錦織圭、A.ロディックに善戦も敗れる(2008 SAP Open 2R)

A. Roddick (1, USA) def. K. Nishikori, 6-2 6-4

ロディックはサーブが好調で、2ndセットで1ブレイクを許したものの盤石のキープ。

錦織はストロークを支配するも、攻め玉のフォアにミスが目立った。

先週から通算10試合目で、疲れもあったと思われる。

【PR】大脳生理学を応用したテニス上達法「Feeling Tennis」

次の出場は25日からのMemphisになる模様。

ゆっくり休んで、体のケアをしっかりやってほしい。お疲れ様!

楽天トラベル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。