リターン返球率とサーブの配球をチェック!(2021マルセイユ1回戦 vs. エルベール プレビュー)

2021 Marseille (ATP 250)
1st Round
Kei Nishikori vs. Pierre-Hughes Herbert

現地時間 2021年3月9日(火) 13:30からの2試合目
日本時間 2021年3月9日(火) 21:30からの2試合目
@ Court Central

※ 本日もツイキャスで実況を配信する予定です。22時半〜23時の間に始めようかと思います。
netdash🤔鼻血ブログ🤔🤔🤔🤔 (@netdash) さんのライブ – ツイキャス

Twitterでリンク付き告知がありますのでチェックしてください。
(17) netdash🤔鼻血ブログ🤔🤔🤔🤔さん (@netdash) / Twitter

2週連続の参戦となるマルセイユには初出場です。
このあとエントリーとしてはドバイ→マイアミの順ですが、ドバイには出ないかもしれません。
先週は強い錦織が戻ってきました。
今週も同じレベルでプレーし、ぜひQFのチチパスまでは行ってほしいと思っています。
1回戦の対戦相手は地元フランスのエルベールです。

対戦成績は錦織から見て2勝1敗。最後の対戦2019モンテカルロはエルベールが勝利。この時期錦織の調子はかなり悪かったと記憶しています。
今はエルベールの方が調子を落としている感じでしょうか。ランキングは93位まで落ちていますし、今年は予選含めて2勝4敗で、100位以内の選手にはまだ勝利していません。

とは言え油断は禁物。体をバネのように反らし、倒れ込むように打つサーブは大きく跳ね、錦織が苦手とするタイプです。
ネットプレーを得意としており、ストロークでも早い仕掛けをしてきますので、じっくりラリーをしたい錦織からするとリズムが作りづらい対戦相手かなと思います。
加えて地元ということで地の利がありますから、ここは気を抜かずに全集中で。

先週は素晴らしい2勝と、しっかりゲームを作った1敗といった感じでした。復活への手応えありで今後が楽しみですが、まだまだ修正すべき点があると思います。

一つはリターンで、1stサーブへのリターン返球率が、敗戦となったチョリッチ戦で52%と低かったこと。
これはQF以降の全試合の中で最低の率でした。

チョリッチのサーブが素晴らしかったことはありますが、ラリーが強い錦織ですからこの数字の改善が勝率アップに繋がると思います。
少なくとも1stサーブの確率を上げることより、リターン返球率を上げることのほうが重要だと言えます。

その代わりQFの2ndサーブに対するリターン返球率は約95%と全選手中で最高でしたので、これにより競った試合を作ることができたと言えると思います。

次にサーブですが、ロッテルダムでは180km/hを超えるサーブが多く見られ、大きく前進しました。
しかしQFでは謎のデュースサイドからのワイド多用があり、首をかしげました(全体の3/4がワイド)。
肩に痛みがあり、腕をあまり上げなくても打てるスライスサーブを多用したのではという心配があります。

戦略的にワイドを多くしたのではないかとの推測もあるのですが、ワイドへのポイント率68%、センターへのポイント率100%(7本のみですが)を考えるとワイド多用の戦略が得策だったとは思えません。

ちなみに錦織のデュースサイドからのサーブの過去の実績は60%がセンターです。(今回は27%)
チョリッチはフォアが強い選手ですし、これだけワイドに来れば完全に読まれます。

1つほっとしたのは、2nd 5-5ではセンターに切り替えたこと。打てないというわけではなさそうです。
「センターを有効にするために、ここまでセンターを引っ張ったのでは?」
という推測に対しては、そこに至るまでにワイド多用でポイント率を下げるようだと本末転倒なので、やっぱり戦略だとしても得策ではなかったと思っています。
ちなみにタイブレークでは再びワイドサーブに戻し、ポイントを落としています。

この2点の修正がチェックポイントでしょうか。

デュースサイドのワイドについてはキャリア初期から「鼻血サーブ」と勝手に呼び、「知られてないけど錦織のこのコース、結構良いよ」という意味を込めていたのですが、それも勝負所で使ってこそ。
スピードは150キロ台ですから、よっぽどのコースに行かないと有効ではありませんし、ましてや73%も使っては効果は期待できません。

ほんとうに肩の痛みでなければ良いのですが。

ドローとしては、エルベールに勝ったらノリーとLestinneの勝者。これまでの大会よりはドロー運に恵まれました。
QFのチチパス(想定)は厳しいですが、そこまで行ってノンプレッシャーで今の力を試してほしいところです。

14 件のコメント

  • 団長さんの早めのプレビューありがとうございます。
    末席団員の私としても負けずに気合いだけは入っています。
    謎のワイドサーブに注目とのこと、了解です。
    この試合、250ですが、ここを故障なく乗り切れば、次の展望が開けてくると思います。
    錦織選手的には、絶対チチパスと試合をやりたいと思っているのではないかなあ。
    きっと、期待に応えてくれると信じます。

      引用  返信

  • こんなに早く、錦織くんの試合が観られるなんて〜 幸せ♫

    チチパスとの一戦が、是非、是非 観たいです‼︎

    応援頑張るぞ📣

      引用  返信

  • 今日もWOWOWオンデマンドで視聴出来ますね。
    スケジュール的にはタイトでもなく、試合勘を養うには丁度良いかと。
    出だしに注目したいと思います。
    おそらく各セット圭の最初のサービスゲームが重要で、エルベールはセカンドサーブをかなりアタックしてくると思われるので、ファーストをいかに効果的に使えるか、に注目したいと思います。
    ツイキャス楽しみにしております♪

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事を早々とありがとうございました😊
    サーブは引き続き要チェック。あとはリターン率ですか。勝った2試合はよく返していたように思いましたが、チョリッチ戦は52%?半分しか返せていませんでしたか…。それほどの感じではなかったですが、チョリッチのサーブを読みきれなかったのかな?
    エルベール戦に対しては、どうも負けたあの不調錦織の姿が脳裏に……(@_@) あの記憶を払拭するようなプレーを見せてもらえたら満足です。
    錦織選手も私たちもちょこっと休んで(一緒にしちゃ叱られそう笑)またすぐ試合があるって、なんという贅沢。錦織選手もやる気満々なのではないでしょうか😃だからこそ結果に結びつけて勝ちたいですね。誰よりも錦織選手がそう思っているはず。応援、がんばります💪

      引用  返信

  • 記事アップありがとうございます。
    鼻血サーブを、ちょっとは理解してたつもりでしたが、
    錦織選手がサービスエース決めようもんなら、いいぞ、鼻血サーブ!っていつも、叫んでる私。恥ずかしい〜〜です😅
    本日の試合、リターン返球率と、サーブコースに注目ですね。
    団長さまの剣呑な気持ちを払拭してくれよ〜錦織選手〜

      引用  返信

  • 団長さま、プレビューありがとうございます。
    前回の課題、ワイドサーブの偏重とリターンの不調を修正できるか、ですね。確かにエルベールサーブが強かったのでリターン頑張ってほしいです。
    ランキングが下でも全然油断できない男子ツアーで、また上に行くためには地力に優る相手にはきっちり勝っていってほしい。
    今日もツイキャスを聴きながら応援します📣

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事のアップありがとうございます。
    エルベール選手、倒れこみサーブとダブルスで鍛えたネットプレー、要注意ですよね。
    錦織選手自身も褒めていました。
    1stサーブのリターンに注目して、ツイキャス聞きながら、全力で応援します!

      引用  返信

  • 団長さま
    プレビュー記事、ありがとうございます♪
    記事にあるように、1stサーブのリターン率を上げて、相手にプレッシャーを掛けていって欲しいな…と思います。
    どこに打っても返されると プレッシャーからミスが増えるというのは、錦織選手の対戦相手によく見られる光景ですが、今夜もそれを期待しています。

    もう一つのポイントは バランス良く サービスを散らすことですかね。ここも注目👀して、今夜も全力応援📣です。あ、ツイキャスも忘れずに聞きます🎧

      引用  返信

  • チョリッチ戦は惜しかったですね。なるほどの解説、ありがとうございます。WOWOWで解説して欲しいくらいです。
    エルベールのまさかりサーブは強烈ですね。楽しみと心配で複雑です。ワイドサーブが多すぎた件、錦織くん自身も無意識だったりして。「そうだったっけ?」とか言いそう。
    ツイキャスは我が家のパソコンより先取りしてしまうので聞かないことにします。(聞きたいけど!)勝てますように!!!

      引用  返信

  • 団長様
    プレビュー有難うございます。
    いつも始まるまで体調とか心配でドキドキですが、
    サーブとリターンに注目して応援したいです。
    錦織選手がんばれ~

      引用  返信

  • 団長さん、プレビューをありがとうございます。

    リターン返球率とサーブの配球が試合の鍵とのこと。注目して観戦したいと思います。

    エルベールのサーブって、トスを上げた瞬間に相手に背中を見せませんか?独特のサーブですよね。「倒れこみサーブ」とか「まさかりサーブ」とか、色々呼ばれているんですね、面白いなあ!(確か「背面サーブ」と呼ぶ人もいて、それで私も以前そう呼んでいました。) あれはコースを読みやすいのかどうなのか?
    錦織君がいかに攻略するのか(特に1st)、本当に楽しみです。

    チョリッチ戦で多用していたワイドサーブ、果たして今日はどんな風に使うのか?
    他のサーブも取り混ぜて、「鼻血サーブ」をここ一番で有効に使えますように!

    今日もまた錦織君の試合を観られる喜びを噛み締めつつ、精一杯応援したいと思います。
    まずは生き生きと伸び伸びとプレーする姿を見ることができたら嬉しい!
    ファイト、錦織圭!!!

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュ―記事ありがとうございます。
    2015年のIPTLで生エルベール選手をみました。独特なフォームで打つダイナミックなサーブ。
    あのサーブに対してリターン返球率を上げるのは大変でしょうけど、どうやって克服するか注目しています。
    がんばれ錦織選手!!!

      引用  返信

  • あー、何で錦織選手の前の試合っていつもいつもいつも✖️10・・・こんなにもつれるねん!😡

    SFMをきっちり取り切ってよ〜、ボンジ選手😩

    以上、真夜中の八つ当たりコメントです。🙇‍♂️

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。