錦織圭、SAPオープンはやっぱり欠場

公式サイトに欠場のアナウンス来てます。致し方ありません。

錦織圭のATPサンノゼ大会欠場について

錦織圭は右肘に関節炎の症状が見受けられるため、来週出場を予定していたサンノゼの大会を欠場します。

昨年の12月末よりフロリダに戻り、トーナメント復帰に向けてトレーニングの負荷を徐々に上げてきましたが、長い間実戦から遠ざかっていたため、肘に疲労が蓄積されたものと思われます。MRI検査の結果、ドクターからは少なくともあと1週間ほどの休養が必要だとの診断が出ました。したがってトーナメントの復帰は今後の経過を見ての判断になります。

またもう少し辛抱が必要になりましたが、みなさん一緒に待ちましょう。

8 件のコメント

  • ガーン。
    うすうす予想していてもショックです。

    「選手名を漢字で表わしてみた」(←おもしろいです!)をもう1回読んで、気をとりなおそう。
    kon-gさんの作もかなりキテますねww

      引用  返信

  • 正直いつ欠場発表がでるかをわずかな出場期待とともに待っていたような気がします。焦って準備が整わないのに出たというだけでどうなるものでもないし一年欠場してプロテクトランキング一年有効という新ルールの適用を受けるほうが良いだろう。圭君には辛いでしょうが、焦りは、禁物、今は以前より肉体と技を強化、進化させるための雌伏のときだと、自分に言い聞かせながら阿佐ヶ谷方面に去る・・・

      引用  返信

  • いつも楽しく拝見させて戴いている者です
    初めまして です。
    一番 ツライのは 圭 です!
    心配 ですね でも 信じましょう
    圭の判断です
    テニスをしない私には解りませんがキャンセルして善いと思います。
    圭のテニスの復活 皆で待ちましょうね。  

      引用  返信

  • そうですね。1年近く欠場してても、復帰を待つファンがたくさんいることが、このブログをやっていてとてもよく分かります。

    いつかは晴れる日が来ますので、その日を楽しみにしたいですね。

      引用  返信

  • 今まで待ったのだから、完璧な状態で試合に
    出られるようになるまで待~つ~わ~!
    と、自分に言い聞かせつつ
    やっぱり 打ちのめされてしまった・・・

    でも、どろんこハリーさんの言うとおり
    一番つらいのは本人ですね。
    ガンバって、試合に出てきたとき応援する為の
    体力を蓄えておきましょう!!!!!

      引用  返信

  • 残念ではありますが、欠場することになり、ほっとしたというのが
    正直な気持ちです。
    復帰初戦が、トップ選手との対戦では肘への負担が大き過ぎます。
    ここは再び、じっと我慢ですね。
    待ってます、待ちます、鼻地池の錦鯉の皆さんと!!!

      引用  返信

  • はじけすぎのkon-gです。

    正直残念でなりません。
    せっかく長いリハビリを経て復活っと思ったら、また肘ですからねえ…。ハワイのチャレンやーから3週連続のパスなんで、ちょっと心配です、今回は重症でなければいいのですが。

    IMGは、昨年の怪我直後も「肘の故障は重症ではなく、若い選手に特有のもの」みたいなこと発表してたじゃないですか?不可抗力だったのかもしれませんが、もう少し正確な病状の把握が行われていたら?と思わないでもありません。また、正確な発表も望みたいところです。

    今回はMRI検査で「最低一週間の休養が必要」とのことですが、仮に一週間で回復しても、それからまたトレーニングですからまだしばらく時間がかかるのではないでしょうか。

    WowWowさんの特番も飛んじゃったみたいですし、寂しいものがあります。

    しかし、我々は待つしかありません!圭君の躍動する姿が見られる日を。。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。