錦織圭、ウィーン出場は回避

 来週ウィーンで行われるATP250大会のエントリーを錦織圭が取り消しています。

http://www.tennisteen.it/notizie/entry-list/12938-atp-entry-list-24-30-ottobre-2011.html
(情報提供:ゆきたろさん)

 これはおそらく上海準々決勝で痛めた右足首の捻挫によるものでしょう。1週間あるとは言え、一旦フロリダに戻るとのことでしたので、ひょっとして治療に専念するのではないかとある程度予想していました。

 実際、これ以上のランキングを狙うためはATP500以上をポイント稼ぎの場としていかなければなりませんから、今の足の状態ではATP250のウィーンを回避してATP500のバーゼル(あるいはバレンシア)、そしてMasters1000のパリに照準を合わせることは賢明だと思われます。

 回復状況次第ではバーゼル(あるいはバレンシア)も回避することもありえるかと思いますが、連戦が続いて痛んだ体を休めることができると前向きにとらえましょう。何と言っても上海での活躍によってランキングに対するプレッシャーが大きく減ったのですから、焦ることはありません。

  

4 件のコメント

  • はい!団長さんのおっしゃるとおりだと思います!
    最近の圭くんを見ていると
    早め早めにMTOなどもとって
    体のことに気を使っているんだなあ、感じます。
    たしかドルゴポロフが全豪でブレイクしたとき
    これで、ポイント稼ぎのために
    ツアーを過密スケジュールで回らなくてもすむので
    それが一番嬉しいみたいなこと言っていましたよね。
    圭くんには、しっかり体を万全の状態にしてもらって
    次のドッカーンを楽しみに待つことにします。

      引用  返信

  • 250のトーナメントを回避し、500に集中?!
    こんな会話が飛び交うようになったのですね・・・・
    すご~~~~~い。

    ひとつだけ残念なのはこんな感じでいくとデルレイももうスキップになっちゃうのかしら・・・。
    応援にいくの楽しみにしてたんだけど。

    でもでもツアーをがむしゃらに回らずに、ある程度絞ったスケジュールで回れれば、体も休めるし、集中もできるでしょう。

    フロリダで少し休んでください。
    今日あたりサラソタあたりはストームで、外で練習はできないはず。ユックリ休めるといいですね。

      引用  返信

  • いつも楽しく拝見させていただいております。
    初カキコです(^3^)/
    ジャパンオープンで生マリーを見ていたので仕方ない面もあったShanghaiでしたが、これからはプレッシャーの少ないノビノビプレーに繋がるかと思うと楽しみです(^_^)

    全豪までに20位台を目指して頑張って欲しいです♪
    大学に通いながら応援してます♪
    Come on KEI !!
    Come on 鼻血ブログ!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。