錦織圭、予選1回戦は辛勝(2008インディアンウェルス)

Pacific Life Open 
Indian Wells, CA, U.S.A.
March 13-23, 2008
$3,589,000 / 96 Draw
Hard – Outdoor

大会公式サイト

予選ドロー

予選1R
K. Nishikori def. A. Bogdanovic, 6-4 4-6 7-5

エースが10本、ダブルフォルトが5本。

錦織が7ブレイク、Bogdanovicが6ブレイクして、結構なブレイク合戦だった模様。

6-4 3-0からこれほどもつれた試合になるとは。

何はともあれ、どんな形でも勝ったのはいいことです。

次はラペンティに勝ったニーマイヤー(Niemeyer)との対戦です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。