ランキング試算(2015年09月21日付)

錦織選手のランキング関連データ 9月14日現在

現在ポイント 5015 本年の対戦成績 46勝11敗

現在ランキング 6位(-2)

本年記録 年初 5位 最高位 4位 最低位 6位

生涯最高位 4位(2015.03.02) 生涯最高ポイント 5660(2015.06.22)

トップテン在位週間 56 現在継続週間 53  過去最高継続週間 53

現在レースポイント 3765  レースランキング 6位(-)

現在3位の選手とエントリーポイント  Andy Murray 8,660

現在5位の選手とエントリーポイント  Tomas Berdych 5,050

現在10位の選手とエントリーポイント  Gilles Simon 2,560

わたしは12月まで日本時間の金曜日から月曜日はとても忙しいので、
やっと今書きました。遅れることがあるかと思いますが、頑張ります。

9月21日付けポイントは 現在点5015-失効点0=基礎点5015 です。
クアラルンプールの優勝分の失効は来週の28日ですから、
今週の基礎点の変化は誰もありません。
21日付けのランキングは今週の参加者のみが変わります。
今週の参戦者が優勝しても誰も錦織選手を越すことができません。
つまり、順位変動はありません。

トップについて
・Wawrinka どんな成績でも順位は4位です。
・Berdych どんな成績でも順位は5位です。
・Ferrer 準々決勝進出で順位は7位です。
・Raonic 準々決勝進出で9位キープです。
・Simon  最高で9位があり、トップテンキープには優勝が必要です。
・Gasquet Simonの成績次第でトップテン復帰があります。

1 Djokovic  16145 ○

2 Federer   9405 ○

3 Murray    8660 △ Davis Cup 準決勝ですが未だ参戦未定

4 Wawrinka  6000 △ 次2回戦 +45

5 Berdych   5050 △ 次2回戦 +45

6 Nishikori   5015 △ Davis Cup Play-off

7 Nadal    3770 △ Davis Cup GROUP1

8 Ferrer   3695 △ 次2回戦 +45

9 Raonic   2790 △ 次2回戦 +45

10 Simon   2560 △ 次2回戦 +45

11 Gasquet  2490 △ 次2回戦 +45

今後の予定
後で追加します。

【参考】2015.9.14 日本人ランキング

6 Kei Nishikori 5015 -2
111 Go Soed   474 -5
116 Taro Daniel  444 -14
127 Tatsuma Ito  432 -31
134 Yuichi Sugita 417 +23
145 Yoshihito Nishioka 377 -17
222 Yasutaka Uchiyama 214 -8
236 Hiroki Moriya  202 -21
341 Hiroyasu Ehara 130 +45
349 Takuto Niki 128 -26

20 件のコメント

  • メヒコ様、ありがとうございます!やっぱり、これが一番しっくり来ますね(笑)

    圭君のファイナル出場についてです。

    今年はグランドスラム優勝による恩恵を受ける人がいません。
    なので、純粋に上位8人となる可能性が高いです。

    圭君のレースポイントの内訳は

    GS  775
    MS 1170
    500 1480
    250 340
    計  3765

    となっています。
    今後、東京→上海→バーゼル→パリ と転戦した場合、最大値は

    3765+1000×2+500×2-300-180= 6285 です。最高で4位となります(3位のRogerは6725点)

    9位のGasquetとは1410点の差があるため、仮にこの後の500とMSで全てSFまで残っても届きません。
    Gasquet,Isner,Andersonの誰かがMastersで優勝しない限り、ほぼ安泰と考えて差し支えないと思います。

    東京で優勝カップを掲げる圭君をまた見たいなぁ。。。

      引用  返信

  • ケイメヒコ様ありがとうございます。
    八神庵さんもありがとうございます。ファイナル出場ほぼ安泰ということで楽しみです。
    全米敗退からもうずいぶんたったようなそうでもないような気がしています。
    はやく元気な姿みたいですね。

      引用  返信

  • @八神庵 さん

    ありがとうございます。
    ファイナル安泰なんてすごいな~。

    今年はツアー3勝ですよね?
    やはりとんでもないことなんですね。

    東京→上海→バーゼル→パリのうちどれか1つは優勝して欲しい。
    贅沢を言うなら、2つ優勝で!

      引用  返信

  • 試算記事アップありがとうございます。
    まずは次のデビスカップですが、今からファイナルズ出場が楽しみです。

    今、レースランキングの試算をしてて1つ疑問に思ったんですが、
    出場義務のあるATP500の4大会の内、1大会は全米後って決まってますよね。
    その時、ランキングのポイントの計算って出場義務さえ果たしていれば普通にATP500は年間のベスト4大会で良いんでしたっけ。
    例えば、錦織君が東京とバーゼルでハレの結果SFを超えなかった場合(個人的には超えると信じてる)、ベストじゃなくてもポイントが置き換わるのかという話です。
    錦織くんのファイナルズ出場可否にはさほど影響は無いですが、ちょっと気になりました。

      引用  返信

  • ベスト18は言い換えると、500枠以下のベスト6で計算します。
    参戦義務4大会とランキング計算は関係ありません。
    もし、全米後に何処にも参戦できなかったら、その分は0ポイントで最優先に数えられます。
    500枠の大会参加が3つ以下なら、4-参戦数だけ0ポイント付きます。

    もし、500枠大会に300点以上ばかり6大会参戦したなら、250の優勝は数えられなくなります。

    以上でスッキリお分かりいただけると思いますが・・・
    やっと今日の仕事の分が終わって,頭もうろうしてますので,勘違いした返事になっているかも知れませんが・・・

    おやすみなさい。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん
    試算更新、ありがとうございますm(__)m

    ムライチさん、疑問の件もスッキリ分かりました。参戦義務さえ果たせば、ベスト6のポイントが加算されるということですね。最大値は6495Pになりますか?

    東京で連覇してほしいです(*^^*)
    できれば、MSもどちらか優勝してほしいなぁ。。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん
    八神庵さん
    記事アップありがとうございます♪
    気持ちもだんだん上がってきました↑↑
    楽天opも力いっぱい現地で応援したいと思います!!

      引用  返信

  • 500枠について

    参戦義務を果たす大会

    Monte Carlo MS
    ツアー500大会
    以上だけです。

    500枠にポイントがカウントされる大会
    Davis Cup
    Olympic
    これらは参戦義務外です。

    年間シード選手の場合、GSとMSは強制参戦義務があると言えます。
    ケガなどでこれらに参戦できないときは0ポイントになります。
    つまり、ベスト18の内12大会分は必ずカウントされています。
    ですから残り6大会分あります。
    それで、500大会以下でのベスト6のポイントがカウントされます。
    ただし、FedererのようにMSの参戦義務を解消され他場合は、
    500大会以下でのベスト7のポイントがカウントされます。

      引用  返信

  • 錦織選手のトップテン在位について 5015.9.14現在

    調べましたのでまとめておきます。
    比較のためRaonicのデータも。

    錦織選手

    最初にトップテンになった日付 2014.9.08  3週維持
      この時トップテンは維持し続けなければ意味ない旨の本人の発言がありました。

    最大トップテン継続週間数  54

    トップテン陥落数  1

    最高位    4位   2015.3.02

    最初に5位以内になった日付 2014.11.03

    5位以内在位週間数   44

    最大5位以内継続週間数 27

    Raonic

    最初にトップテンになった日付 2014.3.31  1週維持

    最大トップテン継続週間数  74

    トップテン陥落数  1

    最高位    4位   2015.5.11

    最初に5位以内になった日付 2015.5.11

    5位以内在位週間数   1

    最大5位以内継続週間数 1

    二人のデータを見て皆さん何を感じたでしょうか?

    錦織選手もRaonicもケガに泣かされていますね。
    その中で、
    錦織選手はトップテン54週の内5位以内を44週維持しています。
    対してRaonicはほとんどが6-10位でトップテンを維持しています。
    この違いはとても大きいと見ています。

      引用  返信

  • ケイメヒコ様、ryo様

    わかりやすい説明ありがとうございます、納得できました。
    ここのサイトは試算など詳しい方が多いので関心するばかりであります。

      引用  返信

  • 私もいつもこちらで教えてもらっています。
    ケイメヒコさん、八神庵さん
    いつも、ありがとうございます
    m(__)mm(__)m

    錦織選手、5位以内在位期間が44週て本当に凄いです。ファイナルに向けて、レース5位争い頑張ってほしいです。
    年間最終ランキング、5位以内にいてほしいなぁ。。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、八神庵さん ありがとうございます。m(__)m
    大分見慣れてきて、楽しみになってきました!

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、記事アップ、ありがとうございます!p(^-^)q
    特に、トップ10在位の紹介に、ちょっとうるうるしてしまいましたσ(≧ω≦*)
    いよいよシーズンも終わりが近づいて来ましたね~!(o≧▽゜)o
    圭、めっちゃこけさえしなければファイナルは大丈夫そうですね!m(__)mm(__)m
    やっぱり、今年はいろいろあったけれど、それでもトップ5をほぼ維持した圭、立派だと思います!!!(`ー´ゞ-☆ピシッ

    相当厳しそうだけど、楽天は3連覇を達成して欲しいなぁ~(^q^)

    ファイナル進出決定に向けて、最後の一頑張りを見たいぞ~!!!(/≧◇≦\)ウヒョー

      引用  返信

  • 今日のダブルスにかけましょう。Davis Cupのページを今見ました。
    これから出かけます。
    錦織選手もう1勝しても、20ポイントだけのアップです。
    順位変動に関係ありません

      引用  返信

  • ケイメヒコさん
    ありがとうございますm(__)m

    2勝しても20Pしかアップしないんですね。
    1勝分のポイントがGS1回戦敗退と同じなんて…(;_;)

    ヒラルド戦、絶対に勝利して太郎選手に継ないでほしいです!

      引用  返信

  • デ杯プレイオフのポイントは、
    ファーストシングルス勝利→5p
    セカンドシングルス勝利→10p
    で2勝しても15pじゃないでしょうか?
    今日も勝った場合、今年のワールドグループカナダ戦の2勝分80pと合わせて95pですが、
    ハレの180pより低いので昨年のクアラルンプール優勝分が失効してもノンカウンタブルだと思います

      引用  返信

  • 赤黄色さん
    ありがとうございますm(__)m

    レースは、ブリスベン90Pと置き替わり5Pアップの3770でしょうか…?(;_;)

      引用  返信

  • @ryo さん
    そうですね、その認識で合ってると思います
    それと上海MSでは今年は楽天の失効が1週早いのでたった5pの差ですが、今日勝った場合デ杯のポイントが生きてくると思います

      引用  返信

  • 赤黄色さん
    ありがとうございますm(__)m

    ポイント関係なく、日本チーム勝利のため絶対に勝ってほしいです。勝てると信じてます。
    頑張れーーー!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください