錦織圭、マイアミの本戦WCを獲得!!

またグッドニュースが入ってきました。

【from IMG】錦織圭のATPマイアミ大会本戦ワイルドカード獲得について – 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COM

錦織圭のマネージャー、オリバー・バン・リンドンクより、錦織圭がATPマイアミ大会の本戦ワイルドカードを獲得したことをお知らせします。この大きな大会に100%の状態で臨むため、次週のATPインディアンウェルズ大会の予選に出場しないことにしました。現在、錦織圭はブラデントンのIMGアカデミーでマイアミ大会に向けて練習を続けています。

マイアミ(ソニーエリクソンオープン)はMasters1000という、グランドスラムに次ぐ格の大会です。

プロテクトランキングを使っても予選からの出場になる予定でしたので、本戦から出してもらえるのは非常に嬉しいですね。

プロテクトランキングの残り大会数を温存できるのも大きいです。

マイアミ本戦の代わりにインディアンウェルズ予選はスキップすることになりました。プロテクトランキングを節約できますし、フロリダ開催のサンライズチャレンジャーもありますから、コンディショニングの面では楽になりました。

スケジュールアップデートしておきます(錦織圭カレンダーもアップしておきました)。

日程 大会名 開催地 エントリー PR使用
3月14日~ BMWテニス選手権 フロリダ・サンライズ CH 予選? ○?
3月22日~ ソニーエリクソンOP マイアミ 1000 本戦WC ×
4月3日~? US男子クレーコート選手権 ヒューストン 250 予選
5月10日~ サラソタOP フロリダ・サラソタ CH 本戦WC ×

サラソタオープンの公式サイトは音楽が鳴りますので注意を。しかも止めるボタンがない・・・。

日付は「錦織が出場する可能性のある」日程です。本戦なら本戦開始日、予選なら予選開始日を示しています。

なお、「いきなり強い選手と当たるよりは、予選から出て慣らしていく方が良い。ポイント的にも良い。」というご意見があるのは承知しており、一理あると思いますが、錦織陣営はレベルの高い試合を望んでいるようですね。トップに行くための判断でしょう。リスクもありますが、この判断が上手く行くといいですね。

18 件のコメント

  • サラソタのリスト、よく見たらキャプチャじゃないですよ!
    テキストはテキストとして配置されてるみたいです。
    もしかしたらATPの画面を読み込むという手法かな、
    と思われますが専門家でないので不明。

    いやそれよりKeiが他の選手をさしおいて最上段に、最大のスペースを割いて配置されているのがうれしいですね。

    そしてマイアミ本戦WCやったー!!
    テレビ放送あるといいな、いいなー♡

      引用  返信

  • フロリダ/サンライズ・マイアミ・ヒューストン・フロリダ/サラソタ・・・ 

    これらって位置的に近いのかしら? 

    圭君は地元感覚で勝負できそうですね

      引用  返信

  • テイラー・デントにX・マリース?IMG選手勢揃い!近いからフィリップくんもハリソンくんもみーんな集合かもしれないですねー。地元の大会も楽しそうでいいですね。

      引用  返信

  • 復帰したばかりなので、無理のないスケジュールでいってもらいたいです。間隔が開き過ぎるのもまた心配になりますが。

    神さんブログによると、神さんのデルレイビーチの記事がテニスクラシックブレーク誌に載っているそうです。
    明日、書店に行ってみるつもりです。

      引用  返信

  • 当分は1ヶ月に1大会ペースですかね?5セットマッチが出来るようになるのは全米オープンぐらいでしょうか?

      引用  返信

  • ゆーたさん

    出るときは連続して出て、ちょっと休むというのが通常のパターンだと思いますよ。

    ヨーロッパとか行ったら1大会で帰ってくることはあまりありませんしね。

    全仏には出ると思いますよ。

      引用  返信

  • いよいよ本気モード、project45再始動ですね。こちらまで引き締まる想いですが、「ロマンチックが止まらない」もくせになりました。

      引用  返信

  • 応援ソングもマイアミに向けて、、、!

      引用  返信

  • 確かにあれからずっとロマンチックが止まらないです。
    サンライズCHは回避でしょうかね・・・。

      引用  返信

  •  マイアミの本選WC獲得おめでとう!!!
    いつものことながら、
    圭のすごさには驚かされますね!
    マスターズ1000の本選WCなんて…
    やっぱり世界の圭!なんですね^^)
    世界中が復帰を待ち望んでくれていたんだ、うれぴ~≧▽≦

    またまたTV放映ありそうですね。
    SAPが流れちゃったので、WOWOWが必死で調整中なんじゃない?

      引用  返信

  •  インディアンウェルズのスキップに肘の影響が無いとすれば、
    錦織チームは、PRの使用に対してやや慎重な考え方に方針変換
    したと考えられます。

     基本スタンスとしては、「全仏の時期位までは、GS以外に
    対してはできるだけPRを節約する。」というもので、具体的に
    は、以下のようなアクションをとっているものと推察しています。

    スタンスではないかと思っていま
    す。

     そうであれば、

      引用  返信

  • こりこりさん お誕生日おめでとうございます!

    で、 上の記事の続きは?
    「以下のようなアクション」つまり、ゆっくり亀さんペースで?

    私としては
    全米・全仏オープン に 106位でダイレクトインを狙っているのかなー と素人考え。

      引用  返信

  •  先ほど、作成途中だったので・・・

     インディアンウェルズのスキップに肘の影響が無いとすれば、
    錦織チームは、PRの使用に対してやや慎重な考え方に方針変換
    したと考えられます。

     基本スタンスとしては、「全仏の時期位までは、GS以外に
    対してはできるだけPRを節約した上で、本戦出場を確定できる
    ツアーに対しては万全の準備をする。」というもので、具体的に
    は、ツアーの性格に応じて以下のようなアクションをとっている
    ものと推察しています。

    ・WCを獲得できる可能性の高いグランプリツアー(例:マイアミ)
     エントリーせずにWCを獲りにいく。結果論的には、デルレイ
     ビーチもこうした方が良かった。
    ・WCの獲得が微妙なグランプリツアー(例:ヒューストン)
     PRでエントリーし、DAされれば出場、予選からならばエン
     トリーをキャンセルする。ただし、WCを獲得できれば出場。
    ・WCの獲得が困難なグランプリツアー(例:バロセロナ他)
     DAの可能性があればPRでエントリーし、DAされれば出場、
     予選からならばエントリーをキャンセル。DAの見込みがなけ
     ればエントリーもしない。
    ・CHツアー(例:サラソタ)
     原則、エントリーはせず、本戦WCの獲得だけを狙いにいく。

     要は、当面のPRの使用は、グランプリツアー以上の本戦DAの
    ためだけに限定(GS除く)し、それ以外はWCの獲得を狙いにいく、
    ということだと思います。

     この推察に基づけば、サンライズCH出場の可能性は低く、ヒュ
    ーストンへの出場もWC次第ということになります。錦織は、08年
    にこのヒューストンのWCを獲得していますが、この際には1回戦
    負けをしています。 

     客観的に見て、WC出場のマイアミで1回戦負けしてしまって
    は、ヒューストンのWC獲得は難しいと思います。錦織チームも
    今後のWC獲得に対するマイアミの重要性は良く分かっているはず
    で、ある意味勝負にきていると思います。

     デルレイビーチは様子見の要素が多分にありましたが、マイアミ
    に対しては、万全を期した準備を行うためにインディアンウェルズ
    のスキップが不可欠であったと、今では非常に前向きに受け止めて
    います。

      引用  返信

  •  bluettiさん

     祝福?ありがとうございます。
     はっきり言ってもう歳はとりたくないのですが・・・

     でも、いつもの独断的なコメントでも、bluettiさんのように
    読んでいただけている方もいる、ということが実感できて嬉し
    かったです。

      引用  返信

  • コリコリさん
    おもしろい投稿をありがとうございました。
    エントリー状況は非常に気になるところですが、
    違う角度から眺めてみるとおもしろいですね。

    PS)jijiも今日でまたひとつ年取りました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。