復帰後初の3連勝を目指し今日も錦織ががむしゃらに戦う!(2021ドバイ3回戦 vs. ベデネ プレビュー)

2021 Dubai (ATP 500)
3rd Round
Kei Nishikori vs. Aljaz Bedene

現地時間 2021年3月17日(水) 19:00以降
日本時間 2021年3月17日(水) 24:00以降
@ Centre Court

「スロバキアの」ベデネとの対戦です。以前はイギリス国籍でした。スロベニア国籍になった経緯は以下のとおりです。

アルヤズ・ベデネ(イギリス)が、2015年以来イギリス国籍でプレーしたあと、ふたたび元々の母国、スロベニアを代表することを決めた。
現世界ランク49位のべデネは金曜日、2018年にはスロベニア人としてプレーする旨を、国際テニス連盟(ITF)に伝えたと言った。

 ベデネの決断は、デビス・カップと、2020年東京五輪でプレーしたいという願いに促されたものだ。ITFへの上訴で敗れたため、ベデネはイギリス人として五輪やデビスカップに出場することができない。

(中略)

2008年からイングランドに住み、2015年にイギリスの市民権を得たベデネは、アンディ・マレー(イギリス)に次ぐ、イギリスのナンバー2プレーヤーだった。

 しかしITFは、ベデネが2010年、2011年、2012年にすでにスロベニア代表としてプレーしていたことを理由に、新しい母国イギリスのためにデビスカップに出場すること彼に禁じたのだった。

出典:アルヤズ・ベデネが代表国をイギリスからふたたびスロベニアに変更 | テニスマガジンONLINE|tennismagazine.jp

ベデネのプレーはそんなに見たことがありませんが、フォアハンドが得意なミスの少ない選手だったと記憶しています。
どちらかというとフラット系でしょう。

ランキング59位、キャリアハイ43位ということで実績は錦織には劣りますが、昨年はガリン、ハチャノフ、チチパス、ペールと20位以内の選手に4回勝っており、決して油断できない相手です。

プレースタイルも平均的、スタッツも平均的ですがATP100位以内は全員、調子次第でトップ選手を食ってしまいます。
そのことは先週のエルベール(93位)を見てもお分かりでしょう。
ゴファンに快勝したからと言って決して楽観的になりすぎてはいけません。

ただ、昨日の錦織のテニスは、試合終盤で少々疲労の色が見えた以外は全盛期に近いものでした。
Next Stepはこれを持続させることです。いい試合をしてもまだたったの45ポイント。
目標のトップ10復帰のためには最低でも3000ポイント以上は必要で、今年は今大会含めてまだ155ポイントです。
(それでもレースランキングで60位くらいにはつけていると思いますが。)

今日の試合は復帰以降初の3連勝を狙います。そして2日連続の試合も初めてです。
今後も復帰後の新しいチャレンジがあるでしょうし、まだまだまだまだ道のりは長い。

昨日の試合の余韻も冷めやらぬ中、錦織の中にはいいイメージと確かな手応えが残っていると思われ、本人も自分自身に期待していることでしょう。
同じような状態で自分に期待をかけすぎ固くなってしまったチョリッチ戦のレッスンを活かし、今日は気負わずいつものように1ポイントずつ戦ってほしいと思います。

ティームが負けたことにより、ロッテルダムのときと同様、ドロー的には目の前が開けてきましたが、いつも言っているように、まだまだ一戦ずつ戦う段階です。

コロナ禍の中アメリカに移動して1大会のみ戦うコスパの悪さからマイアミを回避する選手がちらほら出てきている中、錦織はとにかく1つでも多くの試合をこなすことが当面のミッションです。
ドローの先は見ていられないでしょう。

錦織ががむしゃらに戦うその姿を応援できることは、錦織のテニスに飢えていた我々錦鯉にはよだれがでるほどのご馳走ですよね。
寝不足などと言ってはいられません。
今日もモニタの前で腱鞘炎になることも辞さずキーボードを打ち続け、声が枯れるまでツイキャス配信するつもりです。

以下のメディアで情報を発信しています。ぜひチェックをお願いいたします。

ツイキャス
netdash🤔鼻血ブログ🤔🤔🤔🤔 (@netdash) さんのライブ – ツイキャス

Twitter
(6) netdash🤔鼻血ブログ🤔🤔🤔🤔さん (@netdash) / Twitter

スコア実況
2021ドバイ3回戦 vs. ベデネ スコア実況 | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

実況掲示板 ※最近参加者減少中。こっちもよろしくおねがいします!
202103ドバイ – 1615714642 – したらば掲示板

6 件のコメント

  • 今日も全力で応援します。睡魔に何か負けてられません。団長、今日もツイキャスよろしくお願いしますね🤗

      引用  返信

  • 団長さん、丁寧なプレビューをありがとうございます。

    「今日は気負わずいつものように1ポイントずつ戦ってほしい」これに尽きますね。
    この言葉を胸に、今日も熱く応援します!

    団長さんが寝不足になり(すでになっているはず)、腱鞘炎になり(なりつつあるはず)、声が枯れるまで(ツイキャスで確認すべし)、私達錦鯉もお供して、錦織圭ががむしゃらに戦うその姿を応援し続けます!

      引用  返信

  • 団長さん、記事執筆、解説、ズボン着脱、お菓子と飲み物摂取、お疲れさまです。
    それにしてもマルチタスクですねえ。

    さあ、今日も錦織選手☆熱烈応援の構え。とはいえ、団長さんのツイキャスを聞いていると
    時に冷静になれるし、勇気づけられるんです。

    ベデネ選手(実はお顔が好み)、そういえば昨年のロッテルダムでチチパス選手を倒してましたっけ。サーブが安定しだすと、ほかのプレーもすごく良くなって相乗効果を生んでいた記憶があります。

    錦織選手、回復していますように。まずは、1ポイントずつ、一戦ずつ、ですね。

      引用  返信

  • 団長さん
    プレビュー記事、ありがとうございます。
    今回の対戦相手のベデネ選手ですが、過去に何回か日本人選手との試合絡みで見た事有ります。

    最近ではメルボルン250①での内山戦(ストレートでベデネ選手の勝利)を見た印象としては堅実なプレーに徹して大崩れはしないなぁと。そして記憶違いで無ければ両セット共に相手のSFSをブレバしてタイブレに持ち込んでモノにするくらい粘り強い印象も受けました。

    まだまだ完全復活かと言えば微妙かもしれませんが、ゴファン戦同様に錦織選手が望む「テニスが出来る相手」だと思いますし個人的には見たかった対戦でした。

      引用  返信

  • 団長さま、お忙しい中 記事アップありがとうございます。千手観音のような手を持ち、錦鯉達の為にあらゆる事をこなされていて感謝しかありません🙏
    🌠夜中に観戦、勝利に興奮!、寝不足だけど仕事に出掛け、今夜も試合がある幸せ…😊
    毎日、プレビュー・実況・レビュー記事を追いかけて、皆さんのコメント読むだけで私は精一杯になっています😅

    でも、なんですかね⁈この高揚感は!
    昨夜の様な錦織選手の素晴らしい躍動を見せられると、昼間仕事で少しぐらい大変な時間も、嬉しさで吹き飛んでしまいます。

    今夜からは体力との闘いにもなりますが、自分らしいプレーを貫いて欲しいです。
    錦織選手、頑張れ👍

      引用  返信

  • 団長さまの、お言葉情熱しっかり心に留めて
    全力応援します!
    平常心で目の前のポイント集中、錦織選手ファイト‼️

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。