セッピん)」サラダを作って、サンドイッチにして食べてしまうことにします。(^^)

      引用  返信

  • sさん、nakaさん、
    セッピ選手、ラケットを変えて調子が上向き始めたフェデラー選手を2015年全豪3回戦で破ってますね。遡ると2013年?にはウィンブルドン3回戦で錦織選手をフルセットで破っています。
    いずれにせよ、油断できない相手だと思いますが、一戦でも多くプレーできるよう、いや、優勝目指して頑張ってほしいですね(^^)

      引用  返信

  • キリ丼さん,
    ど、どうした?キリ丼さん(^◇^;) お久しぶりです!
    何があったかは想像もできませんが、ここに書き込む気になってくれて嬉しいです
    よ〜( ´ ▽ ` )ノ 昨日の錦織選手のプレーがキリ丼さんにパワーを与えてくれたのでは
    …と思えて余計嬉しい(´-`).。oO
    なんだろう…錦織選手のプレーはただうまい!っていうだけでない人を惹きつけて
    やまない魅力がありますよねぇ。そして元気をもらえる^_−☆
    ここに来ちゃうのも、錦織選手と団長さんの魅力的なコラボでなんかわくわくする
    パワーをもらえちゃうからかなあって思います(⌒▽⌒)

    応援フード…ひねりましたね〜 若干無理があるけど(笑)
    でもいいんです!応援フードは応援したい!って気持ちが一番大事なんだなと最近
    気づきました。私も提案したいのは山々なんですが、どうにも難しくてまだ一度も
    思いつかないんです(T_T)

      引用  返信

  • あけび様
    ありがとうございます。
    錦織選手の長期離脱が最大の原因。更に、自分の仕事や家庭、家族のこと・・還暦を迎える歳になっても、悩み多き日々であります。
    しかし、復活します。(^^)

      引用  返信

  • キリ丼さん,
    復活……はあ〜(^O^)いい響きです!
    錦織選手と一緒じゃないですかあ。
    錦織選手の完全復活までの道のりを一緒に味わえる幸せ❤️かみしめて、
    今夜もご一緒に大いに盛り上がりましょう\(^o^)/

      引用  返信

  • お早うございます。
    錦織選手、メドベデフ選手戦勝利&2R突破おめでとうございます。2nd setは圧巻でしたね。

    ようつべに試合後の英語のインタビューがアップされているのですが、彼曰く
     「プレーしていて凄く楽しかった」← そりゃあの2nd setなら、ね!
     「EUのクレー大会は大好き。どこも楽しくて」← ほっほー、K”L”EI NISHIKORI降臨?
    とはいえ油断は禁物。お体、特に右手と十分相談しながらでお願い致します。

    さてセッピ選手。
    私の中では、何だか錦織選手の節目節目に登場するイメージです。
    また先般のダブルスでは、ラオニッチ選手組のOUTで繰り上がり出場(ROMさま有難うございます)したものの1Rで敗退。
    先々週のデ杯POでは、来日メンバーに名を連ねNo.2としてシングルスに出場。杉田選手にフルセットで敗れました。
    彼にすれば、もうMCはシングルスのみ。そして対戦相手は、デ杯POにいなかった総大将(ゆうたさま有難うございます)と。否が応でも気合十分、気概MAXで臨んでくるのではないでしょうか。

    さあ錦織選手、彼をどう攻略してくれます? 楽しみですね。

      引用  返信

  • FUMA さん、
    コーリィのこと気にかけてくださってありがとうございます。
    錦織選手もコーリィも勝ち進んで幸せいっぱいになっています。

    錦織選手の手首が悪化しないことを祈りながらの毎日です。
    今後のことも考えて無理しないでほしい。
    でもファン心理は勝ち進んでほしいという葛藤があります。
    当分は手首の状態と相談しながらなんでしょうね。
    手首の神様、どうかお願いします。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。