錦織圭、ウィンブルドンは大丈夫

なんか記事タイトルの「・・・」が気になりますが、とりあえずウィンブルドンは大丈夫ということで一安心ですね。

棄権の錦織「ウィンブルドンは大丈夫…」(スポニチ・アネックス)

 男子テニスのノッティンガム・オープンは17日、英国のノッティンガムでシングルス1回戦を行い、世界ランク105位の錦織圭(ソニー)は同68位のトーマス・ヨハンソン(スウェーデン)を相手に第1セットを5―7で失った後に腹筋の痛みを訴え、棄権した。今大会の予選で痛めた部位が試合中に悪化したという。23日開幕のウィンブルドン選手権出場が決まっている錦織は「徐々に痛みが出てきて最後の2、3ゲームは痛かったが、ウィンブルドンは大丈夫だと思う」と話した。

5 件のコメント

  • それにしても、最近のプロテニス選手は試合が多すぎですよね。
    毎週、毎週、休みなく、時には、重なっていたり、
    そうやって、ポイント稼がないとランク落ちていくからなんでしょうか?伊達公子さんもポイントの計算法が代わって年間の試合数が増えた事が10数年前の引退の理由の一つだったし。
    怪我したら確実にランク落ちるんだろうし、きびしいですね。
    お相撲さんだったら年に6場所90日で済むのに。

      引用  返信

  • 昨日はお疲れ様でしたm(__)m

    いきなりの微動だにしないライスコに
    みんな目が点になりましたね。

    さて、圭選手とともに、
    私も改めて
    ウィンブルドンに照準しっかり合わせて行きたいと
    おもいます。

    今さらながらに、特集雑誌をたくさん買ってお勉強。
    ウィンブルドン特集番組と錦織選手特集番組を見て、
    気持ちを盛り上げてまいります。

    WBはしっかり放送されると思うので
    放送見ながら実況&応援でしょうか??^^;
    でもさすがに放送に釘付けかなぁ。

    圭くんもWBで力を出し切って
    自分の納得できる形まで
    持っていきたいでしょうね。
    大舞台になるほど活躍する彼。
    奮闘に期待しましょう!!

      引用  返信

  • 最近、たくさんのコメント・・・
    色々な意見を読むのは、とてもとても面白い!!
    ウィンブルドンが始まったら、コメント100とか超えそう。
    テニスブログ界の上地雄輔ですね♪
    さて、明日はオリンピック出場の如何が発表される日。
    私はどっちでも良いと思っている。
    ソニーと契約発表の為の来日・・・
    あの時も「それって、どうなの!?」っていう意見が多かった。
    確かにATPのポイントのことだけを考えたら、帰国をしない方が
    良かったのかもしれない。
    でも、短くても久しぶりに帰国できたことは錦織選手にとっては
    かなりのリフレッシュになったのでは?
    オリンピックについても、あまりプロテニス選手としては意味のないこと。
    才能があるがために、おそらく小さい頃から色々なことを犠牲にし、テニスに打ち込んできた錦織選手にとって、オリンピックは他のスポーツのすばらしさなども肌で感じられる貴重な大会。

    本人も出たいようだし、もし選ばれたら素直に喜びたいと思う。
    回り道に思えても、そんな経験を感性の豊かな若い時期にできることが、実は今後のテニスにもプラスに働くのではないか。
    選ばれなかったら、「北京は空気が悪いらしいから、良かったよねー」ぐらいの感じでしょうか。

      引用  返信

  • こんばんわ~。
    大丈夫だと思う。っていう言い回しがちょっと
    ひっかかりますね。
    やっぱり突然のアクシデントだったんでしょうね。
    なんかかわいそう。

    Nosaさんの言うとおり、圭くんが行く道を応援します。
    遠い空の下でみんな応援してますよ~。
    ファイトだ、圭~。ヤ~~~

      引用  返信

  • >siriusさん
     本当にちょっと今のテニスの日程はきつすぎですよね。
     世界中で試合がありますしね。

    >マックウィンさん
     実況も応援もしっかりやりますよ!!
     まあベスト8位まで来ると思うので、両方やるのもなれてくるでしょう。

    >Nosaさん
     そうですね。私はオリンピックについてはどちらでもいいかなあ、という感じです。
     最後のオリンピックでもないし、その一方でいろんなチャンスが広がることも歓迎したいし。
     本人次第だと思いますね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。