ついにあの男が帰ってくる!?錦織がカリフォルニアに向けて出発

錦織圭がカリフォルニアに向けて旅立ちました。錦織圭公式アプリで発表されました。

「カリフォルニア」と、はっきり「ニューポートビーチ」とは書いていないものの、間違いなくニューポートビーチCHに出場するためでしょう。
(まさかショッピングというわけでもあるまい・・・)

これまでブリスベン、シドニー、全豪と、エントリーはしたものの早めに不参加を表明してきました。
今回は1週間前になってもキャンセルせず、現地にも向かったということは、ついに復帰の可能性大と言っていいでしょう。
復帰しなかったら逆フラグのせいにしてください!!

来週は全豪とニューポートビーチCHで大忙しの週になりそうです。

果たしてどんな状態で戻ってくるのか。
故障については、「100%にならないと戻ってこない」と明言していましたので、良くなっていると信じたいです。
試合勘や体力については、決して楽観視はできないと思っています。
チャレンジャーと言えども、優勝できるとは断言できません。
でもトップ選手の維持として、初戦負けはしてほしくないな、とも思います。
でも勝ち負けよりも問題なく最後までプレー出来るかどうかですよ!!この大会は!!(どっちやねん)
という揺れるファン心理をそのまま書いてみましたが、おそらく皆様も似たような気持ちでは。

いずれにせよ久々にコートに立つ錦織が見れるかもしれず、ワクワクが止まりませんね。
ニューポートビーチをスキップしてもまだエントリーしている大会はたくさんあるし、とにかく復帰が近づいていることだけは間違いありません!!

なお、チャレンジャー大会についてはATP公式サイトでライブストリーミングが標準装備されている(はず)です!!
見逃しちゃだめですよ!!

ATP Challenger Tour | ATP World Tour | Tennis

P.S.

 これまで「ニューポートチャレンジャー」と表記していましたが、ロードアイランド州のニューポートと間違えやすく、正しい「ニューポートビーチ」を使うことにしました。紛らわしくて申し訳ありませんでした。

 ニューポートの大会は芝のATP250です。
 今回のニューポートビーチはハードコートのチャレンジャー大会です。

 チャレンジャーとは言え、15万ドルの大きな大会でレベルも高いです。

58 件のコメント

  • なおきさん、ほんとうに私もそうおもいます。
    時間がわっかたらどなたか教えて下さいね、午前中は仕事なので午後からだとうれしい!

      引用  返信

  • いやーズべレフは本当に固まりましたね全身が。

    ウエイトのコーチがマレーと一緒だから絶対ダメになると思ってたんですが、やっぱり早かった

      引用  返信

  • Linusさん,
    ありがとうございます。
    ドローに名前がある!
    それだけでテンション上がりますね~
    待ちに待った復帰戦、楽しみ過ぎます(’-’*)♪

      引用  返信

  • Linusさん,
    ドローのお知らせありがとうございます!
    ホント、楽しみすぎます❤️
    試合時間の発表はまだでしょうかね?
    オンデマンドでちゃんと見られるのか、今はそれが心配です(⌒-⌒; )

      引用  返信

  • 先ほどWOWOWで復帰戦1/24(水)配信予定、と言われてました。

    楽しみワクワクとちょっとの心配ですが、待ち遠しいです(^_^)

      引用  返信

  • お早うございます。
    Linusさま
    NPBの本戦ドロー、有難うございます。初戦は予選勝者と対戦ですね。なので予選ドローも一応貼っておきます。
    http://www.protennislive.com/posting/2018/7845/qs.pdf

    今回の夢第1弾は、予選に出場の内田海智選手が見事本戦入りし、錦織選手との対戦が実現すること。応援に悩みますが、実現すればある意味鼻血モノ。内田選手、予選頑張って!
    ま、その他にも、2017NCAA東部チャンピオンのC・ユーバンクス選手や2017USAジュニア・チャンピオンのP・キプソン選手、IMGの可愛い後輩U・ブランチ選手(錦織選手の2016ファイナルズでのヒッティング・パートナー)等、錦織選手と対戦してほしい選手はいーっぱいいるのですが(苦笑)

    とにかく皆さまが仰るように、ドローにお名前があるだけでアゲアゲになりますね。
    なお、こちらはWTAとの共同開催で試合数も多く、本日より予選1R(予選は3Rまで)開始ですので、本戦OOPは火曜日早々あたりではないでしょうか。
    それにしても本戦、錦織選手のところにハマる予選勝者にしてみれば「何でニシコリ?!」と、甚だ迷惑なお話ですね(苦笑)

      引用  返信

  • 皆さんも言われてますが、ドローに名前があります。最高です。
    NORICHANさん、さすがです。また、沢山の情報を楽しませていただいてます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。