錦織圭、ついに(というか早くも)トップ100入り!!!

先ほどATP公式サイトを確認したところ、錦織圭の最新ランキング(2008年4月28日付)が99位となっていることを発見しました!!!

錦織くん、おめでとう!!!

\(^o^)~≪☆♪祝*CONGRATULATIONS*祝♪☆≫~(^o^)/

記念にATPのランキングページをキャプチャしておきます。

皆様、上の画像から順に、味わいながら見ていってください。

決していきなり99位のところを見ないように!!(笑)

top100-080428-1.PNG top100-080428-2.PNG top100-080428-3.PNG

ご覧のように、100位がLuなのも感慨深いです。

ついにLeeに次いでアジアNo.2の座も手に入れました!!(ランキング上はNo.2にすでになったことあったけど、イメージ的に)

18歳3か月(もうすぐ4か月)でのこの快挙を日本人男子が成し遂げたんです。本当に感動ものです。

バミューダチャレンジャーにしたって、チャレンジャーと言えども100位以内の選手がわんさかいて、その中での優勝ですからね。

やっぱりちょっとモノが違います。

ウィンブルドンのカットオフは確か本戦の6週間前ですから、去年のチャレンジャー準優勝(2007年5月28日付)の40ポイントは消えないのでは?と思っていますが、どうなるのでしょうか?

詳しい方教えてください。

もしこの40ポイントが消えないなら、ウィンブルドン本戦イン確定です!!

ブログランキング(テニス)No.1御礼!!<br>引き続き応援クリックよろしくお願いします!
日本ブログ村の方もよろしくお願いします!

blogrankingにほんブログ村 テニスブログへ

P.S. 松岡修造さん、泣いて喜んでいるのではなかろうか。

11 件のコメント

  • うわ~
    上をみたらフェデラーまではまだまだですね~。
    でも一歩ずつ着実にあがってもらいたいです。
    まってろよフェデラー。
    引退するなよ~w

      引用  返信

  • この前コメントしたとおり、netdashさんブログNo1、錦織CH初優勝、錦織TOP100と盆と正月とクリスマスが一緒にきたようなもんですね。冷静に考えればデルレイビーチからまだ2ヶ月ちょっとしか経っていないんです。ちょっとできすぎかも。
    今週はメンタル面でのケアも含め充電をして、全仏の予選突破を期待しましょう。
    kirinoreikoさん、ナダルもジョコビッチもまだまだ現役でしょう。早くこのクラスを倒すところを見たいですね。昔松岡がウインブルドンでサンプラス相手にひょっとして?と思わせることがありましたが、錦織の登場でこんな楽しみも増えました。大感謝ですね。

      引用  返信

  • はじめまして。錦織君の情報を探してたどり着きました。
    本当にすごいですね。すばらしい優勝からまだ二ヶ月しかたっていないのにTOP100に入ってしまった。信じられないですね、本当に実力があるんですね。
    今年からWOWOWに入っているので全仏には是非本選出場してもらいたいです。ナダルと錦織君の試合なんてのも夢でない?是非全仏で見たいものです。
    バミューダCHのホームページの写真、錦織君になってますね。
    あ、ブログNo1おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。

      引用  返信

  • テニスネットのサイトをみると、ここでは
    「ウィンブルドン本戦確定!」とニュースにでてます。
    ですが、6週間前までのランキングで104位以内ですから、
    6/23からのウィンブルドン、まだ少しありますかねぇ!?
    でも、ランキングは上がるのみでしょうしww
    大丈夫じゃないかと~(^0^)/

      引用  返信

  • 去年の段階では、こんなに早くトップ100を切るなんて想像もできなかったです。才能はあるのだからじわじわランキングと実力をあげていってもらえれば、みたいな感じで応援してましたからねぇ。
    ローランギャロでジャンピングフォアハンドを突き刺す錦織君が見たいです!!

    そういえばデルレイの優勝はnetdashさんがブログ開設して数日後だったですよね。netdashさんの熱い気持ちが錦織選手に届いているような気がします。

      引用  返信

  • いやー感慨深いっすねーw
    とはいえこれはまだほんの序の口、次の目標はやはり松岡氏の最高位46位を
    上回るとこでしょうか!とにかく楽しみです!

      引用  返信

  • いやー、この週末はテニスの話題が多かった(錦織優勝、伊達復帰戦、フェドカップ、モンテカルロのフェデ対ナダル)のに、ほとんどスポーツニュースにテニスが登場しなくて、ヤキモキしてました。今回の錦織優勝もチャレンジャー大会だったので出ないかなと思ってたら、報道ステーションで松岡さんがキッチリ?やってくれましたね。(笑)
    といっても今回の映像が流れた訳ではないのですが。

    でも普通の記者では聞かないようなインタビューをしてくれたので興味深く見れました。デ杯で負けた時の敗因で芝でリターンで踏み込めなかったというのがあったのですが、その時の心情を「勝ちたかったから守りに入ってしまった」と。攻めていかないとダメだと解っていてもできなかった様子。こうやって自分を見つめられていれば将来は明るいかなと思いますね。

    今回の優勝、決勝戦について松岡さんは苦しみながら勝ったことに大きな意味があると言ってましたが、頼もしいですね。

      引用  返信

  • kirinoreikoさん、フェデラー引退前にかなりいいところまで行くでしょう!

    takolinさん、本当に盆と正月が来ました。でもまだ鼻血は出しませんよ~!

    mimiさんコメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。WOWOWの放映楽しみですね。

    たるとさん、確定と考えていいでしょうね。上位が全部負けて、下位が全部勝つと錦織が落ちることありますけど(笑)

    gomisawaさん、熱い気持ちが届くなんて、そんなに大したものではないです。開設2日目に錦織が優勝しましたが、活躍に合わせて開設したようなものですから・・・(準備には3週間ほどかかりましたが)

    gerogeさん、本当に楽しみです。しかし松岡修造の時代とは層の厚さが違いますから、46位も容易ではないでしょうね。それでもやってくれると信じていますが!

    たなーさん、報道ステーションについては記事に感想書きましたが、細かいつっこみどころはあるものの良かったと思います。

    蓮霧さん、次はそれですね!

      引用  返信

  • 最近,錦織と対戦した選手達の最新の状況

    最近、錦織と対戦した選手達の最新の状況について調べてみました。

    ■Barcelona  International Series Gold サーフェス クレー
    第1シードはナダル,第2シードはフェルーレ、その他、ナルバンディアン、ブレーク、モヤ、ロブレド、マレーなど、かなり豪華なメンバーが出場。

    ☆ Albert Montanes(87位、錦織と対戦時は、56位)
    錦織は、ATP MASTERS SERIES マイアミで対戦。
    ●錦織 5-7、2-6 Albert Montanes○

    Barcelona 1回戦
    ○Albert Montanes(87位)3-6、6-3、6-2 Marcel Granollers(54位)●
    Marcel Granollers(54位)は、ヒューストンでブレークを破って優勝した選手。

    Barcelona 2回戦
    ○Albert Montanes(87位)6-7(7)、6-3、7-5 Ivo Karlovic (21位)●

    かなり好調の様子。

    ☆ James Blake(8位)
     錦織は,ヒューストンで対戦。●錦織4-6、4-6 James Blake○

    Barcelona 初戦(2回戦)
    ●James Blake(8位) 1-6、4-6 Denis GREMELMAYER(85位)○

    例によって、いつものクレーの状態に逆戻りか?

    ☆ Marcos Daniel(78位)
     錦織は、バミューダCHの1回戦で対戦。
    ○錦織 2-6、6-4、6-1 Marcos Daniel●

    Barcelona 1回戦
     ○Marcos Daniel(78位)6-1、6-4 Ivan Navarro(118位)●  

    Barcelona 2回戦
     ●Marcos Daniel(78位) 4-6、3-6 Dmitry Tursunov(32位)○

    ☆ Ernests Gulbis(86位、錦織と対戦時は、88位)
    錦織は、バミューダCHの3回戦で対戦。
    ○錦織 6-2、2-6、6-2 Ernests Gulbis ●

    Barcelona 1回戦
     ○Ernests Gulbis(86位) 6-4、4-2 Ret’d Janko Tipsarevic(34位)●
    Janko Tipsarevicは、全豪でフェデラーとフルセット戦って勝ちかけた選手。

    Barcelona2回戦
    ○Ernests Gulbis(86位) 4-6、6-1、6-4 Carlos Moya(14位)●
    Carlos Moyaは、元世界NO.1、全仏優勝経験あるクレー巧者。ナダルの親友。

    Barcelona3回戦
     ●Ernests Gulbis(86位) 6-2、4-6、3-6 Juan Ignacio Chela(37位)○
    Juan Ignacio Chelaって、錦織が以前好きな選手に挙げてた人でしたっけ?

    3回戦で負けたものの、Ernests Gulbisは、やはり強い。
    トップ選手に勝つ力と安定感を持ち始めており、パターン的にブレーク間近と思われる。

    それに勝った錦織もすごいが。

    ☆ Peter Luczak(93位、錦織と対戦時は、101位)
    錦織は、バミューダCHの準決勝で対戦。
    ○錦織 6-2、6-4 Peter Luczak ●

     ●Peter Luczak(93位) 6-7(4)、1-6 Potito Starace(45位)○

    ☆ Viktor Troicki(103位、錦織と対戦時は、116位)
    錦織は、バミューダCHの決勝で対戦。○錦織 2-6、7-5、7-6(5) Viktor Troicki ●

    Barcelona 1回戦
     ●Viktor Troicki 2-6、Ret’d Nicolas Almagro(22位)○

    バミューダCHの決勝の翌日くらいにスペインに移動して試合という状況になったことからへろへろ状態だったか。MTFでも同情の声しきり。

    Nicolas Almagro(22位)は、今期クレーでツアー2勝、準優勝1回と絶好調。その間、ナルバンディアン、モヤを蹴散らすなど、全仏最大のダークホース。

    ■ Munich International Series  サーフェス クレー
    第1シードMATHIEU(12位)、第2シードGONZALEZ(15位)、などが出場。

    ☆ Marin Cilic(50位、錦織と対戦時は、45位)
    錦織は、ATP Masters Series Indian Wellsで対戦
    ●錦織2-6、4-6 Marin Cilic○

    Munich 1回戦
     ○Marin Cilic(50位)6-4、6-4 Olivier Rochus(66位)●

    Munich 2回戦
     ○Marin Cilic(50位)6-4、7-6(7) Philipp Petzschner(121位)●

    次は、第1シードのMATHIEU(12位)と対戦。

    ☆ Dudi Sela(57位、錦織と対戦時は、58位)
     錦織は、バミューダCHの2回戦で対戦。
    ○錦織 6-3、6-3 Dudi Sela ●

    Munich 1回戦
     ●Dudi Sela(57位) 3-6、4-6 Fernando Gonzalez(15位)○
    第1シードに敗退。

     
    なお、Munichでは、あのボパンナがブハシと組んでダブルスに登場。
    もしかして、パエスとブパシと仲が悪いので、2人でオリンピックでダブルスを?
    しかし、2-6、1-0となったところであえなくリタイア。

    その他、錦織がデラレイビーチ準決勝で勝ったSam Querreyも、今週は登場していないものの、先週は、なんとクレーでモヤ、ガスケを撃破するなど好調。39位まで順位を上げてきました。

    ツアー全体として、87年生まれ、88年生まれが、力を伸ばしてトップ選手に肉薄する状況になってきており、89年生まれの錦織もこれに続きたい。

    錦織選手が出てきたことで、ツアーの他の選手の試合も、いろいろ楽しみですね。

      引用  返信

  • Mさん、あなたは神です(笑)。

    どうしてそんなに協力してくれるのですか?という感じです。

    ありがとうございました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。