2019ローマ2回戦 vs. フリッツ プレビュー

2019 Rome (Masters 1000)
2nd Round
Kei Nishikori[6] vs. Taylor Fritz[Q]

現地時間 2019年5月15日(水) 12:30からの第3試合
日本時間 2019年5月15日(水) 19:30からの第3試合
※ ローマと日本の時差は7時間(日本が早い)
@ Pietrangeli

対戦成績 2勝0敗

試合の展望

フリッツとはバルセロナ2回戦で対戦し、錦織が7-5,6-2で勝利しました。
1-4となる不安なスタートでしたが、その後は調子を上げた試合です。

参考:多くの面で先週より改善して1か月ぶり、3大会の勝利!(2019バルセロナ2回戦 vs. フリッツ レビュー) | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

まだまだ調子が上がらない錦織ですが、直近で勝利している対戦相手であることは好材料です。
ただ、相手も前回の教訓を生かしてくるでしょう。錦織も何も考えず同じ感じで試合に入ってはいけません。

禮さんのデータ分析により、モンテカルロ(エルベール戦)、マドリッド(デリエン戦、バブリンカ戦)の3試合の平均リターン返球率が67%と、両大会に出場した選手の中で最低レベルであったことが明らかになりました。
(1つ前の記事のコメント)

とても重要な分析だと思いますので、以下に転記します。

錦織のサービス返球率 by 禮さん

※ 文章は内容を改変しない範囲で加工・整形しています。

今季の錦織のサービス返球率について調べてみました。データはテニスTV(セット毎と試合終了後にスタッツが出ます)からです。

モンテ・カルロとマドリードのホーク・アイのデータが存在する全試合について、サービス返球率vsリターン・ポイント勝率をプロットしたのが下記リンク先の図です。

Return_Rate_2019.pdf – Google ドライブ

この図から以下が読み取れます。

  • サービス返球率とリターン・ポイント勝率の間には相関がある。相関係数(スロープ)は、モンテ・カルロで49%(0.63)、マドリードで60%(0.58)。
  • モンテ・カルロでは、記録のある全試合で、錦織のサービス返球率65%が最低記録だった(ちょっとショッキング)。もちろんビッグサーバー相手や負け試合では悪くなり、エルベールのサービスが良かったのは確かですが。
  • マドリードでは、錦織のサービス返球率はデリエン戦で73%に留まったが、リターン・ポイント勝率は48%とまずまずだった。だが、ワウリンカ戦はサービス返球率63%、リターン・ポイント勝率は21%と非常に低い数字だった。
  • 今季データのあるMS(IW、マイアミ、モンテ・カルロ、マドリード)のサービス返球率は、いずれも対戦相手より低く平均で72%(対戦相手平均81%より10%近くも低い)と、MSレベルの選手で最低のレベルに近い。対戦相手は必ずしも手に負えないビッグサーバーばかりではなかった。

2019年サービス返球率(最近のマスターズ1000 4大会)

マドリード   R3 63%  ワウリンカ 80%
        R2 73%  デリエン  82%
モンテ・カルロ R2 65%  エルベール 73%
マイアミ    R2 80%  ラヨビッチ 87%
IW      R3 74%  フルカッツ 80%
        R2 76%  マナリノ  83%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平均         72%        81%  

  • 今季IW以後の不調の理由の一つがサービス返球率の低さなのは明らか。
  • 悪化の理由が動体視力の低下とは思わないが、反応が鈍かったり、サーブが(研究不足か)読めてなかったり、最近はリターンで下がっているが間違ったタイミングでセカンドアタックしたりとリターンがちぐはぐ。
  • リターンが武器の錦織なら、サービス返球率は最低でも8割、出来ればトッププレーヤーの9割を目指して欲しい。
  • サービス返球率が錦織の調子のバロメーター(の一つ)という団長の指摘は正しいと思います。

私の見解

錦織の最近の不調の要因の1つがリターン返球率の低さであることは私も同意です。
また、長年見てきて、リターン返球率が高いときにはかなり勝てる傾向があるように思います。

上記データでは、最近の中ではよかったバルセロナのデータと、昨年までのデータがないので、「何%くらいあれば良いか」という議論をするためにはもう少しデータが欲しいところです。

また、バブリンカやエルベールのサービスが良かったことは確かで、エルベール戦は調子に乗せてしまった面が多々あるように思うものの、バブリンカは最初から全開で調子も良かったな、と。

身長とリターン返球率の関係については、身長が低い方がリーチの面で不利というのは「演繹的」に導き出せます。
逆にデータがその通りになっているか(帰納的にも証明できるか)、についてはもう少し広範なデータが欲しいかな。
ただ、そういう傾向はあるのではないかと推測しています。

ではどうすればリターン返球率を高められるか。

読むか、反応を良くするしかないでしょう。これも演繹的に導かれる結論です。
データがあるわけではないですが、今年に入ってリターンの反応は悪いと思います。
相手のサーブの良さを差し引いても。

セカンドサーブのリターンミスについては、もっと悪い時期はありました。
ただ、良くなったと思ったらまた少し最近は低下傾向かもしれません。
前に入ったリターンの失敗率が上がり、かといって後ろに下がったときに深いリターンができているとも言えません。

要因は・・・分かりません。
ただ、衰えだとは思わないです。

読みの方は、運もあるでしょうが、このブログでも再三主張しているように、データの活用余地があると思います。
あくまで傾向に過ぎず、目先の1ポイントの予測に対して過信することはできませんが、実際の試合に事前予測して臨んだ場合、かなりの成果を上げていることは私自身が検証しています。

昨年全米QFチリッチ戦、最後はワイドへのサーブを読んでリターンエースで決めました。
錦織も試合後に、「絶対あっちに来ると思った」と語りました。
あれもデータ通りです。
(チリッチはデュースサイドでワイドが多い)

競った場面、追い詰められた場面ではどうしても得意な方に打ちたくなるのが、人間心理だと思います。プロといえども。
錦織自身がデータ分析をする必要はなく、結果だけ教えてあげればよいのです。
活用しない手はないと思います。

話を戻しまして、錦織のリターン返球率が心配な状況ではありますが、逆にそれが良くなれば再び調子を取り戻す可能性も高いと見ます。

むしろこのリターン返球率とサーブ力で良く戦っているとも言えます。
やっぱり、バブリンカ戦の第2セットは、「今の調子なりに」しっかりプレーしたと思います。

今日の試合はリターン返球率に注目です。

ネットプレイは増やすべき?

もう一つ最近の錦織の注目の発言に、「ネットプレイを増やしたい」というものがあります。
内田暁さんの記事。

錦織圭、30歳を前にスタイル変更を決断。「前に出る」|テニス|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

twitterでは賛否両論のようです。
ネットプレイヤーではない錦織が闇雲に前に出ても抜かれるだけでは?という意見もあります。
ましてやクレーですし。
スマッシュミスも多く、一理あります。

ただ、最近の錦織の課題の1つに、「フィニッシュが弱い」ということがあります。
ラリーを作り、有利な場面を作っても取り切れない場面が目立ちます。

顕著だったのはモンテカルロのエルベール戦。

左右に振りながらも最後の1本が出ない。
反対にエルベールは、コート後方から1発のストロークウィナーでチャンスをものにしました。

錦織はフォアハンドのストレートの精度にやや難があり、バックDTLはポイントも取れますが波がある。
となるとクロス偏重になり、攻撃をしのがれると先にストレートに打たれるという展開が目立ちます。

そこでフィニッシュの弱さを補うオプションとしてネットプレーは、私はありだと思います。
もちろんメインの戦術にはできません。
30-40の2ndサーブでギャンブルのサーブアンドボレー、というのもやってほしくはありません。
(フェデラーなら可能ですが・・・)

ですが、相手のスライスを引き出せる場面を逃さないように前に出るだけでも効果ありだと思います。
反応勝負だとクレーでは厳しいですが。

そのためにはストロークでしっかり振るか、アプローチが甘くならないようにしたいです。

フルスイングでスピンをかけたが、結果として浅くなって抜かれる、というのは悪手です。
フルスイングするために次の態勢に移るのが遅れます。
それよりはもっと軽い感じの、フラット気味に深く突き刺さるアプローチの方が効果的です。
打点を低くさせることもできます。
錦織がやられて嫌なことをやるのです。
錦織の技術なら十分可能です。

応援フード

応援フード、いろいろ考えましたが、
ステファンふぁんさんのプリッツがやっぱりいいですね!

サーブ返球率が話題になっているので、またもやハッピーターンつけました

圭くん、ハッピーリターンでフリ回してね~

micchi

80 件のコメント

  • 👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏
    ♪───O(≧∇≦)O────♪

      引用  返信

  • 40-15 からブレイクしたでぇ~(V)o¥o(V)
    錦織選手、ここ絶対にキープ\(◎o◎)/!
    集中(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾頑張れ~\(◎o◎)/!ええでぇ~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • 1ブレイクアップ!
    断言はしませんが、40ー15からのブレイクはフリッツ選手の心をへし折るには十分かな?

    後はサービスで余計な混乱を自分で引き起こさなければ・・・

      引用  返信

  • ブレーク返された。
    ここからが踏ん張りどころ。がんばれがんばれがんばれ!!!!!

      引用  返信

  • ブレバされたが、即ブレバでお返しだ。2-1. 次、何がなんでもキープしておくれ。

      引用  返信

  • ブレバされた・・・(+o+)けどブレイクしたでぇ~(V)o¥o(V)
    錦織選手、今度こそ絶対にキープ\(◎o◎)/
    集中(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾頑張れ~\(◎o◎)/!ええでぇ~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • 取られたけど取り返した。
    サービスゲームがんばれ~がんばれ~。

      引用  返信

  • ブレイクバックアーンドバック! 2ー1
    1度折れた心は短時間では修復は難しいってところでしょうか。

    錦織選手としては「第2ゲームのリセット」が出来ますね。

      引用  返信

  • ナイスキープ\(◎o◎)/やでぇ~(V)o¥o(V)
    錦織選手、とっても💛
    ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • えっ? ティーム選手が初戦敗退?
    まぁ、相手がベルダスコ先輩なら有るか・・・、ってこれで先輩の4戦全勝!?😱😱

      引用  返信

  • フリッツくんも頑張ってますね。
    圭くんはしっかりとキープをお願いします🙇

      引用  返信

  • 錦織選手 6-2、4-2 集中(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾頑張れ~\(◎o◎)/!
    ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • ストルフ選手 6-2、2-1 チリッチ選手
    ストルフ選手が第2セットもブレイクアップ٩( ”ω” )وです。
    皆の衆!!呪いをかけないでね~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾FU🍎A 団員、駄目よ~駄目!!駄目!!

      引用  返信

  • ブレイクして終わっても良いよ☀️

    といってたらフリッツくんキープした😅

    次キープで100勝行きましょう❗️

      引用  返信

  • 0-30 からナイスキープ\(◎o◎)/!で・・・勝ったど~\(◎o◎)/!
    錦織選手 6-2、6-4 勝利( `ー´)ノ次も頑張れ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)
    ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)
    ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • 通算100勝、おめでとう~㊗

    SFM、例によってハラハラドキドキ。
    いや、よかったよかった。

      引用  返信

  • 比較的、短時間で終われてよかった……ホッ。いいプレーがたくさんありました。
    祝・マスターズ通算100勝目。

      引用  返信

  • よっしゃ❗️勝ちました❗️
    縺れかけてもしっかり攻撃出来ていたと思います。
    まずは良かった❗️おめでとうございます❗️

      引用  返信

  • やったあああ!!!
    ドキドキしたけど終わってみればサクッと
    ストレート勝ちでした。6-2、6-4
    おめでとう。休む間もなく次戦ですがストルフ選手が
    来そうですが今日練習したんですよね。
    初対戦ストルフ選手のサービスにうまく対応できます様に
    次も自信を持ってがんばれ~がんばれ~がんばれ~。
    マスターズ100勝もおめでとう!!

      引用  返信

  • 錦織選手、まずは1勝おめでとうございます。
    第1セットは完璧でしたね。
    今日はサクッと終われてよかった!
    もう一つ試合があることを思えば、
    短時間で2セット勝利は本当にありがたいですね。
    しっかりリカバリーして次の試合に備えてください。

      引用  返信

  • シュトルフ選手がチリッチ選手に6-2、6-3でストレート勝ち(第2セットチラ見しましたが、
    チリッチ選手、元気がなかった…)。
    というわけで、
    錦織選手の3回戦の相手はシュトルフ選手に決まりました。シングルスでは絶好調。
    初対戦ですよね。楽しみです!

      引用  返信

  • ストルフ=ノッてきたら手がつけられないタイプ。サーブ素晴らしいし、ストロークもミスが出るには出るが相手を56す勢いで放つ猛打が魅力
    ダブルスもやってるからネットにも果敢に突撃するしかなり攻撃的で大物を食える危険なタイプだ
    iwサーシャ戦でもスーパーパフォーマンスで粉砕、この前の対ナダルでもほぼ互角に渡り合った

    ひとまず錦織マスターズ100勝目おめでとう!
    この大会で104勝まで行けるように頑張って👍
    次はかなり厳しい戦いになりそう

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。