ランキング試算(2016年09月19日付)

錦織選手のランキング関連データ 9月12日現在

現在ポイント 4875 本年の対戦成績 51勝15敗
現在ランキング 5 (+2)
本年記録 年初 8位   最高位 6位  最低位 8位
生涯最高位 4位(2015.03.02) 生涯最高ポイント 6385(2015.08.17)
トップテン在位週間 108 現在継続週間 105 過去最高継続週間 105
現在レースポイント 4315  レースランキング 5位 (-1)


3位の選手とエントリーポイント   Stan, Wawrinka (Sus) 6,260 

5位の選手とエントリーポイント   Kei, Nishikori (Jpn) 4,875

10位の選手とエントリーポイント  Dominic, Thiem (Aut) 3,295

全米はWawrinkaの優勝で、WawrinkaにLondonへのQが出ました。
GS優勝者はレースポイントが9位以下でもFinalの出場権が与えられます。
そして、Wimbledon優勝で生涯グランドスラム達成になります。

今週末はDavis Cupのプレーオフです。
他はCH大会です。

オリンピックとDavis Cupはランキングポイントが存在しなくなりました。
ITFがDavis CupにFedererを呼びたくて、ATPに押しつけたルールです。
でもFedererはプレーオフに出てグループ維持するだけでした。
ようやく、FedererとWawrinkaがフル参戦した年にスイスが優勝しました。
そのポイントの失効が終わったら、
即、翌年の最初からこのルールがなくなりました。

割を食ったのはスイスの優勝の翌年の優勝国のMurrayです。
スコットランド系のMurrayは英国国旗でのplayも好きのように思います。
彼のWimbledon優勝後、彼の英国での扱いが変化したようです。

錦織選手は日の丸をつけて参戦することがことのほか好きです。
外国生活すると自分のアイデンティティーを示すのは本当に嬉しい物です。

19日付け 12日現在 4875 5位  4315 4位

19日付けポイントは 現在点4875-失効点0=基礎点4875 です。

今週はトップの選手の参戦はありません。
コンペチター選手がCH大会に出席できるのは
大会主催者が主催するCH大会にのWCを出したときだけなのです。

トップテンポイント

9月19日付けポイント12日現在
1 Djokovic 14040
2 Murray  9485
3  Wawrinka 6260
4 Nadal   4940
5  錦織    4875
6 Raonic   4760
7 Federer  3745
8 Monffils  3545
9 Berdych  3390
10 Thiem 3295
11 Cilic   2885
12 Tsonga  2875
13 Ferrer  2660
14 Goffin  2485
15 Kyrgos  2140
16  Agut    1950
17 Gasquet  1880

レースランキング
1 Djokovic 10240 Q
2 Murray  8185  Q
3 Wawrinka 4820  Q
4 Raonic 4420
5 錦織  4315
6 Monfils 3355
7 Thiem 3205
8 Nadal 3200
9 Berdych 2530
10 Cilic  2400
11 Goffin  2140
12 Federer 2130 Finalも不参加
13 Kyrgios 1915
14 Tsonga  1890
15 Pauille  1759
16 Agut   1740

2016年度 USシーズン以降

09.16 Davis Cup 準決勝 & Play-off 対 ウクライナ 於 日本
09.19 欧州で250 2大会  参戦しません。
09.26 アジアで250 3大会  参戦しません。

10.03 楽天 500   -180  現在2番シード
10.09 上海 MS 自動DA  -90 現在5番シード
10.17 欧州で250 3大会  参戦しません。
10.24 Basel 500     昨年不参戦ですが、追い込みのため。
10.31 Paris MS 自動DA 11.06が年度末(エントリー=レース) -290

[参考] 2016. 08.29  日本人ランキング

 5 Nishikori 4875 

88 Daniel   647
96 Nishioka  618
98 Sugita   611
133 Soeda  460
133 Ito    459
220 Moriya   251
239 Santillan  219
259 Kibi    196
312 Uchiyama 132
384 Ochi    113
392 Uchida   112

80 件のコメント

  • @NORICHAN さん、
    ロジャさんはデ杯の15ptも年内に失効し2130ptで今シーズンを終えることになります。つまり現レースポイントの2130ptってことですね♪現在レースランキング12位で、あと5人以上に抜かれると17位以下になります。17位のクエバス選手が1680ptですから、ロジャさん16位以内はキープするんじゃないかなぁ~と予想してます。少なくとも12位キープは九分九厘ないので、#13-16か#17-24でしょうね。

    フェデラーファンの方スイマセン。
    圭くんが全豪#4シードで臨みロジャさんが錦織山に入ってきたとしても当たるのは4R。ロジャさんと言えども故障明けで試合から遠ざかってて、3試合勝ち抜いての錦織戦はかなりキツいのでは?と思いますね。

      引用  返信

  • すぅーさま、早速有難うございます。
    デ杯の15Pもあったんですね。だから申しましたでしょ、計算力がすこぶる弱いって(笑)
    そうですか、ほぼ13~16確定っぽいですねー。ホント怖いわ。先程も申しましたけど、そこにでるぽんが入った日にゃあ、サッカーで言う死の組、タフ・ドローならぬデス・ドローですね。
    でも確かに仰るように、半年も実戦から遠ざかっていたらキツいかも。ロジャさまの復帰はブリスベーンではなくホップマン・カップらしいので、余計に全豪はぶっつけ本番っぽいです。

      引用  返信

  • 驚きました。日程の都合でダブルスのチケットのみを入手してました。シングルの日の半額だし、錦織選手の応援姿だけでも見れればいいやと思っていたのに。お天気頼みます。

      引用  返信

  • @NORICHAN さん、ニャハハ(⌒‐⌒)

    #9-12争い、#13-16争いもこれからが勝負ですから、熱くなりそうです♪あとデルポさんがシード圏内まで今年戻せるかも注目ですね(^^)

    @みどりさん、
    うつぼに行けるだけでも羨ましいです!熱烈応援ヨロシクお願いします(^-^)/

      引用  返信

  • @すぅー
    自分でカキコしておいて気になってしまった(笑)
    デルポン選手、現在レース770ptで51位。シード圏内の目安32位とは340pt差ですから、詰めてきそうですねぇ~(^^;
    て言うかTOP32で終えて、全豪はシードで出場して欲しい(⌒‐⌒)

      引用  返信

  • 素人考えで申し訳ないんですが、
    4位以内を確保して今期を終えるには、ナダルの存在がやはり怖いと思います。
    デ杯に出るということは、手首がそれほど悪くなく、手首の負担を軽減する戦術への自信も深まりつつあるのかなって思うのです。
    しかも、豪華仲良しメンバーでインドに入っているので、
    それほど疲れることなく、モチベーションだけ上がりそうです。

    失効ptが大きいということは、今年もそれだけ取る可能性があるということ。
    しかも、前への意識が高まっているので、ハード苦手とも言えないのでは?
    対戦相手もこの時期は疲れてきていますから、ビッグネームに負けないメンタルを保ち難い。
    そうすると、猛追される可能性があります。
    やはり侮れないと思います。

    逆に、ラオ君は、試合を残している分有利には見えますが、
    それは、それだけスキップしながらやっとこのポイントまで来たということで、
    確かに全米早期敗退で、デ杯も出ないために、余力があるように見えるけど、
    実際はどうでしょうか、勿論、手強いライバルではありますが・・・。

    そうなると、明日の若手二人の役割は大きいですよねぇ~。
    圭くんが、気分良く、それほど疲れることなくここを勝ち抜いて、
    そのまま楽天、上海と走り抜けられるよう、
    八百万の神様仏様、どうぞよろしく!の気分です。

    あと、バーゼルの意味ですが、ジョコマレーが参戦せず、ライバル全員集合なので、
    ライバルに500ptを取られないための参戦という意味も出てくる可能性があります。
    ここからは、チーム力が試されますね。
    今頃、どこの陣営も、綿密な情報収集と計算をしているかと思うと、
    なんだか、わくわくしてきちゃいます!

    夜中にウダウダ、妄想コメント、ごめんなさい。

      引用  返信

  • @おばっち さん、
    なるほど♪ライバルにptを稼がせないために自ら参戦する意味合いもたしかに一理ありますね。
    デ杯をダブルスのみの出場で切り抜け、フレッシュ状態で気持ちよく楽天に出場し、その後の上海、(バーゼル)、パリに臨んで欲しいですね♪

      引用  返信

  • バーゼルへの参戦についてですが、楽天ジャパンオープンの結果が結構大きく左右するのではないかと思います。昨年は、アカプルコ、バルセロナ、シティの3大会で1300ポイントでしたが、今年は確か345ポイントにすぎなかったと記憶しています。楽天で好成績だった年は、上海MSの結果が反比例しているケースが多いので、できれば比例させたいところですが、スケジュール上厳しいことは言うまでもありません。楽天ジャパンオープンで優勝できれば、上海で無理しないようにして、バーゼルを回避し得意のパリMSに照準を合わせるのもありかなと思います。
    昨年は、全米と楽天の敗戦が尾を引いて後半失速してしまったので、うまくデ杯を乗り切って、楽天ジャパンオープンを怪我なく無事に戦ってくれることを願っています。

      引用  返信

  • 大阪なおみ は Suai Zhang の様な プレーヤーと対戦する 必要が有りました。S.Zhangは テニスを深く知っている 本物のプレーヤーだと思います。チョット時間が掛かるかも知れないけれど ”なおみ”は滅多に出ない 逸材 愉しみにしています。

      引用  返信

  • @ヒデキリ さん、

    ここまでは、MS初制覇を狙って、GSは全米のみ狙う作戦だったと思います。
    そのために、アカプルコの犠牲は致し方ないかな、でも、シンシよりは全米のような。
    そこで、ジョコとの対戦を重ねたことは経験値として大きい!

    でも、ここからは、チャンコーチの現実主義的計算が勝って、
    名より実を取って来るんじゃないかって思えるのです。

    MSでSFまで行っての360ptは、500の優勝には敵いません。
    ですから、出場メンバーを見据え、その疲弊度を見据え、
    何より、圭くん自身の調子を見据えての、精密な判断をしてくると思います。

    デ杯が終わったら、MSだから大事、ではなく、ポイントを取るための確率論、
    そんな世界だと思います。
    最少エネルギーで勝つための最適解の選択を誤らずに、笑顔で終わって欲しい!

    そのためにも、デ杯から楽天までが、戦士の暫しの休息と思えるくらい、
    心から楽しめる時間であって欲しいと願うのであります。

    そこからは、ナダルファンの皆様には申し訳ありませんが、
    ナダルさんに勝ち続けなければならないんです。
    No3を狙うとは、そういうことです。
    ワウさんに関しては、異次元の方なので、ちょっと置いときます^^

      引用  返信

  • おばっちさん  なるほど、仰ることはよく分かります。
    MS、GSは、他のトーナメントと違い、ポイントが確実に加算されますよね。今年の錦織選手の凄いところは、MS、GSでのポイント獲得が高いところにあります。すると、必然的にMSパリ初制覇を狙うということになれば、無理しないでバーゼルを回避することになるのでしょうか?また、御意見をお聞かせ下さい。

      引用  返信

  • 既出だったらスミマセン。今、ふとUS OPENのHPを見てみたら、今年行われた254の試合から、名勝負ベスト6に錦織vsマレー戦が選ばれていました。その中でも2番目に選ばれているようです。URLをうまく貼れなくて申し訳ありません。私もこれからじっくり読みます。

      引用  返信

  • 節穴さん

    昨日は現地で観てきましたが、おっしゃる通り、二人のプレイの 深み がかなり違っていました。

    正確性、安定性、俊敏性、メンタル 全てSuai Zhangの方が優っていましたよ。

    大坂なおみが優っていたのは、時おりウィナーになる強打と顔のデカさ(失礼)だけだったと思います。

    ダブルベーグルでもおかしくないくらいの試合で、それなりに試合として成立したのは、やはり大坂なおみの持ってるポテンシャルの高さゆえだと思いました。

    これからやるべき事はいっぱい有るなと痛感する一方で、それらをひとつひとつ身に付けさせてくれる、錦織にとってのチャンコーチのごとき良きパートナーに恵まれることを祈るのみです。

      引用  返信

  • @ozima
    シュアイ ジャン と呼ぶのですか? プレー振りが 実に しっかりとした ベテラン プレーヤー ですネ!ランキングよりも 実力が有る 経験豊かな テニスを見せてくれます!ヤハリ 10年の差は 奥が深いと実感させられました。なおみちゃん 良い相手と 試合して価値ある経験をしたと 思えば プラスに成る丈ですネ!年内に50位位迄行きたいと 答えていたのを思い出します。

      引用  返信

  • @節穴 さん、
    なおみ選手は現在エントリー暫定66位(キャリアハイ更新)ですが、レースでは52位です!年内50位、なんだかイケそ~な気がする~~、あると思います!^^!

      引用  返信

  • こちらでもお早うございますー。
    ozimaさま、デ杯を楽しみにしていらっしゃる関西方面の方々同様、日本女子の活躍を楽しみにしていらっしゃるのですね(^O^) 東レもご覧になるチャンスができれば嬉しいですね。

    海さま、ベストマッチ情報有難うございます♪
    URLこちらですね。僭越ながら貼らせて頂きますね。
    <Best matches of the 2016 US Open By E.J. Crawford>
    http://www.usopen.org/en_US/news/articles/2016-09-12/best_matches_of_the_2016_us_open.html?chip=3

    No.1:ケルバーvsプリスコバ戦(女子決勝)
    No.2:マレーvsニシコリ戦(男子QF)
    No.3:プリスコバvsV・ウィリアムズ戦(女子4回戦)
    No.4:ナダルvsプイユ戦(男子4回戦)
    No.5:エヴァンズvsバブリンカ戦(男子3回戦)
    No.6:ムラデノビッチvsパブリュチェンコワ戦(女子2回戦)

    これはもしかして、男子の試合No.1では?! 素晴らしいですねー♪

      引用  返信

  • NORICHAN様 有難うございます。そうですね。男子の試合ではNo.1ですね。私もDVD録画消さないように、保護かけて保存しようと思ってます。雨、屋根、中断、蝶々、ゴング音…いろいろありましたね。

    来週、東レパンパシフィックテニス、行きます!準々決勝の日です。なおみちゃん、美咲ちゃんが見れますように!GAORAでも放送があるみたいなので、楽しみです。

      引用  返信

  • @ヒデキリ さん、

    勿論、パリは大切ですが、体調を整えて出ても、
    現実問題として、ジョコマレーがいて5位なら、頑張っても、QFの180ptとなる可能性が大きいです。
    バーゼルは、置き換えになりますが、最低ptが45ptしかないので、
    結構稼げますよ、という話なのです。

    勿論、その時の状況で変わるし、今考えても仕方がないのに、ごめんなさいね。
    とにかく、何が起こるか分からないので、
    エネルギーをできるだけ溜めておきたいですよね、
    デ杯応援、頑張りましょう!

      引用  返信

  • 節穴 さん、女子のツアー大会は、今週から、アジアでの大会が多く開催されます。土居選手、大坂選手をはじめ、日本勢の活躍が期待されますねヾ(≧▽≦)ノ

    9/11 Japan Women’s Open Tennis
    9/19 広州国際女子オープン
    9/19 東レ パン・パシフィック・オープン
    9/19 Korea Open
    9/26 Wuhan Tennis Open
    9/26 タシュケント・オープン
    10/03 チャイナオープン
    10/10 Tianjin Open
    10/10 Hong Kong Tennis Open

      引用  返信

  • 下団さま、女子ツアー情報有難うございます。盛りだくさんですねー、アジアシリーズ。またフォーラムにお伺いさせて頂きます♪

    海さま、USOのマレー戦は「絶好調の」マレーに勝ったことに意義があって、だからこそベストマッチなんでしょうねー。1-6、6-4、4-6、6-1と、まるで図ったかのように同じゲーム数だけ取り合った後のファイナル、タイブレ突入かっと見せての1ブレイクで7-5で仕留める。痺れましたね。私も録画を永久保存版にします♪

    おばっちさま、なるほど、ライバルから500をもぎ取る! やはり鋭い♪ しかし3年前から考えると、圭さんの急成長には今更ながら感服します。だって2014WTF出場はパリで御大との対戦まで縺れたのに、今やもう楽天前でほぼ確定。隔世の感がありますね。

    あら、デ杯なう! スタコさんに変更されてる!

      引用  返信

  • ぼうずさん、
    第一日目、錦織選手でなくて残念でしたが、直ぐに切り替えて、立派な錦鯉さんですね😊
    植田監督は、本当に英断ですね!
    みどりさん、ラッキー🍀

    そう言えば、こんな時になんですが、ぼうずさんて、HNから男性とばかり思っていたのですが、女性なんですよね!ある時分かってビックリ👀
    こんな勘違い、たくさんあるんだろうなあ。

    タロちゃん、ガンバレ🇯🇵第一セット、タイブレでーす💪
    太郎会の方々も、大活躍ですね。

      引用  返信

  • タロちゃん、第一セット、タイブレーク取りました💪🇯🇵😃
    応援の錦織選手の真後ろ席の女性達、嬉しそー❤️

    後で皆さんのコメント、楽しみだ〜

      引用  返信

  • タロちゃん、凄い‼️
    第二セットもタイブレークで取りました😃👏

    なぜ、他の人が居ない❓と思ったら、一つ前のスレに書き込むようですね💦🙇💦

      引用  返信

  • こんにちは。
    初めてコメントします。

    最近になってこちらを見るようになりました。
    錦織圭選手のランキングの動向に大いに興味を持っています。

    そこでなんですが、私の疑問にお付き合いください。
    “2016年度 USシーズン以降” の欄で
    “10.31 Paris MS 自動DA 11.06が年度末(エントリー=レース) -290”
    となっているのですが、この“-290”なんですが、なぜなんでしょうか。

    自分なりに調べてみると、2015年のパリではガスケ選手にR16で敗れ、
    90ポイント獲得に終わっているようですが。
    したがって“-90”なのではないかと思えたのですが。

      引用  返信

  • @p_a_j さん、初めまして^^
    -200ptは昨年のツアーファイナルズのラウンドロビンで得たポイントです♪-90ptはご指摘通りパリMS失効分です。

    レスの速さでは下団師匠に勝ったが、説明内容で負けた>_<www

      引用  返信

  • p_a_j さん、錦織選手がツアーファイナルで獲得した、200ポイントが同時に失効するからです。
    ツアーファイナルでの獲得ポイントは、ベスト18にプラスしての19番目のボーナス点で、翌年のパリMS終了時までのエントリーランキングに加算されます。

      引用  返信

  • すぅーさん、下団さん、ご説明ありがとうございます。
    よくわかりました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください