本日のブリスベンは日本祭り!2019ブリスベンQF vs. ディミトロフ プレビュー

本日のブリスベンは日本人祭

錦織圭の次の試合、金曜日になるかと思っていたら木曜日(本日)になりました。油断してました。

そして、本日のパット・ラフター・アリーナ(メインスタジアム)は凄いことになっています。日本人祭りです。

第1試合 ダニエル太郎 vs. ツォンガ
第2試合 内山靖崇 vs. シャルディ
第3試合 大坂なおみ vs. セバストワ
第4試合 錦織圭 vs. ディミトロフ

グランドスラムの1,2回戦であれば、TV放映の関係で「日本人コート」が できることはあります。
しかしこれは、メインスタジアムでの快挙です。
ナダルが棄権してダニエル太郎がLLで入ったという偶然もありましたが、 それだけ日本選手の層が厚くなって来たということ。
今回は特に、内山が予選からここまで勝ち上がってきたということが大きいですね。
ビッグサーブとビッグフォアの魅力がある選手。自信を伴えばトップ100入りもすぐだと思います。

錦織と内山が共に勝ち上がればSFで両者の対戦になります。ツアーSFでの日本人対決は史上初のはず。ワクワクしますね。

錦織 vs ディミトロフ戦の展望

昨年の最終ランキングは19位と奮わなかったディミトロフですが、今大会の仕上がりは良さそうです。

ただ、2回戦の内容を比較すると、錦織の調子の良さが目立ちます。ネットプレーやドロップショット等、プレーの幅も上回っていると思います。

サーブ力はディミトロフの方が上ですので、錦織もキープをしっかりすることが大事です。タイブレーク入り、ファイナルセット入りも十分ありえるでしょう。
錦織は2回戦、サービスゲームの最初のポイントでワイドへのスライスサーブを多用していました。これをクドラが返せない場面が多かったのですが、このサーブでコート外に追い出しおいて、返ってきたリターンを空いたバック側へフォアのストレートで攻撃する、というパターン化を行おうとしていました。

ディミトロフにもこの作戦が通用するか、ですね。ディミトロフはリーチが長いし、慣れてくればストレートへのリターンも打ってくるでしょう。

ディミトロフのサーブは、アドサイドからワイドへのフラットサーブを打ちやすそうなフォームをしていると思います。ワイドでありながら200km/hを超えてきます。

スライスリターンをもらってフォアで攻撃するというのがディミトロフのパターン。あのサーブを鋭角にリターンするのはかなり難しいので、深さが大事です。真ん中でも良い。
スコアに余裕が出てくれば、ストレートや鋭角リターンもやってくれると思いますが、まずはこのサーブで優位を簡単に取られないようにしたいところです。

デュースサイドからは、センターへのサーブをバックでストレートにリターン。バックのクロスをもらって、カウンターでダウンザライン!が黄金パターン。

ショットの基本的なクオリティは互角と見ますが、こういった得点パターンの多彩さで錦織が有利と見ます。

2017決勝のリベンジと行きましょう!

試合情報

Brisbane International (ATP 250)
Quarterfinal
Kei Nishikori[2] vs. Grigor Dimitrov[6]

現地時間 2019年1月3日(木) 19:00以降
日本時間 2019年1月3日(木) 18:00以降
@ Pat Rafter Arena

※ 日本とブリスベンの時差は1時間 (ブリスベンが1時間早い)

対戦相手情報

プロフィール

Grigor Dimitrov (BUL) グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

  • ランキング19位(最高3位)
  • 27歳、191cm、81kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):2勝0敗 (錦織は1勝0敗)
  • 昨年の勝敗(ATP250本戦以上):24勝19敗 (錦織は43勝21敗+チャレンジャー5勝1敗)
  • 直近GS4大会の成績:18全米 1R、18WB 1R、18全仏 3R、18全豪 QF

過去の対戦成績

4勝1敗

2018 Rome Clay R32 Kei Nishikori 67(4) 75 64
2017 Brisbane F Grigor Dimitrov 62 26 63
2016 Canada QF Kei Nishikori 63 36 62
2014 Miami R32 Kei Nishikori 76(1) 75
2013 Shanghai R64 Kei Nishikori 63 64

放映予定

TV

ネット

応援フード

キリ丼さ~ん、どんぶり替えちゃってごめんなさい
まさかデミ丼があるなんてねと思ったら、あったんで作っちゃいました!

圭くん、日本人祭りの最後を笑顔で〆てね~

micchi

Food dimitrov6 micchi

16 件のコメント

  • 2年前は錦織のキレキレワイドサーブが、ディミトロフの開脚リターンで完全に攻略されていたのが強く印象に残っています。
    試合中に崩れる時間帯がありがちなディミトロフ相手に、如何にチャンスを活かせるか・・試合が楽しみです!

      引用  返信

  • ま〜〜つりだ 祭りだ 祭りだ 日本人ま〜つ〜り〜♪
    素晴らしですね。がんばれ日本勢❗
    錦織君の演技の多彩さで、是非ともディミトロフ選手に、リベンジしてもらいましょう。
    旨そうな デミかつ丼 いただきます。

      引用  返信

  • 太郎ちゃんリードしてたのにタイブレークになって僅差で1セット落としました。
    でも互角に戦ってます!
    がんばれ👊😆🎵

      引用  返信

  • ディミに勝つ丼
    て完璧ですね。
    ネットで調べたら
    牛丼松屋系列のトンカツ屋
    松の屋で食べられることが判明。
    昼食にいまから買ってきます!

      引用  返信

  • 内山選手 惜敗としか言い様がない
    ファイナルタイブレーク負け。
    最初のマッチポイントは内山選手の方でした。
    西岡 内山 太郎
    これから錦織は日本人選手のリベンジ祭りで優勝まで行って欲しい。

      引用  返信

  • 師匠、採用ありがとうございます。快勝間違いなし(^^)
    今日のディミトロフ戦、鍵はサービスキープと団長の言葉。お互いにアドサイドのサーブが、ポイントかと・・・
    快勝して、優勝を狙いましょう。ディミトロフの他にはデミノー、ツォンガ、ラオニッチにメドベージェフと結構実力者がそろったトーナメントですから優勝は簡単ではありませんけど、ファンとしてはどうしても期待してしまいます。
    ウッチーは惜しかった・・・タイブレは、常に先行されていたので厳しかったかな~

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事ありがとうございます。
    二人とも調子が良さそうなので最後まで気の抜けない試合になりそう。今からドキドキしています。
    そろそろおせちに飽きて来たので、デミカツ丼がおいしそう。
    岡山名物なんですね。
    錦織選手、今日もがんばれー!!!  \(^o^)/

    太郎選手も内山選手も頑張ってたのに残念でした。
    内山選手は、最後ダブルフォルトのお付き合いをしてしまったのが痛かったですね。非常に惜しかった~。

      引用  返信

  • 団長さん、
    はい、ディミトロフ選手のリーチの長さ、足の速さは脅威ですよね。でも錦織選手が引き出しの多さで対抗し、押さえ込んでくれると信じて全力応援します。

    太郎選手と内山選手は惜しくも負けましたが、大坂選手はセバストワ選手にセット先取されるも、第2セット以降は見事に切り替えて圧倒しました。
    このいい流れがナイトセッションも続きますように。

      引用  返信

  • とっても出遅れてしまいましたが😅😅😅💦
    団長、錦鯉の皆さま、明けましておめでとうございます❗m(__)mm(__)m♥️⤴️⤴️
    今年も時々しかコメント出来ないと思いますけど、よろしくお願いします❗😆👍✨♥️⤴️⤴️
    太郎ちゃんもウッチーも、本当に残念でしたが、年明け初戦でこのパフォーマンス、大いに期待したいですね~❗👊😆🎵♥️⤴️⤴️
    なおみちゃんは貫禄の逆転勝ちでしたね❗😆👍✨♥️⤴️⤴️
    さて、間もなく圭の試合が始まりますね❗( ̄0 ̄)/♥️⤴️⤴️←ワクワクドキドキしてきたー❗(゚∀゚ 三 ゚∀゚)♥️⤴️⤴️
    絶対にリベンジ、お願いします~❗😍😍😍❤️❤️❤️⤴️⤴️

      引用  返信

  • 遅くなってしまった。
    錦織選手がんばれ~。
    あっダブルフォルトだ、気を付けて~。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。