5セットマッチで試合勘増進!2020全仏オープン1回戦 vs. エバンス プレビュー

試合情報

2020 French Open (Grand Slam)
1st Round
Kei Nishikori vs. Daniel Evans[32]

現地時間:2020年9月27日(日) 11:00〜の第2試合
日本時間:2020年9月27日(日) 18:00〜の第2試合 @ Court 14

第1試合は女子なので最短で19:30くらいに開始。20:00〜20:30くらいに始まる可能性が高い(半沢直樹は録画で楽しんでください!)

放送予定

TV

ネット

試合の展望

エバンスにはシードが付いていますが最終シード(第32シード)ですし、エバンスの戦績を確認しても抜けたものはありません。
何よりクレーコートで通算4勝10敗と結果を出せていないことからも、復活途上の錦織と言えども勝算があるのではないかと思っています。

エバンスはトップ100以下の時期が長かった選手で、2016年後半から2017年にかけて頭角を現し41位まで登り詰めますが、コカインの使用で出場資格停止処分に。
ランキングポイントを失ってゼロからの再出発となった2018年から、今年はキャリアハイの28位を達成するまで復活してきました。

ただ、ポイント内訳を見るとマスターズ1000以上の大きな大会では活躍できておらず、500以下の大会に数多く出てポイントを積み重ねるというスタイル。 非ビッグサーバーですし、ノーシードでも強い選手がゴロゴロいる中ではむしろやりやすい相手かもしれません。

プレースタイルで特筆すべきはバックのスライスですね。ネットにも積極的に出てきます。 2019全豪でのフェデラーとの対戦ハイライトでご確認ください。


175cmという低身長ながらキレがあるサーブも持っています。スライスで調整しつつフォアハンドで積極的に攻撃を狙ってくるプレースタイルです。

スライスには2016年にデ杯WG1回戦で対戦したときにも苦労し、ミスを誘発させられてしまいました。
ただ、いかにもハードコート向きという感じで、錦織はバックハンド同士の打ち合いから主導権を握れると思います。
私がエバンスなら、バックハンドのクロスラリーが長くなるのを避け、ストレートにスライスで早めに流してフォアを引っ掛けさせます。
これを錦織が落ち着いて深く返すことができるかどうか見てみたい。

1回負けてはいますがすでに3回の対戦がある点もプラス。心配材料の多くは錦織自身に関するものでしょう。
スタミナが回復しているか、動きの俊敏さが復活しているかどうか。 あるいは決め球のバックDTLの精度が戻ってきているか。
私はバックDTLはもう少しショットのレベルを落とし、そのショットで決まらなくてもいいと思います。

2ndサーブからでもストロークで50%以上取れると思いますので、1stサーブは3球目攻撃ができるくらい強めに打ち、ショートラリーでポイントを重ねる試合展開が望ましいと思います。確率重視のスピンサーブを1stサーブに持ってきすぎると慣れられてしまいます。

リターンは2ndサーブに対して前に入っていくプランが中心になるのは良いと思うのですが、ガリン戦でブレイクしたときのようにポジションを下げたリターンから深く返し、徐々に押し返していくというのも混ぜていきたい。
長いラリーになると錦織有利になると思われるところ、1本目からのミスはもったいなく、相手に流れを渡してしまいかねないと考えるからです。

上記のようなポイントをクリアして勝利をもぎ取りたいところですが、今の錦織の調子は良くなく、勝敗も大事ですが「手応えを掴む」ことも大事だと思います。

失敗しても良く、「こうすると取れて、こうすると取れない」と識別できれば今後の試合にも生きてきます。
そういう経験を積み重ねることで、ゼロコンマ数秒の判断の早さの違いが出てきます。迷いがなくなります。

それこそが「試合勘」であり、次第に「自然に体が動いた」 「なんとなくコースが読めた」という状態になっていきます。 考える前に無意識のパターン認識で、動きを止めることなく連続的にプレーできるようになっていくと思います。

と、書いて2018年の楽天オープンを思い出しました。
決勝こそメドベージェフに敗れましたが、あの大会の錦織はそういう状態でした。チチパス、ガスケを連破したときは、いくら打ち込まれてもまったく動じていませんでしたし、スコアは競っていても錦織が試合を支配している感がありました。
あの年も故障からの復活の年です。あの状態になるまで8ヶ月を要しています。そのくらい時間はかかったし、そのくらい復活できるという実績でもあります。

復活は突然やってくることもありますから、長い目で見つつも「その瞬間」を見逃さないよう、しっかり注視していきたいと思います。

対戦相手情報

Daniel Evans (GBR) ダニエル・エバンス(イギリス)

  • 第32シード、ランキング34位(最高28位)
  • 30歳、175cm、75kg、右利き・片手バック
  • 今年の勝敗:13勝8敗(錦織は1勝3敗)
  • 直近GS4大会の成績:20全米 2回戦、20全豪 2回戦、19全米 3回戦、19ウィンブルドン 3回戦

13 件のコメント

  • 団長さん、引き続きエバンス選手戦のプレビューありがとうございます。
    復活は突然やってくる。その瞬間を待っています!
    団長さんのツイートで、車に付いたニャンコの足跡が、勝利を招く「招き猫」の足跡でありますように。
    頑張れ錦織選手!!!

      引用  返信

  • うつむくなー💪

    半沢直樹は、もち録画です😉
    頭は下げちゃだめだ!顔上げる⤴️

      引用  返信

  • 団長さん、とても詳しく見所を書いてくださって、ありがとうございます。
    今夜の観戦のために頭を整理しようと、箇条書きにまとめてみました。

    ①スタミナが回復しているか、動きの俊敏さが復活しているか?
    ②ストレートのスライスを、落ち着いて深く返すことができるか?スライスは相手の得意なショット
    ③決め球のバックDTLの精度が戻ってきているか?ハイレベルのBHDLでなくていい
    ④1stサーブは3球目攻撃ができるくらい強めに打ち、ショートラリーでポイントを重ねる試合展開ができるか?
    ⑤リターンは2ndサーブに対して前に入っていくプラン中心に、ポジションを下げたリターンから深く返し、徐々に押し返していくラリーも混ぜられるか?

    書いているうちに、今夜の試合がますます楽しみになってきました!

    団長さんの定義によると、
    「試合勘」=「ゼロコンマ数秒の判断の早さ」(迷いがない)=「考える前に無意識のパターン認識で、動きを止めることなく連続的にプレーできるようになっていく」こと。
    具体的でわかりやすくて、納得できました。体力が戻ってきて、この試合勘を取り戻せたら、錦織君は鬼に金棒だ〜!と思いました。

    そして結びの言葉、「復活は突然やってくることもありますから、長い目で見つつも「その瞬間」を見逃さないよう、しっかり注視していきたい」。
    おっしゃる通りですね。私達もその”決定的瞬間”を見逃さないようにしなければ!

    復帰後、元に戻すだけでも大変なのに、さらに新しい技術を磨きつつ試すという険しい道を選んだ錦織君。苦しい試合が続く中でも、明るく前向きに未来を見据えているのが素晴らしいです。人生の生き方としても見習いたい。私達も負けてはいられませんね。
    錦鯉として今夜の試合を勝利に向けて熱烈応援しつつ、1ゲーム1ゲームをしっかり見守っていきたいと思います!

    追伸: HIPPOさん、TV情報をありがとうございます。ミルクボーイが笑わせてくれました。それとオギャーと泣いている生まれたての錦織圭にビックリ!いやあ、試合前にいいもの見せてもらいました!笑

    長々とすみません…

      引用  返信

  • 応援フードはエバンス⇒エビス⇒エビスビールにしました。(センスないな~(^^;))

      引用  返信

  • 団長さま、間髪入れずのプレビューありがとうございます。
    2018年の楽天の錦織選手は、キレキレでしたね〜
    またあのような活きで元気な錦織選手がコート上に戻って来られると信じて応援しますよ〜
    団長さまも、錦織選手も好きな、ロランギャロスで、是非とも、復活への手応え掴めますように〜
    ファイト錦織選手‼️

      引用  返信

  • あじゃこさんに賛同! 
    錦織君、うつむくなー! やられたら倍返しだー!
    結果も勿論大切、だけど錦織らしいプレイが少しでも戻って来たら嬉しい!
    堂々とした試合のプロセスを観たい!

      引用  返信

  • 団長さん、プレビューしかと頭に入れました。
    ありがとうございます😊
    ウクレリアンさん、すばららしいまとめ💮テストなら100点👍
    さらにバッチリ頭に入りました。
    冷静に見切れるかは自信ありませんが😅💦
    前に試合は女子なので早いかもと思ってましたら1セット目
    サカーリ選手が6-0で選手(O_O) 早いんじゃないでしょうか!
    そろそろ心の準備を💦

      引用  返信

  • 団長さん、
    詳しいプレビューありがとうございます。
    2018年の楽天OPの錦織選手の快進撃ぶりを思い起こしました。
    夢のような勝ち上がりでした(決勝までは)。
    今日からまた、夢を見させてほしいです。

    コート14のサカーリvsトムリヤノビッチ、今終わりました。6-0 7-5
    さあ、次は錦織選手の登場だ!!!!!!!!!

      引用  返信

  • 錦織選手がんばれ~。
    気楽に行こう!!そして勝っちゃえーーー応援してます。
    雨がこれ以上ひどく降りません様に・・。
    寒そうですね風邪ひきません様に・・。。
    とにかくフレーフレーニシコリー

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。