え?日本男子3人オリンピック出場じゃなかったの!??

先日、「日本男子が3人オリンピック出場!」というニュースがあったばかりですが、どうやら状況は異なるようです・・・。

錦織、添田が五輪出場権 テニス、伊藤は得られず

日本テニス協会は15日、錦織圭(日清食品)と添田豪(空旅ドットコム)が11日付の世界ランキングに基づき、ロンドン五輪男子シングルスの出場権を獲得し、伊藤竜馬(北日本物産)は現段階では権利を得られていない、と発表した。国際テニス連盟から通知があった。
今後出場を辞退する選手が出れば繰り上がりで出場権を得る可能性があり、その場合は国際連盟が28日までに発表する。
五輪出場権は世界ランキングで1カ国・地域4人までの上位56人に与えられる。日本協会の担当者は55番目と認識していた伊藤について、国際連盟に問い合わせ中とし「(公傷制度にあたる)プロテクトランキングを使って伊藤より上にいった選手が2人以上いたのでは」と推測した。

[ 共同通信 2012年6月15日 16:13 ]

スポーツナビ|テニス|ニュース|錦織、添田が五輪出場権 テニス、伊藤は得られずより)

ぬ、ぬかよろこびにもほどがある・・・orz

プロテクトランキングの可能性なんて、テニス通なら誰でも知ってること・・・。日本テニス協会にしてはお粗末だと思います。

せめて、「100%確実ではないが・・・」と発表するべきでした。

(報道を見る限り日本テニス協会の正式発表とは読めなかったので削除します。関係者の方々大変失礼いたしました。ただ、村上監督のコメントなどもありましたから誰も気づいてなかったのではと思います。)

まだ可能性はあるのでここはギリギリでも何でも良いので滑り込んでほしいものです。2人と3人では大違い。

ところで錦織は、そろそろ復帰間近なようですね。ウィンブルドンには実戦経験の少ないままとなりますがなんとか出場できるかな?

楽しみです。

30 件のコメント

  • プロテクトランキング…
    言われてみればそれがあったか、って感じですね(−_−;)誰が該当するのかな?
    ここの予想や試算でもそれに触れたコメントは無かった気がします。まあ協会が同じレベルでは困りますが。
    でも辞退者がゼロというのは考えにくいので、何とか滑り込んでくれると思いたい。

      引用  返信

  • 試算のとき、プロテクトランキングのこと抜けてました。
    申し訳ありません。

    PRのことを調べてみようと思っているんですが、確実なのが
    わからないんですよね。

    Cuevas(PR 54位)は確実そうなのですが、
    あとは、Soderling ぐらいかなと。。

      引用  返信

  • Olympic手続きのスケジュール
    4月2日 NOCはエントリー申請をする。
    6月11日 (全仏後の最初の)コンピュータランキングを使う。
    6月14日 ITFがエントリー対象者と申請書をNOCに送付。
    6月21日 ITFにNOCはエントリーを確認。
    6月28日 ITFは最終的な対象者をNOCに通知。
    7月9日 Olympic委員会がエントリー申請書受取の締切。

    プロテクトランキングのことは記載されていないと思いますが、
    67位以内で可能性がある人は4月2日に(個人じゃなくて国かな)
    Soderling 一桁順位 できるのかな。
    Haas 20位、もう切れているはず。 全仏は予選からだった。
    Cuevas 54位 有効期間中
    Gonzalez 55位 ATP引退、でもOlympicは別かな
    と思うのですが。

    ギリギリの所は本当にどうころぶか分からないものですね。
    全仏かCHでもっと勝って少なくともTursunovの上に居たかった。

      引用  返信

  • みつさん、あやまることないですよ。私の書き込みが誰かを責めているように思われたらごめんなさい。
    誰が該当するのか?調べるの難しそうですよね。Soderlingは私もすぐ思い浮かびましたが…あと半月ではっきりするわけですが、本人は気が気でないでしょう。気を落とさず目の前の試合を頑張って欲しい。応援したいです。

      引用  返信

  • 難しそう、と思っていたら…
    タッチの差で先に完璧な調査結果が書き込まれていた(^◇^;)
    すごい。さすがケイメヒコさん。
    ありがとうございます。そして失礼しました。

      引用  返信

  • ドイツが56位ではなく国内規定で24位以内等などの規定で、
    Mayer 29位、Kohlschreiber 34位を対象外にするかどうかによっても
    非常に変化するんじゃないかな。
    日本陸上でA基準突破していても国としては選ばず、B基準を選任したなど、
    色々ありますよね。
    テニスは全仏後のランキングが基本だから、他の人との入替はできない。

    で、21日までに各NOCの確認が大きな意味が出て来ます。

      引用  返信

  • プロテクトランキング使用はエントリーして初めて有効になるはずです。
    自動的にプロテクトランキングが組み込まれることはないと思っていました。
    いつ、エントリー申請の期限だったのか、4月2日に国として参加申請してあれば、
    全仏後の時点でのプロテクトランキング保持者に自動的に適用するのかな。

    Olympic参戦者の選別システムにはプロテクトランキングについては一言もない
    と思うのです。

    規則と実際の運用のギャップがあるのは当然ですが、ギリギリの所を外部でも
    分かるような選別システム書になっていて欲しいものです。
    28日の最終リストに載れれば良いですね。

      引用  返信

  • 粗茶さん、気を遣わせてしまってすみません。
    ケイメヒコさん、いろいろ情報ありがとうございます。

    今朝の新聞に載っていたんですが、ITFから日本のテニス協会に
    伊藤選手は今のところ次点にいると連絡しているようでず。

      引用  返信

  • http://mainichi.jp/sports/news/20120616k0000m050022000c.html

    この記事の取材ではITFから返答があったと書かれていますし、別の
    記事では「問い合わせ中」となっており、一体どちらが本当か藪の中です。当落線上の微妙な立ち位置にある、と言うことですね。28日の発表が気になります(^^ゞ

    http://www.wtatennis.com/news/20120613/doi-outdoes-schiavone-vinci-jj-survive_2256076_2811046

    スキアボーネ、トリッキーなレフティ土井に敗れる(^^)v
    土井の次戦はベスト4を懸け、ヤンコビッチと!

    WTAの全英前哨戦AEGON classicでリシツキ、ハンチュコバと共に
    Top Seed3強敗北の大波乱!彼女らの照準はあくまで全英ですが、
    2週間の長丁場の中で調整するか、今少しペースを速めるか悩んで
    いる?かも知れません。

    日本選手は、男女ともに頑張っていますね(#^.^#)

    Vamos!!

      引用  返信

  •  圭が来週参戦すると思われるBoodles(エキジビ)の初日(6/19)の
    OOPです。

    Order of Play for Tuesday 19th June
    (play starts at 14.30)
    • Janko Tipsarevic v Stanislav Wawrinka
    • Gilles Simon v Alexandr Dolgopolov
    • Fernando Verdasco v Ernests Gulbis

     当初のメンバーにはいなかったGulbisが入っています。
     また、同サイトからの最新情報によれば、新たにマレーも参戦する
    ことになったようです。

     今のところ、圭に関する情報は全く見当たらず、ちょっと不安です。

      引用  返信

  • 伊藤選手の件は本当にう~~~ん(-_-;)
    って感じですね。28日の発表が待たれます。
    ところでKeiくんはウィンブルドンに向けて移動をする様です(*^_^*) この時を待ちに待っていました。が・・・
    腹筋の怪我は完治なのでしょうか? こちらも気になるところです。
    先日までの全仏は何となく心から楽しめなかった私ですが、ウィンブルドンはしっかり応援したいと思います\(^o^)/

      引用  返信

  • 1936年Fred Perry以来の「自国民による悲願の全英V」をマレーに託すお国柄ですから、彼が前哨戦参戦でもたちまち話題になりますが、Far Eastからの飛び入り?(しかも病み上がり・・・)ともなると目の肥えた英国人はつれないですね(^^ゞ

    ダークホースとして本戦でも一暴れして貰いますか。

      引用  返信

  •  あれれ、公式ブログにあった本人コメントの、「来週火曜日、ロン
    ドン辺りのエキシビに出場するため土曜日に出発!」の行が削除されて
    いますね。

     結局、Boodles(エキジビ)はパスして全英ぶっつけになったという
    ことでしょうか?

      引用  返信

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120616-00000302-tennisnavi-spo

    ITFへの問い合わせの返答が発表されたようです。

    伊藤竜馬はカットオフの最上位(57番)で、出場権を有する
    選手に辞退者が出れば五輪出場の可能性が高い、とのこと(^^ゞ

    後半部分は添田豪へのインタビューになっています。
    北京五輪の頃に意識していたが当時は100位前半のため非現実的
    だった事や、五輪を意識してひたすらやってきたらいつの間にか
    出場可能なランキングまで上昇していた事などを語っています。

      引用  返信

  • 最初の発表はテニス協会が出したものだったのでしょうか。その時点での記事を何件か見てみましたが、テニス協会が発表したとは書いてなく、今週のランキングを元に書かれた記事の様に見えます。そんな中NHKはテニス協会に確認した上で記事を書いたようで、その記事にははっきり錦織と添田が獲得、伊藤は正式な通知待ちと書いてありますが…
    どちらかというと、テニス協会も3人という記事が出回ってしまい困ったため急遽ITFに確認し、伊藤は確実ではないという発表をしたのではないかと思ってしまいますが。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120612/k10015762901000.html

      引用  返信

  • てっきり公式かと思ったら、早とちりでしたかm(__)m
    欠乏症もあり過剰に反応してしまいました。

    なによりKEIの体調、公式ブログ書き換えとエキシビの件(急な書き換えで不参加っぽい?ですが・・・・)、そしてこの件と錦鯉としては気になる事だらけです。さて真実は?????

    泣いても笑っても28日の正式発表を注目する事にします。

      引用  返信

  • 昼行灯さん、やっぱり公式の書き換えだったんですか、アレって思っていろんなとこチェックしたけど無いからEastbourneのWCでももらえるのかな、ってかってに夢想していたんだけど・・・
    どうぞいいほうにころんでますように、念念!!

      引用  返信

  • オリンピック、なんとか3人出てくれるといいです!
    ぬか喜びだったなんて、伊藤選手が気の毒で気の毒で。。。
    そして、eastbourneの大会やBoodlesへの圭君の出場もぬか喜びだったみたいで。。ちょっとがっかりしてます。
    今となってはどうでも良いのですが、eastbourneはロディック選手がWCになってました。残り3名くらいのWCは地元の選手みたいです。
    正直、ロディックなら圭君を選んでくれればいいのに~と思ってしまいますが、やはり知名度では彼のが断然うえなんでしょうね。
    もしかしたら、今年が最後のウィンブルドンかもなどと言われてるみたいです。
    圭君はもうロンドン着いたでしょうか。
    早く近況が知りたいところです。

      引用  返信

  • 確かに報道を見てもJTAの正式発表とは読めなかったので、本文を修正しました。

      引用  返信

  • おはようございます。

    エキシビ。。どうなったのかな?ただ、出られなかっただけならいいけど・・・きっと、きっと良い方向に進むはずですね!!

    オリンピックの伊藤選手の件もとっても気になりますが、
    同じく日の丸を背負った日本の四銃士が国をかけて対戦する
    デ杯の九月開催会場が決まったようですね。

    「9月のデビスカップは東京の有明コロシアムでの開催が決定致し、マスコミ各社への通知も済ませております。   デビスカップ事務局」

    皆さんはもう知っていたのかもしれませんが、お知らせしますね。

    まだ、圭君の一球も見ていないのに、気の早い話ですが、
    四銃士が一堂に会しての大会、日本で見られる中々ないビッグャンスです♪
    選手の皆さんは、直近の大会に集中している事と思いますが、
    私は今年こそデ杯観戦に「応援グッズ」を持って行こうとニヤニヤしています(^_-)

      引用  返信

  •  ゆぅ♪さん、デ杯プレーオフ情報、ありがとうございます。

     ただ1点、水を差すようで恐縮ですが、杉田選手の代表入りに
    関しては微妙な状況になってきていると思います。

     その理由は以下の通りです。

    ・シングルス要員としては、控えも含め、錦織・添田・伊藤の
     3人で充分。

    ・最近までの実績から、上記3人の中に杉田が割り込む余地は
     ほとんどない。

    ・ダブルス要員としては、佐藤文平選手の方が上と見られている
     可能性大。(Düsseldorfでの起用例)

     いずれにしても、9月のプレーオフ、楽しみです。
     何とか都合をつけて、初日から生観戦したいです。

      引用  返信

  • 杉田選手、なかなかランキングが上がってこないので心配していましたが、代表入りは難しそうなんですか。。。

    昨年のデ杯では大活躍だったんですけど・・・
    まだまだ、若いのでこれからの彼も応援していきたいと思っています!

      引用  返信

  • うーん、私は佐藤文平選手もいい選手ですけど、やっぱり杉田の方が代表入りの可能性高いと思いますけどね。
    シングルスに関しては他の3人のランキング的にも難しいと思いますけど。4人に絞る必要もないので入ってくるのではないかと予想。

      引用  返信

  • よかった(^_^) 
    団長の意見にさんせ~い!

    プレイオフはドイツの時とは事情が異なると思っています。
    もし、杉田選手が調子上がらなければ、
    守屋君という手もあり・・・
    9月時点での監督が現在のままか、変更があるのか、わかりませんが、選手は若手で行くと予想。(希望)

      引用  返信

  •  IMGの圭の先輩、Tommy Haas(キャリアハイ2位、34才)が大変な
    ことになっていますね。
     
     一時代も二時代も昔の非常に美しいテニスをしますし、大きな怪我
    から大復活をしているという意味でも応援したい選手なのですが、全英
    で圭の山に入ってきたら嫌な選手No.1でもありますね。

     嫌な選手の次点は、ハレの決勝で敗れた場合のNalbandian辺りで
    しょうか?(優勝した場合はシードが付くはず)

      引用  返信

  • ソダーリングは5月21日に記者会見を行い、依然として体調が万全ではないことを理由に、ロンドン五輪を欠場する意向を明らかにしています。

      引用  返信

  • とにかく、28日の発表を待つしかないですね。
    オリンピックの出場枠に入っていても、その国の国内基準に達していない選手は出場出来ないとか、それぞれ国によっても事情が異なるようですし、五輪でもプロテクトランキング制度が適用されるなんて思っていませんでした。
    そういうゴチャゴチャした複雑な状態なので、最終的な発表でどうなるのかまったくわかりませんよね。竜馬くんは今の時点で57番目ということなので、なんとか入ってほしいと心から祈っています。信じて待ちます!

      引用  返信

  • 拙い英語でBoodlesエキシビに出場するかどうかの返事を送ってみたところ、先ほど次のような返事が来ました。KEIはこのエキシビに参加せず、いきなり全英に臨むことになります。

    Vamos!

    > We don’t have any news of Kei Nishikori playing at The Boodles, but if it
    > should happen we will put it out on Twitter @TheBoodles and it will be
    > posted on the website.
    >
    > Thanks for your interest.
    >
    > Regards
    > Faye

      引用  返信

  • Dolgopolovがオリンピック不参戦と自身のツイッターで述べてました。
    伊藤選手よりややランクが上のベルギーのロクス選手もベルギーの委員会?の意向で出場できないとのことです。
    ロクス選手は納得がいっておらず、訴訟の意向もあるとか。
    Dolgoは不参戦の理由は言ってないんですが、「とても残念」的なコメントなので本人の意思とは反するのかな?
    こうなると、ググっと伊藤選手の当確の可能性が上がってきますね。
    でも、本人の意思とは異なり出られないのは気の毒です。。。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。