今年残りの2戦は、バーゼルとパリ

公式ブログに錦織圭からのコメントが寄せられ、その中で今年の残り2戦としてバーゼル(10/31~)とパリ・Masters1000(11/7~)に出場予定であることが分かりました。
バーゼルとバレンシアのどちらに出るのだろうと思っていましたが、バーゼルならまだ対戦したことがないフェデラーとの試合もあり得ますね。1回戦は勘弁してほしいですが・・・。

その後はおそらく日本に帰国し、11月20日のチャリティーイベント、「ドリームテニスARIAKE」に出場する模様です。
そのまま年末あたりまで日本にいるとすると、比較的長めの帰国となりそうですね。

※錦織圭の今シーズン、今後の出場予定大会は下記になります。

10月31日~ ATP500バーゼル大会

11月7日~ ATP1000パリ大会

(11月20日 日曜日 ドリームテニスARIAKE出場)

[ from IMG] 錦織圭からのコメント – 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COMより

ちなみにバーゼルのエントリーリスト(10/14現在)は以下の通りです。
ジョコビッチもエントリーしてますね。ティプサレビッチもいる!今度こそ!
なんともレベルの高い顔ぶれです・・・。楽天オープンもいい顔ぶれが揃っていましたがそれ以上です。
錦織は今のところOUT2番目ですが、最終的に本戦ダイレクトインする可能性は高いと思います。

1 Djokovic, Novak SRB 1
2 Federer, Roger SUI 3
3 Fish, Mardy USA 7
4 Berdych, Tomas CZE 9
5 Roddick, Andy USA 14
6 Gasquet, Richard FRA 15
7 Troicki, Viktor SRB 16
8 Tipsarevic, Janko SRB 17
9 Wawrinka, Stanislas SUI 19
10 Haas, Tommy GER @20
11 Melzer, Jurgen AUT 21
12 Mayer, Florian GER 24
13 Stepanek, Radek CZE 25
14 Ljubicic, Ivan CRO 29
15 Youzhny, Mikhail RUS 32
16 Llodra, Michael FRA 34
17 Dodig, Ivan CRO 37
18 Bellucci, Thomaz BRA 38
19 Haase, Robin NED 42
20 Nieminen, Jarkko FIN 46
21 Malisse, Xavier BEL 47
22 Muller, Gilles LUX 49
23 Starace, Potito ITA 50
24 Seppi, Andreas ITA 51
25 Baghdatis, Marcos CYP 60
26 (Q)
27 (Q)
28 (Q)
29 (Q)
30 (WC)
31 (WC)
32 (WC)

Alternates
1. Giraldo, Santiago COL 52
2. Nishikori, Kei JPN 54

20 件のコメント

  • はっきりバーゼルの方を選ぶようですね。1人称が「私」とか書いてあるのを見ると誰かに書いてもらった文章のようですから、もうチーム錦織の中ではバーゼルには出られそうなくらいに回復したというコンセンサスが取れているのではないかと思います。楽しみですね♪

      引用  返信

  • KEI NISHIKORI: Yeah, it’s always my goal to get a strong body. Especially end of this year I’m going to a new place to train myself, see a new trainer.上海のインタビューからの引用ですが、だれかしってますか?

      引用  返信

  • まさか、中京大の室伏教授に弟子入りですかね⁉体幹トレーニングとか⁇

      引用  返信

  • 団長様 こんにちは

    いつも拝読していますが、上海の活躍に興奮しすぎて文章がまとまらず(苦笑)、久しぶりの書き込みにて失礼します

    うふふ、上海はもちろん楽天オープンの前に「ドリームテニスARIAKE」のチケットを購入しました!今からでは取れないのでは?と勝手に喜んでいます
    団長様もいらっしゃいますか?

      引用  返信

  • こんにちは♪^^
    初めてコメントさせて頂くRioと申します。

    いや~、錦織選手楽しみですね☆

    波に乗って、ドドド!っと
    勝ちまくってほしいです。><

      引用  返信

  • 本戦のエントリーリスト、層々たるメンバーで頭がクラっ
    ジョコ山かフェデラー山か、考えるだけでエキサイティングです。
    去年はこの2人が決勝で戦いましたが、今年はどうなのか?
    圭君はどちらに入るか?本戦ストレートでいけるか?
    ついでにティプはどこに?
    など妄想が膨らみますがドローは30日発表!

    まだまだ先です。ブログでは、足首には触れてませんでしたから、
    回復したようですねwよかった よかったw

    バーゼルの大会非常に楽しみにしておりますww

      引用  返信

  • 圭君、本人が書いたコメントではないにしても十分
    錦織の30位達成の嬉しさは伝わってきましたね~
    それで十分です。

    ernestさん、私も上海MでSF進出公式インタビューの中で
    「将来は日本でのトレイニングも考えている~」とコメントして
    ましたから、もしかすると、帰国中に一度Tryしてみるのかも~

    室伏さんに弟子入りしたいと言っていたそうなので、復活さんの
    予言?当たるかも知れませんね~

      引用  返信

  • 出場予定が決まって良かったです。足首には触れてなかったけど、きっとよくなっているんでしょうね。

    上海の時、新しいトレーナーと別の場所でトレーニングすると言ってましたね。私の勝手な想像ですが、NTCではなくウイダーのジムで新トレーナーとやるのかな?

      引用  返信

  • twitterではお世話になっております。
    いつも楽しくブログ拝見させていただいております。

    僕の勝手な予想ですが、

    ギル・レイエスのところでトレーニングするのでは?
    と思っています。

    ブラッド・ギルバートがアガシを見ていたときのトレーナーですが、
    コネクションとしてはありえるのではないかと。

    2009年の全豪でのベルダスコの好成績はレイエスとのトレーニングのおかげだと言ってましたし。

      引用  返信

  • 契約の時期なのですね・・・。場所としては、全豪まではアジア・オセアニアにいてくれると、時差の関係で安心できます。

    本当に、バーゼルかパリで、フェデラーと当たってほしいですね。フェデラーはロンドンまでは引退しない、と前に言っていましたが、その後が心配なので。
    新聞記事に、錦織が、上海で負けた後「今年の目標が、一つ優勝することなので、残りの欧州戦をがんばりたい。」と語った、と書いてあったので、がんばると思います。

      引用  返信

  • 公式サイトに本人から、上海大会に関する記事がアップされました。
    相変わらずの錦織節全開ですが、今大会で得た物は大きかったようで、ファンにとっては嬉しいコメントが満載です。
    腰や足については触れていないので、後に影響するような怪我はなかったようです。
    来週末にバーゼルに向かうそうですよ。
    バーゼルはDAできなくてもWCくれるんじゃないかと期待してます。

      引用  返信

  • 新しいテニスを発見したと。
    これからが楽しみですね。

    ギルバート理論がようやく圭くんのテニスに浸透したのでしょうか。
    あの疑惑の1回戦0-6、1-4からの巻き返しのところがポイントだったようですね。

      引用  返信

  • 覚醒した錦織圭で、今年あと2大会、いい成績が残せるといいなぁ(*^o^*)
    応援もがんばりたいと思います。

      引用  返信

  • 錦織選手のブログは秀逸ですね。いつも思うのですが若くして日本を離れたからか、実に平易な言葉で自分の気持ちを表現していて、今時こんな誠実な青年がいるんだなぁと感心させられています。
    テニスの技術についてはよく分かりませんが、テニスプレーヤーとしての錦織選手だけでなく、一人の人間としての彼が何を思いどう成長していくのかに興味がつきません。
    こちらのブログではそうしたテニス選手の日々やテニス界の仕組みについて教えていただき今まで知らなかった世界を知れて感謝しています。
    いつか生でテニスの試合を見に行きたいです。

      引用  返信

  • >これは間違いなく人生で1番の逆転勝利だろうねっていうのも言われましたが
    >実は0-6,0-5から逆転したのもあります。笑

    圭君の最新ブログでそう言ってます。
    思わず、エッて吹きました。
    確かにそんな以前でない、少なくともこの1年であったような、チャレンジャーだったような、しかしどの試合だったか私は思い出せません。
    どなたか、覚えておられる方、おられますか?

    この上海大会で何故、覚醒出来たのか、「試合の勝ち方が分かった」(師匠へのメール)こと、その内容を言ってますね。
    こんなこと率直に公表出来るなんてやっぱり、圭君(^^

      引用  返信

  • 私も錦織さんのブログに書かれていた「人生で一番の逆転勝利」が気になっていました。

    錦織さんの公式の「Result」には、2007年以降の試合結果の一覧がありますが、第1セットをベーグルで落としてしまった試合は今回のHaase戦のみですね(見落としがありましたら申し訳ありません)。

    ということは2006年以前の話かもしれませんね~。

      引用  返信

  • 連投、すみません。
    上の投稿に間違いがありました。

    (誤)第1セットをベーグルで落としてしまった試合

    (正)第1セットをベーグルで落としてしまってからの逆転勝ち試合

    でした。
    申し訳ありません。

      引用  返信

  • たしかオリンピックじゃなかったですか

    結局第3セット取られて負けてしまった試合でしたが

      引用  返信

  • 「新しいテニスを発見した」「試合の勝ち方がわかった」って
    すごいことですよね?
    わたしたち(わたし?)が、「つかんだ」っていうのとはわけが
    ちがうんでしょうね。
    わたしの「つかんだ」は気のせいだったってすぐ思いますから。
    これからの圭くんがほんとに楽しみです。

      引用  返信

  • みやこさん
     全く同感です。
    それにしても、ずっと以前から思ってたんですけど、
     激しい試合 死闘の後の、インタビューで、なんで
     いつもあんなに、穏やかで、静かなんでしょうね??

     まあ なんというか・・・ まか不思議な、人ですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。